トップページ >  春休み 看護体験 in 茨城県立中央病院

春休み 看護体験 in 茨城県立中央病院

 少し前になりますが、春休み期間中の3日間にわたり、看護体験in茨城県立中央病院を開催いたしました。募集開始時から大反響だったこちらのイベント、3日間で約100人の高校生にご参加をいただきました。当日は受付を済ませると早速スクラブ(ユニフォーム)に着替えて記念撮影。看護局長の挨拶、当病院の紹介や看護師の仕事の紹介を聞いた後は、いよいよグループに分かれて一般病棟の見学やTVドラマにちなんで「コードブルー体験」や「ドクターX体験」、「コウノドリ体験」をしました。今回のこの貴重な体験を通し、より看護師の仕事について、また医療について考える良い機会になってくれることをスタッフ一同願ってやみません。ご参加いただいた高校生の皆さまありがとうございました。

角田看護局長のあいさつ

車いすに乗ってみました!

一般病棟見学での体験

「コードブルー」体験では心臓マッサージを体験

救急隊員用のメディカルバックの中身を説明してもらいました。

ドクターヘリ用のヘリポート見学

ドクターカーの前で記念写真

手術を行う前の正しい手洗いを学びました

ドクターX体験では患者役と看護師役に分かれて手術の体験をしました

実際に使われる手術用の器具を手に説明を受けています

こうのどり体験では新生児の赤ちゃん人形をだっこしてみました

助産師さんが語る「命の誕生」と医療者の関りをVTRを見ながら学ぶ参加者

 

▲戻る