トップページ >  化学療法センター >  スタッフ

スタッフ

メンバー

  • 医師
    専従1名、兼任数名
  • 看護師
    専従12名
  • 薬剤師
    専従1名、専任7名
  • 臨床検査技師
  • 受付2名

         

医師

私たち化学療法センターの医師は、外来での化学療法が確実に安全に、そして患者さんの苦痛を少しでも軽減しつつ行えるよう、心がけています。患者さんの状態と治療当日の検査結果を把握し、その日の治療内容を決定させていただきます。スタッフは化学療法に一定の経験をつんだ専門家ですから、化学療法に関してあるいはがんに関してお困りのことは、ご遠慮なく申し出てください。

 

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

センター長、腫瘍内科部長、副院長、筑波大学地域臨床教育センター教授

小島 寛 (こじま ひろし)

○がん薬物療法(造血器腫瘍、消化器)

○腫瘍内科

○血液内科

 

腫瘍内科参照

緩和ケア部長

三橋 彰一 (みつはし しょういち)

○がん薬物療法(乳腺)

○腫瘍内科
○緩和医療

緩和ケア内科参照

腫瘍内科部長(消化器・乳腺担当)
石黒 愼吾 (いしぐろ しんご)

○がん薬物療法(消化器、乳腺)
○緩和医療

腫瘍内科参照

 

看護師

  

 

看護師は、採血・抗がん剤投与中の副作用のモニタリングとその対策および治療継続に向けて、相談やアドバイスを行っています。副作用の対処方法についてパンフレットを用意していますので、日常生活に関して不安なことやわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

また、外来化学療法を行う患者様が快適に過ごせるように環境づくりにも配慮しています。アロマ環境協会のアロマアドバイザーに認定された看護師によるアロマテラピーも行っています。

H27年度、当センターの看護師1名ががん化学療法看護認定看護師の資格取得しました。

高田 清子

資格

がん化学療法看護認定看護師

抱負

安心して治療を継続できるよう、医療スタッフと協力して支援させていただきます。

 

薬剤師

 

 

薬剤師は、患者様のお薬の投与量、投与速度、投与スケジュールなどをチェックし、化学療法の有効性と安全性の確保に努めています。

センター内の調製室では、無菌グローブを着用し安全キャビネットという専用の装置を用いて、お薬を無菌的に調製しています。

H28年度、当センターの薬剤師1名ががん専門薬剤師の資格取得しました。

H26年度、当センターの薬剤師1名が外来がん治療認定薬剤師の資格取得しました。

H22年度、当センターの薬剤師1名ががん薬物療法認定薬剤師の資格取得しました。

 

大神 正宏

資格

がん専門薬剤師、がん薬物療法認定薬剤師、外来がん治療認定薬剤師

所属学会

日本臨床腫瘍学会、日本医療薬学会、日本臨床薬理学会、日本臨床腫瘍薬学会、 日本TDM学会

抱負

がん専門薬剤師として、化学療法センターを利用される方々が安全に、そして安心して化学療法を受けられるよう、他の医療スタッフと連携を取りながらサポートしていきたいと思います。 

 

臨床検査技師

 

臨床検査技師は、患者様から採取された血液を使用して、血液検査(赤血球、白血球、血小板の数と形態)や生化学検査(肝機能や腎機能)などを行っています。

化学療法センターの患者様が、安全で効率の良い治療を受けられるよう、迅速な対応と正確な検査結果の報告に努めています。

 

▲戻る