トップページ >  看護局

看護局

茨城県立中央病院 看護局長

角田 直枝かくた なおえ

一人ひとりの看護師に、
もっと看護の魅力を伝えたい

1987年
筑波メディカルセンター病院に入職
2002年
筑波メディカルセンター病院副看護部長に就任
2005年
(財)日本訪問看護振興財団 認定看護師教育課程訪問看護学科主任教員
2007年
(財)日本訪問看護振興財団 事業部長に就任
2010年
4月より現職
日本看護協会 がん看護専門看護師

仲間としての尊重を大切に・・・

 一人ひとりの看護師に、もっと看護の魅力を伝えたい。私はこのように考えています。

 これまで、私は病院、訪問看護、認定看護師教育機関で働き、多くの看護師と出会い、そこにはたくさんの学びがありました。そして、それらを生かし、在宅看護や地域連携を中心に、がん看護専門看護師として活動をしてきました。

 さて、茨城県立中央病院は、50年以上の伝統があり、県民に信頼される医療の提供を目指しています。信頼される医療を実現するには、患者さんやご家族の自律を尊重し、専門性を発揮する看護が不可欠です。

 私は、このような看護の実現には、一人ひとりのナースが、仲間として尊重されることが大切だと考えます。看護をともに学び、互いの成長を認め合い、専門職としてのやりがいを感じられるような職場づくりが看護局長である私の課題です。

 一人でも多くの方に、私たちの病院で看護の魅力を語る仲間になっていただきたいと、心からお待ちしております。

理念

私たちは、専門職として自己研鑽に努め、思いやりのある看護を目指します。

  1. 患者と家族の生活を大切に、心地よい環境と質の高いケアを提供します。
  2. 看護の専門性を発揮し、多職者との協働によりチーム医療を実践します。
  3. 保健・医療・福祉サービスとの連携を図り、社会復帰を支援します。
  4. 看護業務の効率化を図り、病院経営改革に参画します。
  5. 看護の質を高めるために、学習・教育・研究活動に取り組みます。

▲戻る