トップページ >  看護局組織図

看護局組織図

組織図

看護局スタッフ

楽しく長く仕事が続けられるような組織を目指します

総看護師長
橋本 泉

人事・総務を担当しています。看護師各自が目標を持ち、多様な働き方を利用して楽しく長く仕事が続けられるような組織を目指します。

また、患者さんやご家族が地域で安心して生活できるよう、保健・医療・福祉・介護の連携を強化します。「顔の見える関係」から、一歩進んだ「こころのかよった関係」になり、多職種がチームで皆様を支援できるよう努力していきます。

安全で質の高い医療の実現

副総看護師長
宮内 紀子

医療安全・総務の一部を担当しています。医療安全では医療安全管理対策室の一員として、医療安全管理者の看護師長を中心に、医師をはじめとする多職種の委員と共に活動しています。「患者さん・ご家族・職員すべての安全」と「より良い医療の提供」を目標に、継続的な改善を目指し努力していきます。

心地よい入院環境と働きやすい職場環境の提供

tuboi

副総看護師長
坪井 喜代

業務担当と手術室師長を兼務しております。

患者さまにとって安心して療養できる心地よい環境と、スタッフにとって働きやすい環境を提供できるよう努めます。また、急性期病院としての役割を担うため、年々増加する手術件数に対応できる体制作りにも努めています。家族や大切な友人が、受療が必要になったとき、自信を持って薦められる病院作りの一助となれるよう努めていきたいと思います。

「看護」に対する思いを大切に考えた人材育成

kanazawa

副総看護師長
金澤 悦子

人事と教育に関することを担当しています。

看護師一人ひとりの「看護」に対する思いを引き出し、何がしたいか、何ができるかを一緒に考え、看護を楽しんで働くことができるよう、サポートできればと思います。継続的な学習と実践を重ねていく中で、ともに成長し、看護の力を発揮していきましょう。

医療の心と看護の心

副総看護師長
木村 和美

看護師は、患者さんにとっての最善をめざす医療の心と、患者さんに寄り添う看護の心が大事だと思います。人を大切にするのと同じように、看護師自身も大切にして、満たされているからこそ、本当の意味で患者さんを満たすことが出来ると思います。現場で働く看護師一人ひとりが、生き生きとやりがいを感じ、笑顔で働き続けられる職場をめざして行きたいと考えています。

看護師数

正看護師 535名(内准看護師1名) 臨時職員 33名(内准看護師2名) 総数568名(平成30年4月1日現在)

入院基本料

7対1を採用(平成30年度4月1日現在)

▲戻る