トップページ >  入院・お見舞い >  入院医療費算定方法

入院医療費算定方法

当院は、平成21年4月1日よりDPC対象病院となり、従来の「出来高計算方式」から、病名や診療内容に応じて入院1日あたりの医療費が定額になる「DPC計算方式」に変更となりました。(一部出来高計算の診療内容もあります。)

DPC(診断群分類別包括評価)とは?

厚生労働省が定めた病名(診断群分類)ごとに、1日あたりの定額の医療費を基本として全体の医療費 の計算を行う方式(包括払い方式)です。

DPC包括の計算方式は下図のようになります。

※在宅医療・指導料、退院時処方、一部の検査等は出来高算定となります。

Q&A

Q1.どのような病院で医療費の計算方法が変わるのですか?

A.厚生労働省の新しい医療費計算方法の調査に協力し、一定の施設基準等をクリアした病院が「DPC対象病院」として了承を受け採用しています。当院では、平成21年4月1日以降の新規の入院患者様に適用します。また、平成21年3月31日以前の入院患者様については、5月31日まではこれまでと同じですが、6月1日よりDPCによる計算方法となります。

Q2.医療費の計算方法はどのように変わるのですか? 

A.DPCでは、入院患者様(当院の場合、結核病棟は除く)の病名や治療行為をもとに、厚生労働省が定めた病名(診断群分類)より定められた「1日あたりの定額の医療費」を基本に医療費の計算を行う『包括払い方式』と手術や内視鏡などの『出来高払い方式』を組み合わせたものになります。

Q3.医療費の支払い方法は変わるのですか?

A.保健医療に係る一部負担金の支払い方法は、従来の方法と変わりません。ただし、入院中の病状の経過や治療の内容によって、病名(診断群分類)が変更になる場合があります。病名(診断群分類)は、1 回の入院で一つだけになっているので、入院日にさかのぼって再計算するため、支払額に変更が生じる場合があります。 

Q4.全ての入院患者がこの制度の対象となるのですか? 

A.基本的に全ての入院患者様が対象となります。結核病棟への入院や自費診療、労災保険、自賠責保険、治験、正常分娩、入院後24時間以内の死亡、臓器移植等の場合は、従来どおり出来高払い方式となります。また、病名や診療によってはDPCの対象外になる場合もあります。

Q5.DPCの対象となる病気でも出来高払い方式を選べますか? 

A.厚生労働相の定めによりDPCの対象となる病気は、出来高払い方式での計算ができません。 

Q6.食事療養費はどうなりますか? 

A.食事の代金は従来どおりの金額を負担していただくことになります。 

Q7.高額療養費の扱いどうなりますか? 

A.高額療養費制度の取り扱いは今までと同じです。なお、「高額療養費限度額認定書」をお持ちの方は、入退院受付にご提示ください。 

病院からのお願い

  1. 入院中に他の病気の治療を希望される時には
    『DPC方式』では、ひとつの病名(診断群分類)に対して入院診療を行うことを前提とした制度です。そのため、緊急を要しない他の病気の検査や治療を希望された場合は、退院後にお願いすることになりますのでご了承ください。
  2. 服用中のお薬をご持参ください
    今回入院する病気以外で、当院又は他の病院でのお薬を服用されている患者様は、誠に申し訳ございませんが入院される際に服用中のお薬をご持参ください。

ご質問等について

下記の時間内に総合カウンターの①入退院受付までお申し出ください。

  • 月~金:午前8時30分~午後5時00分(土・日祭日は除く)

▲戻る