トップページ >  薬剤局 >  業務内容

業務内容

INDEX

①調剤業務 ②院内製剤 ③無菌製剤処理 ④薬物血中濃度解析(TDM) ⑤病棟薬剤業務・薬剤管理指導業務 

⑥化学療法センター業務 ⑦薬剤科外来 ⑧医薬品情報管理業務(DI) ⑨臨床研究及び治験業務 ⑩実務実習 ⑪チーム医療

①調剤業務

 内服薬、外用薬、注射薬の調剤を行います。内服薬・外用薬は、電子カルテシステム及びミスゼロ子システム等の調剤支援システムを利用し、処方せんに指示された用法用量、相互作用等が適切か確認したうえで、調剤しています。

  注射薬は、配合変化、点滴速度等を確認し、全病棟で1日分ずつ患者さまごとにトレイにセットしています。

なお、処方内容に疑問が生じた場合には、医師に疑義照会することにより、適切な薬物治療が受けられるように努めています。


調剤室


注射薬払出装置

②院内製剤 

 院内製剤とは、患者さまの状態、疾患の種類や程度、治療効果あるいは規格、包装単位等の理由により、医療用医薬品では十分に対応できない場合に院内で製造又は調製する製剤です。

薬事委員会において薬剤の倫理性(科学的妥当性を含む)を審議し、承認された場合に院内製剤として使用しています。


アンプル封入

③無菌製剤処理

 抗がん剤は、曝露を防ぐために薬剤師が無菌グローブを着用し、安全キャビネットを用いて無菌的に調製しています。高カロリー輸液については、クリーンベンチを用いて無菌的に調製しています。


安全キャビネットでの抗がん剤調製


クリーンベンチでの高カロリー輸液調製 

④薬物血中濃度解析(TDM)

 血中濃度と治療効果・副作用発現が相関する薬剤等、臨床上TDMが必要な場合に投与設計や、血中濃度測定値に合わせた投与計画の見直しを医師に提案しています。

⑤病棟薬剤業務・薬剤管理指導業務

 入院患者さまを対象として、持参された薬剤の確認や処方提案、処方された薬剤の効能効果・用法用量・副作用等について説明を行うことで、適切な薬物治療が受けられるように努めています。


病棟での服薬指導

⑥化学療法センター業務 

 患者さまの薬剤の投与量、投与速度、投与スケジュールなどをチェックし、化学療法の有効性と安全性の確保に努めています。 センター内の調製室では、無菌グローブを着用し安全キャビネットを用いて、薬剤を無菌的に調製しています。

◇化学療法センターホームページへ◇

化学療法センター 薬剤調製室

⑦薬剤科外来

 主に抗がん剤や麻薬の治療を受ける患者さまを対象として、用法用量・副作用等について説明し、適切な薬物治療を受けられるように努めています。また、入院予定の患者さまの服薬状況を確認し、手術前に中止する必要のある薬のチェックなども行います。

薬剤科外来 服薬指導

⑧医薬品情報管理業務(DI) 

  厚生労働省や医薬品メーカーから薬剤に関する最新の情報を収集・整理し、必要に応じて病院のネットワークを通じて、職員に速やかに知らせています。また、薬剤局内での情報共有のために、定期的にDIミーティングを行っています。

⑨臨床研究及び治験業務

 薬剤師は、臨床研究倫理審査委員会に委員として参画しています。委員会では倫理的、科学的及び医学的妥当性の観点から臨床研究及び治験の実施及び継続等について審議しています。また、薬剤師の実務として、委員会の事務局業務、治験薬の適切な保管管理、服薬指導等を行っています。 

⑩実務実習

 薬学生の実務実習を受け入れ、「実務実習モデル・コアカリキュラム」に従った実習計画に基づき、参加型の実務実習を行っています。

⑪チーム医療

 チーム医療とは、医師、看護師、薬剤師、栄養士などの専門職がそれぞれの専門知識を生かし、協働して患者さまの治療にあたることです。薬剤局では、さまざまなチーム医療に参加しています。 

緩和ケアチーム(PCT)

精神科リエゾンチーム

栄養サポートチーム

感染制御チーム(ICT)、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)

災害派遣医療チーム(DMAT)

糖尿病チーム

褥瘡対策チーム

▲戻る