トップページ >  薬剤局 >  保険薬局の方へ

保険薬局の方へ

後発医薬品への変更報告書について

 後発医薬品の変更調剤をされた場合、FAX等による当院への報告書送付は不要です。

 患者さんへの「お薬手帳」や「お薬説明書」での情報提供をよろしくお願いします。

疑義照会について

 処方せん内容に疑義が生じた場合は、処方せんをコピーし余白に疑義内容を記載し、以下の番号にFAXで照会をお願いいたします。

FAX:0296-78-9756

薬薬連携の推進

 近隣の保険薬局との連携を強化するため、笠間薬剤師会と「笠間地区薬薬連携協議会」を設置し、情報交換や合同の研修会を開催しています。

 

平成29年度

1)笠間地区薬薬連携研修会

 「ひたちなか健康ITネットワークシステムにおける薬薬連携~リウマチ編~」

   名越 ヴィリア 先生(友愛薬局 ひたちなか店)

 

 「外来の関節リウマチ患者をターゲットにした薬剤師の役割」

  櫻井 洋臣 先生(慶應義塾大学病院 薬剤部)

  平成29年11月1日(笠間市地域交流センターともべ「トモア」)

 

2)笠間地区薬薬連携研修会

 「血糖測定器の患者指導」

  堤 まゆみ 先生(茨城県立中央病院 看護局)

 

 「セルフメディケーション支援薬局(検体測定室)での血糖測定について」

  青木 秀一 先生(高千穂薬局)

  平成30年3月12日(茨城県立中央病院) 

 

平成28年度

1)笠間地区薬薬連携意見交換会 

 「処方せんとお薬手帳から情報を読み取る」

  平成28年10月26日(茨城県立中央病院) 

 

2)笠間地区薬薬連携研修会  

 「透析患者に対する服薬指導」

   飯田 徳子 先生(かさま薬局)

 

 「透析患者に対する薬物療法」

  小林 弘明 先生 (茨城県立中央病院腎臓内科透析センター長)

  平成28年7月6日(茨城県立中央病院)

 

平成27年度

1)笠間地区薬薬連携意見交換会 

 「がん治療を行っている患者さんをどう支えるか病院と薬局で一緒に考えましょう」

  平成27年7月23日(茨城県立中央病院) 

 

2)笠間地区薬薬連携講演会  

 「妊娠・授乳と薬」

  小西 久美 先生 (筑波大学附属病院 薬剤部)

  平成27年10月30日(茨城県立中央病院)

お知らせ

 随時更新していきます。

▲戻る