トップページ >  病院について >  職員の倫理綱領

職員の倫理綱領

医療者として,生命の尊重と人の尊厳に最大限の敬意を払い,職員一人ひとりが誇りと責任を持ってすべての人に奉仕しなければならない。

  • 私たちは,互いに協力し患者の付託に応えるとともに,患者の人格を尊重し,患者の視点にたち,患者が平等に医療行為を受けられるように努めなければならない。
  • 私たちにとって、患者の健康と安全を守ることが第一義である。医療はしばしば身体に対する侵襲を伴い,本質的に不確実であることを謙虚に認識する必要がある。私たちはこの認識を患者と共有しつつ,患者自らが自由意志に基づいて判断し決定を行えるように正しく分かり易い情報を提供しなければならない。
  • 私たちは,つねに医学の知識と技術の習得及び医療者の育成に努めるとともに,医学の進歩・発展に尽くし,医療の質を向上させ続けなければならない。
  • 私たちは,医療情報について患者のプライバシーの保護に万全を期し,その情報の開示については,決して虚偽の説明や,診療録へ虚偽の記載をしてはならない。
  • 私たちは,医療の公共性を重んじ,医療を通じて社会の発展に尽くすとともに,法規範を遵守しなければならない。
  • 私たちは,茨城県職員として県民への奉仕者としての自覚と責任を持ち,県民本位のサービスに徹するとともに,絶えずサービスの改善に努めなければならない。

▲戻る