トップページ >  診療科 >  かかりつけ医をもちましょう

かかりつけ医をもちましょう

県立中央病院は、高度医療の提供・急性期疾患への迅速な対応をする急性期病院の役割を担っています。厚生労働省は、病院外来診療の役割は急性期の患者さまを診察することであり、症状が落ち着いたら地域の医院・クリニック等で継続治療をしていただくのが望ましいとしております。

慢性期の患者さまについて、いつまでも病院に通院していると、どうしても患者さまの数が増えることとなります。そこで、病院と診療所(医院、クリニック等)は医師会の指導のもと、お互いに連絡を取り合って慢性期の患者様が安心して診療所で診ていただけるように連携を強化しております。

かかりつけ医とは

患者さまやご家族の日常的な治療や健康管理を考えてくれる、地域の身近で気軽に相談できるお医者さんです。

かかりつけ医をもつことで、長年にわたる信頼関係を培うことにつながり、いざという時に的確な診察を行ってくれます。

まずは身近に「かかりつけ医」をもちましょう。

かかりつけ医の役割

かかりつけ医は、まず、患者さまの初期医療に当たります。病状によって高度な診療・検査等が必要と判断した場合には紹介状(診療情報提供書)を作成し、適切な医療機関での診療を案内します。

 

 

紹介状(診療情報提供書)をお持ちください

当院ではよりスムーズな診療を受けていただくために原則としてかかりつけ医の「紹介状」または「診療情報提供書」をお持ちいただくこととしております。

ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

紹介状(診療情報提供書)をお持ちいただくメリット

  • かかりつけ医からの事前予約ができます。(待ち時間の短縮)
  • かかりつけ医で行った検査を重複して行う必要がありません。(負担軽減)
  • 初診時選定療養費4,320円がかかりません。(負担軽減)
    ※平成30年4月1日以降の改定後は5,400円になります。
  • 医師は患者さまの病状を迅速に把握できます。(安全)

▲戻る