トップページ >  診療科 >  緩和ケアセンター (Palliative Care Center)

診療科

専門センター等

部門・活動

緩和ケアセンター (Palliative Care Center)

スタッフ

医師

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

センター長、がんセンター長、消化器外科部長

医療局長、副院長

吉見 富洋 (よしみ ふよう)

○消化器外科 消化器外科参照

緩和ケア部長

三橋 彰一 (みつはし しょういち)

○緩和医療

○腫瘍内科

○がん薬物療法(乳腺)

緩和ケア内科参照

看護師

《看護師長:がん性疼痛看護認定看護師》鯉沼 とも子  
《緩和ケア認定看護師》坂下 聖子

《緩和ケア認定看護師》鈴木 淳子

センターの特徴

緩和ケアセンター

 緩和ケアセンターは,全てのがん患者さんやそのご家族に対して,診断時からより迅速にかつ適切な緩和ケアを切れ目なく提供する院内組織です。医師,看護師が中心となり多職種が連携し緩和ケアに関するチーム医療を提供します。

緩和ケアセンターより発行のリーフレットのご案内

各種リーフレットをご用意しております。ぜひお役立て下さい。

緩和ケアチーム

 患者さんとそのご家族に対して、身体のつらさや気持のつらさを和らげQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上のために、緩和ケアに関する専門的な知識や技術により、患者さんやご家族へのケアを行うチームです。

医師・看護師・薬剤師等が症状緩和について話し合い、日常生活に支障をきたさないようお体のつらい症状を和らげるためにお手伝いをさせていただきます。

相談内容

体の症状:痛み、息苦しさ、しびれ、吐き気、だるさなど

心の症状:眠れない、不安、緊張、気分が落ち込むなど

その他:ご家族や仕事の悩み、退院後の生活についてなど

 緩和ケアチームへの相談をご希望される場合は、主治医や看護師にお尋ねください。また、他院で治療中の患者さんやご家族は、治療を受けられている施設の主治医や医療相談室にご相談ください。

緩和ケア外来

●外来通院をしながらがん治療を受けられている患者さんへの緩和ケアの提供を目的とした緩和ケア外来ご希望の患者さんは、主治医にご相談ください。

●他院で治療中の患者さんやご家族様は、治療されている施設での主治医や医療相談室にご相談ください。通院中の医療連携室からの予約となりますので、個人での予約は受け付けておりませんでご了承ください。

がん看護相談外来

●外来日:第2・4火曜日  15:00~17:00  お一人 概ね30分程度

●担当看護師:角田直枝 (がん看護専門看護師)

●費用:患者さんの自己負担は、概ね1,000円程度(3割負担の方)

●対象:当院に通院しているがん患者さんと、そのご家族

●相談内容 (例):ご自宅での生活に関する心配事

         介護方法についての不安や迷い

         病状や治療に対する悩み

  相談ご希望の方は、外来看護師または各科窓口までお尋ねください。

緩和ケア病棟(PCU)

 緩和ケア病棟は、がんによる痛みをはじめ、さまざまな症状で苦しんでいる患者さん・ご家族に対して苦痛をやわらげ、よりよく生きることを支援させていただくところです。 私たちは、患者さんの一人ひとりのお気持ちを尊重したケアを行っています。

当院には2013年度に緩和ケア病棟(PCU)が開設されました。

PCUとは

 PCUは、専門的緩和ケアを提供する入院施設です。病院の中にあるのですが、ふつうの「病院」とは異なる施設です。基本的には在宅療養していただくことが前提で、必要なときに入院していただくことを想定しております。

  • がんとエイズにかかっている方が対象となります。
  • 病気の予後を長くしたり短くしたりすることは意図しないところです。
  • 病気の時期や予後のいかんを問わず、「つらさ」のある方にご利用いただけます。
  • 「治療するところ」ではなく「つらさを和らげて生活していただく」ところです。
  • 「つらさ」が和らげられ、ご自宅で過ごせるようになったら退院していただきます。
  • 病気の方ご本人だけでなくご家族の「つらさ」も和らげる対象となります。
  • ご自宅で最期を迎えるのが難しい方には最期の近い時期に入院していただけます。

厚生労働省の定めた制度により運用しています。入退院の時には病院の定めた基準による「審査」にもとづいて判定することが必要です。入院基準は以下の通りです。

 1)入院しなければ対応できない苦痛があるとき。

 2)最期をPCUで迎えたいと希望し、実際最期が迫っている方。

 3)在宅療養中、ご家族の都合や体調が理由で短期入院する必要があるとき。

 4)地域で療養している方で、担当医療機関による十分な対応が困難と判断されたとき。

以上の基準に基づいてPCU運営会議で審査を行い、適当と判断された場合PCU待機者として登録させていただきます。登録された方は、必要な場合にいつでも(緊急でも)PCUに入院していただけます。ただし、治療の必要な他疾患の場合は適切な病棟に入院していただいて治療を受けていただきます。またPCUが満床のときには止むを得ず他病棟に入院していただく可能性もありますがこの場合は空床の出来次第PCUに入院していただくようにいたします。

PCUで行われること

  • 医療用麻薬を含む痛み止めの使用(内服、皮下注射、持続皮下注射、静脈注射など)
  • せん妄(体の不調が原因で起きる意識・精神の障害)の治療(向精神薬の使用など)
  • 緩和困難な苦痛に対する「鎮静」 (薬でウトウトしていただくことで苦痛を緩和する)
  • 濃厚なケア
  • 心理士など精神専門家による介入
  • ボランティアの活用
    など

PCUで行われないこと

  • 心肺蘇生などの延命行為一般(最期は自然な形でおみとりさせていただきます)
  • 化学療法、苦痛緩和目的でない放射線療法
  • 心電図等モニター装着による観察
  • 出血補充やデータの数字合わせ目的の輸血
  • 終末期の過剰な補液や不自然なルートでの栄養補給(却って苦痛を増すため)
  • 安楽死に類する行為
    など

 これらの実施を希望する方にはPCU以外での療養をお勧めします。

診療体制

  • 当院で治療を受けていた方は、そのまま従来の主科主治医が診療に当たります。
  • 他院から転院で入院される方で、当院に主治医のない方は緩和ケア内科が主治医となります。
  • 通常病棟より看護師が手厚く配置されています。

費用負担

 1日あたりの自己負担は以下の通りです。自己負担割合は保険の自己負担割合です。

入院期間 1割負担 3割負担 食事(1食360円)
~30日 4,926円 14,778円 1,080円
30~60日 4,400円 13,200円 1,080円
61日以上 3,300円 9,900円 1,080円

緊急入院の場合入院から15日間緩和ケア病棟緊急入院初期加算負担:1割負担で1日200円 3割負担で1日600円ずつ加算されます。

個室料金1日あたり 5280円

登録を希望する場合

  • 当院で治療中の方は主治医にご相談ください。
  • 当院に主治医のない方は今の主治医にご相談ください。その上で病診連携室を通してご紹介いただくか、緩和ケアセンターへご相談ください。がん診療連携拠点病院で治療中の方は、その病院の相談室や緩和ケアチームにまずご相談ください。
  • 他院からの紹介の場合、PCUへ入院するためには、まず緩和ケア外来でご家族(おいでになれる場合にはご本人も)と面談し充分ご理解いただいたうえ、審査会議で検討後入院待機者として登録する必要があります。登録しておかないと緊急対応に間に合いませんので、ご希望がある方の場合はなるべく早めにご相談ください。ご紹介の連絡を受けてから緩和ケア外来受診までは通常2−3週間以上かかります。また受診後登録完了まで約1週間かかりますのでご了承ください。
  • 入院しなければ対応できない苦痛のある方を優先しています。療養目的の長期にわたる入院をご希望の場合は、適切な他施設をご紹介申し上げます。

   ※緩和ケア研修会終了医師一覧(PDF)

▲戻る