トップページ >  先輩ナースから

先輩ナースから

先輩看護師からひとこと

4 月から病棟に配属となり、半年が経ちました。最初は、分からないことやできないことが多く、先輩方について看護を学ぶことで必死でした。その中で日々先輩 方に支えられ、指導を受けることで確実な技術や知識を獲得することができました。新人看護師を指導してくれるプリセプターは、私たちが確実に技術を習得で きるように、計画的に技術練習を実施してくれます。また一つ一つ丁寧に手本を示しながら指導を行ってくれます。このためエビデンスに基づいた確実な技術習得につながり、確かな看護を学ぶことができます。半年が経った今では少しずつ自分でできることが増え、自信を持てるようになりました。疑問を感じたときに先輩方に質問できる環境が整っており、疑問点をそのままにせず、解決して次の看護に活かせる職場となっています。また技術が不安なときは見守りつつ指導をしてくださいます。私たち新人看護師にとっても安心して確実な技術を習得できる職場です。

私が新人看護師だったとき、臨床現場で初めて覚えることが多く、とても緊張していました。そのような私に対して、先輩ナースは看護師としての知識や技術を習得できるようになるまで繰り返し指導してくださいました。時には挫けそうになったこともありましたが、その度に「できているよ。成長しているよ。」と、励ましてくださいました。就職して数年経った今、茨城県立中央病院に勤めることができて本当に良かったと思っています。

当院では1年間の新人看護職員研修があり、新人看護師を病院全体でサポートしています。一緒に頑張り、共に成長していきましょう。

私が手術室での自分の看護が見つからず悩んでいた時、先輩に「手術という一生のうち一度あるか無いか、人生の転機で、大きな不安を抱いてる患者さんの看護をできるのは私たちなんだ」という言葉を頂き、今では手術室の看護にとても魅力を感じるようになりました。手術室は他部署に比べ、患者さんとの関わる時間は 少ないのですが、その中にもしっかりとした看護があります。手術室に来た患者さんが最も頼りにするのは他ならぬ看護師です。先輩達は時に厳しく、しっかりと指導を行ってくれますし、わからないところは細かく教えてくれます。皆優しく、休憩中は和気あいあいと話しながら過ごしています。男性看護師も多く配属されており、頼りになる男性の先輩もいます。ぜひ当院の手術室で一緒に働きましょう。お待ちしています。

看護師になって、かれこれ十数年が経ってしまいました。私にも可愛い新人時代がありました。プリセプターナースや先輩ナースから、時に厳しく、そして優しく指導していただいた事を思い出します。新人の頃はとにかく環境に慣れることと、仕事を覚える事に精一杯でした。ちょっとしたことで喜んだり、落ち込んだりしましたが、同期の仲間や先輩達の励ましと支えがあったから、ここまでやってこられたのだと思います。
看護師になって十年以上が経ちベテランナースと呼ばれる歳になってしまいましたが、常々患者様や多くのスタッフから学ぶ機会があり、反省したり、共感したり、感動したりと様々な刺激を受けながら仕事をしています。困難や苦労にぶち当たることがあったとしても、貴方は独りではありません。理解してくれる仲間や先輩達が沢山いますので、是非一緒に頑張りましょう!! 

▲戻る