トップページ >  臨床研究発表実績

臨床研究発表実績

研究実績(平成27年度/2016.4.1~2017.3.31)

消化器内科

【著書】

  1.  臼渕公敏、天貝賢二:『がんと歯科治療』がんの治療④標準治療と臨床試験.  平成25 年8月1日 デンタルダイヤモンド社

【論文】

  1. Nishina T, Moriwaki T, Shimada M, Higashijima J, Sakai Y, Masuishi T, Ozeki M, Amagai K,Negoro Y, Indo S, Denda T, Sato M, Yamamoto Y, Nakajima G, Mizuta M, Takahashi I, Hiroshima Y,Ishida H, Maeba T, Hyodo I. Uracil-Tegafur and Oral Leucovorin Combined With Bevacizumab in Elderly Patients (Aged75 Years) With Metastatic Colorectal Cancer: A Multicenter, Phase II Trial (Joint Study of Bevacizumab, Oral Leucovorin, and Uracil-Tegafur in Elderly Patients [J-BLUE] Study). Clin Colorectal Cancer, 2015
  2. Hamada C, Yamada Y, Azuma M, Nishikawa K, Gotoh M, Bando H, Sugimoto N, Nishina T,Amagai K, Chin K, Niwa Y, Tsuji A, Imamura H, Tsuda M, Yasui H, Fujii H, Yamaguchi K, Yasui H,Hironaka S, Shimada K, Miwa H, Hyodo I. Meta-analysis supporting noninferiority of oxaliplatin plus S-1 to cisplatin plus S-1 in first-line treatment of advanced gastric cancer (G-SOX study): indirect comparison with S-1 alone. Int J Clin Oncol, 2016
  3. Atsukawa M, Tsubota A,Shimada N, Yoshizawa K, Abe H, Asano T, Ohkubo Y, Araki M, Ikegami T, Okubo T, Kondo C, Osada Y, Nakatsuka K, Chuganji Y, Matsuzaki Y, Katsuhiko I, Aizawa Y. Effect of native vitamin D3 supplementation on refractory chronic hepatitis C patients in simeprevir with pegylated interferon/ribavirin. Hepatology Research, 2015
  4. Atsukawa M, Tsubota A, Shimada N, Yoshizawa K, Abe H, Asano T, Ohkubo Y, Araki M, Tadashi Ikegami T,  Kondo C, Itokawa N, Nakagawa A, Arai T, Matsushita Y, Nakatsuka K, Furihata T, Chuganji Y, Matsuzaki Y, Aizawa Y, Iwakiri K. Influencing factors on serum 25-hydroxyvitamin D3 levels in Japanese chronic hepatitis C patients. BMC Infectious Diseases, 15(1):344,2015

  5. Moriwaki T, Ishida H, Araki M, Endo S, Yoshida S, Kobayashi M, Hamano Y, Sugaya A, Shimoyamada M, Hasegawa N, Imanishi M, Ito Y, Sato D, Hyodo I. Phase I study of gemcitabine, cisplatin, and S-1 combination therapy for patients with untreated
    advanced biliary tract cancer. J Hepatobiliary Pancreat Sci, 22(9) :669,2015

  6. 金子 剛、溝上 裕士、松井 裕史、平井 信二、間宮 孝、廣島 良規、吉田 茂正、藤枝 真司、西 雅明、
    添田 敦子、浅岡 均、青島 真理子、岡部 裕一、海老原 次男、廣瀬 充明、遠藤 慎治、福田 邦明、
    鈴木 英雄、石毛 和紀、奈良坂 俊明、兵頭 一之:【カプセル内視鏡の現況と最新動向】医療過疎地域における読影ネットワークの運用、 臨床消化器内科 30(13):1669-1674, 2015

【学会発表】

  1. Yamaoka M, Fujieda S, Araki M, Endo M, Ohzeki M, Goto M, Amagai K;Usefulness of the rapid on-site evaluation (ROSE) in EUS-FNA to pancreas tumors. Asian Pacific Digestive Week 2015, 2015.12.4 (Taipei, Taiwan)
  2. Fujieda S, Endo M, Yamaoka M, Oozeki M,Araki Masahiro, Gotou M, Amagai K. Endoscopic gallbladder drainage (EGBD) 3 Case reports. Asian Pacific Digestive Week 2015, 2015.12.5 (Taipei, Taiwan)
  3. 藤枝 真司、天貝 賢二、高橋 昭光、阿部 秀樹:手術とエベロリムスにより長期生存が得られた多発転移を伴うmalignant insulinoma の1例. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会、2015.7.16 (札幌)
  4. 天貝 賢二、児山 健、岩井 健太郎、永田 博之、山岡 正治、大関 瑞治、藤枝 真司、五頭 三秀、
    荒木 眞裕、小島 寛:全身化学療法無効後の大腸癌肝転移に対する肝動注化学療法. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会、2015.7.17 (札幌)
  5. 大関 瑞治、藤枝 真司、五頭 三秀、荒木 眞裕、天貝 賢二:大腸癌肝転移切除後患者を対象としたCapeOX 療法の有効性・安全性の検討. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会、2015.7.17 (札幌)
  6. 荒木 眞裕: 当院におけるEPBD 診療. 第51回日本胆道学会学術集会 、2015.9.18(宇都宮)
  7. 山岡 正治、藤枝 真司、荒木 眞裕、岩井 健太郎、永田 博之、大関 瑞治、五頭 三秀、天貝賢二: 迅速病理診断導入前後の膵腫瘍に対するEUS-FNA の成績. 第90回消化器内視鏡学会総会、2015.10.9 (東京)
  8. 永田 博之、大関 瑞治、岩井 健太郎、山岡 正治、藤枝 真司、荒木 眞裕、五頭 三秀、天貝 賢二: 当院における、切除不能進行・再発大腸癌に対するregorafenib の使用経験. 第57回日本消化器病学会大会、2015.10.8 (東京)
  9. 天貝 賢二、児山 健、岩井 健太郎、永田 博之、山岡 正治、大関 瑞治、藤枝 真司、荒木 眞裕、
    五頭 三秀、添田 敦子:標準化学療法不応となった胃癌肝転移再発に対して肝動注化学療法を行った3 例.第57回日本消化器病学会大会、2015.10.8 (東京)
  10. 荒木 眞裕: 鉄過剰による肝障害の2例. 第31回千波湖肝カンファレンス、2015.11.25 (水戸)

【講演】

  1. 荒木 眞裕:当院におけるラジオ波焼灼療法の概要. 茨城肝臓次世代セミナー 、2015.4.9 (つくば)
  2. 天貝 賢二: 胃癌治療・最近の進歩~予防・内視鏡治療・手術・化学療法と緩和ケア~. 日本病院薬剤師会関東ブロック第45回学術大会 ランチョンセミナー、2015.8.2 (つくば)
  3. 荒木 眞裕:当院におけるラジオ波焼灼療法. 第7回肝疾患地域連携の会、2015.11.7 (つくば)
  4. 荒木 眞裕: C 型肝炎の最新治療とポストC 型肝炎時代の到来. 茨城県立中央病院近隣調剤薬局講演会 、2015.11.19 (笠間)
  5. 天貝 賢二:ピロリ菌と胃の病気. 笠間市医師会市民公開講座 、2015.12.13 (笠間)
  6. 天貝 賢二:ボノプラザンを用いた H. pylori 除菌治療. Mito GI Forum、 2016.2.23 (水戸)
  7. 荒木 眞裕:C型肝炎の最新治療 〜終わりのはじまりと残された課題〜 県立中央病院市民公開講座 、2016.2.27 (笠間)

循環器内科

【論文】

  1. Kawabe M, Sato A, Hoshi T, Sakai S, Hiraya D, Watabe H, Kakefuda Y, Ishibashi M, Abe D, Takeyasu N, Aonuma K. Gender differences in the association between serum uric acid and prognosis in patients with acute coronary syndrome. J Cardiol, 67(2):170-176,2016
  2. Yoshida K, Kaneshiro T, Ito Y, Kimata A, Koda N, Hiraya D, Baba M, Misaki M,Takeyasu N, Yamaguchi I, Aonuma K. Elevated plasma norepinephrine level and sick sinus syndrome in patients with lone atrial fibrillation. Heart, 101(14):1133-1138,2015
  3. Sato A, Hoshi T, Kakefuda Y, Harunari T, Watabe H, Hiraya D, Akiyama D,Abe D, Takeyasu N, Aonuma K. Effect of the Mehran risk score for the prediction of clinical outcomes after percutaneous coronary intervention. J Cardiol, 66(5):417-422,2015

【学会発表】

  1. 常岡秀和、吉田健太郎、津曲保彰、国府田尚矢、平谷太吾、美崎昌子、青沼和隆、武安法之:慢性完全閉塞病変に対する血行再建後にVF storm となり, 複数回の血行再建とアブレーション治療によって救命し得たPurkinje ‐ related VF の1 例. 日本不整脈学会カテーテルアブレーション委員会公開研究会、2015.10.16(福島)
  2. 津曲 保彰、吉田 健太郎、常岡 秀和、国府田 尚矢、平谷 太吾、美崎 昌子、青沼 和隆、武安 法之:逆行性遅伝導路の出口と心房頻拍の起源が近接していたために診断に難渋した心房頻拍の1例. 日本不整脈学会カテーテルアブレーション委員会公開研究会、2015.10.16(福島)
  3. 美崎 昌子、武安 法之、平谷 太吾、国府田 尚矢、津曲 保明、常岡 秀和、吉田 健太郎:後拡張でステントが縦方向に延長し修復に難渋しているうちに、左主幹部に血栓を生じ、血栓を除去しきれなかった一例. 第29回茨城県PCI 研究会, 2015.7.4(つくば)
  4. 武安 法之、美崎 昌子、平谷 太吾、国府田 尚矢、津曲 保明、常岡 秀和、吉田 健太郎: PCI 手技中に冠動脈末梢に通常型ガイドワイヤがtrap され、断裂を来した虚血性心筋症の一例. 第14回茨城県南冠疾患研究会、2015.11.28(つくば)
  5. 石井 伸尚、馬場 雅子、萩谷 俊英、小薗井 祥恵、立花 瑛里香、武安 法之:急性期心臓リハビリテーションでのEMS 導入を試みて~ 1 年間の経験から~ . 第12回茨城心大血管リハビリテーション・運動生理研究会,2015.5.28(つくば)
  6. 石井 伸尚、馬場 雅子、萩谷 俊英、小薗井 祥恵、立花 瑛里香、武安 法之: 開心術後一時的心外膜リードペースメーカへの EMS の影響. 第79回日本循環器学会学術集会、2015.4.26(大阪)
  7. 津曲 保彰、常岡 秀和、国府田 尚矢、平谷 太吾、馬場 雅子、吉田 健太郎、美崎 昌子、武安 法之、
    逆井 佳永、佐々木 昭暢、重田 治、青沼 和隆: 完全房室ブロックで発症し、炎症反応寛解後に左室右房瘻を合併した大動脈弁狭窄症合併感染性心内膜炎の一例. 第239回 日本循環器学会関東甲信越地方会、2016.2.6(東京)

呼吸器内科

【学会発表】

  1. 内海啓子、鏑木孝之、折茂圭介、山田豊、山口昭三郎、橋本幾太、雨宮隆太:EGFR 遺伝子変異陽性症例に対する術後化学療法の効果. 第55回日本呼吸器内視鏡学会学術集会、2015.4.19(東京)
  2. 山口昭三郎、内海啓子、大久保初美、島田梨沙、折茂圭介、山田豊、橋本幾太、鏑木孝之:癌性胸水に対するピシバニールを用いた局所麻酔下胸腔鏡による胸膜癒着術の検討. 第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会、2015.6.12(東京)
  3. 山田豊、大久保初美、山口昭三郎、内海啓子、橋本幾太、鏑木孝之、北原美由紀、鈴木久史、清嶋護之、朝戸裕二、雨宮隆太: 原発性肺癌胸膜播種の局所麻酔下胸腔鏡検査による内視鏡的所見分類の検討. 第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会、2015.6.12(東京)
  4. 大久保初美、山田豊、阿部正洋、山口昭三郎、内海啓子、橋本幾太、清嶋護之、鈴木久史、北原美由紀、佐々木和人、飯嶋達生、鏑木孝之:珪肺を基礎疾患とし直腸癌を契機に発見された肺扁平上皮癌の一例.第149回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会、2015.9.19(東京)
  5. 大久保初美、鏑木孝之、斎藤武文、市村秀夫、遠藤健夫、酒井光昭、檜澤伸之、山本祐介、児玉孝秀、
    岸厚次、栗島浩一、佐藤浩昭、古川欣也:茨城県における非小細胞肺癌に対するTS-1 投与の現況. 第55回日本肺癌学会総会、2015.11.28(横浜)
  6. 内海啓子、鏑木孝之、阿部正洋、大久保初美、山田豊、山口昭三郎、橋本幾太、清嶋護之、鈴木久史、
    玉木義雄、雨宮隆太: 80 歳以上の高齢者肺がん患者の治療選択の検討. 第55回日本肺癌学会総会、2015.11.27(横浜)
  7. 山田豊、笠井尚、鏑木孝之、杉山智英、神山由香理、森清志: 未治療進行扁平上皮癌に対するネダプラチン+パクリタキセル併用療法の第Ⅱ相試験. 第55回日本肺癌学会総会、2015.11.28(横浜)
  8. 古谷弦太、大久保初美、高木雄基、山口昭三郎、内海啓子、橋本幾太、常岡秀和、斉藤仁昭、飯嶋達生、武安法之、鏑木孝之: 肺腺癌によるトルソー症候群に対しヘパリン自己注射で良好なコントロールを得た一例. 第621回日本内科学会関東地方会、2016.2.13(東京)
  9. 髙木雄基、大久保初美、山口昭三郎、内海啓子、橋本幾太、北原美由紀、鈴木久史、清嶋護之、
    斉藤仁昭、飯嶋達生、鏑木孝之:術後早期に脳転移を来した原発性肺多形癌の1例. 第40回茨城肺癌研究会、2016.2.13(茨城町)

腫瘍内科

【著書】

  1. 上妻行則, 小島寛:Scramburase とScott 症候群. 新・血栓止血血管学(一瀬白帝, 丸山征朗, 内山真一郎 編)p180-186.2015 

【論文】

  1. Inada K, Okoshi Y, Cho Y, Saito H, Iijima T, Hori M, Kojima H. Availability of circulating microRNAs as a biomarker for early diagnosis of diffuse large B-celllymphoma.  Open J Blood Diseases, 5:48-58, 2015

  2. Kudo D, Ohashi K, Komeno T, Nakamura Y, Shinagawa A, Yoshida C, Katsura Y, Ota I, KakihanaK, Kobayashi T, Kawai N, Kato A, Arai A, Yamamoto K, Toyota S, Kumagai T, Ohwada A, Miki T,Hori M, Okoshi Y, Kojima H, Sakamaki H. Efficacy and safety of bortezomib-containing induction chemotherapy for autologous stem cell transplantation-eligible Japanese multiple myelomapatients -A phase 2 multicenter trial-. Int J Myeloma, 5:15–22, 2015

  3. Cho Y, Hori M, Okoshi Y, Fujisawa F, Shinagawa A, Kudo D, Komeno T, Yoshida C, KatsuraY,Ota I, Shimizu S, Kamoshita M, Sasaki K, Tanaka K, Mukai YH, Kojima H.
    Measurement of proteasome activity in peripheral blood mononuclear cells as an indicator of susceptibility tobortezomib-induced severe neurological adverse events in patients with multiple myeloma. ActaHaematologica, 134:25-31, 2015

【学会発表】

  1. Kozuma Y, Kojima H, Ninomiya H. Anti-GPIIb antibody inhibits platelet production from megakaryocytes, but not megakaryocyte maturation, analyzed in a murine model of immune thrombocytopenia. the XXV Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis, 2015

  2. Boku N, Katakami N, Fujita S, Oda K, Tauchi K, Nakata K, Shinozaki K, Okuno M, Kawai Y, ikukawa H, Suzuki R, Nakazawa H, Kojima H, Mizutani M, Hara T, okotaT,Suzuki Y, Narabayashi M. A phase II randomized, double-blind, placebo-controlled study to evaluate naldemedine for the treatment of opioid-induced constipation (OIC) in patients with cancer pain. ASCO Annual Meeting, 2015

  3. Hori M, Iha H, Ikebe E, Okoshi Y, Nicole F, Koshino M, Kojima H. Cereblon/IKZF1-3 could be prognostic markers for LND treatment to the lymphocytic malignancy. 第77回日本血液学会学術集会, 2015

  4. Inada K, Okoshi Y, Cho Y, Koshino M, Saito H, Iijima T, Hori M, Kojima H. Overexpression of serum miR-21 at the diagnosis is a risk factor for DLBCL recurrence.  第77回日本血液学会学術集会, 2015

  5. Cho Y,Inada K, Koshino M, Okoshi Y, Hori M, Iijima T, Saito H, Kojima H. Contribution of hepatocyte growth factor (HGF) to angiogenesis in multiple myeloma. 第77回日本血液学会学術集会, 2015

  6. 越野繭子, 大越靖, 藤澤文絵, 石黒愼吾, 三橋彰一, 小島寛, 堀光雄: ダサチニブで著明な低形成髄を呈した慢性期慢性骨髄性白血病の一例. 第77回日本血液学会学術集会, 2015

  7. 井口研子, 小島寛, 張愉紀子, 渋谷彰, 渋谷和子: 癌患者血清における可溶型CD155 発現の上昇. 第74回日本癌学会総会, 2015

  8. 石黒愼吾, 堀光雄, 加倉井真紀, 小島寛, 三橋彰一, 藤澤文絵, 角田直枝, 萩原敏之, 笹木日出美, 大越靖:
    化学療法開始前に本来すべき歯科介入ができない造血器腫瘍患者の口腔マネジメントで合併症を軽減すシステム. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015

  9. 加倉井真紀, 石黒愼吾, 堀光雄, 小島寛, 角田直枝, 萩原敏之, 笹木日出美: 常勤歯科医がいない病院での歯科介入による質の高いがん治療実現の方法. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015

  10. 天貝賢二, 児山健, 岩井健太郎, 永田博之, 山岡正治, 大関瑞治, 藤枝真司, 五頭三秀, 荒木眞裕, 小島寛: 全身化学療法無効後の大腸癌肝転移に対する肝動注化学療法. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015

  11. 菅谷明徳, 三橋彰一, 藤澤文絵, 石黒愼吾, 小島寛:トラスツズマブ投与中に間質性肺炎を認めた術後乳癌の一例. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015

血液内科

【原著】

  1. Cho Y, Hori M, Okoshi Y, Fujisawa F, Shinagawa A, Kudo D, Komeno T, Yoshida C, Katsura Y,Ota I, Shimizu S, Kamoshita M, Sasaki K, Tanaka K, Mukai HY, Kojima H. Measurement of Proteasome Activity in Peripheral Blood Mononuclear Cells as an Indicator of Susceptibility to Bortezomib-Induced Severe Neurological Adverse Events in Patients with Multiple Myeloma.  Acta Haematol, 134(1):25-31, 2015

【学会発表】

  1. Hori M, Ikebe E, Okoshi Y,  Fife N, Koshino M,  Kojima H,  Iha H. Cereblon/IKZF1-3 is a sensitive marker for Lenalidomide treatment to the lymphocytic malignancy including Multiple Myeloma.

  2. Inada K, Cho Y, Okoshi Y, Hori M, Koshino M, Kojima H. Overexpression of serum miR-21 at the diagnosis is a risk for DLBCL recurrence.

  3. Cho Y, Inada K, Okoshi Y, Hori M, Koshino M, Kojima H. Contribution of hepatocyte growth factor (HGF) to angiogenesis in multiple myeloma. 第77 回日本血液学会学術総会, 2015.10.16-18  (金沢)

  4. Ikebe E, Shimosaki S, Fife N, Hori M, Hasegawa H, Morishita K and Iha H. Direct growth inhibitory effects by lenalidomide is limited to certain population of ATL-cell lineswith distinctive cereblon expression. 第74 回日本癌学会学術総会, 2015.10.8  (名古屋)

  5. 越野 繭子、大越 靖、堀 光雄、小島 寛:ダサチニブで著明な低形成髄を呈した慢性期慢性骨髄性白血病の一例

腎臓内科

【著書】

  1. 日野 雅予, 内田 俊也 :【病態生理と症例から学ぶ輸液ガイド】 (第4章) 症例から学ぶ輸液療法とその管理の実際 代謝性アルカローシスの輸液療法.  Medical Practice (0910-1551)32 巻臨増 Page222-222, 2015

【論文】

  1. Jian-Kang Chen, Kojiro Nagai, Jianchun Chen, David Plieth, Masayo Hino, Jinxian Xu, Feng Sha, T. Alp Ikizler, C. Chad Quarles, David W. Threadgill, Eric G. Neilson, Raymond C. Harris Phosphatidylinositol 3-kinase signaling determines kidney size J Clin Invest, 125(6):2429-2444, 2015

膠原病・リウマチ科

【著書】

  1. 後藤大輔:6章 強皮症 大量の心嚢液貯留に対する治療法は?リウマチ・膠原病診療ハイグレード 分子標的/Bio 時代のリウマチ・膠原病治療ストラテジー松本 功/保田晋助(三森経世/桑名正隆)編集 文光堂p255-256、2015

【学会発表】

  1. Iizuka A, Segawa S, Tahara M, Kaneko S, Yokosawa M, Kondo Y, Tahara-Hanaoka S,
    Shibayama S,Goto D, Kaneko S, Yokosawa M, Kondo Y, Matsumoto I, Shibuya A, Sumida T. The analysis of autoimmune-like phenotypes in Allergy inhibitory receptor-1 deficient mice.The 44th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology, 2015.11.18-20(Sapporo)
  2. Segawa S, Goto D, Iizuka A, Kaneko S, Yokosawa M, Kondo Y, Matsumoto I, Sumida T.The role of γδ T cells in bleomycin-induced pulmonary fibrosis.The 44th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology, 2015.11.18-20(Sapporo)
  3. Kuwana M, Hasegawa M, Shirai Y, Ishikawa O, Endo H, Ogawa F, Goto D, Sato S, Ihn H,Kawaguchi Y,Takehara K. Parameters That Predict Worsening of Skin Thickness in Patients with Early Diffuse CutaneousSystemic Sclerosis. ACR 79th Annual Scientific Meeting, 2015.11.6-11(San Francisco CA, USA)
  4. Segawa S, Goto D, Iizuka A, Kaneko S, Yokosawa M, Kondo Y, Matsumoto I, Sumida T.The regulatory role of γδ T cells in bleomycin-induced pulmonary fibrosis. ACR 79th Annual Scientific Meeting, 2015.11.6-11(San Francisco CA, USA)
  5.  井口裕介、高野洋平、後藤大輔、石橋直樹、桑名梨里子、関義元: 口腔内知覚異常、頭痛、開口障害で発症し、発熱、炎症反応高値から不明熱で紹介された1例. 第206回茨城県内科学会、2016.3.19(水戸)
  6. 岡晃、石川治、竹原和彦、藤本学、長谷川稔、桑名正隆、川口鎮司、山本俊幸、高橋裕樹、後藤大輔、
    佐藤伸一、浅野善英、遠藤平仁、神人正寿、尹浩信:HLA 領域における全身性強皮症を対象とした遺伝学的解析. 厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2015年度班会議・第19回強皮症研究会議、2016.1.16(東京)
  7. 桑名正隆、長谷川稔、白井悠一郎、石川治、遠藤平仁、小川文秀、後藤大輔、佐藤伸一、尹浩信、
    川口鎮司、竹原和彦:びまん皮膚硬化型全身性強皮症(dcSSc)における皮膚硬化の進行を予測する因子の同定. 厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2015年度班会議・第19 回強皮症研究会議、2016.1.16(東京)
  8. 瀬川誠司、後藤大輔、飯塚 晃、松本 功、住田孝之: γδ T 細胞による間質性肺炎病態抑制機序の解析厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2015年度班会議・第19回強皮症研究会議、2016.1.16(東京)
  9. 瀬川誠司、後藤大輔、飯塚晃、近藤裕也、松本功、住田孝之:γδ T 細胞による間質性肺炎病態制御機構の解析. 第2回JCR ベーシックリサーチカンファレンス、2015.10.2-3(東京)
  10. 瀬川誠司、後藤大輔、飯塚晃、近藤裕也、松本功、住田孝之:ブレオマイシン誘導間質性肺炎におけるγδ T 細胞の機能解析. 第30回自己免疫研究会、2015.7.11(東京)
  11. 瀬川誠司、後藤大輔、飯塚 晃、松本 功、住田孝之: ブレオマイシン誘導間質性肺炎におけるγδ NKT 細胞の機能解析. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会、2015.4.23-25(名古屋)

【講演】

  1. 後藤 大輔:『膠原病リウマチ疾患と治療』 平成27 年度茨城県女性薬剤師会第4回認定研修会、2016.3.13(水戸)
  2. 後藤 大輔:『地域連携におけるMTX の安全な使い方』第1回リウマチ治療地域連携講演会、2015.11.27(笠間)
  3. 後藤 大輔:『県央地区における関節リウマチの病診連携について』 第4回茨城県央地区 骨・関節研究会、2015.9.18(笠間)
  4. 後藤 大輔:『関節リウマチにおける治療薬の選択と注意点』 リウマチマネジメントセミナー、2015.6.18(龍ヶ崎)

総合診療科

【論文・会議録・症例報告】

  1. 池田 達弥、加藤 美樹、青木 正志、関 義元: 緊急度が高く判定された院内トリアージの主訴や判断理由の考察. 茨城県救急医学会雑誌(0912-2125)38号 Page71-72(2016.01)
  2. 竹内 翔、関 昇子、関 義元、桑名 梨里子、山田 裕士: 腎代替療法導入の判断に苦慮した黄色ブドウ球菌敗血症の1例. 日本内科学会関東地方会619回 Page39(2015.11)
  3. 関根 良介、関 義元: グリホサートカリウム中毒の1 例. 中毒研究(0914-3777)28 巻3号 Page321(2015.09)
  4. 桑名 梨里子、関 義元、関根 良介: アトロピンを使用せず治療を行った有機リン中毒の1例. 中毒研究(0914-3777)28 巻3号 Page319-320(2015.09)

【講演】

  1. 関 義元: 命を救う 勇気の一秒、 笠間市立友部中学校 健康集会「救急医療」、2015.11.6
  2. 関 義元: 社会人インタビュー. 茨城県立水戸第一高等学校 1 学年「道徳」、2015.12.3
  3. 関 義元: アナフィラキシーを知る エピペン使用法も含めて(稲敷市教育委員会)県政出前講座、2015.7.30(稲敷)
  4. 関 義元: アナフィラキシーを知る エピペン使用法も含めて. 県政出前講座、2015.8.19(大成女子高等学校)
  5. 関 義元: 救急医療について(平成27 年度 県営土地改良工事施行技術者研修会)県政出前講座、2015.10.27(行方)

小児科

【著書】

  1. 鴨田知博: 果糖代謝異常症. 今日の小児治療指針(第16版) p205, 医学書院、2015.9.1

【論文】

  1. Kanai Y, Kamoda T, Saito M, Fujiyama S, Nishimura K, Iwabuchi A, Miyazono Y, Hamada H,Sumazaki R. Cord blood insulin-like growth factor (IGF)-1, IGF-binding proteins and adiponectin,and birth size in offspring of women with mild gestational diabetes. Early Hum Dev, 93(2); 39-42,2016.
  2. Yoshimatsu S, Sugaya T, Hossain MI, Islam MM, Chisti MJ, Kamoda T, Fukushima T, Wagatsuma Y, Sumazaki R, Ahmed T. Urinary L-FABP as a mortality predictor among < 5 septic children in Bangladesh. Pediatr Int, 58(3); 185-191, 2016.

【学会発表】

  1. 岡本芳史、加藤篤子、齋藤 誠、宮園弥生、杉浦好美、岡本史樹、大鹿哲郎:未熟児網膜症患者におけるベバシズマブ注射後の早期眼圧変化. 第69回日本臨床眼科学会 、2015.10.2-5(名古屋)
  2. 日高大介、宮園弥生、星野雄介、梶川大悟、金井 雄、齋藤 誠、須磨崎亮: MRSA 院内感染による死亡例発生後の当院の対応. 第60回日本新生児成育医学会、2015.10.23-25(岩手)
  3. 宮園弥生、金井 雄、梶川大悟、日高大介、西村一記、齋藤 誠、新井順一、宮本泰行: 新生児稀有疾患サーベイランス事業報告:急性期離脱後の極低出生体重児に発症する原因不明の溶血性貧血. 第60回日本新生児成育医学会、2015.10.23-25(岩手)
  4. 梶川大悟、齋藤 誠、星野雄介、金井 雄、日高大介、宮園弥生、須磨崎亮、瓜田泰久、増本幸二:異なる表現型を呈した7q terminal deletion syndrome の同胞例. 第60回日本新生児成育医学会、2015.10.23-25(岩手)
  5. 渡辺詩絵奈、宮園弥生、藤山 聡、星野雄介、梶川大悟、金井 雄、齋藤 誠、須磨崎亮、増本幸二: 生後早期に胃破裂を起こした9 番染色体長腕部分トリソミー、X 染色体長腕部分モノソミーの1 例. 第60回日本新生児成育医学会、2015.10.23-25(岩手)
  6. 岩淵 敦、鴨田知博、玉井香菜、篠原宏行、須磨崎亮: 緩徐進行1型糖尿病の非インスリン依存期にリラグルチド治療により血糖が正常化した12 歳女児例. 第49回日本小児内分泌学会、2015.10.8-10(東京)
  7. 篠原宏行、高木優樹、鴨田知博、長谷川行洋:先天性甲状腺機能低下症と非進行性不随意運動を呈したNKX2.1 遺伝子新規スプライス変異の1例. 第49回日本小児内分泌学会、2015.10.8-10(東京)
  8. 玉井香菜、鴨田知博、渡辺詩絵奈、城賀本満登: タンデムマス新生児マススクリーニング検査で発見されたグルタル酸血症1型の1例. 第110回茨城小児科学会、2015.11 .15(日立)
  9. 神林美樹、酒井勇樹、讃岐 勝、森 飛鳥、城戸隆裕、鈴木涼子、福島紘子、宮園弥生、堀米仁志、
    鴨田知博、宮坂尚幸、須磨﨑 亮: ICT を活用した小児・周産期医療高度医療人の養成~地域と大学の連携による遠隔教育プログラム~. 平成27年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議、2016.1.27-29 (長崎)
  10. 加瀬 香、桑名美智子、赤堀聡子、檜山浩一、富沢巧治、渡辺 宏、鴨田知博:新生児マススクリーニングで発見されたガラクトース血症Ⅰ型の一例. 第50回予防医学技術会議、2016.2.25-26(仙台)
  11. 森田篤志、西上奈緒子、中原智子、岩淵 敦、鴨田知博、福田冬季子、杉江秀夫: 低身長の主訴からⅨ型糖原病と診断した一例. 第111回茨城小児科学会、2016.3.13(土浦)

外科

【論文】

  1. Matsuzaki H, Kamiya M,  Iwatate R,  Asanuma D, Watanabe T and  Urano Y. Novel Hexosaminidase-Targeting Fluorescence Probe for Visualizing Human Colorectal Cancer Bioconjugate Chemistry, 27(4) 973‐981, 2016.
  2. Kobayashi K, Sasaki K, Iijima T, Yoshimi F, Nagai H. Excision of the urachal remnant using the abdominal wall-lift laparoscopy: A case report. Int J Surg Case Rep, 22:90-3, 2016.
  3. 栗原克己、永井秀雄:副膵管・副乳頭の発生と解剖.胆と膵2015; 36:1205-1211
  4. 佐藤始広、永井秀雄:地域がんセンターにおけるPET/CT 検査の現況と課題. 新医療2015;42:88-91

【学会発表】

  1. Kagaya H, Sato O. Successful Embolization for a Patient Presented Massive Hemoperitoneum Caused by Rupture of the Epiploic Artery Aneurysm International Symposium on Endovascular Therapy 2016, 2016.2.9 (Florida)
  2. 南洋輔、増本幸二、安肇、坂元直哉、後藤悠大、千葉史子、川上肇、五藤周、瓜田泰久、新開統子、
    田中秀明:出生前に腹腔内嚢胞を認めていた㈵cyst 型胆道閉鎖症の1 例. 第240回茨城外科学会、 2016. 2. 13 (水戸)
  3. 工藤翔平、高橋正貴、高見尚平、魚谷千都絵、佐藤かおり、石丸哲也、新井真理、杉山正彦、大島拓也、垣内五月、西村力、土田晋也、高橋尚人、藤代準: 気管と壁を共有する頚部気管支原性嚢胞に先天性嚢胞状腺腫様奇形を合併した一例. 第50回日本小児外科学会 関東甲信越地方会 、2015.10.10(東京)
  4. 工藤翔平、稲垣冬樹、阪本良弘、宮田明典、新川寛二、國土典宏: 直腸癌同時性多発肝転移に対して門脈塞栓術と部分的肝離断を組み合わせた新たな二期的肝切除法(ALPTIPS)を行い安全に切除しえた一例.第5回 Tokyo HPB Surgical Club、2015.11.21 (東京)
  5. 近藤晃、正木紀行、蜂須賀健、山本めい、三木克幸、小川勇一、岩藤和広、甲斐耕太郎、三宮彰仁、
    村上徹、小山一郎、北島久視子、中島一朗、渕之上昌平: 生体肝腎移植術後の2次生体腎移植術に成功した一例. 第51回日本移植学会総会、 2015.10. 2 (熊本)
  6. 近藤晃、岩藤和広、頓所展、甲斐耕太郎、三宮彰仁、村上徹、小山一郎、北島久視子、中島一朗、渕之上昌平: 移植腎の長期生着率に寄与する因子についての考察. 第49回日本臨床腎移植学会 、2016.3. 24 (米子)
  7. 板本孝太、佐々木和人、田中尚、柳橋進、高尾幹也、松浦壮平、小暮亮太、遠藤睦子、加賀谷英生、
    川崎普司、阿部秀樹、吉見富洋、永井秀雄、飯嶋達生、斉藤仁昭: 腹腔鏡補助下に切除しえた小腸癌腸重積の1例. 第838回 外科集談会、2015.9.12 (東京)
  8. 板本孝太、清嶋護之、田中尚、北原美由紀、鈴木久史、朝戸裕二、橋本幾太、鏑木孝之、玉木義雄、
    飯嶋達生: 根治的化学放射線療法後、サルベージ手術により完全切除しえた肺扁平上皮癌の1例
    第40回 茨城肺癌研究会、2016.2.13 (水戸)
  9. 川端俊太郎、菊池慎二、河村知幸、上田翔、北沢伸祐、山岡賢俊、小林尚寛、後藤行延、鬼塚正孝、
    市村秀夫、佐藤幸夫、松岡亮太、坂下伸悟、野口雅之: 胸骨正中切開と左第3 肋間開胸で切除した縦隔浸潤肺腺癌の1 例. 第39回 茨城肺癌研究会、2015. 10. 03 (つくば)
  10. 川端俊太郎、小林尚寛、河村知幸、上田翔、北沢伸祐、山岡賢俊、菊池慎二、後藤行延、鬼塚正孝、佐藤幸夫: Controlling Nutritional Status Score (CONUT score) による高齢者肺癌手術の術後合併症のリスク評価. 第56回 日本肺癌学会総会、2015. 11. 26 (横浜)
  11. 川端俊太郎、菊池慎二、河村知幸、中岡浩二郎、北沢伸祐、山岡賢俊、小林尚寛、後藤行延、鬼塚正孝、市村秀夫、佐藤幸夫、中野雅之、坂下信悟、野口雅之:気管支鏡下に高周波スネアで切除した気管支脂肪腫の1例. 第156回 日本呼吸器内視鏡学会 関東地方会年、2016. 3. 19 (東京)
  12. 高尾幹也、佐々木和人、田中尚、柳橋進、松浦壮平、小暮亮太、遠藤睦子、川崎普司、阿部秀樹、
    斉藤仁昭、飯嶋達生、吉見富洋、永井秀雄: 重症潰瘍性大腸炎穿孔に対する大腸亜全摘術後に回腸穿孔を来した1例. 第238回茨城外科学会 、2015.7.18 (水戸)
  13. 高尾幹也、佐々木和人、川崎普司、鈴木久史、阿部秀樹、吉見富洋、永井秀雄:胆管内乳頭状腫瘍を含む同時性4 重複癌(大腸、前立腺、胆管、肺)の1 例. 第77回臨床外科学会、2015.11.26 (福岡)
  14. 高尾幹也、佐々木和人、板本孝太、田中尚、柳橋進、松浦壮平、小暮亮太、遠藤睦子、加賀谷英生、
    川崎普司、阿部秀樹、吉見富洋、永井秀雄:遅発性に発症した外傷性脾破裂に対して脾臓摘出術を施行した1例. 第240回茨城外科学会、2016.2.13 (水戸)
  15. 安達伸、阿部秀樹、永井秀雄、高尾幹也、松浦壮平、山本めい、小林光助、宮原和洋、川崎普司、
    佐々木和人、吉見富洋:自然退縮した巨大肝細胞の1例. 第27回日本肝胆膵外科学会、2015.6.12 (東京)
  16. 山本めい、阿部秀樹、高尾幹也、松浦壮平、小林光助、宮原和洋、川崎普司、佐々木和人、吉見富洋、
    永井秀雄:空腸原発でリンパ節転移を伴うガストリン産生神経内分泌腫瘍の1例. 第27回日本肝胆膵外科学会、2015.6.12 (東京)
  17. 安部 紘生、阿部秀樹、永井秀雄、宮原和洋、佐々木和人、川崎普司、吉見富洋: 脈管侵襲を呈した細胆管細胞癌の1例. 第27回日本肝胆膵外科学会 、2015.6.12 (東京)
  18. 小暮亮太、佐々木和人、田中尚、柳橋進、高尾幹也、松浦壮平、遠藤睦子、加賀谷英生、川崎晋司、
    阿部秀樹、永井秀雄、吉見富洋: 大腸癌穿孔に対する治療経験. 茨城県消化器外科治療研究会、2015.6.26 (水戸)
  19. 小暮亮太、小澤文明、三井哲弥、二宮理貴、駒込昌彦、佐藤彰一、牧章、別宮好文: 治療で長期経過観察後に治癒切除しえたIPNB の一例. 第77回日本臨床外科学会総会 、2015.11.28 (福岡)
  20. 小暮亮太、佐々木和人、田中尚、柳橋進、高尾幹也、松浦壮平、遠藤 睦子、加賀谷英生、川崎普司、
    阿部秀樹、吉見富洋、永井秀雄:診断に苦慮した膀胱憩室穿孔の1例. 第840回外科集談会、 2016.3.12 (東京)
  21. 遠藤睦子、川崎普司、田中尚、柳橋進、松浦壮平、高尾幹也、小暮亮太、佐々木和人、阿部秀樹、
    児山健一、飯島達生、吉見富洋、永井秀雄:胃・小腸悪性黒色腫. 第240回茨城外科学会、 2016.2.13 (水戸)
  22. 松崎裕幸、 石原聡一郎、 安田幸嗣、 西川武司、 田中潤一郎、田中敏明、 清松知充、 畑啓介、 川合一茂、野澤宏彰、風間伸介、山口博紀、須並英二、 北山丈二、 渡邉聡明:直腸癌に対する腹腔鏡下DST における縫合不全リスク因子の検討. 第77回日本臨床外科学会総会、 2015.11.28 (福岡)
  23. 松崎裕幸、 石原聡一郎、安田幸嗣、 西川武司、 田中潤一郎、 田中敏明、 清松知充、畑啓介、川合一茂、野澤宏彰、風間伸介、 山口博紀、 須並英二、 渡邉聡明: 直腸癌に対する腹腔鏡下DST における縫合不全リスク因子の検討. 第28回日本内視鏡外科学会総会 、2015.12.10 (大阪)
  24. 松崎裕幸、石原聡一郎、大谷研介、 安田幸嗣、 西川武司、 田中敏明、 清松知充、 畑啓介、川合一茂、 野澤宏彰、山口博紀、 渡邉聡明: 直腸癌手術における縫合不全リスク因子および肥満が短期成績に与える影響の検討.第50回日本成人病(生活習慣病)学会、 2016.1.17 (東京)
  25. 川崎普司: 胃癌・腹膜播種に対してパクリタキセル腹腔内投与治療後に切除しえた症例
    第3回 Cancer Arena for Clinical Orientated Problem 、2015. 9. 5 (つくば)
  26. 川崎普司: シンポジウム. Gastrointestinal Cancers Symposium 、2015.11.18 (水戸)
  27. 永井秀雄: ワークショップ「胆道疾患に対するIVR 治療up-to-date」総括.日本胆道学会、2015.9.17 (宇都宮)

【講演】

  1. 川崎普司:急性腹症ガイドラインから見た当院の現状と課題. 笠間市医師会勉強会 、2015. 12. 9 (水戸)
  2. 永井秀雄: 茨城県の初期臨床研修医へのエール~視野を広げる“回り道”のすすめ~.茨城県初期研修医壮行会 、2015.4.17 (水戸)
  3. 永井秀雄: 県民への医療教育の重要性. 茨城県職薬剤師会、 2015.5.15 (鉾田)
  4. 永井秀雄: 膵嚢胞性疾患の診断と治療~私の考え~. 水戸消化器疾患研究会、 2015.6.2 (水戸)
  5. 永井秀雄:学校における医療教育. 全国自治体病院協議会管理者研修会、 2015.6.16 (東京)
  6. 永井秀雄: ジェネシャリストの考え方~大きな差が出る診療の工夫~.総合診療を学ぶ特訓ゼミ 、2015.7.25 (水戸)
  7. 永井秀雄: 死角のない医療と茨城の課題. 地域医療学習会、2015.10.31 (水戸)
  8. 永井秀雄:学校におけるがん教育の在り方について.茨城県学校保健会稲敷支部保健主事合同研修会 、2015.11.19 (稲敷)
  9. 永井秀雄: 医師の責務と魅力. 茨城県地域枠・自治医科大学入学者及び医師修学資金新規貸与者に係る新入生オリエンテーション、2016.3.25 (水戸)

血管外科

【論文】

  1. 高山 豊、朝戸裕二、吉見富洋、永井秀雄: 腹部アンギーナに対して大動脈—上腸間膜動脈バイパス術を施行した1例. 血管外科 34(1)51-56, 2015

【学会発表】

  1. Kagaya H, Sato O. Successful Embolization for a Patient Presented Massive Hemoperitoneum Caused by Rupture of the Epiploic Artery Aneurysm. International Symposium on Endovascular Therapy 2016, 2016.2.9 (Hollywood Florida, USA)

【講演】

  1. 高山 豊、加賀谷英生:腹部大動脈瘤に対する開腹術とEVAR の費用比較(第1報)第15 回血管外科アカデミー 、2015.9.5 (松山)
  2. 加賀谷英生、高山 豊、児山 健、鈴木あゆみ: 両側腸骨動脈瘤に対する段階的血管内治療. 第81回茨城心臓血管研究会 、2015.10.10 (つくば)

循環器外科

【論文】

  1. 逆井 佳永、佐々木 昭暢、重田 治、津曲 保章、常岡 秀和、美崎 昌子、武安 法之:「胸部外科」投稿中.感染性心内膜炎に起因した左室右房交通症の一例

【研究発表】

  1. 逆井 佳永、佐々木 昭暢、重田 治: 感染性心内膜炎による左室右房痩の一例. 第81回茨城心血管研究会、2015.10(つくば)

【講演会】

  1. 重田 治: 凝固新薬について. 笠間胸部疾患研究会、2015.02(笠間)
  2. 重田 治: 心臓手術とリハビリテーション. 院内講演会、2015.10(笠間)
  3. 重田 治: 心臓外科医から見たNOAC. 第239 回取手循環器研究会、2016.01(取手)

呼吸器外科

【論文】

  1. Shimamura J, Kiyoshima M, Suzuki H, Kitahara M, Asato Y, Iijima T, Amemiya R. Epithelioid hemangioendothelioma originating from the chest wall with rib metastases. Gen Thorac Cardiovasc Surg, 63(11):623-626,2015

【学会発表】

  1. 朝戸裕二, 清嶋護之, 鈴木久史, 北原美由紀, 雨宮隆太: Transmanubrial approach(TMA)を加えた胸骨正中切開下に切除した右肺尖部浸潤肺癌の1 例. 第32回 日本呼吸器外科学会総会、2015.5.14-15 (香川)
  2. 鈴木久史, 北原美由紀, 清嶋護之, 朝戸裕二, 雨宮隆太, 小林尚寛, 菊池慎二, 後藤行延, 佐藤幸夫:pStageI 期の置換性増殖優位型浸潤性腺癌切除例の術後予後についての検討. 第32回 日本呼吸器外科学会総会、2015.5.14-15(香川)
  3. 清嶋護之, 朝戸裕二, 鈴木久史, 北原美由紀, 雨宮隆太: minimally invasive adenocarcinoma の画像所見の検討. 第32回 日本呼吸器外科学会総会、2015.5.14-15. (香川)
  4. 清嶋護之、朝戸裕二、鈴木久史、北原美由紀、折茂圭介、山田豊、山口昭三郎、内海啓子、橋本幾太、
    鏑木孝之、雨宮隆太: 急性膿胸に対する胸腔鏡下掻爬術の治療成績. 第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会、2015.6. 11-12(東京)
  5. 清嶋護之、鈴木久史、北原美由紀:当院における気管・気管支形成術. 第4回 Ibaraki Thoracic Surgery Seminar、2015.7.25(茨城)
  6. 鈴木秀平、鈴木久史、北原美由紀、清島護之、飯嶋達生: 黒色便を主訴に受診し貧血を呈した肺癌の1 切除例. 第39回 茨城肺癌研究会、2015.10.3(茨城)
  7. 鈴木久史、北原美由紀、清嶋護之:当院におけるリンパ節廓清. 第5回 Ibaraki Thoracic Surgery Seminar、2015.10.24 (茨城)
  8. 清水啓介、鈴木久史、北原美由紀、清嶋護之: 肺癌の精査加療中に偶然発見された再発性多発軟骨炎(RP)の1 例. 第217回 日本呼吸器学会関東地方会、2015.11.21(東京都)
  9. 清嶋護之、鈴木久史、北原美由紀、鏑木孝之、飯嶋達生、玉木義雄:同時性単発性脳転移を有する肺癌に対する原発巣切除術施行例の検討. 第56回 日本肺癌学会学術集会、2015.11.26-28 (神奈川)
  10. 清嶋護之、鈴木久史、北原美由紀、飯嶋達生、雨宮隆太:当院におけるMinimally invasive adenocarcinoma の切除成績の検討. 第56回 日本肺癌学会学術集会、2015.11.26-28 (神奈川)
  11. 鈴木久史、北原美由紀、清嶋護之、大久保初美、阿部正洋、山田 豊、山口昭三郎、内海啓子、橋本幾太、鏑木孝之、雨宮隆太: 閉塞性換気障害を伴った肺癌手術症例の術後成績についての検討. 第56回 日本肺癌学会学術集会、2015.11.26-28 (神奈川)
  12. 田中 尚、鈴木久史、北原美由紀、清嶋護之、飯嶋達生: 前縦隔異所性副甲状腺腺腫の一例. 第240回 茨城外科学会、2016.2.13 (茨城)
  13. 板本孝太、清嶋護之、田中 尚、北原美由紀、鈴木久史、朝戸裕二、橋本幾太、鏑木孝之、玉木義雄、飯嶋達生:根治的化学放射線療法後、サルベージ手術により完全切除しえた肺扁平上皮癌の1 例. 第40回 茨城肺癌研究会、2016.2.13 (茨城)

【講演】

  1. 清嶋護之:自然気胸の初期対応. 笠間胸部疾患検討会、2015.4.8. (茨城)

乳腺外科

【論文】

  1. Takashima T, Mukai H, Hara F, Matsubara N, Saito T, Takano T, Park Y, Toyama T, Hozumi Y,Tsurutani J, Imoto S, Watanabe T, Sagara Y, Nishimura R, Shimozuma K, Ohashi Y;SELECT BCStudy Group. Taxanes versus S-1 as the first-line chemotherapy for metastatic breast cancer(SELECT BC): an open-label, non-inferiority, randomised phase 3 trial. Lancet Oncol. 2015, Nov[Epub ahead of print]
  2. Kobayashi K, Ito Y, Matsuura M, Fukada I, Horii R, Takahashi S, Akiyama F, Iwase T, HozumiY, Yasuda Y, Hatake K. Impact of immunohistological subtypes on the long-term prognosis of patients with metastatic breast cancer. Surg Today. 2015 Oct 14. [Epub ahead of print]
  3. Hayashi N, Niikura N, Masuda N, Takashima S, Nakamura R, Watanabe K, Kanbayashi C, IshidaM, Hozumi Y, Tsuneizumi M, Kondo N, Naito Y, Honda Y, Matsui A, Fujisawa T, Oshitanai R,Yasojima H, Yamauchi H, Saji S, Iwata H. Prognostic factors of HER2-positive breast cancer patients who develop brain metastasis: a multicenter retrospective analysis. Breast Cancer Res Treat, 149(1): 277-84, 2015
  4. Ohzawa H, Miki A, Hozumi Y, Miyazaki C, Sagara Y, Tanaka Y, Shiba S, Joutoku H, Sakuragi M,Takehara M, Sakuma Y, Nishimura W, Fujii H, Yasuda Y. Comparison between the antiemetic effects of palonosetron and granisetron in breast cancer patients treated with anthracycline based regimens. Oncol Lett, 9(1): 119-124, 2015
  5. 下平健太郎、塩澤幹雄、小林 茂、穂積康夫、安田是和:男性乳輪下膿瘍の1 例、日本臨床外科学会雑誌、76(10);2378-2381, 2015
     

【学会発表】

  1. Tanaka,Y., Fujita,T., Sagara,Y., Nishida,S., Shiba,S., Miyazaki,C., Joutoku,H., Sakuragi,M.,A.K.Lefor., Hozumi,Y., Sata,N.: Predictive factors for non-sentinel lymph node involvementin patients with breast cancer and 1-2 positive sentinel lymph nodes treated with breast conservation. ESMO Asia 2015, 2015.12.20 (Singapore)
  2. Sagara Y, Sawaki M, Taira N, Saito T, Kashiwaba M, Iwata H, Kobayashi K, Nakayama T, Bando H,Mizuno T, Yamamoto Y, Tsuneizumi M, Takahashi M, Yamaguchi M, Kawashima H, Takashima T,Uemura Y, Hozumi Y, Sagawa N, Mukai H, Ohashi Y: A randomized clinical trial of postoperative adjuvant therapy for elderly breast cancer patients: Conditions of obtaining informed consent and reasons for declining participation. San Antonio Breast Cancer Symposium, 2015.12.11 (San Antonio TX, USA)
  3. Saito T, Sawaki M, Hozumi Y, Sagawa N, Iwata H, Kashiwaba M, Kawashima H, Kobayashi K,Taira N, Takashima T, Takahashi M, Tsuneizumi M, Nakayama T, Baba S, Bando H, Mizuno T,Yamaguchi M, Yamamoto Y, Uemura Y, Ohashi Y, Mukai H: A randomized controlled trial of postoperative adjuvant therapy for elderly breast cancer patients: Comparison of health-related quality of life between clinical trial participants and decliners. San Antonio Breast Cancer Symposium, 2015.12.11 (San AntonioTX, USA)
  4. Naito Y, Ohashi Y, Yokota I, Watanabe T, Iwata H, Ohsumi S, Ohno S, Hozumi Y, Yamamoto S,Takahashi M, Aihara T, Mukai H; Impact of BMI on survival and toxicity in early breast cancer:An exploratory analysis of prospective randomized phase III study N-SAS BC02 and 03. ASCO 2015, 2015.6 (Chicago IL, USA), 
  5. Matsumoto K, Takahashi M, Sato K, Takano T, Ryushima Y, Doi M, Aogi K, Fujiwara K, TamuraK,Hosoda M, Tokunaga S, Makiyama A, Miyamoto K, Hozumi Y, Yanagihara K, Imamura CK, ChibaY, Nakamura S, Saeki T, WJOG: West Japan Oncology Group; Palonosetron or granisetron for prevention of CINV in patients with breast cancer receiving dexamethasone and fosaprepitant following anthracycline plus cyclophosphamide (AC) regimen. ASCO 2015, 2015.6 (Chicago IL, USA)
  6. Hozumi Y, Takahashi M, Yoneyama K, Fujisawa T, Osumi S, Akabane H, Nishimura R, TakashimaT, Matsukata A, Imoto S, Toyama T, Mieno M, Mukai H: Impact of neoadjuvant erapy on breast conservation in patients with HER2-positive breast cancer: Preliminary results of Ki-67 index guided selection of preoperative chemotherapy. EBCC 10, 2016.3 (Amsterdam, Netherland)
  7. 穂積康夫: パネリスト RCT だけが臨床研究ではない!! 臨床研究のデザイン-コホート研究概説-. 第23 回日本乳癌学会学術総会、2015.7(東京)
  8. 上徳ひろみ、相良由佳、芝 聡美、宮﨑千絵子、櫻木雅子、竹原めぐみ、大澤英之、藤田崇史、
    水沼洋文、穂積康夫: 転移再発を伴い10 年以上生存した症例の検討. 第23回日本乳癌学会学術総会、2015.7(東京)
  9. 軽部真粧美、竹原めぐみ、櫻木雅子、宮﨑千絵子、穂積康夫: 院内で開催するリンパ浮腫ケア勉強会参加後の実践の変化. 第23回日本乳癌学会学術総会、2015.7(東京)
  10. 宮﨑千絵子、相良由佳、田中裕美子、芝 聡美、上徳ひろみ、櫻木雅子、藤田崇史、竹原めぐみ、
    水沼洋文、穂積康夫:乳がん経過観察中に多発性骨髄腫・原発性マクログロブリン血症を発症した3 例の検討. 第23回日本乳癌学会学術総会、2015.7(東京)
  11. 西田紗季、藤田崇史、相良由佳、田中裕美子、芝 聡美、宮﨑千絵子、上徳ひろみ、櫻木雅子、
    竹原めぐみ、穂積康夫: bevacizumab+paclitaxel 療法施行中に下部消化管穿孔をきたした局所進行乳癌の1 例. 第838回外科集談会、2015.9(東京)
  12. 西田紗季、藤田崇史、相良由佳、田中裕美子、芝 聡美、宮﨑千絵子、上徳ひろみ、櫻木雅子、
    竹原めぐみ、穂積康夫:乳癌再発加療中に右拇指への転移をきたし、bevacizumab+pacrytaxel にてコントロールし得た1例. 第12回日本乳癌学会関東地方会、2015.12(さいたま)
  13. 西田紗季、藤田崇史、竹原めぐみ、櫻木雅子、上徳ひろみ、宮﨑千絵子、田中裕美子、相良由佳、
    穂積康夫: 乳癌再発加療中に右母指への骨転移をきたし、bevacizumab+pacrytaxel にてコントロールし得た1例. 第126回栃木県臨床外科集談会、2015.7(宇都宮)
  14. 西田紗季、藤田崇史、竹原めぐみ、櫻木雅子、上徳ひろみ、宮﨑千絵子、芝 聡美、田中裕美子、
    相良由佳、穂積康夫: 異時性同側乳癌に対するセンチネルリンパ節生検において、リンフォシンチグラフィが有用であった2例の報告. 第77回日本臨床外科学会総会、2015.11(福岡)
  15. 大澤英之、三木 厚、芝 聡美、寺谷 工、佐久間康成、穂積康夫、佐田尚宏: HER2 陽性乳癌の術前化学療法症例におけるマイクロRNA 発現プロファイル. 第24回日本癌病態治療研究会、2015.6(日光)
  16. 相良由佳、藤田崇史、田中裕美子、西田紗季、芝 聡美、宮﨑千絵子、上徳ひろみ、櫻木雅子、
    竹原めぐみ、小佐見光樹、穂積康夫: 皮下埋め込み型ポート感染による黄色ブドウ球菌菌血症に、可逆性脳梁膨大部病変を伴う脳症を合併した1例. 第12回日本乳癌学会関東地方会、2015.12(さいたま)
  17. 櫻木雅子、藤田崇史、相良由佳、田中裕美子、芝 聡美、上徳ひろみ、宮﨑千絵子、竹原めぐみ、
    丹波嘉一郎、穂積康夫、水沼洋文:よりよい死にむけてがん治療医ができること. 第23回日本乳癌学会学術総会、2015.7(東京)
  18. 芝 聡美、藤田崇史、相良由佳、田中裕美子、宮﨑千絵子、上徳ひろみ、大澤英之、櫻木雅子、
    竹原めぐみ、水沼洋文、穂積康夫: 追加切除は必要か?-乳房温存術後断端陽性のため追加切除を行った症例の検討より-. 第23回日本乳癌学会学術総会、2015.7(東京)
  19. 竹原めぐみ、櫻木雅子、宮﨑千絵子、上徳ひろみ、芝 聡美、田中裕美子、相良由佳、穂積康夫: 女性医師のキャリア継続支援に対する労働環境改善への取り組みと問題点. 第23回日本乳癌学会学術総会、2015.7(東京)
  20. 田中裕美子、藤田崇史、相良由佳、西田紗季、芝 聡美、宮﨑千絵子、上徳ひろみ、櫻木雅子、穂積康夫: 腋窩リンパ節腫大を認めた顆粒細胞腫の1 症例. 第12回日本乳癌学会関東地方会、2015.12(さいたま)
  21. 田中裕美子、藤田崇史、相良由佳、芝 聡美、宮﨑千絵子、上徳ひろみ、大澤英之、櫻木雅子、
    竹原めぐみ、穂積康夫: Bp 施行乳癌でSN 陽性でありAx を追加した症例におけるSN のみ陽性症例とnon-SN 陽性症例の検討. 第23回日本乳癌学会学術総会、2015.7(東京)

泌尿器科

【論文】

  1. Sakon M, Maehara Y, Kobayashi Takao, Kobayashi Hiroshi, Shimazui Toru, SeoNorimasa,Crawford Bruce, Miyoshi Izuru: Economic burden of venous thromboembolism in patients undergoing major abdominal surgery. Value in Health Regional Issues 6: 73-79, 2015
  2. 山内 敦、吉野 喬之、大谷 幹伸、島居 徹: 結石性腎盂腎炎における尿路ドレナージ術の適応に関する検討.茨城県立病院医学雑誌 32(1):21-26, 2015
  3. 田中 建、山内 敦、佐々木 明、大谷 幹伸、島居 徹:茨城県立中央病院救急センターを受診した泌尿器疾患症例の検討. 泌尿器外科 28(10):1663-1666, 2015.

【学会発表】

  1. 山内 敦、島居 徹、田中 建、吉野 喬之、加藤 一郎、大谷 幹伸: ロボット支援前立腺全摘術導入初期の治療成績. 第103回日本泌尿器科学会総会、2015.4(金沢)
  2. 島居 徹、吉川 和宏、宮崎 淳、内田 和彦、山内 敦、大谷 幹伸、西山 博之:MBT-2 マウス膀胱癌細胞株の肺転移モデルに対するp16INK4a 機能性ペプチドの全身投与による転移抑制と毒性の検討. 第103回日本泌尿器科学会総会、2015.4(金沢)
  3. 辻本 一平、山内 敦、島居 徹、大谷 幹伸: 受傷2 日目に受診した精巣外傷の1 例. 第102回日本泌尿器科学会茨城地方会、2015.6(笠閒)
  4. 児山 健、星合 壮大、佐藤 始広、山内 敦、島居 徹、大谷 幹伸、堀越 亮子、小林 弘明: 腎癌に対する凍結治療(cryoablation) の初期経験. 第102回日本泌尿器科学会茨城地方会、2015.6(笠閒)
  5. 山内 敦、辻本 一平、島居 徹、大谷 幹伸: 腎盂腎炎治療中に腎周囲膿瘍を形成した糖尿病の1例. 第58 回茨城腎研究会、2015.7(つくば)
  6. 辻本 一平、山内 敦、大谷 幹伸、島居 徹: 緩徐な増大を示した右鼠径部腫瘤の1例. 第103回日本泌尿器科学会茨城地方会、2015.10(水戸)
  7. 山内 敦、島居 徹、辻本 一平、加藤 一郎、大谷 幹伸:茨城県立中央病院におけるロボット支援前立腺全摘術の治療成績. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会、2015.11(東京)
  8. 島居 徹、山内 敦、辻本 一平、田中 建、大谷 幹伸: ロボット支援腎部分切除術の導入初期の経験. 第29 回日本泌尿器内視鏡学会総会、2015.11(東京)
  9. 辻本 一平、山内 敦、島居 徹、大谷 幹伸: 偶然発見された腎粘液管状紡錘細胞癌(Mucinous tubular spindle cell carcinoma:MTSCC) の1例. 第104回日本泌尿器科学会茨城地方会、2016.1(つくば)

【講演】

  1. 大谷 幹伸: 前立腺がんについて「検診と診断」. 水戸地方がん市民セミナー、2015.6(水戸)
  2. 大谷 幹伸: 排尿障害〜過活動膀胱を中心に〜. 三水会 ひたちなか医師会講演会、2015.10(ひたちなか)
  3. 島居 徹: ACCP ガイドラインに基づいた周術期VTE の予防と術前スクリーニング. 第2 回茨城腹部手術VTE セミナー、2015.10(水戸)
  4. 山内 敦: 聞いて納得 前立腺がんの話. がん県民公開セミナー in 水戸、2015.11(水戸)
  5. 島居 徹: 聞いて納得 前立腺がんの話. がん県民公開セミナー in つくば、2015.11(つくば)

産婦人科

【論文】

  1. Kitagawa R, Katsumata N, Shibata T, Kamura T, Kasamatsu T, Nakanishi T,
    Nishimura S ,Ushijima K, Takano M, Satoh T, Yoshikawa H. Paclitaxel plus carboplatin versus paclitaxel plus cisplatin in metastatic or recurrent cervical cancer: The open-label randomized phase III trial (JCOG0505), J Clin Oncol, 33(19):2129-2135, 2015
  2. Nakamura Y, Matsumoto K, Satoh T, Nishide K, Nozue A, Shimabukuro K, Endo S, Nagai K, Oki A, Morishita Y, Noguchi M, Yoshikawa H. Optimizing biopsy procedures during colposcopy for women with abnormal cervical cancer screening results: a multicenter prospective study. Int JClin Oncol, 20(3):579-585, 2015
  3. Sakurai M, Satoh T, Matsumoto K, Michikami H, Nakamura Y, Nakao S, Ochi H, Onuki M, Minaguchi T, Yoshikawa H. High pretreatment plasma D-dimer levels are associated with poor prognosis in patients with ovarian cancer independently of venous thromboembolism and tumor extension. Int J Gynecol Cancer, 25(4):593-598, 2015
  4. Satoh T, Onda T, Tsuda H, Kanato K, Kimura A, Kaba H, Shibata T, Fukuda H, Konishi I, KamuraT, Yaegashi N,  Yoshikawa H. A non-randomized verification study regarding selectionof fertility-sparing surgery for patients with epithelial ovarian cancer: Japan ClinicalOncologyGroup Study JCOG1203. Jpn J Clin Oncol, 45(6):595-599, 2015
  5. Arimoto T, Kawana K, Adachi K, Ikeda Y, Nagasaka K, Tsuruga T, Yamashita A, Oda K, IshikawaM, Kasamatsu T, Onda T, Konishi I, Yoshikawa H, Yaegashi N. Minimization of curative surgery for treatment of early cervical cancer: A review. Jpn J Clin Oncol, 45(7):611-616, 2015
  6. Nakamura Y, Matsumoto K, Satoh T, Nishide K, Nozue A, Shimabukuro K, Endo S, Nagai K,Oki A, Ochi H, Morishita Y, Noguchi M, Yoshikawa H. HPV genotyping for triage of women with abnormal cervical cancer screening results: a multicenter prospective study. Int J Clin Oncol,20(5):974-981, 2015
  7. Matsumoto K, Maeda H, Oki A, Takatsuka N, Yasugi T, Furuta R, Hirata R, Mitsuhashi A, KawanaK, Fujii T, Iwata T, Hirai Y, Yokoyama M, Yaegashi N, Watanabe Y, Nagai Y, YoshikawaH. Human leukocyte antigen class II DRB1*1302 allele protects against cervical cancer: at which step of multistage carcinogenesis?; Japan HPV And Cervical Cancer (JHACC) Study Group. Cancer Sci. 106(10):1448-1454, 2015
  8. Onuki M, Matsumoto K, Sakurai M, Ochi H, Minaguchi T, Satoh T, Yoshikawa H. Post-treatment HPV testing for residual or recurrent high-grade cervical intraepithelial neoplasia: a pooled analysis. J Gynecol Oncol, 27(1):e3, 2016
  9. Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Saida T, Minami M, Yoshikawa H. Uterine cervical cancer volumetry using T2- and diffusion-weighted MR images in patients treated by primary surgery and neoadjuvant chemotherapy. Acta Radiol. 57(3):378-383, 2016
  10. Shikama A, Minaguchi T, Matsumoto K, Akiyama-Abe A, Nakamura Y, Michikami H, Nakao S,Sakurai M, Ochi H, Onuki M, Satoh T, Oki A, Yoshikawa H. Clinicopathologic implications of DNA mismatch repair status in endometrial carcinomas. Gynecol Oncol, 140(2):226-233, 2016
  11. Ohara R, Obata-Yasuoka M, Abe K, Yagi H, Hamada H, Yoshikawa H. Effect of hyperemesisgravidarum on gestational diabetes mellitus screening. Int J Gynaecol Obstet. 13(2):156-158, 2016.
  12. Saida T, Tanaka YO, Matsumoto K, Satoh T, Yoshikawa H, Minami M. Revised FIGO staging system for cancer of the ovary, fallopian tube, and peritoneum: important implication for radiologists. Jpn J Radiol, 34(2):117-124, 2016
  13. Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Oki A, Saida T, Yoshikawa H, Minami M.Differentiation of epithelial ovarian cancer subtypes by use of imaging and clinical data: a detailed analysis. Cancer Imaging 16(1);3-11, 2016
  14. Tanaka YO, Okada S, Sakata A, Saida T, Nagai M, Yoshikawa H, Noguchi M, Minami M. Ametastatic ovarian cancer mimicking pregnancy luteoma found during puerperium. Magn Reson Med Sci, 15(2):149-150, 2016
  15. Minaguchi T, Satoh T, Matsumoto K, Sakurai M, Ochi H, Onuki M, Oki A, Yoshikawa H. Proposalfor the selection criteria of secondary cytoreductive surgery in recurrent epithelial ovarian,tubal, and peritoneal cancers. Int J Clin Oncol, 21(3):573-539, 2016
  16. Komiyama S, Katabuchi H, Mikami M, Nagase S, Okamoto A, Ito K, Morishige K, Suzuki N,Kaneuchi M, Yaegashi N, Udagawa Y, Yoshikawa H. Japan Society of Gynecologic Oncology guidelines 2015 for the treatment of ovarian cancer including primary peritoneal cancer and fallopian tube cancer. Int J Clin Oncol. 21(3):435-446, 2016
  17. Ebina Y, Katabuchi H, Mikami M, Nagase S, Yaegashi N, Udagawa Y, Kato H, Kubushiro K, Takamatsu K, Ino K, Yoshikawa H. Japan Society of Gynecologic Oncology guidelines 2013 for the treatment of uterine body neoplasms. Int J Clin Oncol. 21(3):419-434, 2016
  18. 吉川裕之: 卵巣がんの初回化学療法での維持療法は推奨されるか? EBM がん化学療法・分子標的治療法、2016-2017 edition、pp433-437
  19. 吉川裕之: 原発性腹膜癌—原発性腹膜腫瘍の診断と治療、外科、77(19); 1130-1133、2015
  20. 大谷幹伸、吉川裕之 :地域におけるがん診療連携拠点病院の現在—茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンターの現状と役割、日本のがん診療UPDATE、医学のあゆみ 254(9);843-848, 2015
  21. 高野克己、吉川裕之 :子宮頸癌—婦人科悪性腫瘍の診断と治療—、医学と薬学、73(4);379-384, 2016

【学会発表】

  1. Nakao S, Takano K, Itagaki H, Satoh M, Tamai H, Tasaka N, Akiyama A, Oki A Struma ovarii with the spinal metatasis – a case report.24th Asian & Oceanic Congress of Obstetrics & Gynaecology. 2015.6. (マレーシア)
  2. 板垣博也、高野克己、玉井はるな、道上大雄、田坂暢崇、秋山梓、沖明典、吉川裕之: 卵巣嚢胞手術のピットフォール ー仙骨髄膜瘤の1例ー、 第179回茨城県産婦人科学会、2015.6 (水戸)
  3. 板垣博也、高野克己、山口まどか、玉井はるな、道上大雄、田坂暢崇、秋山梓、沖明典、吉川裕之: 腫瘍随伴症候群として皮膚筋炎を発症した、腹膜癌・肝細胞癌の重複癌の一例、 第180回茨城県産婦人科学会、2015.11 (水戸)

  4. 沖 明典: 子宮頸がんとHPV-予防と治療の最近の話題ー. 第18回長野県母子衛生学会学術集会 特別講演、2015.11 (松本)

脳神経外科

【学会発表】

  1. 木野弘善、片山 亘、鯨岡裕司:重症頭部外傷における早期経腸栄養の有用性についての検討.第33回筑波脳神経外科研究会(第1回NPO 法人筑波脳神経外科研究会学術総会)、2015.2.1(つくば)
  2. 吉井與志彦、鯨岡裕司、小林栄喜:軽度認知機能低下者の早期診療に対する画像診断の有用性について.東西合同脳神経外科認知症研究会、2015.4.11(大阪)
  3. 吉井與志彦、鯨岡裕司、小林栄喜:認知症診療への画像診断の適用・利用.第28回日本老年脳神経外科学会、2015.4.17(米子)

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

【論文】

  1. 上前泊功、和田哲郎、髙橋邦明、原 晃:後鼻孔ロック固定法を用いた経鼻胃管事故(事故)抜去予防の検討.医療の質・安全学会誌 9(4), 341-343, 2014
  2. 上前泊功、林健太郎、髙橋邦明:降下性縦隔炎治療後に嚥下障害を併発した2例.頭頸部外科 25 (1), 103-107, 2015

【学会発表】

  1. 上前泊功、原 晃、西村文吾、林健太郎、髙橋邦明 他:後鼻孔ロック固定法を用いた経鼻胃管自己抜去予防の検討.第115回日本耳鼻咽喉科学会総会, 2014.5.14-17 (福岡)
  2. 林 健太郎、上前泊 功、髙橋邦明:頭頸部領域に発生した髄外性形質細胞腫の2 例.第115回日本耳鼻咽喉科学会総会, 2014.5.14-17 (福岡)
  3. 上前泊功、林健太郎、髙橋邦明:頸部外切開にて摘出された咽頭食道異物の2 例.第76回耳鼻咽喉科臨床学会, 2014.6.26-27 (盛岡市)
  4. 廣瀬由紀、林健太郎、髙橋邦明、田淵経司、原 晃:左内頸静脈venous aneurysm に生じた血栓症の1 例.第76回耳鼻咽喉科臨床学会, 2014.6.26-27 (盛岡)
  5. 藤井慶太朗、中山雅弘、和田哲郎、原 晃、髙橋邦明 他:フォークによる咽頭外傷の1 例.第73回日耳鼻茨城県地方部会, 2014.6.29 (水戸)
  6. 髙橋邦明、上前泊功、林健太郎、若盛 隼、川崎晋司:Zenker 憩室の1手術例.第73回日耳鼻茨城県地方部会, 2014.6.29 (水戸)
  7. 田中晴香、上前泊功、林健太郎、髙橋邦明:当科における頭頸部がんに対するセツキシマブの使用経験.第73回日耳鼻茨城県地方部会, 2014.6.29 (水戸)
  8. 上前泊功、田中晴香、藤井慶太郎、髙橋邦明:PCU 病棟での頭頸部癌緩和治療.第74回日耳鼻茨城県地方部会, 2014.10.26 (水戸)
  9. 新井 峻、岡田愼一、小室久美子、髙橋邦明:茨城県の聴覚スクリーニング状況と当センターの対応.第74 回日耳鼻茨城県地方部会, 2014.10.26 (水戸)
  10. 髙橋邦明、上前泊 功、田中晴香:縦隔転移を来した終末期患者に対し緩和目的でステント留置術を行った症例.第74回日耳鼻茨城県地方部会, 2014.10.26 (水戸)
  11. 岡田慎一、小室久美子、内田紗保子、新井峻、髙橋邦明:就学後に診断され補聴器を装用した難聴児.第59回日本聴覚医学会, 2014.11.27-28 (下関)
  12. 髙橋邦明:乳頭がん多発性肺転移に対するソラフェニブの使用経験.Next Era in TYC,2015.4.11 (東京)
  13. 上前泊功、髙橋邦明、藤井慶太郎:スティーブンスジョンソン症候群の1例.第77回耳鼻咽喉科臨床学会、2015.6.25-26 (浜松)
  14. 藤井 慶太郎、髙橋邦明、上前泊 功:当院における甲状腺分化癌ハイリスク群に対するAblation 治療.第75回日耳鼻茨城県地方部会, 2015.7.5 (水戸)
  15. 髙橋邦明、藤井 慶太郎、上前泊 功:甲状腺乳頭ががん多発肺転移例に対する分子標的薬ソラフェニブによる治療経験.第75回日耳鼻茨城県地方部会, 2015.7.5 (水戸)
  16. 岡田慎一、新井峻、小室久美子、内田紗保子、髙橋邦明:乳幼児における補聴器装用開始年齢2009-2014 年について.第60回日本聴覚医学会, 2015.10.22-23 (東京)
  17. 藤井慶太郎、髙橋邦明、上前泊 功:大唾液腺悪性腫瘍例の検討.第76回日耳鼻茨城県地方部会, 2015.10.25 (水戸)
  18. 上前泊功、髙橋邦明、藤井慶太郎:頭頸部扁平上皮癌におけるHPV関連癌の検討.第76回日耳鼻茨城県地方部会, 2015.10.25 (水戸)
  19. 上前泊功、藤井慶太郎、髙橋邦明:下頸部に発生した異所性過誤腫性胸腺腫の1例.第26回日本頭頸部外科学会, 2016.1.28-29 (名古屋)
  20. 上前泊功、髙橋邦明、藤井慶太郎:頭頸部扁平上皮癌におけるHPV関連癌の検討.第26回茨城県がん学会, 2016.2.7 (水戸)

皮膚科

【論文】

  1. Iino,Y.,Kano,T.,Adachi,F.,Suzuki,M.,Nishikwa,R.,Ishii,N.,Ohata,C.,Furumura,M.,Hamada,
    T.andHashimoto,T. : A cace of bullous pemphigoid with psoriasis vulgaris showing Hailey- Haileydisease-like histological changes in regenerated epidermis without genomic mutation in ATP2C1or ATP2A2 gene. J Eur Acad Dermatol Venereol. 2014 Apr21. doi: 10.1111/jdv.12521
  2. 久保田典子、狩野俊幸:autoimmune progesterone dermatitis,皮膚病診療,36 (9):849-852,2014

【学会発表】

  1. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸、小島寛:皮膚転移した多発性骨髄腫.第85回日本皮膚科学会茨城地方会、2014.7.6(日立)
  2. 角総一郎、永江美香子、狩野俊幸:胆石性急性膵炎に伴ったsubcutaneous nodular fat necrosis.第86 回日本皮膚科学会茨城地方会、2014.10.12(水戸)
  3. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸:免疫グロブリン大量静注療法を施行したStevens-Johnson 症候群.第87回日本皮膚科学会茨城地方会、2015.3.8(つくば)
  4. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸、今井裕季子、佐々木正浩:悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)の1例.第88回日本皮膚科学会茨城地方会、2015.7.12(日立)
  5. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸、大越靖:菌状息肉症腫瘍期に使用したPEG-IFN α -2a の2例.第90 回日本皮膚科学会茨城地方会、2016.2.28(つくば)

【講演】

  1. 狩野俊幸:乾癬の診断について.市民公開講座みんなで話す乾癬in 水戸、2014.5.25(水戸)
  2. 狩野俊幸:アトピー性皮膚炎の治療とスキンケア.いい皮膚の日市民公開講座、2014.10.26(水戸)

リハビリテーション科

【学会発表】

  1. Osonoi S, Abe D,  Baba M, Hayashi M. Various impairments of lower-limb in survival patients with percutaneous veno-arterial extracorporeal membrane oxygenation. World Confederation for Physical Therapy Congress 2015, 2015.5.2(シンガポール)
  2. 石井 伸尚、吉田 健太郎、馬場 雅子、塚田 亨、逆井 佳永、冨田 和秀、武安 法之、秋島 信二、小
    池 朗 :開心術後一時的心外膜ペースメーカへのEMS の影響.第79回日本循環器学会学術集会、2015.4.24-26(大阪)
  3. 小園井 祥恵、馬場 雅子、石井 伸尚、萩原 瑛里香、磯山 政勝、武安 法之、小池 朗:退院後の在宅活動時間はQOL に関与する.第79回日本循環器学会学術集会、2015.4.26
  4. 石井 伸尚:急性期心臓リハビリテーションでのEMS 導入を試みて.第12回茨城心臓大血管リハビリテーション・運動生理研究会、2015.05.28
  5. 石井 伸尚、吉田 健太郎、馬場 雅子、冨田 和秀、武安 法之、林 美代子、小池 朗:ベルト電極式電気刺激装置の生体内デバイス植込み患者への安全性ならびに安全対策の検証.第50回日本理学療法学術集会、2015.6.5-7

麻酔科

【学会発表】

  1. 星 拓男:「初期研修医に対するプレテスト・読書感想文~初期研修医はどのように感じたか~」第16回麻酔科学ウィンターセミナー 、2016.2.5-7(北海道)
  2. 鈴木 知絵、小沼 華子、金澤 悦子、星 拓男:「国際栄養調査:最下位からの脱却:その取り組みと改善点」第36回日本手術医学会総会、 2016.2.11 – 14(神戸)

救急科

【論文】

  1. 関根 良介:神経線維腫症1型に発生し、ショックを呈した非外傷性血胸の1例.第38回茨城県救急医学会(常総市水害のため、誌上開催)

【学会発表】

  1. 福本 あすか:気管挿管による気管膜様部損傷の1 例.第66 回日本救急医学会関東地方会、2016.2
  2. 関根 良介:茨城県常総市水害でのDMAT 活動.第21回日本集団災害医学会、2016.2

病理診断科

【論文】

  1. Shimamura J, Kiyoshima M, Suzuki H, Kitahara M, Asato Y, Iijima T, R Amemiya Gen. Epithelioid hemangioendothelioma originating from the chest wall with rib metastases. Thorac.Cardiovasc. Surg. 63: 623-626.2015
  2. 永井公洋、平野稔、飯嶋達生:乳癌転移の鑑別を要した卵巣原発未分化癌の1例.産科と婦人科. 97(8): 941-945.2015
  3. 檜山貴志、織田潮人、伊藤裕太、児山健、飯嶋達生、永井秀雄、佐藤始広、南学:特徴的な層状の造影効果を呈した十二指腸乳頭炎の1例.臨床放射線 . 60(8): 1035-1039.2015

【学会発表】

  1. 阿部香織、内田好明、小井戸綾子、古村祐紀、斉藤仁昭、飯嶋達生、川口誠、井村穣二:乳癌における免疫組織化学的ATBF1 発現に関する検討.第104回日本病理学会総会、2015.4.30(名古屋)
  2. 内田好明、阿部香織、小井戸綾子、古村祐紀、斉藤仁昭、飯嶋達生、川口誠、井村穣二:ATBF1(AT-motif binding factor 1) による肝外胆管癌予後予測の検討.第104回日本病理学会総会 、2015.4.30(名古屋)
  3. 阿部香織、内田好明、小井戸綾子、古村祐紀、斉藤仁昭、飯嶋達生、川口誠、井村穣二:乳癌における免疫組織化学的ATBF1 発現に関する検討.第104回日本病理学会総会 、2015.4.30(名古屋)
  4. 阿部香織、内田好明、吉澤一恵、新発田雅晴、古村祐紀、安田真大、小井戸綾子、内海啓子、斉藤仁昭飯嶋達生:気管支擦過細胞診が発見の契機となった肺放線菌症の1例.第29回関東臨床細胞学会 、2015.9 26(つくば)
  5. 新発田雅晴、内田好明、阿部香織、古村祐紀、安田真大、小井戸綾子、斉藤仁昭、飯嶋達生:ThinPrep5000 における塗抹不良標本についての検討.第29回関東臨床細胞学会 、2015.9 .26(つくば)
  6. 阿部香織、井村穣二、藤澤邦子、下村明子、飯嶋達生:Expression of CTCF and its association with methylation in the breast tissue.第74回日本癌学会学術集会、2015.9 .26(名古屋)
  7. 小井戸綾子、内田好明、阿部香織、内田好明、新発田雅晴、古村祐紀、安田真大、斉藤仁昭、飯嶋達生:体腔液中に出現した顆粒膜細胞腫の一例.第54回日本臨床細胞学会秋期大会 、2015.11.21(名古屋)
  8. 清嶋護之、鈴木久史、北原美由紀、鏑木孝之、飯嶋達生、玉木義雄:同時性単発性脳転移を有する肺癌に対する原発巣切除施行例の検討.第56回日本肺癌学会学術集会、2015.11.26(横浜)
  9. 清嶋護之、鈴木久史、北原美由紀、飯嶋達生、雨宮隆太:当院におけるMinimally invasive adenocarcinoma の切除成績の検討.第56回日本肺癌学会学術集会 、2015.11.27(横浜)

臨床検査医学

【論文】

  1. 江橋正浩, 西村貴子, 黒澤克樹, その他:8人体制での地域がん登録の有益性と課題.JACR monograph 2015; 21: 165-9.

【学会発表】

  1. 江橋正浩、西村貴子、黒澤克樹、根本雄二、入江ふじ子:8 人体制での地域がん登録の有益性と課題.
    地域がん登録全国協議会第24回学術集会、 平成27年6月11日(木) (前橋)
  2. 江橋正浩、仁平有紀、今井恵美子:臨床検査技師教育ツールとしてのRCPC 院内開催における現状・課題・展望.第54回全国自治体病院学会 、平成27年10月8日(木) (函館)
  3. 江橋正浩、老沼弘俊、日高裕介、小谷和彦、山田俊幸:キャピラリー電気泳動におけるM 蛋白量算定法.
    第62回日本臨床検査医学会学術集会、 平成27年11月21日(土) (岐阜)
  4. 【司会】佐藤尚武、矢内充【討論者】江橋正浩、林悠太、増田亜希子:RCPC1 「症例:43 歳の男性」.第62回日本臨床検査医学会学術集会、 平成27年11月22日(日) (岐阜)

【講演】

  1. 「学校関係者のための食物アレルギー・キソ講座~協和特別支援学校スペシャル~」
    平成27年8月19日(水) 13:30 ~ 15:00 茨城県立協和特別支援学校(筑西)
  2. 「学校関係者のための食物アレルギー・キソ講座~那珂市額田小学校スペシャル~」
    平成27年8月21日(金) 13:30 ~ 15:00 那珂市立額田小学校(那珂)
  3. 「子どもの糖尿病 キソ講座~こんなときどうしよう~」
    平成27年8月28日(金) 13:30 ~ 17:00 常陸太田合同庁舎(常陸太田)
  4. 「学校関係者のためのアレルギー・キソ講座~食物中心で、花粉症も~」
    平成28年1月8日(金) 13:00 ~ 14:30 私立水戸英宏小学校(水戸)
  5. 「学校関係者のためのアレルギー・キソ講座~食物中心で、花粉症も~」
    平成28年2月17日(水) 15:00 ~ 16:00 那珂市立木崎小学校(那珂)

放射線治療センター

【著書】

  1. 玉木義雄、林 靖孝、牧島弘和、菅原香織、大野豊然貴、斎藤 高、新田和範、生駒英明、海老根聖子: 前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT) – 茨城県立中央病院における初期経験を含めて-. 日本臨床泌尿器科医会茨城支部会報2015, 2:10-15, 2015
  2. 生駒英明、藤崎達也、布施 拓、他: 3.2 放射線治療計画法と各種器具、新・医用放射線技術実験「臨床編」、2016 年2 月、共立出版、東京
  3. 生駒英明、藤崎達也、布施 拓、他: 3.3 放射線治療装置の性能点検、新・医用放射線技術実験「臨床編」、2016 年2 月、共立出版、東京

【論文】

  1. Saito T, Ishikawa H, Ohnishi K, Aihara T, Mizumoto M, Fukumitsu N, Sugawara K, Okumura T,Sakurai H.: Proton beam therapy for locally advanced and unresectable (T4bN0M0) squamous cell carcinoma of the ethmoid sinus: A report of seven cases and a literature review. Oncol Lett. 2015 Jul;10(1):201-205.

【学会発表】

  1. Tamaki Y, Ohno Y, Saitoh K, Takizawa D, Sugawara K,  Makishima H, Hayashi Y: Therapeutic effects of radiotherapy plus cetuximab for head and neck cancer. 15th International Congress of Radiation Research, 2015.5.26-29, Kyoto, Japan (poster)
  2. Ando K, Kudo S, Higuchi K, Obuchi K,  Tamaki Y,  Ebara T: CT-based dose-volume parameters for high-dose rate intracavitary brachytherapy for cervical cancer. 15th International Congressof Radiation Research, 2015.5.26-29, Kyoto, Japan (poster)
  3. Tamaki Y,  Ohno T, Saito T, Nitta K, Ikoma H, Shimizu M,Aizawa K,  Ebine S: Total skin electron beam therapy for mycosis fungoides –single insititute experience using 6 dual-fields technique-. 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会,2015.11.20.前橋(口演)
  4. Tamaki Y, Ohno T, Nitta K, Shimizu S, Tanaka K, Ebara T, Kudo S, Higuchi M: Switching of dose prescription method in the era of 3-demnetional treatment planning from 2-dimentional treatment planning –from clinical viewpoint-. 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会、2015.11.21.前橋(口演、ワークショップ)
  5. Takeshi Ebara, Shigehiro Kudo, Ken Ando, Yoshio Tamaki, Hitoshi Ojima: Concurrent chemo-radiotherapy for squamous cell carcinoma of cervical esophagus. 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会、2015.11.19.前橋(口演)
  6. Saito T,  Nitta K, Ohno T, Shimizu M, Ikoma H, Ebine S, Tamaki Y, Sakurai H: The short term treatment outcomes and dose volumehistogram analysis of cervix cancers treated with image-guided brachytherapy.日本放射線腫瘍学会第28回学術大会、2015.11.21.前橋(展示)
  7. 藤澤文絵、平野 稔、玉木義雄: HER2 陽性乳癌術後補助化学療法におけるトラスツズマブと放射線照射の併用についての検討、2016.7.2-4.東京(展示)
  8. 玉木義雄、大野豊然貴、斎藤 高、福光延吉、水本斉志、大西かよ子、石川 仁、奥村敏之、櫻井英幸: 局所進行切除不能膵癌に対する温熱併用同時化学陽子線治療 – 初期経験と将来展望-.日本ハイパーサーミア学会 第32回大会、2015.9.4.大阪市(口演、シンポジウム)
  9. 櫻井英幸、石川 仁、玉木義雄、斎藤 高、沼尻晴子、大西かよ子、水本斉志、福光延吉、高田健太、小林大輔、奥村敏之: 癌診療におけるハイパーサーミアの位置付け – 放射線腫瘍科の立場から-.日本ハイパーサーミア学会 第32回大会、2015.9.5.大阪市(口演、シンポジウム)
  10. 斎藤 高、福光延吉、玉木義雄、沼尻晴子、水本斉志、大西かよ子、粟飯原輝人、石川 仁、奥村敏之、櫻井英幸: 切除不能局所進行膵癌に対する温熱併用化学陽子線治療の安全性と短期治療成績.日本ハイパーサーミア学会 第32回大会、2015.9.5.大阪市(口演、一般演題)
  11. 斎藤 高、新田和範、大野豊然貴、清水 誠、生駒英明、海老根聖子、玉木義雄、櫻井英幸: 子宮頸癌における画像誘導小線源治療の短期治療成績と線量分布解析.第10回茨城放射線腫瘍研究会、2015.9.26.つくば市(口演)
  12. 加藤美穂、清水 誠、生駒英明、相澤健太郎、青木 誠、河島通久、宮本恵一、新田和範、海老根聖子、宍倉優子、永堀美幸、玉木義雄、大野豊然貴、斎藤 高: 頭頸部領域IMRT における固定法の検討.第54回全国自治体病院学会、2015.10.8.函館(展示)
  13. 清水 誠、加藤美穂、生駒英明、相澤健太郎、青木 誠、河島通久、宮本恵一、新田和範、海老根聖子、宍倉優子、永堀美幸、玉木義雄、大野豊然貴、斎藤 高:頭頸部領域IMRT における固定法の検討2- 簡単なマウスピースの作成-.第54回全国自治体病院学会、2015.10.8.函館(展示)
  14. 清島護之、鈴木久史、北原美由紀、鏑木孝之、飯島達生、玉木義雄: 同時性単発性脳転移を有する肺癌に対する原発巣切除例の検討.第56回日本肺癌学会学術集会、2015.11.25.横浜市(展示)

  15. 内海啓子、鏑木孝之、阿部正洋、大久保初美、山田 豊、山口昭三郎、橋本幾太、清島護之、鈴木久史、玉木義雄、雨宮隆太:80 歳以上の高齢者肺癌患者の治療選択の検討.第56回日本肺癌学会学術集会、2015.11.27.横浜市(展示)

  16. 清水 誠、加藤美穂、生駒英明、相澤健太郎、青木 誠、河島通久、宮本恵一、新田和範、海老根聖子、宍倉優子、永堀美幸、玉木義雄、大野豊然貴、斎藤 高:頭頸部領域IMRT における固定法の検討2- 簡単なマウスピースの作成-.第25回茨城がん学会、2016.2.7(水戸)

【講演】

  1. 玉木義雄: 聞いて納得前立腺癌の話(放射線療法).がん県民公開セミナー、2015.11.7(水戸)
  2. 生駒英明: 放射線治療看護を一緒に学びましょう、前立腺癌について、診療放射線技師はどうサポートするの?第3回茨城県放射線腫瘍研究会看護セミナー、2015.10.3(笠間)
  3. 大野豊然貴: 聞いて納得前立腺癌の話(放射線療法).がん県民公開セミナー、2015.11.27(つくば)
  4. 玉木義雄: 前立腺癌の放射線治療 -up to date-.第9回水戸・日立 UROLOGY UPDATE、2016.2.5(水戸)
  5. 青木 誠: 医療安全管理、自衛隊中央病院診療放射線技師養成所、2016.3.24(東京)

【院内講演、講習会】

  1. 海老根聖子:がん放射線療法看護を一緒に学ぼう、Let’s Study、2015.6.20
  2. 海老根聖子:放射線治療看護、4 西病棟学習会、2015.7.1
  3. 海老根聖子:放射線治療看護について、新人研修、2015.9.29
  4. 玉木義雄:平成26年度放射線安全管理講習会、災害医療センター、2015.11.9
  5. 青木 誠:平成26年度放射線安全管理講習会、災害医療センター、2015.11 .9
  6. 海老根聖子:バセドウ病の放射性ヨウ素内用療法の対応4中病棟学習会、2016.1.5

がんセンター

【論文】

  1. 大谷 幹伸, 吉川 裕之:茨城県立中央病院・茨城地域がんセンターの現状と役割. 医学の歩み Vol.254 No .9 : 843-848,2015

救急センター

【論文】

  1. 池田 達弥, 加藤 美樹, 青木 正志, 関 義元:緊急度が高く判定された院内トリアージの主訴や判断理由の考察.茨城県救急医学会雑誌 38:71-72,2016
  2. 桑名 梨里子, 関 義元, 関根 良介:アトロピンを使用せず治療を行った有機リン中毒の1 例.中毒研究 28:(3), 319-320, 2015
  3. 関根 良介, 関 義元:グリホサートカリウム中毒の1 例.中毒研究 28(3):321, 2015

【学会発表】

  1. 福本あすか:気管挿管による気管膜様部損傷の1 例.第66回日本救急医学会関東地方会 2016 年2 月、(横浜)

予防医療センター

【講演】

  1. 7月3日(金)演題:「健康寿命の延伸と食事」~アンチメタボ~
    講師:岡田文江先生(常磐大学人間科学部 健康栄養学科 准教授)
    45名参加(保健センター2名含む)
    * H26年度健診・ドックでBMI30 以上・メタボ該当者およびH27 年度雇用時健診BMI30 以上該当者 合計66 名に個別に講演会の案内をし、8名の参加がありました。
  2. 石井和子、 片田正一、 角田直枝:「新規採用看護師全員に健康支援室の看護師が個人面談を行った効果」、茨城県立病院医学雑誌に投稿中

透析センター

【学会・研究会発表】
A:医師

  1. 小林弘明、他:標準透析者、長時間透析者のFGF23 とKlotho 蛋白についての検討 第60回日本透析医学会総会学術総会、2014.6.26 パシフィコ横浜(神奈川)
  2. 小林弘明、他:透析者とリンパ球数(第2 報)透析回数の増加によるリンパ球数(割合)の変化第60回日本透析医学会総会学術総会、2014. 6 .27 パシフィコ横浜(神奈川)
  3. 小林弘明、他:長時間透析6年間のVAIVT の検討~より時間が長くなったからと言ってPTA の頻度は増えない(増えない工夫をした)~ 第11回長時間透析研究会 、2015.11.16(東京)
  4. 小林弘明、他:トウウキョウ・シンポジウム:長時間透析最長で6 年間の下部腹部大動脈石灰化の進行の経過~ 無酢酸透析で腹部大動脈の石灰化進行は抑制される~ 第11回長時間透析研究会 、2015.11.16 (東京)
  5. 小林弘明、他:充分な蛋白摂取・長時間透析・ASV(adaptive servo-ventilation)をおこなうも効果なく、EMS による心臓リハビリテーションが効果を表した2 次性心筋症の一例 (東京)
  6. 小林弘明、他:内シャント過剰血流患者に人工血管内挿術を行った1症例 第第20回バスキュラーアクセスインターベンション研究会、2016.3 .5(東京)
  7. 森山憲明、他:バスキュラーアクセス(VA) 狭窄・閉塞の治療 第7回県中バスキュラーアクセス研究会、2016.1.14 茨城県立中央病院・災害医療センター

B:看護師

  1. 堤まゆみ、他:病棟と外来で継続看護の為の記録運用方法変更と変化の要因 第16回日本マネージメント学会茨城県支部学術集会、2015.9.6 (つくば)
  2. 佐藤香織・片岡幸恵、他:長時間透析をおこなっている患者の運動習慣とQOL についての実態調査 第60回日本透析医学会学術集会総会、2015.6.26(横浜)
  3. 飯島博美・森島早智子・米倉英子、他:標準時間透析経験者と長時間透析のみ経験者の深夜透析における気持ちの違い 第11回長時間透析研究会 、2015.11.16 (東京)
  4. 江連道子・内藤真美、他:長期留置カテーテルの取り扱いと管理 第7回県中バスキュラー
    アクセス研究会、20161.14 茨城県立中央病院・災害医療センター

C:臨床工学技士

  1. 前澤利光、他:無酢酸透析液使用下での当院の動脈石灰化指数の推移 第42回 日本血液浄化技術学会学大会・総会、2015.4 .25 ソラシティカンファレンスセンター(東京)
  2. 戸田晃央、他:在宅血液透析において公的病院におけるCE の役割 第25回日本臨床工学会 、2015.5.24 福岡国際会議場(福岡)
  3. 戸田晃央、他:当院における在宅血液透析トレーニングから導入サポート体制まで 第60回日本透析医学会総会学術総会、2014.6.27 パシフィコ横浜(神奈川)
  4. 前澤利光、他:C.E.R.A 抵抗性を示した血液透析患者のヘプシジンの推移 第60回日本透析医学会総会学術総会、2015.6.28 パシフィコ横浜(神奈川)
  5. 星野大吾、他:キャッスルマン病患者者に対して深夜長時間透析を施行した一例、2015.6.28 パシフィコ横浜(神奈川)

【講演・座長・掲載など】
A 医師

  1. 小林 弘明:市民講演 慢性腎臓病といわれたら、2016.2.22 (笠間)
  2. 小林 弘明:座長:スイーツセミナー.演者:東京大学医学部付属病院・腎疾患総合医療学講座 花房規男先生 血液透析による物質除去~血流と時間はどちらが重要?~ 第11回長時間透析研究会 、2015.11 .16 (東京)
  3. 小林 弘明:講演:特別講演.演題:長時間透析について 島根県第18回透析医療の明日を考える会、2015.8.29 (松江)
  4. 小林 弘明:講演:イブニングセミナー.演題:長時間透析を施行した古典型Fabry 病の1症例(透析歴19 年、酵素補充療法歴11 年の小腸出血で死亡した症例)の経過と剖検所見 第53回小腸研究会、2015.11 .7(盛岡)

B 看護師

  1.  内藤真美:自己血輸血に推進と看護師の役割 第28回福島県輸血懇談会、2015.9.19 (福島)
  2.  内藤真美:自己血輸血に推進と看護師の役割 平成27年茨城県合同輸血療法委員会教育講演会、2016.2.27 (水戸)

化学療法センター

【論文】

  1. Inada K, Okoshi Y, Cho Y, Saito H, Iijima T, Hori M, Kojima H. Availability of circulating microRNAs as a biomarker for early diagnosis of diffuse large B-cell lymphoma. Open J Blood Diseases 2015; 5:48-58.
  2. Kudo D, Ohashi K, Komeno T, Nakamura Y, Shinagawa A, Yoshida C, Katsura Y, Ota I, Kakihana K, Kobayashi T, Kawai N, Kato A, Arai A, Yamamoto K, Toyota S, Kumagai T, Ohwada A, Miki T,Hori M, Okoshi Y, Kojima H, Sakamaki H. Efficacy and safety of bortezomib-containing induction chemotherapy for autologous stem cell transplantation-eligible Japanese multiple myeloma patients -A phase 2 multicenter trial-. Int J Myeloma 2015; 5:15–22.
  3. Cho Y, Hori M, Okoshi Y, Fujisawa F, Shinagawa A, Kudo D, Komeno T, Yoshida C, KatsuraY, Ota I, Shimizu S, Kamoshita M, Sasaki K, Tanaka K, Mukai YH, Kojima H. Measurement of proteasome activity in peripheral blood mononuclear cells as an indicator of susceptibility tobortezomib-induced severe neurological adverse events in patients with multiple myeloma. Acta Haematologica 2015; 134:25-31.

【学会発表】

ー医師―

  1. Hori M, Iha H, Ikebe E, Okoshi Y, Nicole F, Koshino M, Kojima H. Cereblon/IKZF1-3 could be prognostic markers for LND treatment to the lymphocytic malignancy. 第77回日本血液学会学術集会, 2015
  2. Inada K, Okoshi Y, Cho Y, Koshino M, Saito H, Iijima T, Hori M, Kojima H. Overexpression of serum miR-21 at the diagnosis is a risk factor for DLBCL recurrence. 第77回日本血液学会学術集会,2015
  3. Cho Y, Inada K, Koshino M, Okoshi Y, Hori M, Iijima T, Saito H, Kojima H. Contribution of hepatocyte growth factor (HGF) to angiogenesis in multiple myeloma. 第77回日本血液学会学術集会, 2015
  4. Boku N, Katakami N, Fujita S, Oda K, Tauchi K, Nakata K, Shinozaki K, Okuno M, Kawai Y, Kikukawa H, Suzuki R, Nakazawa H, Kojima H, Mizutani M, Hara T, Yokota T, Suzuki Y,Narabayashi M. A phase II randomized, double-blind, placebo-controlled study to evaluate naldemedine for the treatment of opioid-induced constipation (OIC) in patients withcancer pain.ASCO Annual Meeting, 2015
  5. 越野繭子, 大越靖, 藤澤文絵, 石黒愼吾, 三橋彰一, 小島寛, 堀光雄: ダサチニブで著明な低形成髄を呈した慢性期慢性骨髄性白血病の一例. 第77回日本血液学会学術集会, 2015
  6. 井口研子, 小島寛, 張愉紀子, 渋谷彰, 渋谷和子:癌患者血清における可溶型CD155 発現の上昇. 第74 回日本癌学会総会, 2015
  7. 石黒愼吾, 堀光雄, 加倉井真紀, 小島寛, 三橋彰一, 藤澤文絵, 角田直枝, 萩原敏之, 笹木日出美, 大越靖: 化学療法開始前に本来すべき歯科介入ができない造血器腫瘍患者の口腔マネジメントで合併症を軽減するシステム. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015
  8. 加倉井真紀, 石黒愼吾, 堀光雄, 小島寛, 角田直枝, 萩原敏之, 笹木日出美:常勤歯科医がいない病院での歯科介入による質の高いがん治療実現の方法. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015
  9. 天貝賢二, 児山健, 岩井健太郎, 永田博之, 山岡正治, 大関瑞治, 藤枝真司, 五頭三秀, 荒木眞裕, 小島寛:全
    身化学療法無効後の大腸癌肝転移に対する肝動注化学療法. 第13 回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015
  10. 菅谷明徳, 三橋彰一, 藤澤文絵, 石黒愼吾, 小島寛:トラスツズマブ投与中に間質性肺炎を認めた術後乳癌の一例. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015

 

―薬剤師―

【論文】

  1. Ogami M, Suzuki Y, Naito K, Yamada M, Kaburagi T, Uchiumi K, Yamada Y, Takei K, HommaM. Co-administration of proton pump inhibitor decreases plasma concentration of erlotinib in patients with non-small cell lung cancer. 14th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, 2015

【学会発表】

  1. 井坂邦彦, 大神正宏, 谷中敦美, 山下真以, 鈴木一衛, 岩上智美, 鏑木孝之, 武井 敬司: 新規分子標的薬アレクチニブにおける当院薬剤科の取り組みについて. 日本病院薬剤師会関東ブロック第45回学術大会, 2015
  2. 山下真以, 大神正宏, 谷中敦美, 内藤加奈子, 井坂邦彦, 山田幹子, 小泉和美, 鈴木一衛, 岩上智美, 武井敬司:経口抗がん剤適正使用のための患者情報活用に係る調査. 日本病院薬剤師会関東ブロック第45回学術大会,2015
  3. 大神正宏, 鏑木孝之, 武井敬司, 本間真人:フェニトイン併用時にエルロチニブの血中濃度が低下した一症例.日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2016
  4. 岩上智美, 大神正宏, 谷中敦美, 井坂邦彦, 山下真以, 永田裕太郎, 鈴木一衛, 石川洋輔, 武井敬司: 胆道癌患者におけるシスプラチン投与が腎機能に及ぼす影響. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2016

―看護師―

【学会発表

  1. 横山陽子, 小林由香:大腸癌患者のEGFR 阻害薬によるQOL と皮膚障害の関連性の検討. 第16回日本マネジメント学会茨城県支部学術集会, 2015
  2. 大槻奈美, 小林佐知子, 小柴幸子: 外来化学療法センターの治療環境の現状と課題 ―看護師の患者体験前後の認識の変化―. 第25回茨城がん学会, 2016
  3. 川野辺恵実, 菊地千春:外来化学療法患者へのプライマリー看護を通して ―継続看護の必要性―. 第25回茨城がん学会, 2016

栄養科

【学会発表】

  1. 甲斐美帆:「当院における産婦食について」第14回茨城県栄養健康改善学会 、2016.2.10 (土浦)

【講演】

  1. 小澤敦子:平成27 年度がん予防推進員養成講習会 講演「がんと食事」、参加者130 名、2016.2.10 茨城県立健康プラザ
  2. 大畠高子:大成女子高等学校看護科平成27 年度ベイシス講義 「コメディカル(管理栄養士)を知る」、参加者 45 名、2016.2 .3 大成女子高等学校

臨床検査科

【学会発表】

  1. 第104回日本病理学会総会
    会 期:平成27 年4月30日~5月2日
    会 場:名古屋国際会議場
    一般示説「肝外胆管癌におけるATBF1 を用いた予後予測の検討」
    内田好明、阿部香織、小井戸綾子、古村祐紀、斉藤仁昭、飯嶋達生、川口 誠、井村穣二
    一般示説「乳癌におけるATBF1 発現に関する検討」
    阿部香織、内田好明、小井戸綾子、古村祐紀、斉藤仁昭、飯嶋達生、川口 誠、井村穣二
  2. 第64回日本医学検査学会
    会 期:平成27 年5月16日~17日
    会 場:福岡国際会議場、マリンメッセ福岡、福岡サンパレス
    一般演題「乳腺疾患におけるメチル化異常とインスレーター機構の相互作用に関する検討」
    阿部香織、内田好明、新発田雅晴、古村祐紀、安田真大、小井戸綾子
    一般演題「随時尿から求める推定塩分摂取量における外来運用のための検討」
    小林恵里奈、山下ゆうか、内田好明、白田忠雄、阿部香織、長須健悟、高野奈々絵
  3. 第56回日本臨床細胞学会総会(春期大会)
    会 期:平成27 年6月12日~14日
    会 場:くにびきメッセ、松江テルサ
    ワークショップ「膵管内乳頭粘液腫瘍において浸潤を評価する細胞像」
    内田好明、阿部香織、新発田雅晴、吉澤一恵、川崎智章、小谷松寿美子、石黒和也、
    斉藤仁昭、飯嶋達生、井村穣二
  4. 第29回関東臨床細胞学会学術集会
    会 期:平成27 年9月26日
    会 場:つくば国際会議場
    一般示説「気管支擦過細胞診が発見の契機となった肺放線菌症の1例」
    阿部香織、内田好明、吉澤一恵、新発田雅晴、古村祐紀、安田真大、小井戸綾子、内海啓子、
    斉藤仁昭、飯嶋達生
    一般示説「ThinPrep5000 における塗抹不良標本についての検討」
    新発田雅晴、内田好明、阿部香織、古村祐紀、安田真大、小井戸綾子、斉藤仁昭、飯嶋達生
  5. 第74回日本癌学会学術総会
    会 期:平成27 年10 月8日~ 10日
    会 場:名古屋国際会議場
    一般示説「Expresson of CTCF and its association with metyltion in the breast leasion」
    阿部香織、井村穣二、藤澤邦子、下村明子、飯嶋達生
  6. 第37回茨城県臨床検査学会
    会 期:平成27 年11 月1日
    会 場:つくば国際会議場
    一般演題「乳頭状線維弾性腫との鑑別に苦慮した転移性心臓腫瘍の一例」
    横田知加子、橋本多恵、石井愛美、鈴木洋志、今井恵美子
    一般演題「EBUS-TBNA におけるROSE の細胞像の比較」
    古村祐紀、小井戸綾子、安田真大、新発田雅晴、阿部香織、内田好明
    一般演題「当院における病理診断結果確認忘れ防止対策の紹介」
    安田真大、阿部香織、新発田雅晴、古村祐紀、小井戸綾子、内田好明
    一般演題「当院におけるrepid on site evoluation(ROSE)の取り組み」
    小井戸綾子、阿部香織、新発田雅晴、古村祐紀、安田真大、内田好明
  7. 第54回日本臨床細胞学会秋期大会
    会 期:平成27 年11 月21日~ 22日
    会 場:名古屋国際会議場
    セミナー「病理・細胞診断セミナー呼吸器(FNA)」演者 内田好明
    一般示説「体腔液中に出現した卵巣成人型顆粒膜細胞腫の一例」
    小井戸綾子、内田好明、阿部香織、新発田雅晴、古村祐紀、安田真大、斉藤仁昭、飯嶋達生

【講師派遣】

  1. アークレイ遺伝子アカデミー2015 東京
    開催日 :平成27 年6月7日
    開催場所:アークレイマーケティング株式会社
    「遺伝子検査を院内で実施するために」
    講師 阿部香織
  2. 茨臨技形態検査部門 第1回病理細胞検査分野合同研修会
    開催日 :平成27 年7月26日
    開催場所:筑波大学附属病院
    「 病理生検検体における切り出しの実際」
    講師 古村祐紀
  3. 茨臨技生命倫理検査部門 第1回遺伝子・染色体検査分野研修会
    開催日 :平成28 年2月21日
    開催場所:茨城県立中央病院
    「病理検体を用いた遺伝子検査」
    講師 阿部香織
    「当院遺伝子検査室の現状」
    講師 津久井明子

放射線技術科

【著書】

  1. 共同著者名 生駒英明:「新・医用放射線技術実験[ 臨床編] 第3版、第3版1刷発行、2016.2.25

【学会発表】

  1. 山田公治:「CT における被曝低減を目的とした低電圧管電圧撮影」第54回全国自治体病院学会、2015.10.8 函館市民会館・函館アリーナ(函館)
  2. 髙坂倫江:「当院におけるマンモグラフィCAD の初期使用経験」 第54回全国自治体病院学会、 2015.10 .8 函館市民会館・函館アリーナ(函館)
  3. 加藤美穂、清水誠、生駒英明、相澤健太郎、青木誠、河島通久、宮本恵一、 新田和範、海老根聖子、宍倉優子、永堀美幸、玉木義雄、大野豊然貴、斉藤高:「頭頚部領域IMRT における固定方法の検討」第54 回全国自治体病院学会 、2015.10.8 函館市民会館・函館アリーナ(函館)
  4. 清水誠、加藤美穂、生駒英明、相澤健太郎、青木誠、河島通久、宮本恵一、 新田和範、海老根聖子、宍倉優子、永堀美幸、玉木義雄、大野豊然貴、斉藤高:「頭頚部領域IMRT における固定方法の検討2- 簡便なマウスピースの作成-」第54回全国自治体病院学会 、2015.10.8函館市民会館・函館アリーナ(函館)
  5. 清水誠、加藤美穂、生駒英明、相澤健太郎、青木誠、河島通久、宮本恵一、 新田和範、海老根聖子、宍倉優子、永堀美幸、玉木義雄、大野豊然貴、斉藤高:「頭頚部領域IMRT における固定方法の検討2- 簡便なマウスピースの作成-」第25回茨城がん学会、 2016.2.7 健康科学センター(水戸)

【講演】

  1. 生駒英明:「放射線治療看護を一緒に学びましょう!前立腺がんについて.診療放射線技師はどうサポートするの?」第3回茨城県放射線腫瘍研究会看護セミナー 、2014.10.3県立中央病院

臨床工学技術科

【学会発表】

  1. 第42回 日本血液浄化技術学会学術大会・総会
    会 期 平成27 年4月25 ~ 26 日(土、日)
    会 場 ソラシティカンファレンスセンター(東京)
    一般演題 「無酢酸透析液使用下での当院の動脈石灰化指数の推移」
    前澤 利光
  2. 第25回 日本臨床工学会
    会 期 平成27 年5月23 ~ 24 日(土、日)
    会 場 福岡国際会議場(福岡)
    ワークショップ 「HHD において公的病院におけるCE の役割」
    戸田 晃央
  3. 第60回 日本透析医学会学術集会・総会
    会 期 平成27 年6月26 ~ 28 日(金、土、日)
    会 場 パシフィコ横浜(神奈川)
    一般演題 「当院におけるHHD トレーニングから導入サポート体制まで」
    戸田 晃央
  4. 第60回 日本透析医学会学術集会・総会
    会 期 平成27 年6月26 ~ 28 日(金、土、日)
    会 場 パシフィコ横浜(神奈川)
    一般演題 「C.E.R.A 抵抗性を示した血液透析患者のヘプシジンの推移」
    前澤 利光
  5. 第60回 日本透析医学会学術集会・総会
    会 期 平成27 年6月26 ~ 28 日(金、土、日)
    会 場 パシフィコ横浜(神奈川)
    一般演題 「キャッスルマン病患者者に対して深夜長時間透析を施行した 一例」
    星野 大吾
  6. 第18回 日本在宅血液透析研究会
    会 期 平成27 年7月11 日~ 12 日(土、日)
    会 場 高山市民文化会館(岐阜)
    一般演題 「当院におけるHHD 導入後の緊急時トラブル対応について」
    戸田 晃央
  7. 第6回 関東臨床工学会
    会 期 平成27 年9月13 日(日)
    会 場 大手町サンケイプラザ(東京)
    一般演題 「在宅血液透析導入によってカルシフィラキシスが完治した1 症例」
    前澤 利光
  8. 第54回 全国自治体病院学会
    会 期 平成27 年10 月8~9日(木、金)
    会 場 函館アリーナ(北海道)
    ポスター 「在宅血液透析(HHD)Training から導入後Support 体制の取組みと課題」
    戸田 晃央
  9. 第11回 長時間透析研究会
    会 期 平成27 年11 月22 日(日)
    会 場 都市センターホテル(東京)
    一般演題 「当院における無酢酸透析液(カーボスター)の使用状況」
    加藤 一郎
  10. 第11回 長時間透析研究会
    会 期 平成27 年11 月22 日(日)
    会 場 都市センターホテル(東京)
    一般演題 「無酢酸透析液使用下での長時間透析患者の動脈石灰化指数の推移」
    前澤 利光
  11. 第49回 茨城人工透析談話会
    会 期 平成27 年11 月29 日(日)
    会 場 茨城県メディカルセンター
    一般演題 「当院における在宅血液透析のトレーニングから導入サポート体制について」
    戸田 晃央

薬剤局

【学会発表】

  1. 大神 正宏:当院における薬薬連携の取り組み~がん薬物療法における情報共有~.水戸地区オンコロジー研究会、2015.6.12(水戸)
  2. 井坂 邦彦:新規分子標的薬アレクチニブにおける当院薬剤科の取り組みについて.日本病院薬剤師会関東ブロック第45 回学術大会、2015.8.1-2(つくば)
  3. 山下 真以:経口抗がん剤適正使用のための患者情報活用に係る調査.日本病院薬剤師会関東ブロック第45 回学術大会、2015.8.1-2(つくば)
  4. 大神 正宏:シンポジウム「がん患者指導管理料3の課題と展望, 目指すべきアウトカム」がん患者指導管理料3の算定の現状について、日本病院薬剤師会関東ブロック第45 回学術大会、2015.8.1-2(つくば)
  5. 大神 正宏:Co-administration of proton pump inhibitor decreases plasma concentration of erlotinib in patients with non-small cell lung cancer.14th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology,2015.10.11 – 15(ロッテルダム、オランダ)
  6. 青山 一紀:平成27 年9月関東・東北豪雨におけるDMAT 活動報告.第26回茨城県薬剤師学術大会、2015.11.29(つくば)
  7. 鷲津 寿弥:当院のカンジダ血流感染例における抗真菌薬使用状況調査.第26回茨城県薬剤師学術大会、2015.11.29(つくば)
  8. 大神 正宏:EGFR-TKI における病院薬剤師の取り組み~薬剤科外来によるサポート~.医療連携推進フォーラム IN 水戸、2015.12 .7(水戸)
  9. 大神 正宏:外来患者に対する経口抗がん薬の服薬指導~薬剤科外来の取り組み~.茨城県がん診療連携拠点病院研修会、2016.1.15(笠間)
  10. 石川 洋輔:オキサリプラチン後発医薬品の薬剤選定に関する検討.第25 回茨城がん学会、2016.2.7(水戸)
  11. 青山 一紀:災害急性期の避難所における医薬品の需要 ―茨城県常総市の水害事例―.第21回日本集団災害医学会総会, 2016.2.27 – 29 (山形)
  12. 大神 正宏:フェニトイン併用時にエルロチニブの血中濃度が低下した一症例.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016、2016.3.12 – 13(京都)
  13. 岩上 智美:胆道癌患者におけるシスプラチン投与が腎機能に及ぼす影響.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016、2016.3.12 – 13(京都)

看護局

【論文】

  1. 角智美、森千鶴 、水野道代:終末期ケアに携わる看護師のストレスに関連する要因. 看護教育研究学誌.7(1),49-58.2015

【学会発表】

  1. 鯉沼とも子:緩和ケアセンター整備状況と課題‐総合病院の立場から‐.第29回日本がん看護学会学術集会、2015. 2.28, 3.1(横浜)
  2. 秋山順子、加藤和枝、磯朋子:妊娠中の母乳育児に対する意識及び乳房セルフケアの回数と母乳率の実態.茨城県母性衛生学会、2015.6.6(日立)
  3. 佐藤香織、片岡幸恵:長時間透析を行っている患者の運動習慣とQOL についての実態調査第60回日本透析医学会学術集会.2015.6.26(横浜)
  4. 加倉井真紀、笹木日出美、角田 直枝、石黒槇吾、小島 寛、萩原 敏之:常勤歯科医がいない病院での歯科介入による質の高いがん治療実現の方法.第13回日本臨床腫瘍学会学術大会、2015.7.16(札幌)
  5. 海老澤彩加、滑川静、菊地章子、金澤悦子:子どもの面会に対する看護師の思い.第24回日本集中治療医学会関東甲信越地方会、2015. 8.28-29(東京)
  6. 菊地美和子、柏彩織:認知症のある患者への意思決定支援~化学放射線治療の継続から退院支援まで.第46回日本看護学会―慢性期看護―学術集会、2015.9.2-3(郡山)
  7. 三森真紀、柏彩織:終末期家族看護~危機理論を用いて夫との関わりを振り返る~.①第46回日本看護学会‐ 慢性期看護‐ 学術集会、2015.9.2-3(郡山)
  8. 鯉沼とも子、池田美智子、角田直枝、田中和美:緩和ケア病棟の緊急入院に関する現状と課題.第16回日本医療マネジメント学会茨城県支部学術集、2015.9.6(つくば)
  9. 堤まゆみ、渡邊敏江、海藤佐代子、角田直枝:病棟と外来で継続看護の為の運用方法変更の変化と要因.第16回日本マネジメント学会茨城県支部学術集会、2015.9.6(つくば)
  10. 横山陽子、小林由香:大腸癌患者のEGFR 阻害薬によるQOL と皮膚障害の関連性の検討.第16回日本マネジメント学会茨城県支部学術集会、2015.9.6(つくば)
  11. 上野澄江、松木薫、高麗美智子、角田直枝:高齢ストーマ造設患者へ多職種連携した退院支援の実際.第54回全国自治体病院学会 in 函館、2015.10.8-9(函館)
  12. 澤佳孝、岸純子、佐久間直美、角田直枝:難病レスパイト事業における円滑な入 退院につながる入院前家庭訪問.第54回全国自治体病院学会、2015.10.8-9(函館)
  13. 前田睦美、鯉沼とも子、坂本聖子、池田美智子、角田直枝、田中和美:緩和ケア病棟の緊急入院における現状と課題.第54回全国自治体病院学会、2015.10.8-9(函館)
  14. 宮内紀子、栁橋朋美、原田靖子、鏑木孝之:転倒転落事例減少への取り組み‐ 転倒予防プロジェクト‐ .第54回全国自治体病院学会、2015.10.8-9(函館)
  15. 鈴木優理子、中田公美、薗部喜美子、森下初栄、軍司志津子:不安を生じやすい患者のストーマ管理指導の振り返り.第18回東関東ストーマ・排泄リハビリテーション研究会、2015.11.21(水戸)
  16. 飯島博美、森島早智子、米倉英子:標準時間透析経験者と長時間透析のみ経験者の深夜透析における気持ちの違い.長時間透析研究会、2015.11.22(東京)
  17. 江連道子、内藤真美:長期留置カテーテルの取扱いと管理.ブラッドアクセス研究会、2016.1.14(笠間)
  18. 大槻奈美、小林佐知子、小柴幸子:外来化学療法センターの治療環境の現状と課題‐ 看護師の患者体験前後の認識の変化‐ .第25回茨城がん学会、2016.2.7(水戸)
  19. 川野辺恵実、菊地千春:外来化学療法患者へのプライマリー看護を通して‐ 継続看護の必要性‐ .第25回茨城がん学会、2016.2.7(水戸)
  20. 森恵子、佐伯香代子、柏沙織、薗部喜美子:がん治療におけるインフォームドコンセントと家族の意思決定への支援.第25回茨城がん学会、2016.2.7(水戸)
  21. 内藤美穂、山口悠子、岩渕直子、宮川尚美、吉田千賀子:救急外来看護師の個人防護具に対する意識向上に向けた教育の効果.第31回日本環境感染学会総会学術集会、2016.2.20(京都)
  22. 鈴木知絵、小沼華子、金澤悦子:国際栄養調査 最下位からの脱却 その取り組みと改善点.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016.2.11-14(神戸)
  23. 蔀巧、小松久美子、安仁美タ:PNS を参考に看護の協力体制を構築する取り組み.第5回いばらき神経・運動・機能障害ケア研究会、2015.2.27(つくば)
  24. 明城絵里、海老澤智恵、萩庭あけみ、浅沼千恵:化学療法オリエンテーション~スタッフ教育~.茨城造血細胞移植看護ネットワーク、2016.2.27(つくば)
  25. 佐伯香代子、天貝賢二、鯉沼とも子、荻津綾子、高麗美智子:敷地内禁煙病院で禁煙できずにいた患者の一例.第25回日本禁煙医師歯科医師連盟学術総会、2016.2.27-28(那覇)
  26. 宮内紀子、柳橋朋美、原田靖子、秋島信二、鏑木孝之:多部門で連携した病理診断結果確認の取り組み.第2回日本医療安全学会学術総会、2016.3.6(東京)学会賞受賞

【講演会】

  1. 上野澄恵:フィジカルアセスメント.地域再就業支援研修、2015. 8.4(日立)
  2. 上野澄恵:フィジカルアセスメント.地域再就業支援研修、2015.8.27(日立)
  3. 上野澄恵:フットケアチームによる血管内治療.茨城EVT 研究会、2015.10.2(水戸)
  4. 上野澄恵:モヤモヤ病・高次脳機能障害・認知症等の理解.笠間市相談支援ネットワーク連絡会議、2015.7.27(笠間)
  5. 海老根聖子:放射線治療について学ぼう!前立腺がんについて.茨城放射線腫瘍研究会第3回看護セミナー、2015.2.14( 笠間)
  6. 加藤美樹:私にもできる!急変時の対応.茨城県看護協会救急看護(新人研修)、2015.5.27、6.3(茨城)
  7. 柏彩織:がんのリハビリテーションにおける看護師の役割.第3回茨城県がんリハビリテーション研修会、(つくば)
  8. 門脇知己、門脇陽子:平成27年度茨城県看護協会教育研修.2015.6.23(水戸)
  9. 門脇知己:共に支えあう認知症 わかりあい支えあい.笠間市民公開講座、2015.6.25(笠間)
  10. 門脇知己:平成27年度第1 回鹿行地区研修会.2015.7.4(鹿島)
  11. 門脇知己:認知症看護.常陸大宮済生介病院、2015.9.26(常陸大宮)
  12. 門脇知己:認知症、BPSD、ユマニチュードについて.介護老人保健施設みがわ、2015.12.8(水戸)
  13. 門脇知己:急性期における認知症看護.日立製作所日立総合病院、2016.2.2(日立)
  14. 門脇陽子:認知症ケアについて一緒に考えよう.志村大宮病院、2016.2.27(常陸大宮)
  15. 門脇陽子:認知症治療における看護ケアの重要性.武田薬品主催、2016.3.16(水戸)
  16. 門脇知己:認知症看護.常陸大宮済生会病院、2016. 3.22. 28. 31(常陸大宮)
  17. 島田真行:放射線治療における医療ソーシャルワーカーの役割.第3回茨城県放射線腫瘍研究会看護セミナー、2015.10.3(笠間)
  18. 高田清子:化学療法を受ける高齢者支援の課題.第3回茨城県がんセミナー、2016. 3.5(つくば)
  19. 内藤真美:自己血輸血の推進と看護師の役割.第28回福島県輸血懇談会、2015. 9.19(福島)
  20. 内藤真美:自己血輸血の推進と看護師の役割.平成27 年度茨城県合同輸血療法委員会総会教育講演、2016.2.27(水戸)
  21. 中田公美:ストーマって何?ストーマの基礎知識.第7回介護サービス担当者ストーマ講習会、2015. 8.8(北茨城)
  22. 中田公美:褥瘡ケア.志村大宮病院、2015. 10.23(常陸大宮)
  23. 中田公美:ストーマって何?ストーマの基礎知識.第8回介護サービス担当者ストーマ講習会、2016. 1.30(神栖)
  24. 橋本かをる:当院における難病レスパイト入院.第2回難病研修会情報交換会、2016. 2.16(笠間)
  25. 永井真澄:手術看護認定看護師資格取得後の活動報告.東京女子医科大学 認定看護師教育センター手術看護分野、2016.2.17(東京)
  26. 松木薫:退院調整の取り組み.多職種連携研修会意見交換会、2016. 2.24(水戸)
  27. 庄司紀子:手術看護「器械出し看護」「外回り看護」.茨城県看護協会講義、2016.7.17
  28. 庄司紀子:歯科治療施設における、日帰り全身麻酔歯科治療導入に参加して.北関東手術看護研究会、2016.11.28
  29. 坂本和子:心臓血管外科における術後管理について.医療法人玉心会 鹿嶋ハートクリニック、2016.1.8(神栖)

 

▲戻る