トップページ >  臨床研究発表実績

臨床研究発表実績

研究実績

平成27年度(2015.4.1~2016.3.31)

平成28年度(2016.4.1~2017.3.31)

消化器内科

【論文】

  1. Nishi T, Hamamoto Y, Nagase M, Denda T, Yamaguchi K, Amagai K, Miyata Y, Yamanaka Y,Yanai K, Ishikawa T, Kuroki Y, Fujii H. Phase II trial of panitumumab with irinotecan as salvage therapy for patients with advanced or recurrent colorectal cancer (TOPIC study). Oncol Lett 11(6):4049-4054,2016
  2. Sasaki Y, Akasu T, Saito N, Kojima H, Matsuda K, Nakamori S, Komori K, Amagai K, YamaguchiT, Ohue M, Nagashima K, Yamada Y. Prognostic and predictive value of extended RAS mutation and mismatch repair status in stage III colorectal cancer. Cancer Sci 107(7):1006-1012, 2016
  3. Nishina T, Boku N, Gotoh M, Shimada Y, Hamamoto Y, Yasui H, Yamaguchi K, Kawai H, Nakayama N, Amagai K, Mizusawa J, Nakamura K, Shirao K, Ohtsu A. Randomized phase II study of second-line chemotherapy with the best available 5-fluorouracil regimen versus weekly administration of paclitaxel in far advanced gastric cancer with severe peritoneal metastases refractory to 5-fluorouracil-containing regimens (JCOG 0407). Gastric Cancer 19(3):902-910,2016
  4. Bando H, Yamada Y, Tanabe S, Nishikawa K, Gotoh M, Sugimoto N, Nishina T, Amagai K, Chin K, Niwa Y, Tsuji A, Imamura H, Tsuda M, Yasui H, Fujii H, Yamaguchi K, Yasui H, Hironaka S, Shimada K, Miwa H, Hamada C, Hyodo I. Efficacy and safety of S-1 and oxaliplatin combination therapy in elderly patients with advanced gastric cancer. Gastric Cancer 19(3):919-926, 2016
  5. Hamada C, Yamada Y, Azuma M, Nishikawa K, Gotoh M, Bando H, Sugimoto N, Nishina T, Amagai K, Chin K, Niwa Y, Tsuji A, Imamura H, Tsuda M, Yasui H, Fujii H, Yamaguchi K, Yasui H, Hironaka S, Shimada K, Miwa H, Hyodo I. Meta-analysis supporting noninferiority of oxaliplatin plus S-1 to cisplatin plus S-1 in first-line treatment of advanced gastric cancer (G-SOX study): indirect comparison with S-1 alone. Int J Clin Oncol 21(4):668-675,2016
  6. Nishina T, Moriwaki T, Shimada M, Higashijima J, Sakai Y, Masuishi T, Ozeki M, Amagai K, Negoro Y, Indo S, Denda T, Sato M, Yamamoto Y, Nakajima G, Mizuta M, Takahashi I, Hiroshima Y, Ishida H, Maeba T, Hyodo I. Uracil-Tegafur and oral Leucovorin combined with Bevacizumab in elderly patients (Aged ≧ 75 Years) with metastatic colorectal cancer: A Multicenter, Phase II Trial (Joint study of Bevacizumab, oral eucovorin, and Uracil-Tegafur in elderly patients [J-BLUE] Study). Clin Colorectal Cancer 15(3):236-242,2016

【学会発表】

  1. 荒木眞裕. 当院でのM2BPGi 検査 〜ウイルス肝炎を中心に〜 . 第3回M2BPGi 研究会、2016.9(つくば)
  2. 天貝 賢二、福島亮治、石神浩徳、藤原義之、梨本篤、藪崎裕、今本治彦、今野元博、小寺泰弘、上之園芳一、門脇重憲、三輪洋人、山口拓洋、山口博紀、北山丈二.胃がんに対する腹腔内化学療法の効果 腹膜播種陽性胃癌に対するパクリタキセル腹腔内投与併用療法を検証する第III 相臨床試験. 腹腔内化学療法研究会、第54回日本癌治療学会学術集会、2016.10 (横浜)
  3. 天貝賢二、中山昇典、設楽紘平、高島淳生、藤谷和正、肥田圭介、原浩樹、廣中秀一、西川和宏、木村豊、吉田和弘、明石雄策、下平秀樹、仁科智裕、小泉和三郎.胃がんにおける2 次化学療法の展望 胃癌の二次治療におけるnab-PTX(weekly/q3w) とweekly PTX との第3 相比較試験(ABSOLUTE). 第54回日本癌治療学会学術集会、2016.10(横浜)
  4. 天貝賢二、遠藤壮登、山岡正治、大関瑞治、藤枝真司、荒木眞裕、五頭三秀.ボノプラザンを用いたH.pylori除菌治療の有用性. 第58回日本消化器病学会大会、2016.11 (神戸)
  5. 天貝賢二、小林大介、石神浩徳、藤原義之、福島亮治、梨本篤、藪崎裕、今本治彦、今野元博、小寺泰弘、上之園芳一、門脇重憲、三輪洋人、山口博紀、山口拓洋、北山丈二.腹膜播種を伴う胃癌に対するS-1+ パクリタキセル経静脈・腹腔内併用療法/S-1+ シスプラチン併用療法による第III 相臨床試験(PHOENIXGCtraial)(IP PTX plus S-1/PTX compared with SP in gastric cancer with peritoneal metastasis:PHOENIX-GC trial). 第89回日本胃癌学会総会、2017.3(広島)

【講演】

  1. 天貝賢二. 消化器癌化学療法のUp-to-date. 第23 回東北臨床腫瘍セミナー、 2016.6(仙台)
  2. 天貝賢二. 大腸癌治療の最新エビデンスと将来の展望. 古河地区がん治療セミナー、 2016.6(古河)
  3. 荒木眞裕. 免疫抑制下におけるHBV 再活性化対策ガイドラインの解説. 第27 回茨城県がん診療連携拠点病院研修会、2016.6(笠間)
  4. 荒木眞裕. 免疫抑制・化学療法により発症するB 型肝炎対策 < ランチョンセミナー>. 第17 回日本医療マネジメント学会茨城県支部学術集会、2016.9(水戸)
  5. 荒木眞裕. 当院におけるエルカルチンの投与実態. Liver Forum in MITO、 2016.11(水戸)
  6. 荒木眞裕. 当院でのC 型肝炎経口剤治療の現況. 茨城県央地区肝炎セミナー、 2017.1 (水戸)

【その他】

  1. 荒木眞裕. C 型肝炎受診・受療啓発番組 「笑顔の毎日を送るために 〜早く見つけて、隠れた病気C 型肝炎〜」、2017.2( ジェイコム茨城)

循環器内科

【論文】

  1. Yoshida K, Nogami A. Optimal configurations for bipolar radiofrequency ablation that allow deeper lesion formation: Good catheter-tip cooling, good catheter-tissue contact,and the next approach. Heart Rhythm. 13(11):2172-2173, 2016.
  2. Sakasai Y, Sasaki A, Shigeta O, Tsumagari Y, Tsuneoka H, Misaki M, Takeyasu N. Acquired left ventricular-right atrial communication due to infective endocarditis;report of a case. Kyobu Geka. 69(9):792-795,2016.
  3. Hasebe H, Yoshida K, Iida M, Hatano N, Muramatsu T, Aonuma K. Right-to-left frequency gradient during atrial fibrillation initiated by right atrial ectopies and its augmentation by adenosine triphosphate: Implications of right atrial fibrillation. Heart Rhythm. 13(2):354-63,2016.
  4. Yoshida K, Hasebe H, Tsumagari Y, Tsuneoka H, Ebine M, Uehara Y, Seo Y, Aonuma K,Takeyasu N. Comparison of pulmonary venous and left atrial remodeling in patients with atrial fibrillation with hypertrophic cardiomyopathy versus with hypertensive heart disease. Am J Cardiol 119(8):1262-1268,2017.
  5. Kaneshiro T, Yoshida K, Sekiguchi Y, Tada H, Kuroki K, Kuga K, Kamiyama Y, Suzuki H, Takeishi Y, Aonuma K. Crucial role of pulmonary vein firing as an initiator of typical atrial flutter: Evidence of a close elationship between atrial fibrillation and typical atrial flutter. J Arrhythm 33(2):86-91,2017.
  6. Tokunaga C, Tsukada T, Sakamoto H, Naruse Y, Yoshida K, Sekiguchi Y, Imai A, Aonuma K, Hiramatsu Y. Intractable electrical storm after coronary artery bypass grafting originating in abnormal purkinje fibers. J Card Surg 31(1):74-77,2016.

【学会発表】

  1. 武安法之、美崎昌子、 国府田尚矢、津曲保明、 常岡秀和、吉田健太郎、林孝典.物理的な屈曲が冠動脈解離を引き起こしたと思われる1 例.第30 回茨城県PCI 研究会、 2016.7(水戸)
  2. 武安法之、美崎昌子、国府田尚矢、津曲保明、常岡秀和、吉田健太郎、林孝典.健診で指摘された心電図異常に対する精査中に急性冠症候群に陥った3 枝病変の一例. 第15回茨城県南冠疾患研究会、 2016.11(つくば)
  3. 萩谷英俊、馬場雅子、伊藤潤一、立花瑛理華、田口律子、佐久間直美、武安法之.週末の入院心臓リハビリにも理学療法士が取り組んでみて. 第13回茨城心大血管リハビリテーション・運動生理研究会、 2016.5(つくば)
  4. 平谷太吾、佐藤明、星智也、 渡部浩明、 関口幸夫、野上昭彦、青沼和隆、吉田健太郎、武安法之.Impact of CHADS2 score in patients of coronary artery disease with atrial fibrillation treated with pulmonary vein Isolation. 第81回日本循環器学会学術集会、2017.3(金沢)
  5. 平谷太吾、佐藤明、 星智也、 渡部浩明、 関口幸夫、 野上昭彦、 青沼和隆、 吉田健太郎、 武安法之.Coronary revascularization for concomitant coronary artery disease reduces the recurrence of atrial fibrillation after pulmonary vein isolation. 第81回日本循環器学会学術集会、 2017.3(金沢)
  6. 上原克子、吉田健太郎、 海老根麻理、 常岡秀和、 津曲保彰.ペースメーカー植え込み後早期に発生する洞不全症候群に関連した一過性心房閾値上昇. 第81 回日本循環器学会学術集会、2017.3(金沢)
  7. Tsumagari, Yoshida K, Tsuneoka H, Hayashi K, Koda N, Baba M, Misaki M, Nogami A,Aonuma K, Takeyasu N. Radiofrequency power settings for atrial fibrillation ablation: Low-power and high force-time-integral vs high-power and low force-time-integral. JCS2017 – The 81th Annual Scientific Meeting, 2017.3 (Kanazawa)
  8. 竹内翔、井藤葉子、中村喜次、伊藤雄二郎、平谷太吾、国府田尚也、木全啓、吉田健太郎、美崎昌子、武安法之、野上昭彦、青沼和隆.長期透析療法により高度石灰化をきたし腹部大動脈のほぼ完全閉塞となり腹部臓器虚血をきたした症例.第240回 日本循環器学会関東甲信越地方会、2016.6(東京)
  9. 国府田尚矢、井藤葉子、児山健、吉田健太郎、美崎昌子、武安法之、野上昭彦、青沼和隆. 右胸痛にて発症しショックをきたした神経線維腫症I 型の一例 第243回 日本循環器学会関東甲信越地方会、 2017.2(東京)
  10. Yoshida K, Tsumagari Y, Tsuneoka H, Aonuma K, Takeyasu N. Pulmonary vein-dominant structural remodeling in patients with hypertrophic cardiomyopathy and atrial fibrillation.American Heart ssociation Scientific Session, 2016.11 (New Orleans)

呼吸器内科

【著書・総説】

  1. 鏑木孝之.日本肺癌学会編気管支鏡診断-正常気管支鏡所見「臨床・病理肺癌取扱い規約第8 版」.金原出版、pp149-165、2016
  2. 山田豊、鏑木孝之、遠藤健夫、石井幸雄、大石修司、斎藤武文.第一線呼吸器科医が困った症例から学んだ教訓.克誠堂出、pp161-164、2017

【学会発表】

  1. 山口昭三郎、内海啓子, 阿部正洋, 大久保初美,折茂圭介, 山田豊, 橋本幾太, 鏑木孝之 .癌性胸水に対するタルク胸膜腔内注入用懸濁剤(商品名:ユニタルク)を用いた局所麻酔下胸腔鏡による胸膜癒着術の検討 第56回日本呼吸器学会学術集会、2016.4(京都)
  2. 内海啓子、鏑木孝之、阿部正洋、大久保初美、山田豊、山口昭三郎、橋本幾太、雨宮隆太.当院の局所麻酔下胸腔鏡検査導入後の治療の変遷について.第56回日本呼吸器学会学術集会、2016.4(京都)
  3. 織笠裕行、大久保初美、髙木雄基、田村智宏、吉川弥須子、山口昭三郎、橋本幾太、小國英一、鏑木孝之.タクロリムスと多剤併用抗癌剤治療により症状改善を得た重症筋無力症合併胸腺腫の1 例.第626回日本内科学会関東地方会、2016.9(東京)
  4. 鏑木孝之、高木雄基、大久保初美、山田豊、田村智宏、吉川弥須子、山口昭三郎、内海啓子、橋本幾太、雨宮隆太.局所麻酔下胸腔鏡の基本.第39回呼吸器内視鏡学会学術集会教育講演、2016.6(名古屋)
  5. 大久保初美、鏑木孝之、高木雄基、内海啓子、山口昭三郎、橋本幾太、北原美由紀、鈴木久史、清嶋護之、雨宮隆太.局所麻酔下胸腔鏡における乳腺原発の癌性胸膜炎の内視鏡所見.第39回呼吸器内視鏡学会学術集会、2016.6(名古屋)
  6. 田村智宏、髙木雄基、大久保初美、吉川弥須子、山口昭三郎、橋本幾太、鏑木孝之.第三世代EGFR-TKIが奏功した慢性腎不全合併肺腺癌の1例.第41回茨城肺癌研究会、2016.10(茨城)
  7. Niho S,Ikeda N,Michimae H,Suzuki K,Sakai H,Kaburagi T,Yoshiya K,Minato K,KatoT,Okamoto H,Seto T,Hosomi Y,Shimizu K,Saito H,Tsuchida M,Kunitoh H,Tsuboi M,Takeuchi M,Watanabe K.TORG0809.Final overall survival results of the feasibility study of adjuvant chemotherapy with docetaxel plus cisplatin followed by maintenance chemotherapy of S-1 in completely resected non-small cell lung cancer:Thoracic Oncology Research Group(TORG)0809.ESMO2016,2016.10(Copenhagen,Denmark)
  8. 大久保初美、鏑木孝之、髙木雄基、田村智宏、吉川弥須子、山口昭三郎、橋本幾太、鈴木久史、清嶋護之、雨宮隆太.当院における肺癌に血栓塞栓症を合併した症例の検討.第57回日本肺癌学会学術集会、2016.12(福岡)
  9. 髙木雄基、鏑木孝之、大久保初美、田村智宏、吉川弥須子、山口昭三郎、橋本幾太、鈴木久史、清嶋護之、斎藤仁昭、飯嶋達生、雨宮隆太.当院における肺多形癌切除例の臨床的検討.第57回日本肺癌学会学術集会、2016.12(福岡)
  10. 高谷久史、山田一彦、田中洋史、久保田馨、岸一馬、下川恒生、岡本浩明、斎藤春洋、滝口裕一、細見幸生、加藤晃史、野上尚之、益田典幸、笠井尚、湊浩一、鏑木孝之、楢木克彦、山中竹春、渡邊古志郎.根治照射可能Ⅲ期NSCLC に対するCDDP + TS-1 + TRT 併用療法とCDDP + DTX + TRT 併用療法のランダム化第Ⅱ相試験.第57回日本肺癌学会学術集会、2016.12(福岡)
  11. 髙木雄基、山口昭三郎、大久保初美、田村智宏、吉川弥須子、橋本幾太、鏑木孝之.癌性胸膜炎を対象としたタルクを用いた胸膜癒着術の検討.第26 回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  12. 野口翔太、高木雄基、大久保初美、田村智宏、吉川弥須子、山口昭三郎、橋本幾太、鏑木孝之.間質性肺炎治療中に血栓形成が経過に影響を及ぼしたと考えられる一例.第209回茨城県内科学会、2017.3(水戸)
  13. 高木雄基、大久保初美、田村智宏、吉川弥須子、山口昭三郎、橋本幾太、鈴木久史、清嶋護之、雨宮隆太.チュアブル錠を誤嚥し気管支鏡で除去した1 例.第160回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会、2017.3(東京)
  14. 鏑木孝之.初学者のための結核寺子屋教室「結核性胸膜診断:局所麻酔下胸腔鏡の役割」.第92回日本結核病学会、2017.3(東京)

【講演】

  1. 田村智宏.当院での肺癌治療の実際肺癌診療におけるチーム医療連携講演会.水戸協同病院、2016.11(水戸)
  2. 鏑木孝之.結核性胸膜炎の診断水戸チェストカンファランス.水戸医師会館、2017.3

腫瘍内科

【著書・総説】

  1. 小島寛. 二次性貧血. 臨床医マニュアル第5版(臨床医マニュアル編集委員会編)医歯薬出版株式会社 pp1533-1536,2016.

【論文】

  1. Fukushima M, Okoshi Y, Fukazawa K, Koshino M, Ishiguro S, Mitsuhashi S, Saitoh H, Iijima T, Kojima H, Hori M. A case of lymphoplasmacytic lymphoma presenting diarrhea and joint pain, successfully diagnosed by MYD88 mutation analysis. Intern Med 56:847-851,2017.
  2. Ohgami M, Homma M, Suzuki Y, Naito K, Yamada M, Mitsuhashi S, Fujisawa F, Kojima H, Kaburagi T, Uchiumi K, Yamada Y, Bando H, Hara H, Takei K. A simple high-performance liquid chromatography for determining lapatinib and erlotinib in human plasma. Ther Drug Monit 38:657-662,2016.
  3. Sugaya A, Ishiguro S, Mitsuhashi S, Abe M, Hashimoto I, Kaburagi T, Kojima H. Interstitial lung disease associated with trastuzumab monotherapy: A report of 3 cases. Mol Clin Oncol 6:229-232,2016.
  4. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸、小島寛:皮膚転移をきたした多発性骨髄腫. 皮膚臨床 58:1515-1518,2016.
  5. Kanaya M, Shibuya K, Hirochika R, Kanemoto M, Ohashi K, Okada M, Wagatsuma, Cho Y, Kojima H, Teshima T, Imamura M, Sakamaki H, Shibuya A. Soluble DNAM-1, as a predictive biomarker for acute graft-versus-host disease. PLoS One 11(6):e0154173,2016.
  6. Iguchi-Manaka A, Okumura G, Kojima H, Cho Y, Hirochika R, Bando H, Sato T, Yoshikawa H, Hara H, Shibuya A, Shibuya K. Increased soluble CD155 in the serum of cancer patients. PLoS One 11(4):e0152982,2016.
  7. Yamamoto M, Ohashi K, Kakihana K, Nakamura Y, Komeno T, Kojima H, Morita S, Sakamaki H. A  multicenter clinical study to determine the feasible initial dose of lenalidomide for maintenance therapy in patients with multiple myeloma following autologous peripheral blood stem cell transplantation. Mol Clin Oncology 4:965-970,2016.

【学会発表】

  1. Cho Y, Inada K, Okoshi Y, Hori M, Kojima H. Comprehensive analysis of serum cytokines/ chemokines in myeloma patients for pursuing the abnormality in microenvironment and predicting the prognosis. 58th annual meeting of the American Society of Hematology, 2016.
  2. Hori M, Okoshi Y, Fujio T, Kojima H, Iha H, Ikebe E. Modulated mRNA expression profiles of a MM cell after a long-term exposure to lenalidomide. 第78回日本血液学会学術集会, 2016.
  3. Kudo D, Komeno T, Ohashi K, Nakamura Y, Shinagawa A, Suyama T, Yoshida C, Kobayashi T, Wakimoto N, Hori M, Okoshi Y, Kumagai T, Kato A, Toyota S, Yamamoto K, Yamamoto M, Kawai N, Ohwada A, Miki T, Sakamaki H, Kojima H. Efficacy and safety of CBD induction for ASCTeligible NDMM -A phase 2 multicenter trial- 第78回日本血液学会学術集会,2016.
  4. 石黒愼吾、 小島寛、 三橋彰一、 穂積康夫、 松尾知平、 北原美由紀、 飯島一飛、 堀光雄:腋窩リンパ節のみに転移を有する原発不明癌の治療方針 2 症例の検討. 第55回全国自治体病院学会、 2016.
  5. 石黒愼吾、 藤澤文絵、 堀光雄、 小島寛:骨髄所見の変化でpaclitaxel による治療継続を決定し著効した乳癌術後再発骨髄癌腫症の一例. 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会、2016.
  6. 菅谷明徳、 石黒愼吾、 三橋彰一、 小島寛:トラスツズマブ関連間質性肺炎の3 例. 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会、2016.
  7. 張愉紀子、 稲田勝重、 越野繭子、 大越靖、 堀光雄、 小島寛:多発性骨髄腫患者の血清中サイトカイン・ケモカインの網羅的測定に基づく病態・予後解析. 第41回日本骨髄腫学会学術集会、2016.

血液内科

【論文】

  1. Fukushima M, Okoshi Y, Fukazawa K, Koshino M, Ishiguro S, Mitsuhashi S, Saitoh H, Iijima T, Kojima H, Hori M. Lymphoplasmacytic lymphoma presenting with diarrhea and joint pain which was successfully diagnosed by an MYD88 mutation analysis. Intern Med. 56(7):847- 851,2017.

【学会発表】

  1. Mitsuo Hori, Yasushi Okoshi, Takayuki Fujio, Hiroshi Kojima, Hidekatsu Iha, Emi Ikebe.Modulated mRNA expression profiles of a multiple myeloma cell after a long-term exposure to lenalidomide. 第78回日本血液学会学術集会 2016.10( 横浜)

 

腎臓内科

【学会発表】

  1. Masayo Hino, Taro Sugase, Osamu Saitoh, Hiroaki Kobayashi, Shunya Uchida. Effect of prolonged hemodialysis duration on severe calciphylaxis of a 60-year-old female : Necessity of decreasing intracellular phosphate. APCN 2016, 2016.9(Perth, Australia)
  2. 日野雅予、内田俊也、大澤朗.マウスPAN 腎症における水素水投与の効果.第59回日本腎臓学会、2016.6(横浜)
  3. 田原敬、甲斐平康、角田亮也、岩瀬茉美子、森山憲明、永井恵、河村哲也、藤田亜紀子、金子修三、森戸直記、斎藤知栄、臼井丈一、山縣邦弘.ANCA 関連血管炎に対する免疫抑制療法中に多巣性進行性白質脳症を発症した一例. 第46回日本腎臓学会東部学術大会、2016.10(新宿)
  4. 西久保愛里、森山憲明、田原敬、堀越亮子、日野雅予、小林弘明、臼井丈一、山縣邦弘.肺胞出血を伴う劇症型IgA 血管炎の一例.第46回日本腎臓学会東部学術大会、2016.10(新宿)
  5. 鶴見華子、谷口敬、檜垣昌士、古西純子、今瀬敦子、秋元寛正、日野雅予、太田樹、柴田茂、近藤福雄、山口裕、正木康史、内田俊也.難治性腹水の原因としてTAFRO 症候群が疑われた1 例.第46回日本腎臓学会東部学術大会、2016.10(新宿)

膠原病・リウマチ科

【著書・総説】

  1. 後藤大輔、村田秀行:7.全身性硬化症(強皮症).COLOR ATLAS 膠原病・リウマチ改訂第3版(住田孝之編集)診断と治療社,pp100-113,2016
  2. 後藤大輔:10.血管炎症候群.COLOR ATLAS 膠原病・リウマチ改訂第3版(住田孝之編集)診断と治療社,pp134-143,2016
  3. 後藤大輔:12.成人発症Still 病.COLOR ATLAS 膠原病・リウマチ改訂第3版(住田孝之編集)診断と治療社,pp156-157,2016
  4. 後藤大輔、村田秀行、鈴木英二:17.日和見感染症.COLOR ATLAS 膠原病・リウマチ改訂第3版(住田孝之編集)診断と治療社,p184-193,2016
  5. 後藤大輔:V. 治療 1.臓器別治療 7)消化器病変.強皮症の基礎と臨床 〜病態の解明から最新の診療まで〜(佐藤伸一編集)医薬ジャーナル社,pp223-230,2016
  6. 後藤大輔:IV. 臓器別病態 5.消化器.強皮症の基礎と臨床 〜病態の解明から最新の診療まで〜(佐藤伸一編集)医薬ジャーナル社,pp150-158,2016

【論文】

  1. 全身性強皮症 診断基準・重症度分類・診療ガイドライン委員会 浅野善英、神人正寿、川口鎮司、桑名正隆、後藤大輔、佐藤伸一、竹原和彦、波多野将、藤本学、麦井直樹、尹浩信:全身性強皮症 診断基準・重症度分類・診療ガイドライン、日本皮膚科学会雑誌、126(10);1831 − 1896,2016
  2. Segawa S, Goto D, Iizuka A, Kaneko S, Yokosawa M, Kondo Y, Matsumoto I, Sumida T. The regulatory role of interferon- γ producing gamma delta T cells via the suppression of T helper 17 cell activity in  bleomycin-induced pulmonary fibrosis. Clin Exp Immunol, 185(3): 348-60, 2016

【学会発表】

  1. 瀬川誠司、後藤大輔、飯塚 晃、松本 功、住田孝之.サイトカイン阻害による間質性肺炎病態制御脳の検討.厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2016年度班会議・第20回強皮症研究会議、2017.1(東京)
  2. Iizuka A, Segawa S, Kaneko S, Yokosawa M, Kondo Y, Tahara-Hanaoka S, Shibayama S, Goto D,Matsumoto I, Shibuya A, Sumida T. The regulatory role of Allergin-1 in autoantibody production. The 45th Annual Meeting of The Japanese Society of Immunology, 2016.12(Okinawa)
  3. 飯塚 晃、瀬川誠司、金子駿太、横澤将宏、近藤裕也、柴山史朗、後藤大輔、松本 功、住田孝之.自己抗体産生におけるAllergin-1 の機能解析.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会、2016.4(横浜)
  4. 瀬川誠司、後藤大輔、飯塚 晃、金子駿太、横澤将宏、近藤裕也、松本 功、住田孝之.γδ NKT 細胞によるブレオマイシン誘導間質性肺炎病態抑制能の解析.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会、2016.4(横浜)

【講演】

  1. 皮膚筋炎・多発性筋炎の治療と日常生活について.平成28 年度難病医療講演会(茨城県立健康プラザ)、2016.10(水戸)
  2. 後藤大輔.高齢者の関節リウマチ治療.第5回茨城県央地区 骨・関節研究会(県立中央病院・災害医療センター)、2016.9(笠間)

総合診療科

【論文】

  1. 福本あすか、関根良介、関義元. 気管挿管による気管膜様部損傷の1 例. 日本救急医学会関東地方会雑誌37(2):426-429,2016.
  2. 野原誠太郎、 石井亜紀子、上田篤志、関昇子、小國英一、木野弘善、石川栄一、玉岡晃. 多発性微小出血が認められ、脳生検により脳アミロイドアンギオパチー関連炎症と診断した1例. 日本内科学会雑誌106(4):820-825,2017

【学会発表】

  1. 梶川奈月、小國英一、関 義元、関昇子. 薬剤調整に難渋したがバクロフェン持続髄注の増量が奏功したStiff-Person 症候群の1 例. 第628回日本内科学会関東地方会.2016.11(東京)
  2. 石橋直樹、関義元、関昇子、美崎昌子、飯嶋達生、小國英一. 膀胱癌から非細菌性血栓性心内膜炎を発症し死亡した1 例. 第628回日本内科学会関東地方会.2016.11(東京)
  3. 舘泰雄、長山人三、両角敦郎、小坂明博、橋本信二、阿部達也、吉野浄、桑名梨里子、関義元、飯嶋達生.進行する意識障害で発見された血管内大細胞型B 細胞リンパ腫の1 例. 第625 回日本内科学会関東地方会.2016.7(東京)
  4. 関義元. DPATとDMAT の連携. 第38 回茨城医学会精神科分科会(第65回茨城精神医学集談会)2016.11(水戸)

【講演】

  1. 関義元. 命を救う 勇気の一秒. 笠間市立友部中学校 健康集会「救急医療」.2016.11(笠間)
  2. 関義元. 社会人インタビュー. 茨城県立水戸第一高等学校 1 学年「道徳」、2016.12(水戸)
  3. 関義元. 救急医療について(県政出前講座). 鉾田市立白鳥東小学校.2016.12(鉾田)
  4. 関義元. 救急医療について(県政出前講座). 牛久市役所本庁.2016.12(牛久)
  5. 関義元. 精神科医療機関と身体科医療機関の連携強化に係る研修会、2016.12(水戸)

小児科

【著書・総説】

  1. 藤山 聡、齋藤 誠:Ⅱ章 新生児の身体とケア J ちょっと難解だけど知っておきたい④新生児の免疫、新生児のからだをやさしく理解Let’s start ! NICU 看護 pp92-95, 2016
  2. 齋藤 誠、寺澤大祐:S コース用自己チェックシート 手技実習、日本版救急蘇生ガイドライン2015 に基づくNCPR 新生児蘇生法インストラクターマニュアル 第4版 pp111-127, 2016
  3. 齋藤 誠、寺澤大祐:S コース用自己チェックシート シナリオ実習、日本版救急蘇生ガイドライン2015 に基づくNCPR 新生児蘇生法インストラクターマニュアル 第4版 pp128-137, 2016
  4. 齋藤 誠:超低出生体重児のモデルケースで学ぶNICU の検査と管理 good なタイミング 1.出生時蘇生、Neonatal Care, 29(6);496-501, 2016
  5. 鴨田知博:糖尿病. 平成28 年度児童生徒の尿・心電図検査に関する実態報告と管理指導の指針. 茨城県学校保健会編, pp19-23,2016.

【論文】

  1. Saito M, Kamoda T, Kajikawa D, Miyazono Y, Kanai Y, Fujiyama S, Suzuki R, Takahashi- Igari M, Urita Y, Sumazaki R. High dose octreotide for the treatment of chylothorax in three neonates. J Neonatal Biol, 5(2); 2016, doi: 10.4172/2167-0897.1000218
  2. 齋藤 誠:インストラクターのレベルに応じた高機能シミュレーター用の新生児蘇生法シナリオプログラムの作成.日本シミュレーション医療教育学会雑誌,4;85-89,2016.

【学会発表】

  1. 齋藤 誠、鴨田知博、梶川大悟、金井雄、日高大介、宮園弥生、須磨崎亮、加部一彦. 新生児蘇生法の事前学習ツールとしてのe ラーニングとテキストの比較. 第52回日本周産期・新生児医学会学術集会 2016.7 (富山)
  2. 加瀬 香、桑名美智子、照沼雅子、澤田博美、篠原宏行、鴨田知博、藤本昭榮. 新生児マススクリーニングで発見されたガラクトース血症Ⅰ型の一例. 第43回日本マススクリーニング学会 2016.8 ( 札幌)
  3. Iwabuchi A, Kamoda T, Shinohara H, Izumi I, Hirano T, Sumazaki R. Serum dipeptidyl peptidase 4 activity in children with type 1 diabetes mellitus indicates insulin insensitivity. The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Paediatric Endocrine Society 2016.11 (Tokyo)
  4. Shinohara H, Iwabuchi A, Yamada A, Kai T, Kido T, Kato Y, Kamoda T, Sumazaki R. A successful switch experience from high-dose PTU to MMI on day 4 of Graves’ thyroid storm in a 14-year old girl. The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Paediatric Endocrine Society 2016.11 (Tokyo)

【講演】

  1. 鴨田知博. こどもの糖尿病の理解 ~治療と日常生活~ 平成28 年度小児慢性特定疾患児童等自立支援事業,2016.11(龍ケ崎)
  2. 稲川直浩. いのちを守るからだの大切なしくみ. 友部小学校医療教育モデル授業, 2016.10 & 11 (笠間)
  3. 稲川直浩. 冬に多い感染症・中学生に多い病気. 友部中学校県政出前講座, 2016.12 (笠間)
  4. 稲川直浩. 大きく変わったワクチン事情 ~みんなを守るワクチンの話~ 第21 回公開講座, 2017.2 (笠間)
  5. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. 霞ヶ浦医療センター, 2016.4(土浦)
  6. 齋藤誠.新生児蘇生法スキルアップコース講習会. 総合守谷第一病院, 2016.4(守谷)
  7. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. なないろレディースクリニック, 2016.4(つくば)
  8. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. 筑波大学附属病院, 2016.5(つくば)
  9. 齋藤誠.新生児蘇生法スキルアップコース講習会. つくばセントラル病院, 2016.5 (牛久)
  10. 齋藤誠.新生児蘇生法インストラクターコース講習会. 筑波大学附属病院, 2016.5(つくば)
  11. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. 総合守谷第一病院, 2016.6(守谷)
  12. 齋藤誠.アドバンスド新生児蘇生法講習会. 神奈川県総合医療会館, 2016.6 (横浜)
  13. 齋藤誠.日本周産期・新生児学会公認新生児蘇生法バージョンアップ説明会. なないろレディースクリニック,2016.6(つくば)
  14. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. 筑波大学附属病院, 2016.6(つくば)
  15. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. 株式会社明治本社, 2016.6(東京)
  16. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. 茨城県立こども病院, 2016.7 (水戸)
  17. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. なないろレディースクリニック, 2016.7(つくば)
  18. 齋藤誠.新生児蘇生法スキルアップコース講習会. 総合守谷第一病院, 2016.8(守谷)
  19. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. 茨城県立中央病院, 2016.8 (笠間)
  20. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. つくばセントラル病院, 2016.10 (牛久)
  21. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. 筑波大学附属病院, 2016.10(つくば)
  22. 齋藤誠.新生児蘇生法スキルアップコース講習会. つくばセントラル病院, 2016.10 (牛久)
  23. 齋藤誠.新生児蘇生法インストラクターフォローアップコース講習会. 筑波大学附属病院,2016.12(つくば)
  24. 齋藤誠.新生児蘇生法専門コース講習会. 総合守谷第一病院, 2016.1 (守谷)
  25. 齋藤誠.新生児蘇生法スキルアップコース講習会. 総合守谷第一病院, 2016.2(守谷)
  26. 齋藤誠:新生児蘇生法インストラクター養成コース講習会. 恩賜財団母子愛育会総合母子保健センター愛育病院, 2016.3 (東京)
  27. 齋藤誠:新生児蘇生法専門コース講習会. 茨城県立中央病院, 2016.3 (笠間)
  28. 齋藤誠:新生児蘇生法スキルアップコース講習会. 国立相模原病院, 2016.3 ( 相模原)
  29. 齋藤誠:新生児蘇生法スキルアップコース講習会. なないろレディースクリニック, 2016.3(つくば)

消化器外科

【論文】

  1. 永井秀雄. いわゆるmesopancreas の発生と臨床解剖. 胆と膵 38(1):13-19, 2017.
  2. 永井秀雄. わたしの研究歴. G. I. Research 24 (3):217-222, 2016.
  3. 吉見富洋. 消化器外科手術アトラス 膵頭部癌に対する門脈・上腸間膜静脈合併切除再建術を伴う全胃幽門輪温存膵頭十二指腸切除術;再建血管の露出と再建法. 消化器外科 40:1-15, 2017.
  4. Matsuura S, Sasaki, Kawasaki H, Abe H, Nagai H, Yoshimi F. Silk suture granuloma with false-positive findings on PET/CT accompanied by peritoneal metastasis after colon cancer surgery. Int J Surg Case Rep. 28: 22–25, 2016.

【学会発表】

  1. 小暮亮太. 消化管穿孔との鑑別に苦慮した急性汎発性腹膜炎をきたした膀胱憩室穿孔の一例. 日本臨床外科学会総会、2016.11(東京)
  2. 小暮亮太. 診断に苦慮した感染性肝嚢胞の1 例. 第29回日本内視鏡外科学会総会、2016.12(横浜)
  3. 高尾幹也、佐々木和人、加賀谷英生、川崎普司、阿部秀樹、吉見富洋、永井秀雄. 遅発性に発症した外傷性脾破裂に対して脾臓摘出術を施行した1 例. 第30回日本外傷学会総会・学術集会、2016.5(東京)
  4. 高尾幹也、阿部秀樹、永井秀雄、川崎普司、佐々木和人、加賀谷英生、吉見富洋、飯嶋達生、斉藤仁昭. 傍大動脈リンパ節転移を伴う膵・十二指腸神経内分泌腫瘍の2 切除例の検討(2 cases of pancreatic and duodenal neuroendocrine tumors accompanied with paraaortic lymph node metastasis and treated with surgical resection). 第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会、2016.6(大阪)
  5. 高尾幹也、松崎裕幸、工藤翔平、板本孝太、近藤晃、南洋輔、松浦壮平、川端俊太郎、小暮亮太、遠藤睦子、加賀谷英生、川崎普司、阿部秀樹、吉見富洋、永井秀雄. バリウム排泄遅延に対する加療中に絞扼性イレウスに至り、術中腸管温存の判断にパルスオキシメーターが有用であった1例. 第18回茨城消化器外科治療研究会、2016.6(水戸)
  6. 板本孝太、川崎普司、高尾幹也、松浦壮平、小暮亮太、遠藤睦子、加賀谷英生、阿部秀樹、吉見富洋、永井秀雄、斉藤仁昭、藤枝真司. 若年女性に発症した小腸GIST の1例. 外科集談会、2016.6(さいたま)
  7. 板本孝太、松崎裕幸、工藤翔平、近藤晃、南洋輔、高尾幹也、松浦壮平、小暮亮太、遠藤睦子、川端俊太郎、加賀谷英生、川崎普司、吉見富洋. 膵頭十二指腸切除後の仮性動脈瘤破裂に対し総肝動脈・脾動脈塞栓術を施行し、遅発性に生じた胃穿孔に対して保存的加療を行い治癒した1例. 水戸創傷治癒談話会、2017.1(水戸)
  8. 板本孝太、松崎裕幸、工藤翔平、近藤晃、南洋輔、高尾幹也、松浦壮平、小暮亮太、遠藤睦子、川端俊太郎、加賀谷英生、川崎普司、吉見富洋、児山健、飯嶋達生. 膵頭十二指腸切除後の総肝動脈瘤・脾動脈瘤塞栓術後に発症した虚血性胃穿孔の1例. 第844回外科集談会、2017.3(東京)

【講演】

  1. 永井秀雄. 学校におけるがん教育の在り方について. 常総市学校保健会総会、2016.5(常総)
  2. 永井秀雄. ランチョンセミナー:ドレーンの功罪〜 To drain or not to drain 〜 . 第12回日本クリティカルケア看護学会、2016.6(下野)
  3. 永井秀雄. 学校におけるがん教育の在り方について. 行方地区学校保健会・保健主事会合同研修会、2016.8(行方)
  4. 永井秀雄. 主役はあなた〜参療とがん検診について〜 . 茨城県がん検診推進強化月間講演会、2016.10(水戸)
  5. 永井秀雄. 生活習慣とがんについて〜予防・検診・診断・治療〜 . 水郡医師会学術講演会、2016.12(大子)
  6. 永井秀雄. 学校におけるがん教育の在り方について. 茨城県高等学校教育研修 養護部県西地区 第3回研究協議会、2017.2(笠間)

血管外科

【論文】

  1. 高山豊:腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の費用対効用分析、脈管学、56(9):123-130, 2016

【学会発表】

  1. 高山豊、吉見富洋.シンポジウム2 費用対効果からみた治療法選択の指標 ―TEVAR vs OS,EVAR vs OS,EVT vs distal Bypass 腹部大動脈瘤治療における費用対効用分析〜 EVAR vs OS vs 保存的治療(経過観察)〜.第44 回日本血管外科学会総会、2016.5(東京)
  2. 上野澄恵、高山豊.静脈うっ滞性潰瘍に対し外来通院で陰圧閉鎖稜法を実施した1 例.第30 回水戸創傷治癒談話会、2017.1(水戸)

【講演】

  1. 加賀谷英生.下肢ASO 患者さんの診かた 笠間市医師会胸部疾患検討会 2016.10(笠間)
  2. 加賀谷英生.腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術 平成28 年度地域医療連携推進懇談会2016.11(笠間)

循環器外科

【著書・総説】

  1.  重田 治 .「ドクターアドバイス」. 月刊みと、522(1):78、2017

【論文】

  1. 逆井佳永、佐々木昭暢、重田 治、津曲保章、常岡秀和、美崎昌子、武安法之: 感染性心内膜炎に起因した左室右房交通症の一例、胸部外科 69(9):792-795,2016

【講演】

  1. 重田治.心房細動治療の問題点.笠間胸部疾患研究会、2017.2(笠間)
  2. 重田治. 心不全治療、IMC 学会、2017.3(水戸)

呼吸器外科

【学会発表】

  1. 清嶋護之、鈴木久史、北原美由紀、雨宮隆太:高齢者肺癌の長期予後に関する予測因子の検討. 第33回日本呼吸器外科学会総会、 2016.5(京都)
  2. 清嶋護之、鈴木久史、北原美由紀、雨宮隆太:気管支膜様部損傷に対して外科的修復を行った1 例. 第39回日本呼吸器内視鏡学会学術集会、 2016.6(名古屋)
  3. 工藤翔平、鈴木久史、清嶋護之、内海啓子、飯島達生. 肺ノカルジア症に対して肺葉切除を行った一例. 第241回 茨城外科学会、 2016.6(つくば)
  4. 清嶋護之、鈴木久史、山口昭三郎、橋本幾太、鏑木孝之、児山健、飯嶋達生、雨宮隆太:肺癌を疑われ手術を施行された非腫瘍性病変の検討. 第57回 日本肺癌学会学術集会、 2016.12(福岡)
  5. 鈴木久史、清嶋護之、高木雄基、大久保初美、吉川弥須子、田村智宏、山口昭三郎、橋本幾太、鏑木孝之、飯嶋達生、雨宮隆太:小細胞肺癌に対する外科切除症例の検討. 第57回 日本肺癌学会学術集会、 2016.12(福岡)

【講演】

  1. 鈴木久史. 肺癌の標準的外科治療について. 笠間市医師会胸部疾患検討会、 2016.4(笠間)
  2. 清嶋護之. 呼吸器外科医が考える肺癌術前検査. 第98回 ひたちなか市胸部疾患カンファレンス、 2016.4(ひたちなか)
  3. 清嶋護之. 気管支鏡の読影. 第39回 日本呼吸器内視鏡学会学術集会 教育講演、 2016.6.23.(名古屋)
  4. 清嶋護之. 気管支鏡所見の読影について. 第100回 ひたちなか市胸部疾患カンファレンス2016.8 (ひたちなか)
  5. 清嶋護之. 呼吸器外科医と間質性肺炎のかかわり ~術後急性増悪を中心に~ . 第3回 いばらき間質性肺炎研究セミナー、 2016.12(つくば)
  6. 清嶋護之. 肺癌の術前検査〜外科医の見方、考え方. 第211回水戸チェストカンファレンス、 2016.5(水戸)

乳腺外科

【著書・総説】

  1. 穂積康夫:第II章乳癌薬物療法の実際 術後内分泌療法 投与期間.オンコロジークリニカルガイド 乳癌薬物療法(木下貴之、戸井雅和 編) pp155-159,2016

【論文】

  1. Ohzawa H, Miki A, Teratani T, Shiba S, Sakuma Y, Nishimura W, Noda Y, Fukushima N, Fujii H, Hozumi Y,Yasuda Y. Usefulness of miRNA profiles for predicting pathological responses to neoadjuvant chemotherapy in patients with human epidermal growth factor receptor 2-positive breast cancer. Oncology Letters, 13(3): 1731-1740, 2017
  2. Fujii S, Yamashita S, Yamaguchi T, Takahashi M, Hozumi Y, Ushijima T, Mukai H. Pathological complete response of HER2-positive breast cancer to trastuzumab and chemotherapy can be predicted by HSD17B4 methylation. Oncotarget, 8(12): 19039-19048, 2017
  3. Mukai H, Kato K, Esaki T, Ohsumi S, Hozumi Y, Matsubara N, Hamaguchi T, Matsumura Y, Goda R, Hirai T, Nambu Y. Phase I study of NK105, a nanomicellar paclitaxel formulation, administered on a weekly schedule in patients with solid tumors. Investigational new drugs, 34(6): 750-759, 2016
  4. Fukada I, Araki K, Kobayashi K, Shibayama T, Takahashi S, Horii R, Akiyama F, Iwase T, Ohno S, Hatake K, Hozumi Y, Sata N, Ito Y. Predictive factors and value of ypN+ after neoadjuvant chemotherapy in clinically lymph node-negative breast cancer. PLoS One, 11(9): e0162616, 2016
  5. Kobayashi K, Ito Y, Matsuura M, Fukada I, Horii R, Takahashi S, Akiyama F, Iwase T, Hozumi Y, Yasuda Y, Hatake K. Impact of immunohistological subtypes on the long-term prognosis of patients with metastatic breast cancer. Surg Today, 46(7): 821-6, 2016
  6. 田中裕美子、藤田崇史、芝聡美、西田紗季、宮崎千絵子、櫻木雅子、森田剛平, 仁木利郎, 尾本きよか, 軽部真粧美, アランK. レフォー, 穂積康夫, 佐田尚宏:腋窩リンパ節腫大を認めた良性乳腺顆粒細胞腫の1症例. 乳癌の臨床32(1): 59-65, 2017

【学会発表】

  1. 穂積康夫、渡邊知映、武井寛幸、向井博文、中村清吾.Quality Indicator を用いた乳癌診療の評価.第24回日本乳癌学会総会 シンポジウム、2016.6(東京)
  2. 向井博文、山口雄、高橋将人、穂積康夫、藤澤知巳、大竹省三、赤羽弘充、西村令喜、高島勉、朴英進、相良安昭、遠山竜也、井本滋、水野聡朗、上村夕香理.癌に対するプレシジョンメディシン Ki-67 index を用いたHER2陽性乳癌に対する治療選択研究.第54 回日本癌治療学会学術総会、2016.10(横浜)
  3. Shiroiwa, T, Fukuda T, Shimozuma K, Mouri M, Hagiwara Y, Kawahara T, Ohsumi S, Hozumi Y, Sagara Y, Ohashi Y, Mukai H. Cost Effectiveness of first line S-1 therapy for metastatic breast cancer patients compared with taxanes: An analysis based on the randomized phase III Select BC Trial. ISPOR 19th Annual European Congress, 2016.11 (Vienna, Austria)
  4. 松尾知平、北原美由紀、穂積康夫.胸骨転移の確定診断にCT ガイド下生検が有用であった1 例.第13 回日本乳癌学会関東地方会、2016.12(さいたま)
  5. 北原美由紀、穂積康夫、松尾知平、塩澤幹雄.原発性肝腫瘍との鑑別を要し治療方針決定に肝生検が有用であった乳癌術後肝転移の1 例.第13 回日本乳癌学会関東地方会、2016.12(さいたま)

泌尿器科

【論文】

  1. 島居徹:CAB(combined androgen blockade) 療法. 新前立腺癌学 最新の基礎研究と診断・治療、日本臨床社、74(3):578-583, 2016
  2. Kandori S, Yoshino T, Tsutsumi M, Yamauchi A, Ohtani M, Fukuhara Y, Miyanaga N, Miyazaki J, Nishiyama H, Shimazui T. Feasibility of classical secondary hormonal therapies prior to docetaxel therapy in Japanese patients with castration-resistant prostate cancer: Multicenter retrospective study. Prostate Int 4(4):140-144, 2016
  3. Koie T, Ohyama C, Yamamoto H, Imai A, Hatakeyama S, Yoneyama T, Hashimoto Y, Yoneyama T, Tobisawa Y, Yamauchi A, Shimazui T, Ohtani M. The feasibility and effectiveness of robotassisted radical cystectomy after neoadjuvant chemotherapy in patients with muscle-invasive bladder cancer. Jpn J Clin Oncol 2016. DOI 10.1093/jjco/hyw191 [Epub ahead of print]
  4. 島居徹、山内敦、江村正博、大谷幹伸:ロボット支援前立腺全摘術はどこまで普及するか? 癌と化学療法、44(1):33-36、2017.

【学会発表】

  1. 島居徹、山内敦、辻本一平、田中建、吉野喬之、大谷幹伸. 泌尿器悪性腫瘍における周術期静脈血栓塞栓症の予防における術前スクリーニングとしてのD ダイマーカットオフ値の意義(第2報). 第104回 日本泌尿器科学会総会、 2016.4 (仙台)
  2. 市岡大士、 吉野喬之、 高岡栄一郎、 末富崇弘、小島崇宏、常楽晃、河合弘二、島居徹、堤雅一、菊池孝治、内田克紀、西山博之.筑波大学関連施設における去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセル投与症例の検討. 第104回 日本泌尿器科学会総会、2016.4 (仙台)
  3. 山本大輔、江村正博、山内敦、島居徹、大谷幹伸.膀胱B 細胞リンパ腫の1 例. 第105回日本泌尿器科学会茨城地方会、2016.6(つくば)
  4. 市岡大士、吉野喬之、宮崎淳、河合弘二、島居徹、堤雅一、菊池孝治、内田克紀、西山博之.筑波大学関連施設における去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセル投与症例の検討. 第105回日本泌尿器科学会茨城地方会、2016.6(つくば)
  5. 江村正博、山内敦、島居徹、大谷幹伸.残存尿管再発からの止血に難渋した左腎盂癌術後の1例. 第38回茨城医学会泌尿器科分科会・第106 回日本泌尿器科学会茨城地方会 2016.10(水戸)
  6. 山内敦、江村正博、島居徹、大谷幹伸.膀胱癌に対して2nd-TURBTを施行した症例の検討. 第81回日本泌尿器科学会東部総会、2016.10(弘前)
  7. 島居徹、山内敦、辻本一平、江村正博、大谷幹伸.ロボット支援膀胱全摘術の導入初期経験. 第81回日本泌尿器科学会東部総会、2016.10(弘前)
  8. 井坂裕子、大森知子、安見きぬい、中田公美、大谷幹伸、山内敦、島居徹、江村正博.排尿自立指導料加算に関わる病棟の取り組み. 第28回茨城泌尿器疾患ケア研究会、2016.11(水戸)
  9. 中田公美、アボットみのり、江村正博、山内敦、島居徹、大谷幹伸、佐々木明、宮川尚美.排尿自立指導の導入に向けた取り組みと今後の課題.第28回茨城泌尿器疾患ケア研究会、2016.11(水戸)
  10. 江村正博、山内敦、島居徹、大谷幹伸.当科における腹腔鏡下腎部分切除術とロボット支援腹腔鏡下腎部分切除の比較. 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会、2016.11(大阪)
  11. 島居徹、山内敦、辻本一平、江村正博、大谷幹伸、古家琢也.ロボット支援膀胱全摘除術の導入初期症例の検討. 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会、 2016.11(大阪)
  12. 山内敦、江村正博、島居徹、大谷幹伸.後腹膜アプローチ法のロボット支援前立腺全摘術における工夫. 第107回日本泌尿器科学会茨城地方会、2017.2(つくば)

【講演】

  1. 大谷幹伸. 水戸地方がん市民セミナー. 2016.5(水戸)
  2. 大谷幹伸. 第8回市民健康のつどい. 2016.12(つくば)
  3. 大谷幹伸. Female patient’s insight. 2017.3(水戸)

産婦人科

【著書・総説】

  1. 高野克己、吉川裕之:単純子宮全摘術[2] 腹式単純子宮全摘術(2) 産婦人科手術スタンダード 改訂第2版、日本産婦人科手術学会編 pp83-91、2017

【論文】

  1. 沖明典:子宮頸がんとHPV -予防と治療の最近の話題-長野県母子衛生学会誌、18(1):1-4, 2016
  2. 高野克己、吉川裕之:婦人科悪性腫瘍の診断と治療 子宮頸癌 医学と薬学、73(4):379-384,2016
  3. Onuki M, Matsumoto K, Sakurai M, Ochi H, Minaguchi T, Satoh T, Yoshikawa H. Post-treatment HPV testing for residual or recurrent high-grade cervical intraepithelial neoplasia: a pooled analysis. J Gynecol Oncol, 27(1):e3, 2016
  4. Shikama A, Minaguchi T, Matsumoto K, Akiyama-Abe A, Nakamura Y, Michikami H, Nakao S, Sakurai M, Ochi H, Onuki M, Satoh T, Oki A, Yoshikawa H Clinicopathologic implications of DNA mismatch repair status in endometrial carcinomas. Gynecol Oncol 140(2):226-233, 2016
  5. Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Saida T, Minami M, Yoshikawa H. Uterine cervical cancer volumetry using T2- and diffusion-weighted MR images in patients treated by primary surgery and neoadjuvant chemotherapy. Acta Radiol. 57(3):378-383, 2016
  6. Saida T, Tanaka YO, Matsumoto K, Satoh T, Yoshikawa H, Minami M. Revised FIGO staging system for cancer of the ovary, fallopian tube, and peritoneum: important implication for radiologists. Jpn J Radiol, 34(2):117-124,2016
  7. Ohara R, Obata-Yasuoka M, Abe K, Yagi H, Hamada H, Yoshikawa H. Effect of hyperemesis gravidarum on gestational diabetes mellitus screening. Int J Gynaecol Obstet. 132(2):156-158, 2016
  8. Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Oki A, Saida T, Yoshikawa H, Minami M Differentiation of epithelial ovarian cancer subtypes by use of imaging and clinical data: a detailed analysis. Cancer Imaging 16(1):3-11, 2016
  9. Tanaka YO, Okada S, Sakata A, Saida T, Nagai M, Yoshikawa H, Noguchi M, Minami M. A metastatic ovarian cancer mimicking pregnancy luteoma found during puerperium. Magn Reson Med Sci, 15(2):149-150, 2016
  10. Minaguchi T, Satoh T, Matsumoto K, Sakurai M, Ochi H, Onuki M, Oki A, Yoshikawa H. Proposal for selection criteria of secondary cytoreductive surgery in recurrent epithelial ovarian, tubal, and peritoneal cancers. Int J Clin Oncol 21(3): 573-579, 2016.
  11. Ebina Y, Katabuchi H, Mikami M, Nagase S, Yaegashi N, Udagawa Y, Kato H, Kubushiro K, Takamatsu K, Ino K, Yoshikawa H. Japan Society of Gynecologic Oncology guidelines 2013 for the treatment of uterine body neoplasms. Int J Clin Oncol. 21(3):419-434, 2016
  12. Iguchi-Manaka A, Okumura G, Kojima H, Cho Y, Hirochika R, Bando H, Sato T, Yoshikawa H, Hara H, Shibuya A, Shibuya K. Increased soluble CD155 in the serum of cancer patients. PLoS One 11(4):e0152982, 2016.
  13. Onda T, Satoh T, Saito T, Kasamatsu T, Nakanishi T, Nakamura K, Wakabayashi M, Takehara K, Saito M, Ushijima K, Kobayashi H, Kawana K, Yokota H, Takano M, Takeshima N, Watanabe Y, Yaegashi N, Konishi I, Kamura T, Yoshikawa H. Comparison of treatment invasiveness between upfront debulking surgery versus interval debulking surgery following neoadjuvant chemotherapy for stage III/IV ovarian, tubal, and peritoneal cancers in a phase III randomized trial: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0602. Eur J Cancer, 64:22-31, 2016
  14. Abe K, Hamada H, Fujiki Y, Iiba M, Tenjinnbayashi Y, Yoshikawa H.  Radiological diagnosis of gas gangrene in a fetus at term. Taiwan J Obstet Gynecol. 55(4):582-584, 2016
  15. Satoh T, Yoshikawa H. Fertility-sparing surgery for early stage epithelial ovarian cancer. Jpn J Clin Oncol. 46(8):703-10, 2016
  16. Nishio, S, Kitagawa, R, Shibata, T, Yoshikawa, H, Konishi, I, Ushijima, K, Kamura, T. Prognostic factors from a randomized phase III trial of paclitaxel and carboplatin versus paclitaxel and cisplatin in metastatic or recurrent cervical cancer: Japan Clinical Oncology Group (JCOG) trial: JCOG0505. Cancer Chemotherapy and Pharmacology, 78(4):785-790, 2016
  17. Sakurai M, Matsumoto K, Gosho M, Sakata A, Hosokawa Y, Tenjimbayashi Y, Katoh T, Shikama A, Komiya H, Michikami H, Tasaka N, Akiyama-Abe A, Nakao S, Ochi H, Onuki M, Minaguchi T, Yoshikawa H, Satoh T. Expression of tissue factor in epithelial ovarian carcinoma is involved in the development of venous thromboembolism. Int J Gynecol Cancer, 27(1):37-43, 2017
  18. Kawasaki A, Okamoto H, Wada A, Ainoya Y, Kita N, Maeyama T, Edamoto N, Nishiyama H, Tsukamoto S, Joraku A, Waku N, Yoshikawa H. A case of primary ciliary dyskinesia treated with testicular spermatozoa: case report and a review of the literature. Reprod Med Biol, in press.
  19. Komiyama S, Katabuchi H, Mikami M, Nagase S, Okamoto A, Ito K, Morishige K, Suzuki N, Kaneuchi M, Yaegashi N, Udagawa Y, Yoshikawa H. Japan Society of Gynecologic Oncology guidelines 2015 for the treatment of ovarian cancer including primary peritoneal cancer and fallopian tube cancer. Int J Clin Oncol. 21(3):435-446, 2016
  20. Sugiyama T, Okamoto A, Enomoto T, Hamano T, Aotani E, Terao Y, Suzuki N, Mikami M, Yaegashi N, Kato K, Yoshikawa H, Yokoyama Y, Tanabe H, Nishino K, Nomura H, Kim JW, Kim BG, Pignata S, Alexandre J, Green J, Isonishi S, Terauchi F, Fujiwara K, Aoki D. Randomized phase III trial of irinotecan plus cisplatin compared with paclitaxel plus carboplatin as first-line chemotherapy for ovarian clear cell carcinoma: JGOG 3017/GCIG Trial. J Clin Oncol 34(24):2881-2887, 2016

【学会発表】

  1. 秋山梓、板垣 博也、玉井 はるな、道上大雄、田坂暢祟、高野克己、沖明典 進行卵巣癌治療中の難治性腹水に対しリンパ管造影にて腹水コントロールしえた一例 第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016.4 (東京)
  2. Shikama Ayumi; Minaguchi Takeo; Matsumoto Koji; Akiyama Azusa; Hiroyuki Ochi; Akinori Ok; Toyomi Satoh Clinical impact of DNA mismatch repair status in endometrial carcinoma. 第68回日本産科婦人科学会学術講演会2016.4 (東京)
  3. 藤枝薫、秋山 梓、山口まどか、津曲綾子、玉井はるな、道上大雄、高野克己、沖明典、吉川裕之. 内視鏡手術用ループ式結紮器具を用いた筋腫棟子宮内から脱出した主流の管理法 第182 回茨城産科婦人科学会例会 2016.6 (つくば)
  4. 山口まどか、道上大雄、藤枝薫、板垣博也、津曲綾子、玉井はるな、田坂暢祟、秋山梓、高野克巳、沖明典、吉川裕之. 原発巣同定に難渋した卵巣・大腸腫瘍合併の4症例 -cytokeratin7/20発現profileの有用性とpitfall- 第131回関東連合産科婦人科学会学術集会 2016.6 (東京)
  5. 沖明典 子宮内膜症・子宮腺筋症の最近の知見茨城県産婦人科医会県北支部学術講演会 2016.7 (日立)
  6. 津曲綾子、高野克己、藤枝薫、山口まどか、玉井はるな、道上大雄、秋山梓、安部加奈子、沖明典、吉川裕之.当院で管理した帝王切開瘢痕部妊娠の2 例 第132回関東連合産科婦人科学会学術集会 2016.10 (東京)
  7. 岡崎有香、青木千津、井上久美子、渡邊之夫、小池数与、沖明典. 子宮頸部巨大腫瘤を呈した帝王切開創部子宮内膜症の1例 第132回関東連合産科婦人科学会学術集会 2016.10 (東京)
  8. Yuri Tenjimbayashi, Koji Matsumoto, Mamiko Onuki, Sari Nakao, Manabu Sakurai, Hiroyuki Ochi, Takeo Minaguchi, Toyomi Satoh, Akinori Oki, Hajime Tsunoda, Hiroyuki Yoshikawa.Para-aortic lymphadenectomy for endometrial cancer: proposal for patient selection.The 16th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society.2016.10 (Lisbon,Portugal)

脳神経外科

【学会発表】

  1. 高橋利英、丸島愛樹、上村和也、河野元嗣、三上耕司、中居康展、中尾隼三、小野古志郎、柴田智行、水谷太郎、山本哲哉、松村明.交通外傷における重症度の解析. 第34回筑波脳神経外科研究会学術集会、2016.2 (つくば)
  2. 高橋利英、丸島愛樹、上村和也、河野元嗣、三上耕司、中居康展、小野古志郎、柴田智行、水谷太郎、山本哲哉、松村明.非高エネルギー交通外傷における重症度の解析. 第39回日本脳神経外傷学会、2016.2 (仙台)
  3. 高橋利英、片山亘、鯨岡裕司.ANCA 関連血管炎に合併した脳動脈瘤破裂の1例. 第94回茨城県脳神経外科集談会、2016.3 (水戸)
  4. 吉井與志彦、小林栄喜、星野建仁、鯨岡裕司.早期認知症診断における海馬血流評価の意義. 第25回日本脳ドック学会総会、2016.6 (軽井沢)
  5. 鯨岡裕司、吉井與志彦.静脈洞交会の形態の左右差に伴う偽性後頭葉血流低下の検討. 第35回日本認知症学会学術集会、2016.12 (東京)
  6. 高橋利英、片山 亘、鯨岡裕司.術中の頭蓋内内頚動脈損傷に対し、側頭筋被覆にて修復が可能だった1例. 第131回一般社団法人日本脳神経外科学会関東支部学術集会、2016.12 (東京)

【講演】

  1. 鯨岡裕司.認知症「不可解な行動」には理由がある. 認知症の方の家族教室(認知症カフェ)、2016.7(笠間)
  2. 鯨岡裕司.脳外科医に認知症診療は可能か?茨城県認知症講演会、2016.9(つくば)
  3. 鯨岡裕司.認知症診療〜「もの忘れ外来」の2年間の経験から(特に画像診断の役割について).  第75回一般社団法人日本脳神経外科学会学術総会ランチョンセミナー、2016.10(福岡)

耳鼻咽喉・頭頸部外科

【論文】

  1. 上前泊功、林健太郎、髙橋邦明:降下性縦隔炎治療後に嚥下障害を併発した2例,頭頸部外科, 25 (1), 103-107, 2015
  2. 岡田慎一、新井峻、小室久美子、内田紗保子、髙橋邦明:COR 検査装置による乳幼児聴力検査の反応形式、Audiology Japan, 58(4) 248-254, 2015.

【学会発表】

  1. 髙橋邦明:乳頭がん多発性肺転移に対するソラフェニブの使用経験.Next Era in TYC、2015.4(東京)
  2. 上前泊功、髙橋邦明、藤井慶太郎:スティーブンスジョンソン症候群の1例.第77回耳鼻咽喉科臨床学会,2015.6(浜松)
  3. 藤井慶太郎、髙橋邦明、上前泊功:当院における甲状腺分化癌ハイリスク群に対するAblation 治療, 第75回日耳鼻茨城県地方部会、2015.7 (水戸)
  4. 髙橋邦明、藤井慶太郎、上前泊功:甲状腺乳頭ががん多発肺転移例に対する分子標的薬ソラフェニブによる治療経験, 第75回日耳鼻茨城県地方部会、 2015.7 (水戸)
  5. 岡田慎一、新井峻、小室久美子、内田紗保子、髙橋邦明:乳幼児における補聴器装用開始年齢 2009-2014年について.第60回日本聴覚医学会、 2015.10 (東京)
  6. 藤井慶太郎、髙橋邦明、上前泊功:大唾液腺悪性腫瘍例の検討, 第76回日耳鼻茨城県地方部会, 2015.10.25,水戸市
  7. 上前泊功、髙橋邦明、藤井慶太郎:頭頸部扁平上皮癌におけるHPV関連癌の検討.第76回日耳鼻茨城県地方部会, 2015.10 (水戸)
  8. 上前泊功、藤井慶太郎、髙橋邦明:下頸部に発生した異所性過誤腫性胸腺腫の1例.第26回日本頭頸部外科学会、 2016.1 (名古屋)
  9. 上前泊功、髙橋邦明、藤井慶太郎:頭頸部扁平上皮癌におけるHPV関連癌の検討.第26回茨城県がん学会、 2016.2 (水戸)
  10. 上前泊功、和田哲郎、原晃、髙橋邦明:後鼻孔ロック固定法を用いた経鼻胃管事故抜去予防の検討(続報).第117回日本耳鼻咽喉科学会総会、2016.5 (名古屋)
  11. 上前泊功、髙橋邦明、藤井慶太郎:当科における大唾液腺癌の検討、第40回日本頭頸部癌学会、2016.6(さいたま)
  12. 藤井慶太郎、髙橋邦明、上前泊功:当科における深頸部膿瘍症例の臨床的検討.第78回耳鼻咽喉科臨床学会、2016.6 (鹿児島)
  13. 上前泊功、髙橋邦明、藤井慶太郎:当院における嚥下外来の状況.第77回日耳鼻茨城県地方部会, 2016.6 (水戸)
  14. 境修平、上前泊功、髙橋邦明:頭頸部がん患者に対する漢方治療の取り組み.第77回日耳鼻茨城県地方部会、2016.6 (水戸)
  15. 境修平、上前泊功、髙橋邦明:冠動脈再建術後の両側反回神経麻痺の2例.第78回日耳鼻茨城県地方部会、2016.10 (水戸)
  16. 岡田慎一、小室久美子、内田紗保子、髙橋邦明、新井峻:複数回ABRを実施した乳幼児における閾値の変化.第61回日本聴覚医学会、2016.10 (盛岡)

皮膚科

【論文】

  1. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸、小島寛:皮膚転移した多発性骨髄腫. 皮膚科の臨床、58(10):1515-1518,2016

【学会発表】

  1. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸:免疫グロブリン大量静注療法を施行したStevens-Johnson 症候群. 第87回日本皮膚科学会茨城地方会、2015.3(つくば)
  2. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸、今井裕季子、佐々木正浩:悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)の1例、第88回日本皮膚科学会茨城地方会、2015.7 (日立)
  3. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸、大越靖:菌状息肉症腫瘍期に使用したPEG-IFNα-2aの2例.第90回日本皮膚科学会茨城地方会、2016.2 (つくば)
  4. 柴尾加奈、狩野俊幸、佐々木正浩:神経鞘粘液腫2例.第93 回日本皮膚科学会茨城地方会、2017.2(つくば)

リハビリテーション科

【学会発表】

  1. 石井伸尚、末竹真将、奥野裕佳子、武島令子、飯塚眞喜人、冨田和秀: 胸腹部運動のフィードバックを用いた横隔膜呼吸における呼吸筋酸素消費量の影響. 第94回日本生理学会大会、2017.(浜松)

麻酔科

【論文】

  1. Hiroshi Ueda, Takuo Hoshi. Functional residual capacity increase during laparoscopic surgery with abdominal wall lift. Rev Bras Anestesiol 67(3): 284-7, 2017
  2. 星拓男:neurological pupil indexおよび縮瞳速度に対するプロポフォールおよびレミフェンタニルの影響.麻酔 66(2);174-6,2017
  3. 下河邊美香、星拓男、柏旦美、上田昌代、吉田千賀子、吉良淳子:ICU における家族看護の満足度:看護師と家族に対するアンケート調査から 日集中医誌 23(3):359-363,2017

【学会発表】

  1. 鶴田昌平、星拓男.胸部硬膜外カテーテル挿入における椎間同定法ごとの正確性の検討.日本臨床麻酔学会第36回大会、2016.11(高知)
  2. 鈴木恵、星拓男.腸間膜牽引症候群の調査及び検討.日本臨床麻酔学会第36回大会、2016.11(高知)
  3. 星拓男.手術部位感染(SSI)と体重との関連.日本臨床麻酔学会第36回大会、2016.11(高知)
  4. 綾大介、星拓男.生理食塩液プレフィルドシリンジ(生食シリンジ)導入の効果.第17回麻酔科学ウィンターセミナー、2017.2(北海道)

救急科

【論文】

  1. Hayakawa M, Kudo D, Saito S, Uchino S, Yamakawa K, Iizuka Y, Sanui M, Takimoto K, Mayumi T, Ono K, Azuhata T, Ito F, Yoshihiro S, Hayakawa K, Nakashima T, Ogura T, Noda E, Nakamura Y, Sekine R, Yoshikawa Y, Sekino M, Ueno K, Okuda Y, Watanabe M, Tampo A, Saito N, Kitai Y, Takahashi H, Kobayashi I, Kondo Y, Matsunaga W, Nachi S, Miike T, Takahashi H, Takauji S, Umakoshi K, Todaka T, Kodaira H, Andoh K, Kasai T, Iwashita Y, Arai H, Murata M, Yamane M, Shiga K, Hori N. et al. Antithrombin Supplementation and Mortality in Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Multicenter Retrospective Observational Study. Shock 46(6):623-631, 2016.
  2. Yamakawa K, Umemura Y, Hayakawa M, Kudo D, Sanui M, Takahashi H, Yoshikawa Y, Hamasaki T, Fujimi S (One of 39 Collaborators; Sekine R). Benefit profile of anticoagulant therapy in sepsis: a nationwide multicentre registry in Japan. Crit Care 20(1):229, 2016.
  3. Bellani G, Laffey JG, Pham T, Fan E, Brochard L, Esteban A, Gattinoni L, van Haren F, Larsson A, McAuley DF, Ranieri M, Rubenfeld G, Thompson BT, Wrigge H, Slutsky AS, Pesenti A (One of 843 collaborators; Sekine R). Epidemiology, patterns of care, and mortality for patients with acute respiratory distress syndrome in intensive care units in 50 countries. JAMA 315(8):788-800,2016.

病理診断科

【論文】

  1. Sato T, Shiba-Ishii A, Kim Y, Dai T, Husni R, Hong J, Kano J, Sakashita S, Iijima T, Noguchi M. miR-3941: A novel microRNA that controls IGBP1 expression and is associated with malignant progression of lung adenocarcinoma. Cancer Sci 108: 536-542, 2017
  2. 南優子、飯嶋達生、稲留征典、大谷明夫、澁谷誠、杉田真太朗、鈴木恵子、野口雅之: HER2 の免疫染色の解釈は正しくできているのか?-茨城県での評価結果- Jpn.J.Breast Cancer 31: 297-305, 2016

【学会発表】

  1. 内田好明、阿部香織、新発田雅晴、吉澤一恵、古村祐紀、安田真大、小井戸綾子、井村穣二、斉藤仁昭、飯嶋達生. 膵腫瘤における良悪性判別の精度向上を目指して- S-100P 濃度測定を用いて-. 第57 回日本臨床細胞学会総会春季大会.第19回国際細胞学会議、2016.5 (横浜)
  2. 斉藤仁昭、竹田瑛、飯嶋達生. 大量腹水を来した腹膜腫瘍の一例. 第43回茨城病院病理医の会、2017.2(土浦)
  3. 内田好明、井村穣二、阿部香織、斉藤仁昭、飯嶋達生. 子宮頸部多段階発癌におけるTight junction 構成蛋白発現の意義. 第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  4. 小井戸綾子、阿部香織、堀野史織、古村祐紀、安田真大、内田好明、竹田瑛、斉藤仁昭、飯嶋達生. 当院におけるRapid on site evaluation(ROSE)導入によるがん診療への貢献. 第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  5. 阿部香織、小井戸綾子、堀野史織、古村祐紀、安田真大、内田好明、竹田瑛、斉藤仁昭、飯嶋達生. 呼吸器領域材料を用いた液状化細胞診(LBC)の応用と新たな細胞保存に向けて. 第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)

漢方外来

【学会報告】

  1. 漢方が有用であったと考えられる頬部原発悪性リンパ腫の頭蓋内転移の長期生存の1 例.第24回日本東洋医学会関東甲信越支部栃木県部会、2017.8(宇都宮)

【講演】

  1. 県政出前講座「漢方について」.茨城よろこびの会、2016.5(水戸)
  2. がんと漢方~漢方に出来ること~.第25回漢方を広める会とちぎ、2016.10(宇都宮)

がんセンター

【著書・総説】

  1. 大谷幹伸:茨城がん学会報告、茨城県立病院医学雑誌 32:25-26, 2016
  2. 大谷 幹伸:第28回茨城泌尿器疾患ケア研究会報告、茨城県立病院学雑誌 33:19-22, 2017

予防医療センター 

【学会発表】

  1. 当ドックでの睡眠時無呼吸症候群に対するマランパチ分類、病院装着・在宅記録PSG検査の利用.第57回日本人間ドック学会学術集会、2016.7(松本)

透析センター

【学会発表】

  1. 小林弘明、他.県立病院での8時間深夜オーバーナイト透析開設の経緯.第12回長時間透析研究会、2016.11(北九州)
  2. 森山憲明、他.長時間透析を行った根治不能悪性腫瘍を合併した透析症例2例の経過.第12回長時間透析研究会、2016.11(北九州)
  3. 小林弘明、他.下肢3分枝動脈の石灰化の程度を予測できる検査はあるか?第12回長時間透析研究会、2016.11(北九州)
  4. 小林弘明、他.標準透析者・長時間透析者のFGF23とKlotho蛋白について(第2報)、2年間の短期予後.第12 回長時間透析研究会、2016.11(北九州)
  5. 小林弘明、他.長時間透析移行前の標準透析期間・腹膜透析の有無による腹部大動脈下部の石灰化指数の検討、第61回日本透析医学会・学術集会、2016. 6(大阪)
  6. 森山憲明、他.充分な蛋白摂取・長時間透析・ASV (adaptiveservo-ventilation) をおこなうも効果なく、EMSによる心臓リハビリテーションが効果を表した2次性心筋症の一例.第7回腎臓リハビリテーション学会学術集会、2017.2(つくば)
  7. 堀越亮子、他.内シャントエコーによるシャント狭窄の診断について(橈側AVFでの尺骨動脈血流の意義). 第22回VAIVT研究会、2017.3(東京)

【講演】

  1. 小林弘明.施設オーバーナイト長時間透析.第12回長時間透析研究会、2016.11(北九州)
  2. 小林弘明.長時間透析について(効果と予後改善について)第49回十勝透析研究会、2016.10(北海道)

化学療法センター

【著書・総説】

医師

  1. 小島寛. 二次性貧血. 臨床医マニュアル第5版(臨床医マニュアル編集委員会 編)医歯薬出版株式会社、p1533-1536,2016

【論文】

  1. Fukushima M, Okoshi Y, Fukazawa K, Koshino M, Ishiguro S, Mitsuhashi S, Saitoh H, Iijima T, Kojima H, Hori M. A case of lymphoplasmacytic lymphoma presenting diarrhea and joint pain, successfully diagnosed by MYD88 mutation analysis. Intern Med 56:847-851,2017.
  2. Sugaya A, Ishiguro S, Mitsuhashi S, Abe M, Hashimoto I, Kaburagi T, Kojima H. Interstitial lung disease associated with trastuzumab monotherapy: A report of 3 cases. Mol Clin Oncol (6):229-232,2016
  3. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸、小島寛. 皮膚転移をきたした多発性骨髄腫. 皮膚臨床 58:1515-1518,2016
  4. Kanaya M, Shibuya K, Hirochika R, Kanemoto M, Ohashi K, Okada M, Wagatsuma, Cho Y, Kojima H, Teshima T, Imamura M, Sakamaki H, Shibuya A. Soluble DNAM-1, as a predictive biomarker for acute graft-versus-host disease. PLoS One 11(6):e0154173, 2016
  5. Iguchi-Manaka A, Okumura G, Kojima H, Cho Y, Hirochika R, Bando H, Sato T, Yoshikawa H, Hara H, Shibuya A, Shibuya K. Increased soluble CD155 in the serum of cancer patients. PLoS One 11(4):e0152982, 2016
  6. Yamamoto M, Ohashi K, Kakihana K, Nakamura Y, Komeno T, Kojima H, Morita S, Sakamaki H. A multicenter clinical study to determine the feasible initial dose of lenalidomide for maintenance therapy in patients with multiple myeloma following autologous peripheral blood stem cell transplantation. Mol Clin Oncology 4:965-970, 2016

【学会発表】

  1. Cho Y, Inada K, Okoshi Y, Hori M, Kojima H. Comprehensive analysis of serum cytokines/chemokines in myeloma patients for pursuing the abnormality in microenvironment and predicting the prognosis. 58th annual meeting of the American Society of Hematology, 2016.
  2. Hori M, Okoshi Y, Fujio T, Kojima H, Iha H, Ikebe E. Modulated mRNA expression profiles of a MM cell after a long-term exposure to lenalidomide. 第78回日本血液学会学術集会, 2016.
  3. Kudo D, Komeno T, Ohashi K, Nakamura Y, Shinagawa A, Suyama T, Yoshida C, Kobayashi T, Wakimoto N, Hori M, Okoshi Y, Kumagai T, Kato A, Toyota S, Yamamoto K, Yamamoto M, Kawai N, Ohwada A, Miki T, Sakamaki H, Kojima H. Efficacy and safety of CBD induction for ASCTeligible NDMM -A phase 2 multicenter trial- 第78 回日本血液学会学術集会, 2016.
  4. 石黒愼吾, 藤澤文絵, 堀光雄, 小島寛. 骨髄所見の変化でpaclitaxel による治療継続を決定し著効した乳癌術後再発骨髄癌腫症の一例. 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2016.
  5. 菅谷明徳, 石黒愼吾, 三橋彰一, 小島寛. トラスツズマブ関連間質性肺炎の3 例. 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2016.
  6. 張愉紀子, 稲田勝重, 越野繭子, 大越靖, 堀光雄, 小島寛. 多発性骨髄腫患者の血清中サイトカイン・ケモカインの網羅的測定に基づく病態・予後解析. 第41回日本骨髄腫学会学術集会, 2016.

薬剤師

【論文】

  1. Ohgami M, Kaburagi T, Kurosawa A, Homma M. Drug interaction between erlotinib and phenytoin for brain metastases in a patient with nonsmall cell lung cancer. Lung Cancer 101:9-10,2016
  2. Ohgami M, Homma M, Suzuki Y, Naito K, Yamada M, Mitsuhashi S, Fujisawa F, Kojima H, Kaburagi T, Uchiumi K, Yamada Y, Bando H, Hara H, Takei K. A Simple High-Performance Liquid Chromatography for Determining Lapatinib and Erlotinib in Human Plasma. Ther Drug Monit 38(6):657-662,2016

【学会発表】

  1. 大神正宏、坂東裕子、石黒洋、鳥口尚子、津田萌、戸井雅和、増田慎三、武井敬司、本間真人.ラパチニブの血中濃度に及ぼす服用タイミングとタモキシフェン併用の影響.第33回日本TDM学会・学術大会、2016
  2. 大神正宏、内藤加奈子、井坂邦彦、山下真以、山田幹子、小泉和美、鈴木一衛、小島寛、黒澤豊彦.イリノテカン投与患者におけるMATを用いた悪心・嘔吐調査.第26回日本医療薬学会年会、2016
  3. 鈴木一衛、大神正宏、山内敦、辻本一平、島居徹、大谷幹伸、黒澤豊彦.前立腺癌患者におけるG-CSFの使用状況調査.第26回日本医療薬学会年会、2016
  4. 大神正宏、黒澤豊彦.当院における薬剤科外来の取り組み.第55回全国自治体病院学会、2016
  5. 大神正宏、坂東裕子、石黒洋、鳥口尚子、津田萌、戸井雅和、増田慎三、三橋彰一、黒澤豊彦、本間真人.ラパチニブの血中濃度に及ぼす服用タイミングとタモキシフェン併用の影響(第2報).第37回日本臨床薬理学会学術総会、2016
  6. 大神正宏、鷲津寿弥、藤枝真司、黒澤豊彦.化学療法センターにおける薬剤師の取り組み.第6回膵がん教室ワークショップ、2016
  7. 小島健一、大神正宏、深澤亜季子、立原茂樹、駒田邦彦、山下真以、鈴木一衛、岩上智美、石川洋輔、黒澤豊彦.抗がん剤調製に使用する閉鎖式接続器具の比較検討.第26回茨城がん学会、2017
  8. 山下真以、大神正宏、駒田邦彦、深澤亜季子、小島健一、立原茂樹、鈴木一衛、岩上智美、石川洋輔、黒澤豊彦.経口抗がん薬適正使用のための臨床検査値活用に係る調査.日本臨床腫瘍薬学会学術大会、2017
  9. 岩上智美、大神正宏、立原茂樹、黒澤豊彦.イリノテカン投与中の腓腹筋痙攣に芍薬甘草湯が有効であった一例.日本臨床腫瘍薬学会学術大会、2017

看護師

【学会発表】

  1. 木村直美、高田清子. 化学療法センターにおける抗がん剤による静脈炎と血管外漏出の発生状況. 第26回茨城がん学会、2017.
  2. 大島美奈子、中田公美、菊地千春. 化学療法センターにおける褥瘡発生要因の検討. 第26回茨城がん学会、2017.

放射線治療センター

【論文】

  1. Ohba A, Kato K, Ito Y, Katada C, Ishiyama H, Yamamoto S, Ura T, Kodaira T, Kudo S, Tamaki Y. Chemoradiation therapy with docetaxel in elderly patients with stage II/III esophageal cancer: A phase 2 trial. Advances in Radiation Oncology 1(4):230-236, 2016
  2. 江原威、安謙、川原正寬、尾島仁、玉木義雄:頸部食道癌に対する同時化学放射線療法、臨床放射線 61(8):1013-1017, 2016

【学会発表】 

  1. 玉木義雄、大野豊然貴、三浦航星、海老根聖子、中庭理、赤川恵一郎、飯田修一、青木誠.茨城県立中央病院における非密封線源治療の現状.第12 回茨城放射線腫瘍研究、2016.10(ひたちなか)
  2. 清水誠、加藤美穂、生駒英明、相澤健太郎、青木誠、河島通久、宮本恵一、新田和範、玉木義雄、大野豊然貴.外部放射線治療における呼吸性移動の検討.第55 回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  3. 青木誠、三島昇、手塚若菜、片田正一、玉木義雄.職員の放射線被ばく軽減のための取り組み.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  4. 玉木義雄、大野豊然貴、関野雄太、奥村敏之、櫻井英幸.菌状息肉腫症に対する全身皮膚電子線治療-Stanford法による治療成績-.第54回日本癌治療学会学術集会、2016.10(横浜)
  5. 安藤謙、川原正寛、玉木義雄、木暮圭子、伊吹友二、中村和人、鹿沼達哉、江原威.子宮頸癌に対する放射線治療成績とその予後因子.第54回日本癌治療学会学術集会、2016.10(横浜)
  6. 大野豊然貴、玉木義雄、関野雄太、新田和範、青木誠、清水誠、加藤美穂、海老根聖子、櫻井英幸.子宮頸癌術後強度変調得放射線治療の初期経験.日本放射線腫瘍学会第29回学術大会、2016.11(京都)
  7. 関野雄太、玉木義雄、大野豊然貴、新田和範、清水誠、海老根聖子、青木誠、櫻井英幸.当院における子宮頸癌に対する画像誘導小線源治療における治療効果と有害事象.日本放射線腫瘍学会第29回学術大会、2016.11(京都)
  8. 安藤謙、川原正寬、玉木義雄、木暮圭子、伊吹友二、中村和人、鹿沼達哉、江原威.子宮頸癌放射線治療成績とその予後因子.日本放射線腫瘍学会第29回学術大会、2016.11(京都)
  9. 玉木義雄、大野豊然貴、関野雄太、新田和範、青木誠、清水誠、加藤美穂、海老根聖子、林靖孝、櫻井英幸.局所進行副鼻腔癌に対する強度変調放射線治療-6例の短期治療成績-. 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会、2016.11(京都)
  10. 海老根聖子、大野豊然貴、関野雄太、新田和範、清水誠、加藤美穂、宍倉優子、永堀美幸、玉木義雄.乳がん放射線治療における看護介入のタイミングに写真を用いた評価.日本放射線腫瘍学会第29回学術大会、2016.11(京都)
  11. 江原威、安藤謙、川原正寬、尾島仁、玉木義雄.表在食道癌(T1N0M0)に対する放射線治療.日本放射線腫瘍学会第29回学術大会、2016.11(京都)
  12. 玉木義雄、大野豊然貴、関野雄太、清嶋護之、鈴木久史、鏑木孝之、林靖孝、奥村敏之、石川仁、大西かよ子、櫻井英幸.非小細胞肺癌術後リンパ節再発に対する放射線治療の意義.第57回日本肺癌学会学術集会、2016.12(福岡)
  13. 生駒英明.知っておきたい放射線物理(医学物理士の視点から).日本放射線技術学会第63 回関東支部研究発表大会、2017.1(宇都宮)
  14. 玉木義雄.放射線治療の動向と茨城県内の現状.第10 回Quantum Medicine 研究会、2017.2(水戸)
  15. 清水誠.外部放射線治療における呼吸停止・呼吸同期の検討.第9 回茨城県診療放射線技師会放射線治療技術研究会、2017.2(つくば)
  16. 玉木義雄、大野豊然貴、三浦航星、高橋邦明、上前泊功、境修平、海老根聖子、中庭理、赤川恵一郎、飯田修一、青木誠、大畠高子.甲状腺癌術後の甲状腺アブレーション-導入までの取り組みと初期経験.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  17. 清水誠、加藤美穂、生駒英明、相澤健太郎、青木誠、河島通久、宮本恵一、新田和範、玉木義雄、大野豊然貴.外部放射線治療における呼吸性移動の検討.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  18. 青木誠、宮本恵一、河島通久、生駒英明、清水誠、相澤健太郎、加藤美穂、新田和範、玉木義雄、大野豊然貴、海老根聖子、宍倉優子、畑岡恵美子、永堀美幸、上野真樹.新しい放射線治療センター開設の進捗について.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  19. 生駒英明、河島通久、青木誠、清水誠、相澤健太郎、加藤美穂、新田和範.放射線治療における熱可塑性ボーラスの特性と臨床導入について.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)

【講義、講習会】

  1. 玉木義雄.放射線療法.茨城県立中央看護学校2年課程2016.5.(笠間)
  2. 玉木義雄.放射線の生物作用.平成28年度放射線安全管理講習会、2016.6(笠間)
  3. 玉木義雄.放射線療法、茨城県立中央看護学校3年課程、2016.8(笠間)
  4. 玉木義雄.先端放射線治療学特論.茨城県立医療大学大学院、2016.7(阿見)
  5. 玉木義雄.放射線と放射能の基礎知識.平成28年度原子力防災基礎研修、2016.10(水戸)
  6. 玉木義雄.骨転移の臨床と放射線治療.院内勉強会、2016.11(笠間)
  7. 清水誠.放射線治療におけるリスク論.茨城県立医療大学、2016.7(阿見)
  8. 清水誠.放射線治療におけるペイシェントケア.茨城県立医療大学、2016.7(阿見)
  9. 青木誠.医療安全管理.自衛隊中央病院診療放射線技師養成所、2017.3(東京)
  10. 海老根聖子.放射線療法看護.茨城県立中央看護学校3年課程、2016.6(笠間)
  11. 海老根聖子.乳がん患者の放射線治療に伴う有害事象(皮膚炎)に対する客観的評価方法の基礎的研究.平成27年度臨床研究報告会、2016.4(笠間)
  12. 海老根聖子.放射線治療の皮膚炎に対する看護を学ぼう!放射線治療における有害事象対策①.平成28年度第4回認定看護師企画Let’s Study、2016.7(笠間)
  13. 海老根聖子.当院における入院でSr-89治療を受ける時のスタッフの準備-6西病棟の事例を通して-.院内勉強会、2016.11(笠間)
  14. 海老根聖子.子宮頸癌・体癌の化学放射線療法-有害事象の腸粘膜炎について-.4西病棟学習会、2017.1(笠間)
  15. 海老根聖子.頭頚部の現在行われている放射線療法.6西病棟学習会、2016.5(笠間)
  16. 海老根聖子.頭頚部領域の放射線療法の看護(同時化学療法等)、6西病棟学習会、2016.6(笠間)
  17. 海老根聖子.骨転移について~メタストロン治療と看護(入院時含め).6西病棟学習会、2016.9(笠間)

栄養サポート室

【講演】

  1. 立原文代.パネルディスカッション「医療・福祉施設での嚥下対象者に対しての取り組み」.平成28年度茨城栄養学術講習会、2016.11(水戸)

栄養管理科

【講演】

  1. 小澤敦子.糖尿病の合併症予防~食事療法から.平成28 年度水戸保健所管内食生活改善推進協議会研修会、2016.6(水戸)
  2. 小澤敦子.がんと食事.平成28 年度がん予防推進員養成講習会、2017.1(水戸)
  3. 小澤敦子.食事の工夫で夏バテ予防.がん患者サロン「友部やまびこ」、2016.8(笠間)

臨床検査技術科

【学会発表】

  1. 内田好明、阿部香織、新発田雅晴、吉澤一恵、古村祐紀、安田真大、小井戸綾子、井村穣二、斉藤仁昭、飯嶋達生.膵腫瘤における良悪性判別の精度向上を目指して-s-100P濃度測定を用いて-.第57回日本臨床細胞学会総会春期大会 第19回国際細胞学会議.2016.5(横浜)
  2. 小林恵里奈、内田好明、阿部香織、高野奈々絵.The examination for outpatients of the formula(Tanaka-formula) The examination of the formula that uses the sodium and creatinine concentrations in spot urine specimens to estimate salt intake. The32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science.2016.8(神戸)
  3. 小井戸綾子.症例・教育講演「甲状腺」. 第30回関東臨床細胞学会学術集会.2016.9(山梨)
  4. 坂本京、鈴木洋志、今井恵美子、江橋正浩.外部施設と連携した乳腺超音波検査習得の実績.第55回全国自治体病院学会.2016.10(富山)
  5. 内田好明、井村穣二、阿部香織、斉藤仁昭、飯嶋達生.子宮頸部多段階発癌におけるTight junction 構成蛋白発現の意義.第26回茨城がん学会.2017.2(水戸)
  6. 小井戸綾子、阿部香織、堀野史織、古村祐紀、安田真大、内田好明、竹田瑛、斉藤仁昭、飯嶋達生.当院におけるRapid on site evaluation(ROSE) 導入によるがん診療への貢献.第26 回茨城がん学会.2017.2(水戸)
  7. 阿部香織、小井戸綾子、堀野史織、古村祐紀、安田真大、内田好明、竹田瑛、斉藤仁昭、飯嶋達生.呼吸器領域材料を用いた液状化細胞診(LBC)の応用と新たな細胞保存に向けて.第26回茨城がん学会.2017.2(水戸)
  8. 長須健悟、津久井明子、今井恵美子.当院遺伝子検査室の現状.第26 回茨城がん学会.2017.2(水戸)

【講演】

  1. 内田好明.消化器標本実習講師.公益財団法人がん研有明病院付設細胞診士養成所.2016.8(東京)

放射線技術科

【シンポジウム】

  1. 鈴木あゆみ、「頭部領域における解剖から治療まで」2)血管解剖、第1回茨城Angio 研究会、2016.9(つくば)
  2. 髙坂倫江、頭部領域における画像診断.茨城県央救急撮影研究会、2016.11(水戸)
  3. 生駒英明.「知っておきたい放射線物理」(医学物理士の視点から).日本放射線技術学会関東支部研究発表大会シンポジウム、2017.1(宇都宮)

【学会発表】

  1. 清水誠、加藤美穂、生駒英明、相澤健太郎、青木誠、河島通久、宮本恵一、新田和範 玉木義雄、大野豊然貴.外部放射線治療における呼吸性移動の検討.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  2. 青木誠、三島昇、手塚若菜、片田正一、玉木義雄.職員の放射線被ばく低減のための取り組み.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  3. 木村友亮、山田公治、鈴木あゆみ、笹沼直人.CTにおける低管電圧撮影時の線量プロファイル.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  4. 飛田将司.乳腺MRIの画質安定化について.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  5. 佐藤慧一、山田公治、諏佐康太.診療放射線技師による補助読影の取り組み.第6回読影アシスタント研究会.2016.11(つくば)
  6. 木村友亮、山田公治、鈴木あゆみ、笹沼直人.CTにおける低管電圧撮影時の線量プロファイル.北関東GEユーザ会、2016.11(埼玉)
  7. 清水誠.外部放射線治療における呼吸停止・呼吸同期の検討.第9回茨城県診療放射線技師会放射線治療技術研究会、2017.2(つくば)
  8. 生駒英明、河島通久、青木誠、清水誠、相澤健太郎、加藤美穂、新田和範.放射線治療における熱可塑性ボーラスの特性と床導入について.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  9. 清水誠、加藤美穂、生駒英明、相澤健太郎、青木誠、河島通久、宮本恵一、新田和範 玉木義雄、大野豊然貴.外部放射線療における呼吸性移動の検討.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  10. 青木誠、宮本恵一、河島通久、生駒英明、清水誠、相澤健太郎、加藤美穂、新田和範、玉木義雄、大野豊然貴、海老根聖子、宍倉優子、畑岡恵美、永堀美幸、上野真樹.新しい放射線治療センター開設の進捗について.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  11. 小林香奈、山田公治、髙坂倫江、鈴木あゆみ.喀血における画像支援について.第20回常陸水戸画像診断研究会、2017.2(水戸)

【講義】

  1. 清水誠、放射線治療におけるリスク論.茨城県立医療大学、2016.7(阿見)
  2. 清水誠、放射線治療におけるペイシェントケア論.茨城県立医療大学、2016.7(阿見)
  3. 山田公治、CTの基礎.茨城県立医療大学、2017.2(阿見)
  4. 青木誠、医療安全管理.自衛隊中央病院診療放射線技師養成所、2017.3(東京)

臨床工学技術科

【学会発表】

  1. 前澤利光.長時間透析による腹部大動脈下部石灰化の改善はABI・PWVの改善に繋がるか.第43回血液浄化技術学会学術総会.2016.4(岡山)
  2. 戸田晃央.当院におけるHHD普及の為の4 要因.第43回血液浄化技術学会学術総会.2016.4(岡山)
  3. 前澤利光.標準透析患者を含む、長時間透析患者の無酢酸透析液使用下でのQTcの検討.第26回日本臨床工学会.2016.5(京都)
  4. 戸田晃央.HHD における透析ゴミの対応について.第26回日本臨床工学会.2016.5(京都)
  5. 吉田容子.ダヴィンチ手術におけるCE の関わり.第5回県央県北ロボット手術研究会.2016.6(水戸)
  6. 高橋祐也.日機装社製BV 計と臨床上の血液濃縮について」.第61回日本透析医学会学術集会・総会.2016.6(大阪)
  7. 星野大吾.長時間透析における高齢者の栄養状態の検討」.第61回日本透析医学会 学術集会・総会.2016.6(大阪)
  8. 前澤利光.長時間血液透析としっかりとしたリンコントロールで糖尿病合併症透析患者でも血管石灰化は進行しない」.第61回日本透析医学会学術集会・総会.2016.6(大阪)
  9. 田口梨翔.「MIA症候群の有無とInBody測定」.第61回日本透析医学会学術集会・総会.2016.6(大阪)
  10. 海老根麻理.左心房アブレーションにおける通電中のインピーダンス・ドロップとコンタクトフォースの関連.第63回日本不整脈心電学会学術大会.2016.7(札幌)
  11. 上原克子.ペースメーカ植え込み後に生じる一過性心房ペーシング閾値の上昇.第63回日本不整脈心電学会学術大会.2016.7(札幌)
  12. 戸田晃央.在宅血液透析(HHD)Training から導入後Support 体制の取組みと課題.第55回全国自治体病院学会.2016.10(富山)
  13. 戸田晃央.当院における在宅血液透析(HHD)ゴミ処理対策.第55回全国自治体病院学会.2016.10(富山)
  14. 戸田晃央.水質の問題によりトラブルが頻発した地域についての検討.第19回日本在宅血液透析研究会.2016.10(広島)
  15. 前澤利光.長時間透析患者の無酢酸透析液使用下でのQTcの検討.第12回長時間透析研究会.2016.11(福岡)
  16. 前澤利光.二次性甲状腺亢進症合併した透析が長時間透析で石灰化が抑えられた一症例.第12回長時間透析研究会.2016.11(福岡)
  17. 鈴木湧登.長時間透析における皮膚灌流圧(SPP)の変化について.第12回長時間透析研究会.2016.11(福岡)
  18. 菊地広大.プラズマリフィリングから見たBV計と血液濃縮率の比較.第12回長時間透析研究会.2016.11(福岡)

リハビリテーション技術科

【学会発表】

  1. 石井伸尚、末竹真将、奥野裕佳子、武島令子、飯塚眞喜人、冨田和秀.胸腹部運動のフィードバックを用いた横隔膜呼吸における呼吸筋酸素消費量の影響.第94回日本生理学会大会、2017. 3(浜松)

薬剤局

【論文】

  1. Ohgami M. Drug interaction between erlotinib and phenytoin for brain metastases in a patient with nonsmall cell lung cancer.Lung Cancer 101:9-10,2016
  2. Ohgami M. A Simple High-Performance Liquid Chromatography for Determining Lapatinib and Erlotinib in Human Plasma.Ther Drug Monit 38(6):657-662,2016

【学会発表】

  1. 大神正宏.ラパチニブの血中濃度に及ぼす服用タイミングとタモキシフェン併用の影響.第33回日本TDM学会・学術大会、2016.5(宇都宮)
  2. 青山一紀.平成28年度熊本地震における薬剤師活動.日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会、2016.8(千葉)
  3. 大神正宏.イリノテカン投与患者におけるMATを用いた悪心・嘔吐調査.第26回日本医療薬学会年会、2016.9(京都)
  4. 鈴木一衛.前立腺癌患者におけるG-CSFの使用状況調査.第26回日本医療薬学会年会、2016.9(京都)
  5. 大神正宏.当院における薬剤科外来の取り組み.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  6. 青山一紀.インスリングラルギンの後続品への切替えについて.第27回茨城県薬剤師学術大会、2016.11(つくば)
  7. 小泉和美.適正な簡易懸濁法実施に向けた取組み.第27回茨城県薬剤師学術大会、2016.11(つくば)
  8. 大神正宏.ラパチニブの血中濃度に及ぼす服用タイミングとタモキシフェン併用の影響(第2報).第37回日本臨床薬理学会学術総会、2016.12(米子)
  9. 大神正宏.化学療法センターにおける薬剤師の取り組み.第6回膵がん教室ワークショップ2016、2016.12(広島)
  10. 鷲津寿弥.膵がん・胆道がん患者におけるオピオイド使用状況.第6回膵がん教室ワークショップ2016、2016.12(広島)
  11. 小島健一.抗がん剤調整に使用する閉鎖式接続器具の比較検討.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  12. 山下真以.経口抗がん薬適正使用のための臨床検査値活用に係る調査.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017、2017.3(新潟)
  13. 岩上智美.イリノテカン投与中の腓腹筋痙攣に芍薬甘草湯が有効であった一例.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017、2017.3(新潟)

【講演】

  1. 大神正宏.胃癌におけるがん化学療法薬の話題と服薬指導.県央エリア薬剤師勉強会、2016.4(水戸)
  2. 大神正宏.肺癌治療における医療連携の現状~薬剤師の立場から.BLCCINHITACHI、2016.6(日立)
  3. 大神正宏.肺癌治療における医療連携の現状~薬剤師の立場から.多職種医療連携講演会、2016.9(清瀬)

看護局

【著書】

  1. 坂下聖子:がん終末期患者の退院支援~適切な介入で患者の自宅退院を実現させる.消化器最新看護、21(3);75-80,2016
  2. 萩野悦子,内ヶ島伸也,井出訓,上野澄恵,他:生活機能からみた老年看護過程+病態・生活機能関連図.第2編,第1部【褥瘡】(山田律子編)医学書院、p251-255,2016

【論文】

  1. 鯉沼とも子、坂本聖子、前田睦美、大貫邦枝、角田直枝:茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター病院における「苦痛のスクリーニング」のがん患者と非がん患者との比較、茨城県立中央病院医学雑誌、33(1);15-17,2017
  2. 角智美、角田直枝、森千鶴:臨床看護師の看護研究に対する自己効力感とその関連要因、茨城県立病院医学雑誌33(1);7-13,2017
  3. 助川千絵、富田彩、池田愛、千田綾子、角田直枝:緩和ケア病棟の看護師が行うがん患者の看取りの時期の判断、第47回日本看護学会論文集慢性期看護;31-34,2017
  4. 渡辺めぐみ:注意機能とメンタルヘルス、小特集「基礎心理学と臨床心理学の架け橋」、心理学ワールド 76;23-24,2017

【学会発表】

  1. 軍地ちはる、磯佳美、堤まゆみ、小林弘明、堀越亮子.血清リン値の高い患者への食事や生活指導のアプローチを振り返る.第61回日本透析医学会学術集会・総会、2016.6(大阪)
  2. 柏彩織、佐藤由花.看護師の緩和ケアに関する意識調査.第21回日本緩和医療学会学術大会、2016.6(京都)
  3. 鈴木真由美.地域の訪問看護師との学習会を開催して.第25回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会、2016.6(石川)
  4. 角智美、森千鶴.臨床看護師の倫理的問題に対する意識とその関連因子.第42回日本看護研究学会学術集会、2016.8(つくば)
  5. 半田育子.中間看護管理者の部下へのキャリア支援行動に影響を及ぼす要因の検討.第42回日本看護研究学会、2016.08(つくば)
  6. 関根千恵子、小沼華子、金澤悦子、星拓男.A病院ICUの離床開始基準・中止基準作成まで~統一した評価方法の導入への活動~.第25回日本集中治療医学会関東甲信越地方会、2016.8(板橋)
  7. 渡辺めぐみ、中村君子.緩和ケア病棟で働く心理士の活動の実際.日本心理臨床学会第35回秋季大会、2016.9(横浜)
  8. 加倉井真紀、菊池由紀子.交流集会いまさら聞けない摂食嚥下障害看護のポイント~認定看護師に聞いてみよう~.第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会、2016.9(新潟)
  9. 長谷川里紗.救急外来看護記録の電子カルテ導入の取り組みについて.第40回茨城救急医学会、2018.9(つくば)
  10. 中澤幸裕.救急外来での事故防止の取り組み.第40回茨城救急医学会、2018.9(つくば)
  11. 阿久津みち.救急外来における大型連休へ向けた支援体制への取り組み.第40回茨城救急医学会、2018.9(つくば)
  12. 堤まゆみ、池田美智子.総合病院の一般外来で糖尿病看護認定看護師が果たす役割-高齢糖尿病患者家族へのかかわり振り返って-.第21回日本糖尿病教育・看護学会学術集会、2016.9(甲府)
  13. 鈴木真由美.下腿難治性潰瘍のケア相談を受けて~訪問看護同行指導の効果と課題~、2016.9(神奈川)
  14. 坂下聖子、前田睦美、鯉沼とも子、角田直枝.総合病院における苦痛スクリーニング実施について.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  15. 宮木佑果.新人救急外来看護師における臨床推論の実際.第18回日本救急看護学会、2016.10.(幕張)
  16. 加藤美樹.院内救急コ-ルの事例分析と今後の課題.第18回日本救急看護学会、2016.10(幕張)
  17. 柳橋真紀、滑川静、鈴木知絵.危険予知トレーニング(KYT)導入によるインシデント発生の変化.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  18. 金澤悦子、海藤佐代子、角田直枝.急性期病院から特別養護老人ホ-ムへの認定看護師派遣の取り組みと課題.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  19. 合原幸子、江連道子.患者とご家族の意見交流会に参加した在宅血液透析家族の思いを振り返る.第19回在宅透析研究会、2016.10(広島)
  20. 宮内紀子、原田靖子、三島昇、秋島信二、鏑木孝之.当院における医療事故調査制度への取り組み.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  21. 庄司紀子、高橋千恵子、野村美奈、鈴木哉絵、鬼澤璃、角田直枝、森永和男.日帰り全身麻酔下歯科診療時の記録に関する取り組みと課題-手術室看護師と歯科衛生士のクリニカルパス形式の記録の活用-.第55回全国自治体病院学会、2017.10(富山)
  22. 中田公美、アボットみのり、江村正博、山内敦、島居徹、大谷幹伸、佐々木明、宮川尚美.排尿自立指導の導入に向けた取り組みと今後の課題.第28回茨城泌尿器疾患ケア研究会、2016.11(水戸)
  23. 廣瀬千代子、森島早智子、米倉英子.標準透析から長時間透析に移行した患者の身体的、心理的変化の調査.第12回長時間透析研究会、2016.11(北九州)
  24. 井坂裕子、大森知子、安見きぬい、中田公美、渡邊敏江、江村正博、山内敦、島居徹、大谷幹伸.排尿自立指導料加算に関わる病棟の取り組み.第28回茨城泌尿器疾患ケア研究会、2016.11(水戸)
  25. 助川千絵、富田彩、池田愛、千田綾子、角田直枝.緩和ケア病棟の看護師が行うがん患者の看取りの時期の判断.第47回日本看護学会-慢性期看護-学術集会、2016.11(鳥取)
  26. 海老根聖子、大野豊然貴、関野雄太、新田和範、清水誠、加藤美穂、青木誠、宍倉優子、永堀美幸、玉木義男.乳がん放射線治療における看護介入のタイミングに写真を用いた評価.日本放射線腫瘍学会第29回学術大会、2017.11(京都)
  27. 助川千絵、富田彩、池田愛、千田綾子、角田直枝.緩和ケア病棟の看護師が行うがん患者の看取りの時期の判断.第47回日本看護学会-慢性期看護-学術集会、2016.11(鳥取)
  28. 角智美、森千鶴.臨床看護師の倫理的感受性尺度の信頼性・妥当性の検討.第33回日本看護科学学会学術集会、2016.12(東京)
  29. 萩谷暢子、成田孔子、内藤真美、前澤利光、小林弘明.心疾患を持つ患者の長時間透析における運動効果.第7回腎臓リハビリテーション学会学術集会、2017.2(つくば)
  30. 山口悠子.透析室スタッフの手指衛生に対する意識調査-WHO手指衛生5つのタイミングに焦点を当てて-.第32回日本環境感染学会総会・学術集会、2017.2(神戸)
  31. 木村直美、高田清子.化学療法センターにおける抗がん剤による静脈炎と血管外漏出の発生状況.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  32. 大島美奈子、中田公美、菊地千春.化学療法センターにおける褥瘡発生要因の検討.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  33. 33.滑川静、金澤悦子.ICUにおける終末期患者の家族へのかかわりを考える.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  34. 佐伯香代子、渡邊敏江、鯉沼とも子.自分の望む治療を選択した患者の意思決定支援.第26回茨城がん学会、2017.2(水戸)
  35. 青木敦子.救急室における多職種連携インシデント検証会の有用性.第67回日本救急医学会関東地方会、2019.2(宇都宮)
  36. 柏彩織、高田清子、佐伯香代子、木村直美、岩谷睦実、三森真紀.EGFR阻害薬導入時の患者指導の現状.第31回日本がん看護学会学術集会、2017.2(高知)
  37. 鈴木真由美.地域でストーマケア相談を受けた経験からの学び.第34回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会、2017.2(愛知)
  38. 稲田智一、富田由美子、小沼華子、金澤悦子、星拓男.脈拍数・呼吸回数の測定方法による比較.第44回日本集中治療医学会学術集会、2017.3(札幌)

【講演】

  1. 宮川尚美.呼吸器症状(咳・痰など)のある人への感染対策.第11回茨城県感染管理認定看護師の会公開講座、2016.6(北茨城)
  2. 門脇知己.認知症の方の家族教室(認知症カフェ).笠間市地域包括支援センター、2016.6(笠間)
  3. 宮川尚美.みんなで取り組む病院感染対策.聖麗メモリアル病院院内感染対策研修会、2016.7(日立)
  4. 鈴木真由美.創傷ケアについて.株式会社リブドゥコーポレーション、2016.7(千葉)
  5. 鈴木真由美.適切な創傷ケアと予防ケアについて.株式会社リブドゥコーポレーション、2016.7(埼玉)
  6. WATANABE,M. The relationship between mental disorder and Stroop / Reverse-Stroop interference.Stroop & Reverse-Stroop interference as cognitive control: The possible underlying mechanisms and applied perspectives. ICP2016、Japan, 2016.7(Yokohama)
  7. 上野澄恵.フィジカルアセスメント.看護師カムバック支援セミナー、茨城県看護協会、2016.8(日立市)
  8. 門脇陽子.認知症看護について.平成28年度看護師カムバック支援セミナー、2016.8(神栖)
  9. 門脇知己.平成28年度看護職カムバック支援セミナー.茨城県看護協会、2016.8(日立)
  10. 門脇知己.平成28年度看護職カムバック支援セミナー.茨城県看護協会、2016.8(水戸)
  11. 宮川尚美.社会福祉施設・家庭における感染予防策.県政出前講座.ケアレジデンス水戸本館、2016.9
  12. 高田清子.がん化学療法を受ける患者が抱えるつらさや困りごと.水戸緩和ケア講演会、2016.9(水戸)
  13. 門脇知己.認知症看護講演会.日立製作所日立総合病院、2016.9(日立)
  14. 宮川尚美.感染対策.茨城県立リハビリセンタ-院内感染対策勉強会、2016.10(笠間)
  15. 門脇陽子、門脇知己.認知症患者の理解と看護.平成28年度茨城県看護協会教育研修、2016.10(水戸)
  16. 加倉井真紀.QOL向上のための「口腔ケア」シンポジウム「口腔ケア定着のため~口腔チームの取り組み」日本口腔ケア看護研究会第一回茨城地区セミナー、2016.11(水戸)
  17. 門脇陽子.認知症サポーター養成講座、2016.11(笠間)
  18. 門脇知己.連合茨城青年委員会定期総会・学習会.日本労働組合総連合会茨城県連合会、2016.11(水戸)
  19. 門脇知己.いばらき労働福祉講座.茨城県労働者福祉協議会、2016.11(鹿嶋)
  20. 渡辺めぐみ.消化吸収と自律神経、ストレスケアの実践.一般社団法人日本栄養医学食養協会、2016.11(飯田橋),2017.3(飯田橋)
  21. 門脇陽子.茨城県立中央病院における精神科リエゾンチーム体制.精神科医療機関と身体科医療機関の連協強化に関わる研修会、2016.12(水戸)
  22. 門脇知己.認知症勉強会.介護老人保健施設みがわ、2016.12(水戸)
  23. 渡辺めぐみ.生きづらさをケアするEMDR―トラウマの氾濫を防ぐ心理療法―.独立行政法人労働者健康福祉機構茨城産業保健総合支援センター産業保健セミナー、2016.12(水戸)
  24. 渡辺めぐみ.心とからだの深いい関係-栄養不足でうつになる!.茨城工業高等専門学校カウンセリング講座、2016.12(ひたちなか)
  25. 門脇知己.看護部研修会.県西総合病院、2017.1(筑西)
  26. 上野澄恵.「褥瘡対策Ⅰ」キャリア開発ラダー.県立こころの医療センター、2017.1(笠間)
  27. 宮川尚美.結核の基礎知識と予防について.水戸赤十字病院院内感染対策研修会、2017.1(水戸)
  28. 加倉井真紀.NST活動と嚥下外来について.東西茨城歯科医師会学術講演会、2017.1(水戸)
  29. 庄司紀子.手術看護ラダー別教育のポイント.第2回茨城県手術看護勉強会、2017.1(笠間)
  30. 渡辺めぐみ.心のサインに気づき、傾聴するために.2016年度常陸太田市新任民生委員向けゲートキーパー研修会、2017.1(常陸太田)
  31. 門脇陽子.認知症治療における看護ケアの重要性.第2回認知症治療を考える会in笠間.武田薬品主催研修会、2017.2(笠間)
  32. 渡辺めぐみ.身近にできる傾聴法.2016年度常陸太田市一般向けゲートキーパー研修会、2017.2(常陸太田)
  33. 門脇知己.認知症について.医療法人博仁会志村大宮病院、2017.3(常陸大宮)
  34. 門脇知己.認知症看護.恩師財団済生会常陸大宮済生会病院、2017.3(常陸大宮)

企画情報室

【学会発表】

  1. 池崎修.医学雑誌.文献複写サービス費用の削減とオンライン医学医療情報サービス導入の取組み.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)
  2. 中山純子. 医学医療情報提供機能の充実とオンラインサービス利用促進の取組み.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)

【講演】

  1. 酒主剛. 脳外科領域のICD/DPCコーディング.第47回新潟県診療情報管理研究会、2016.11(長岡)

医療安全管理対策委員会

【学会発表】

  1. 当院における医療事故調査制度の取り組み.第55回全国自治体病院学会、2016.10(富山)

禁煙推進委員会

【講演】

  1. 天貝賢二. 母子の健康科学 母子の生活環境(喫煙). 茨城県立中央看護専門学校助産学科特別講義、2016.4(笠間)
  2. 天貝賢二. 見ざる、聞かざる、吸わざる~タバコの何が悪いのか~. 桜川市立岩瀬西中学校喫煙防止教室講演会、2016.5(桜川)
  3.  天貝賢二. 特定健診・保険指導における禁煙支援. 平成28年度東京都保健者協議会特定保健指導プログラム研修会、2016.6(東京)
  4. 天貝賢二. 中学生から考えるがん予防. 笠間市立友部中学校がん予防教育講演会、2016.7(笠間)
  5. 天貝賢二. タバコによる健康被害と禁煙支援. 平成28年度タバコ対策に関する地域研修会、2016.8(土浦)
  6. 天貝賢二. 逃げる、変える、騙されない~タバコの害から身を守る~. 茨城県立那珂湊高等学校禁煙教育講話、2016.9(ひたちなか)
  7. 天貝賢二. タバコに関する保健指導. 平成28年度女子栄養大学大学院 実践栄養学専門演習《特定保健指導論》、2016.10(坂戸)
  8. 天貝賢二. 逃げる、変える、騙されない~タバコの害から身を守る~. 茨城県立坂東総合高等学校薬物乱用防止教室、2016.11(坂東)
  9. 天貝賢二. 喫煙の害~禁煙のメリットとその方~. (株)ツルオカ安全衛生講習会、2017.1(結城)
  10. 天貝賢二. 吸う人も吸わない人も健康な世の中へ~受動喫煙のリスクとその回避~. 平成28年度県民健康づくり表彰式特別講演、2017.2(水戸)
▲戻る