トップページ >  診療科 >  腎臓内科 (Nephrology)

診療科

専門センター等

部門・活動

腎臓内科 (Nephrology)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長、透析センター長

臨床栄養部長
小林 弘明 (こばやし ひろあき)

○血液透析
○透析関連合併症
○ブラッドアクセス治療
日本内科学会 認定医 
日本循環器学会 専門医
日本透析医学会 専門医
ブラッドアクセス研究会
長時間透析研究会
厚生認定健康測定医

部長(腎炎担当)
日野 雅予 (ひの まさよ)

○腎臓内科
○透析療法

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医
日本腎臓学会 専門医

日本透析医学会 専門医

部長(透析担当)
堀越 亮子 (ほりこし りょうこ)

○腎臓内科
○透析療法

○ブラッドアクセス治療

日本内科学会 総合内科専門医

日本腎臓学会 専門医
日本透析医学会 専門医
 

医員

塩入 瑛梨子 (しおいり えりこ)

○腎臓内科

日本内科学会 総合内科専門医

日本腎臓学会

日本救急医学会

日本透析医学会

特任医長

筑波大学地域臨床教育

センター講師

臼井 俊明 (うすい としあき)

○腎臓内科

○透析療法

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医

日本腎臓学会 専門医

日本透析医学会 専門医

日本糖尿病学会

医員(専攻医)

秋山 稜介 (あきやま りょうすけ)

○腎臓内科  

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

診療科の特色

腎臓内科は蛋白尿・血尿から慢性腎不全に至り,透析療法まで,その時期に応じた精査,治療を行います。慢性腎臓病から透析や移植を必要とする患者数が,日本だけでなく世界的に増えています。透析患者数はここ20年で10万人から30万人と3倍以上に増えています。また、慢性腎臓疾患者は400から600万人程度と推定されており、透析が必要となる前に,できるだけ早めの治療により透析を回避できるよう,地域の中核病院として,診療をしていきたいと考えております。近隣に腎臓専門医が少ないこともあり,一手に患者さまを引き受ける事は困難なため,院内関連各科ならびに近隣施設との継続的な共同診療体制の構築に取り組んでいきたいと思います。

対象疾患

糸球体腎炎,間質性腎炎,ネフローゼ症候群,腎機能障害,電解質異常,急性腎不全,慢性腎不全,多発性のう胞腎など

治療方法

ステロイドを主体とした免疫抑制療法,IgA腎症に対して扁桃腺摘出術およびステロイドパルス療法,血液透析療法,血漿交換などの特殊透析療法,腹水再還流法,腎不全食等の栄養指導など

平成29年度の実績

 業務に関しては早期腎障害から末期腎不全まで、腎機能に応じた入院・外来診療を行っています。主な疾患としては、慢性糸球体腎炎などを背景とした慢性腎臓病、高血圧・糖尿病など全身疾患を背景とした慢性腎臓病、ネフローゼ症候群、水・電解質異常、急速進行性糸球体腎炎、多発性嚢胞腎などです。また、透析導入・透析合併症に伴う入院診療も行っております。

 腎臓新患外来は火・水曜日に、腎臓内科外来診療は月・水・木曜日に開設しています。このほか内科新患外来のうち、火・金曜日の担当に当科医師もあたっています。初診の多くは健康診断異常、近隣医療機関からの紹介ですが、近年CKD(慢性腎臓胃病)の概念の普及とともにご自身の意思で受診される方も増加しています。ご紹介の際には、地域医療連携室を通してください。あわせてできるだけ長い期間の採血・採尿データ、薬歴を添付していただけたらと思います。腎機能悪化の原因を考える上ではこれらが必要になります。増加傾向にある新規患者様の診察業務を滞りなく行うためにも、進行が慢性的かつ緩徐な場合、大半は近隣医療機関との併診をお願いし当科には3-12ヵ月ごとに通院していただいています。紹介元もしくは紹介先医療機関の先生方と連絡をとり日頃の診療・処方はそちらにお願いし、当院では栄養士による食事療法、検査、新たな処方の提案などをしています。

 糸球体腎炎、腎機能障害の急速な進行を認める場合や、原因不明の腎疾患などには腎生検を行い、治療法を検討しています。

 当院では透析センターで血液透析療法を行っており、透析センターと緊密な連携のもとに腎機能に応じた外来診療、食事指導、透析導入前の準備、導入時の教育、導入後の近隣血液透析医療機関へのご紹介も行っています。

入院は合計228名、平均入院日数は19.6日(他科入院日数も含む)でした。入院患者の年代別割合では昨年と同様、70歳台、60歳台、80歳台、50歳台、40歳台の順でした(図2)。

 

 

入院患者228名のうち、透析患者(導入を含む)の

割合は43%で、50歳台では透析患者が過半数でした(図3、4)。

透析症例については透析センターでも診療しております。

 

 

 入院契機は、前年度は血液導入(もしくは非導入)が27名(16%)と最多でしたが、平成29年度は「透析患者の合併症」が1/4を占め、血液透析導入はその約半数の13.6%でした(図5)。浮腫・心不全・胸腹水コントロール目的(非透析)も13.6%で、このうちDM腎症によるものが過半数を占めていました(図6)。腎生検目的が、全体の7.9%、CKD急性増悪が6.1%、AKI, RPGN精査、糸球体腎炎・RPGN・膠原病治療目的がそれぞれ5.3%でした(図5)。その他の内訳は表の通りでした(図7)。腎生検は25名のうち、60歳台6名、80歳台5名の順でした(図8)。

 
 
 

 当院掛かりつけ患者の入院は55.7%、それ以外では紹介元は、近隣透析クリニックが最多で11.8%、次に透析以外のクリニックが7.5%でした(図9)。当院かかりつけの内訳では、腎臓内科・透析センター通院患者が80%、他科からの紹介が14%、転科が19.7%でした(図10)。紹介元不明1名を含め、紹介なしで救急外来受診・救急搬送された症例が27名11.8%を占めていました(図9)。

 転帰は、自宅退院が86.0%、死亡退院が4.4%、その他9.6%でした(図11)。死亡退院の内訳は、透析非導入、HUSを含む感染症・敗血症がそれぞれ3名(30%)、RPGN2名(20%)、大動脈弁狭窄症、急性呼吸不全がそれぞれ1名でした(図12)。退院先その他の内訳は、介護施設・サ高住が23%、転科18%、転院が59%でした。転院先22名(59%)の内訳は、サ高住・介護施設が計5名、転科、急性期病院がそれぞれ4名、回復期病院2名、精神科病院2名、透析病院では回復期病院1名。療養型病院4名でした(図13)。

 このほか透析センター業務も行っています。外来では年間延べ2354名(透析室外来患者との総計は14,509名)の診療にあたりました。他科からの腎機能悪化・尿所見異常・水電解質異常のコンサルト、他科依頼の特殊血液浄化・緊急透析診療にもあたっています。

 

▲戻る