トップページ >  診療科 >  放射線治療科 (Radiation Oncology)

診療科

専門センター等

部門・活動

放射線治療科 (Radiation Oncology)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長、放射線治療センター長(参事)

入院前支援センター長

筑波大学地域臨床教育センター教授
玉木 義雄

(たまき よしお)

○各種癌の放射線治療

(頭頸部癌、食道癌、

婦人科癌、悪性リンパ腫など)

○ライジオアイソトープ治療

日本医学放射線学会 放射線科専門医・放射線治療専門医、研修指導者

日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医、代議員
がん治療認定医機構 認定医
日本頭頸部がん学会 評議員
日本リンパ網内系学会 評議員
日本ハイパーサーミア学会 指導医・評議員
日本肺癌学会

日本乳癌学会

日本核医学会

日本癌治療学会

日本小児がん学会
日本定位放射線治療学会

日本食道学会

医員

斎藤 高

(さいとう たかし)

○各種癌の放射線治療  

医員(専攻医)

廣嶋 悠一

(ひろしま ゆういち)

○各種癌の放射線治療

 

日本放射線腫瘍学会

日本医学放射線学会

日本緩和医療学会

 

(非常勤医師)

筑波大学医学医療系放射線腫瘍学教授

櫻井 英幸

(さくらい ひでゆき)

○放射線治療

日本医学放射線学会 専門医

日本放射線腫瘍学会 認定医

日本がん治療認定医機構 認定医

(非常勤医師)

筑波大学付属病院放射線腫瘍科病院教授

奥村 敏之

(おくむら としゆき)

○放射線治療

日本医学放射線学会 専門医

日本放射線腫瘍学会 認定医

日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

 放射線治療は, 主に各種がんの治療において, その様々な局面(病期によりません)で活躍できる治療です。 その特徴として,「生体の形と機能をできるだけ守って病気の根治を目指せること」や「年齢や持病等の問題があっても, 他のがん治療に比べて治療を受けられることが多いこと」, 「近年の技術発展が顕著であり, 従来以上に少ない副作用で, より高い治療効果を得られるようになったこと」などが挙げられます。 社会の高齢化が進み, がんを患う方が増えたという現在の日本の社会においてはまさに「ぴったりのがん治療」といえるかもしれません。
 当院の放射線治療センター は, 常勤医3名(2名の放射線治療専門医)の他, 放射線治療に専従する7名の診療放射線技師(1名の放射線治療専門放射線技師), 3名の看護師(1名のがん放射線療法看護認定看護師), 放射線治療に専従する医学物理士1名, 受付担当者1名を有しています。 高精度な放射線治療を患者様に提供するにあたって必要な資格を有するスタッフがバランスよくそろっているという点では県内随一の施設といえます。
治療装置は, 2機のリニアック(体外から放射線をかけて治療する治療装置)の他に子宮がん治療等で活躍する小線源治療装置を備えています。 これらの装置により, 最も精度の高い放射線治療といわれる「定位放射線治療(いわゆるピンポイント照射)」や「強度変調放射線治療(IMRT)」の実施が可能です。 前者は「脳内病変(脳への転移病変など)」を1-2mmとずれない精度で狙い撃つことができ, また肺や肝臓といった呼吸により大きく動く臓器の病変もその動きに合わせて正確に狙い撃つことができます。 IMRTにおいては特に前立腺癌や頭頸部癌(喉頭癌や咽頭癌など)において, 従来の治療に比し少ない後遺症リスクで根治を目指すことができます。
 がん治療の全ての病期において(即ち初期のがんであっても)治療をより良い状態で受けていただくために行われる緩和ケアは, 病院のがん診療機能において欠かすことはできません。 放射線治療はその緩和ケアにおいても重要な役割を担っております。 僅かでも患者様・御家族様の支えの一部になれるようスタッフ一同協力し診療にあたらせて頂いております。

診療実績と業績の詳細は「放射線治療センター」に記載しております。 放射線治療センター → こちら

▲戻る