トップページ >  手術部 >  術前中止薬一覧

術前中止薬一覧

術前中止薬一覧には、手術や侵襲的処置を必要とする場合の基本的な術前中止期間を記載しております。

術前中止の判断は術式、侵襲度、また患者さまの状態に応じて主治医とご相談の上、行ってください。

抗凝固

  一般名 商品名 茨城県立中央病院手術部
推奨中止期間案
血液凝固防止薬 アピキサバン エリキュース 手術前24時間以上
ただし、腎機能【15≦Ccr≦30】かつ出血低リスク手術・手技時手術前36時間以上
もしくは48時間以上 出血高リスクの手術や侵襲的手技時

リバーロキサバン

イグザレルト

手術前24時間以上

ダビガトランエテキシラート

プラザキサカプセル

通常手術前24時間
ただし完全な止血機能を要する大手術・出血の危険性がある患者さんは手術前2日以上(48時間以上)
(Ccr 50 mL/min 以上であれば1~2日、30~49 mL/min であれば2~4日)

エドキサバン

リクシアナ

手術前24時間以上

ワルファリン

 

ワーファリン

3~5日 ただしINRの確認必要

ワーリン

ワルファリンK
ワルファリンカリウム
抗血小板薬 サルポグレラート アンプラーグ

1~2日 リスクに応じて判断

サルポグレラート塩酸塩
ジピリダモール ジピリダモール
トーモル
シフノス
サンペル
アンギナール
ペルチスタン
ペルサンチン
ペルミルチン
ヨウリダモール
イコサペント酸エチル(EPA) イコサペント酸エチル

7~10日 リスクに応じて判断

エパデール
アテロパン
エパキャップソフト
エパフィール
エパラ
エパロース
クレスエパ
メタパス
ヤトリップ
エメラドール
シスレコン
ナサチーム
メルブラール
ソルミラン
プラスグレル エフィエント 血小板凝集抑制が問題となるような手術の場合には、14日以上前に投与を中止する
リマプロストアルファデクス オパルモン 1日 リスクに応じて判断
ゼフロプト
オプチロン
リマルモン
リマプロストアルファデクス
プロレナール
ジラゼプ コメリアンコーワ 2~3日 リスクに応じて判断
スミドルミン
タンタリック
トルクシール
ジラゼプ
シロスタゾール シロスタゾール 3日
プレタール
ファンテゾール
コートリズム
シロシナミン
シロスレット
プレトモール
ホルタゾール
アスピリン バイアスピリン 7日(添付文書)
タケルダ
アスピリン
アスファネート
ゼンアスピリン
バファリン
ファモスター
ニトギス
バッサミン

アスピリン・

クロピドグレル

コンプラビン 14日(添付文書)
イフェンプロジル セロクラール 1~2日 リスクに応じて判断
フレザニール
ヨウアジール
イブロノール
テクニス
アポノール
イフェンプロジル
チクロピジン パナルジン 10~14日(添付文書)
ソロゾリン
ニチステート
パチュナ
パナピジン
ピエネロール
ファルロジン
ビーチロン
ジルペンダー
チクロピジン
マイトジン
ベラプロストナトリウム プロサイリン

1日 リスクに応じて判断

ベラプロストNa
ベルナール
プロスタリン
ベストルナー
プロルナー
ドルナリン
ケアロードLA
ドルナー
プロルナー
ベラサスLA
ベラストリン
クロピドグレル プラビックス 14日以上前に中止が望ましい(添付文書)
クロピドグレル
コンプラビン
・オメガー3脂肪酸エチル
・イコサペント酸エチル
・ドコサヘキサエン酸エチル
ロトリガ 7~10日(メーカー問い合わせ)
トラピジル トラピジル 2~3日 リスクに応じて判断
セオアニン
アンギクロメン
カルナコール
ロコルナール

降圧

  一般名 商品名 茨城県立中央病院手術部
推奨中止期間案
レニン・アンギオテンシン系薬剤 アジルサルタン アジルバ 手術前24時間は投与しないことが望ましい

サクラス

イルベサルタン

イルベタン

イルトラ

アイミクス

アバプロ

シラザプリル インヒベース
シラザプリル
テモカプリル エースコール
テモカプリル
オルメサルタン オルメテック
レザルタス
オルメサルタン
カプトプリル カプトリル
カプトルナ
カプトプリル
ペリンドプリルエルブミン コバシル
ペリンドプリルエルブミン
アラセプリル セタプリル
アラセプリル
イミダプリル タナトリル
イミダプリル塩酸塩
バルサルタン ディオバン
バルサルタン
エックスフォージ
アテディオ
アムバロ
コディオ
バルヒディオ
ロサルタン ニューロタン
プレミネント
サルタンカリウム
ロサルタンK
ロサルヒド
カンデサルタン ブロプレス
カンデサルタン
エカード
カデチア
カムシア
ユニシア
テルミサルタン ミカルディス
ミカムロ
テルミサルタン
ミコンビ
ミカトリオ
アリスキレン ラジレス
エナラプリル レニベース
エナラプリルマレイン酸塩
エナラート
エナリン
スパシオール
セリース
ファルプリル
リシノプリル ロンゲス
ゼストリル
リシノプリル

糖尿病薬

  一般名 商品名 茨城県立中央病院手術部
推奨中止期間案
インスリン分泌促進薬 ミチグリニド グルファスト 前日から休薬
グルベス
ミチグリニド

レパグリニド

シュアポスト

ナテグリニド

スターシス

ナテグリニド

ファスティック

SU剤

グリメピリド

アマリール

グリメピリド
ソニアス
グリベンクラミド オイグルコン
グリベンクラミド
ダオニール
パミルコン
マーグレイド
グリクラジド グリミクロン
グリクラジド
αグルコシダーゼ阻害薬 アカルボース グルコバイ
アカルボース
ミグリトール セイブル
ミグリトール
ボグリボース ベイスン
ボグリボース
グルベス
ベグリラート
インスリン抵抗 改善薬 ピオグリタゾン アクトス
ピオグリタゾン
ソニアス
メタクト
リオベル
ビクアナイド系 薬剤 メトホルミン メトグルコ 前々日から休薬
メトホルミン塩酸塩
ネルビス
メデット
グリコラン
イニシンク
メタクト
エクメット
選択的DPP-4 阻害薬 ビルダグリプチン エクア 前日から休薬
シタグリプチン ジャヌビア
グラクティブ
テネリグリプチン テネリア
リナグリプチン トラゼンタ
アログリプチン ネシーナ
イニシンク
リオベル
サキサグリプチン オングリザ
アナグリプチン スイニー
トレラグリプチン

ザファテック

(週1回製剤)

オマリグリプチン マリゼブ(週1回製剤)
SGLT2 阻害薬 カナグリフロジン カナグル
エンパグリフロジン ジャディアンス
イプラグリフロジンL-プロリン スーグラ
ダパグリフロジン フォシーガ
トホグリフロジン デベルザ
アプルウェイ
アプルウェイ ルセフィ
GLP-1 作動薬 (注射薬) デュラグルチド トルリシティ皮下注 (週1回製剤)
エキセナチド バイエッタ皮下注ペン
リラグルチド ビクトーザ皮下注
エキセナチド ビデュリオン皮下注用 (週1回製剤)
リキシセナチド リキスミア皮下注

女性ホルモン関連薬

一般名 商品名 茨城県立中央病院手術部
推奨中止期間案
アンジュ28 4週間前から休業
アンジュ21
オーソM-21

オーソ777-21

トリキュラー

マーベロン21

マーベロン28

シンフェーズT28

ファボワール21

ファボワール28
フリウェル
ラベルフィーユ21
ラベルフィーユ28
ヤーズ
ヤーズフレックス
ルナベル
メドロキシプロゲステロン

ヒスロンH

主治医の指示の通り、主治医は手術への影響を最小限にするために、
患者さんの希望も考慮し、薬剤の作用を鑑みた上で中止可能な薬剤は中止することを推奨する
プロゲストン
プロベラ
メドキロン
エストラジオール・レボノルゲストレル フェールナラ
17β-エストラジオール ジュリナ
ル・エストロジェル0.06%
ディビゲル
エストラーナテープ
結合型エストロゲン プレマリン
エチニルエストラジオール・ノルゲストレル プラノバール
アナストロゾール アナストロゾール
アリミデックス
プロゲステロン ウトロゲスタン
ルティナス
ルテウム
エストリオール エストリオール
ホーリンV
タモキシフェン タモキシフェン
タスオミン
ノルバデックス
トレミフェン ファストン
レトロゾール フェマーラ
レトロゾール
エストラジオール・ノルエチステロン メノエイドコンビパッチ
レトロゾール レトロゾール

抗がん剤、他類似薬

一般名 商品名 茨城県立中央病院手術部
推奨中止期間案
ベバシズマブ アバスチン点滴 6~8週間(臨床試験データ)
アキシチニブ インライタ 24時間前、低血圧に注意(臨床試験データ)
パゾパニブ ヴォトリエント 米国は7日間を推奨
ニンテダニブ オフェブカプセル データなし
ラムシルマブ サイラムザ点滴 28日間、ポート留置などは7日間(臨床試験データ)
スニチニブ スーテントカプセル 7~10日間を推奨(臨床試験データ)
レゴラフェニブ スチバーガ 14日間を推奨(臨床試験データ)
テムシロリムス トーリセル点滴 臨床試験では28日間開けて実施していた
ソラフェニブ ネクサバール 7日間を推奨(臨床試験データ)
レンバチニブ レンビマ 7日間、軽度の場合は2日間を推奨(臨床試験データ)
イブルチニブ イムブルビカ 術前3~7日、患者状況に応じて(臨床試験データ)

PDE5阻害薬、他類似薬

  商品名 茨城県立中央病院手術部
推奨中止期間案
タダラフィル アドシルカ 硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、
過度に血圧を下降させることがあるため併用禁忌、そのため使用の可能性のある手術の際は中止
ザルティア  
シアリス  
リオシグアト アデムパス  
シルデナフィル レバチオ  
バイアグラ  
バルデナフィル レビトラ  

肺高血圧治療剤

一般名 商品名 茨城県立中央病院手術部
推奨中止期間案
セレキシパグ ウプトラビ 血小板凝集抑制作用により、出血傾向を助長するおそれがある

骨粗しょう症治療剤

一般名 商品名 茨城県立中央病院手術部
推奨中止期間案
ラロキシフェン エビスタ 静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症、肺塞栓症、網膜静脈血栓症を含む)のリスクが上昇するため、
長期不動状態(術後回復期、長期安静期等)に入る3日前には本剤の服用を中止し、完全に歩行可能になるまでは投与を再開しないこと。
ラロキシフェン
バゼドキシフェン ビビアント

健康食品・サプリメント

商品名 茨城県立中央病院手術部
推奨中止期間案
イチョウ葉エキス 血小板活性化因子の抑制 24時間前から中止
セントジョーンズワート
(セイヨウオトギリソウ)
神経伝達物質の再取り込み抑制 5日間中止
EPA/DHA 血小板凝集抑制 3~4日前から中止
レスベラトロール 薬物代謝酵素に影響を与える可能性
ガーリック(ニンニク) 血小板凝集抑制、線溶亢進、不明の降圧効果 7日間の中止
朝鮮人参 血小板凝集抑制、PT-APTT延長、血糖降下 7日間の中止
ジンジャー(生姜) 末梢循環改善、抗酸化 7日間の中止
カバ 鎮静、抗不安 24時間中止
エフェドラ 交感神経刺激 24時間中止
フィーバーフュー 血小板凝集抑制、抗炎症 7日間の中止
バレリアン 鎮静 中止に関するデータなし
エキナケア 細胞性免疫活性の賦活 中止に関するデータなし
ノコギリヤシ 前立腺肥大改善 中止に関するデータなし
アロエ 便秘の改善、血小板凝集抑制
アルファルファ ワルファリン抗凝固作用の減弱
中止に関するデータなし
クロレラ
青汁(ケール)
クマザサ
ウコン 抗凝固作用を持つ
カモミール
ナット-キナーゼ 抗凝固薬との併用で出血リスク増加
パパイヤ
コエンザイムQ10 抗凝固薬
血小板凝集抑制薬との併用時出血リスク増加
パッションフラワー
セイヨウエビラハギ(メリロート) クマリン誘導体を含み出血リスク増加

▲戻る