トップページ >  県民の皆さまへ >  「脳梗塞」とは?

「脳梗塞」とは?

わが国の脳卒中による死亡者数は年間約13万人にのぼります。病気別では「がん」、「心臓病」に次ぐ第3位ですが、患者数は130万人と非常に多く、かつ増加中です。寝たきり、介護の必要な患者さんの3~4割は脳卒中が原因で、これは第1位です。脳卒中にはいくつかのタイプがありますが、脳梗塞が全体の約7~8割を占めています。
脳の血管が何らかの原因で狭窄(狭くなる)、閉塞(つまる)になるとその先にある脳細胞に血液が充分に行き渡らなくなります。脳細胞は血液に溶けている酸素と糖分で生きているのでこれが足りなくなると脳細胞は死んでしまいます。これが脳梗塞です。死んでしまった脳が手足の動きに重要な場所であれば手足の麻痺になりますし、言語に重要な場所であれば言語障害が出るのです。脳血管がつまる原因には大きく分けて2つあります。

血栓症
動脈硬化によって徐々に血管の中が狭くなりついには閉塞するもの。症状は徐々に進行することが多く、時には一時的に麻痺や言語障害が出てその後改善する場合(一過性脳虚血発作)もあります。

塞栓症
血液の固まりが血管の中を流れて脳血管に流れて閉塞させるもの。多くは心臓の不整脈(心房細動)により心臓の中で血液がよどんで、血液の固まり(血栓)ができるとこれが血液の流れに乗って脳血管に運ばれ血管をつめてしまうものです。いきなり血管がつまるため症状は突然に起こります。また太い脳血管がつまることが多いので症状も重い場合が多いと言えます。

脳細胞は血液が途絶えてすぐに死に至るわけではなく、一定の脳虚血(血が足りない状態)を経て死に至ります。一般的に発症から3~6時間を経過して死に至ると言われており、それより前に早期診断をして治療に進めば脳細胞を助けることができる可能性があります。脳血管に詰まった血の塊を溶かす新しい血栓溶解薬「組織プラスミノゲン活性化因子(tPA)」が平成17年10月、脳梗塞治療用として承認されました。

この療法の大前提条件は、発症(あるいは発症していなかったことが確認された最終時刻)から3時間以内に治療開始が可能なことです。病院での診断に要する時間も考えると、発症から2時間目位までに、治療可能な医療機関を受診する必要があります。したがって、重要なのは「脳梗塞を起こしたら、3時間以内に病院で治療を受ける」ことです。しかし、国立循環器病センターの調べでは、発症後3時間以内に受診した患者は19%しかいないといいます。これは、脳梗塞と気づくのが遅れた、救急車を呼ばず自力で来院した、すぐに動かさない方がいいと思い患者さんを翌日まで寝かせておいた、などが原因でした。
高齢者に多い脳梗塞は、今後さらに増加し、重症化すると予想されています。予防を徹底し、t-PAを用いた超急性期治療を普及させなければなりません。

脳神経外科
鯨岡 裕司

▲戻る