トップページ >  県立中央病院職員の新型コロナウイルス感染症の感染について(5月15日)(第3報)

県立中央病院職員の新型コロナウイルス感染症の感染について(5月15日)(第3報)

 当院の看護師1名の本感染症の感染に関しては、皆様にご不安をおかけしましたことをあらためてお詫び申し上げます。

 当該職員の接触者については、全員自宅待機中でしたが、発熱や症状なく2週間を経過し、PCR検査も全員陰性を確認することができ勤務への復帰が可能となりました。従いまして、今回の職員の感染は1名にとどまり拡大はみられなかったことをお知らせ致します。

 なお当該職員は現在も療養中ですが、快方に向かっており、皆様方から多くの励ましのお便りを頂いたことに感謝申し上げます。

 県の緊急事態宣言は解除となりましたが、本感染症は長期化すると考えられております。当院としましては、今後も感染対策に万全を期しながら、外来、入院診療、救急対応を行ってまいりますので、引き続き皆様のご理解ご協力をお願いいたします。

 

 

2020年5月15日

茨城県立中央病院長

▲戻る