トップページ >  お弁当の万年屋様より「マスクで手まり寿司」弁当のご寄付をいだたきました

お弁当の万年屋様より「マスクで手まり寿司」弁当のご寄付をいだたきました

 お弁当の万年屋様から、常陸牛など茨城県産品を使ったお弁当100個をいただきました。3月11日、当院を代表して鏑木副病院長がお受けいたしました。お弁当の万年屋 鈴木由紀子専務取締役より、「新型コロナウイルス感染症に対応するため、昼夜問わず働く医療従事者に48時間の間、マスクをしたまま食べられるお弁当を召し上がっていただきたい。」との大変ありがたいお言葉をいただきました。

 また今回の寄附に併せて、茨城県常陸牛振興協会の谷口勇事務局長から当院の医療に対する感謝のお言葉とともにウェットティッシュ200個のご寄附をいただきました。当院職員一同、今回の多大なるご寄附に心より感謝いたします。誠にありがとうございました。当院は今後とも新型コロナウイルス感染症対応をはじめ最良な地域医療を提供すべく努めてまいります。

 

▲戻る