トップページ >  新型コロナウイルス感染症傷病者の合同移送訓練 当院と笠間市消防本部が連携

新型コロナウイルス感染症傷病者の合同移送訓練 当院と笠間市消防本部が連携

 コロナウイルス感染症拡大に伴い、今後、生命維持装置を装着した重症傷病者の移送も想定されることから、傷病者を安全に移送するため、笠間市消防本部との連携を図ることを目的に陰圧式患者搬送用器具(アイソレーター)を使った合同訓練を行いました。

陰圧式患者搬送用器具(通称:アイソレーター)について

陰圧式患者搬送用器具(アイソレーター)とは組み立て式のカプセル型搬送用器具で、カプセル内部は常に陰圧に保たれています。傷病者(患者)からの飛沫拡散を防止するとともにカプセル内の空気は特殊なフィルターや殺菌装置を通して排出されるため、救急隊員や医療従事者、ご家族など同行者への二次感染防止を図ることが可能となります。また、本体には手袋付挿入口があり、外部から観察・処置を行えるようになっています。

 

 

▲戻る