トップページ >  化学療法センター >  論文・学会発表

論文・学会発表

I. 論文

2017年

1. Fukushima M, Okoshi Y, Fukazawa K, Koshino M, Ishiguro S, Mitsuhashi S, Saitoh H, Iijima T, Kojima H, Hori M. A case of lymphoplasmacytic lymphoma presenting diarrhea and joint pain, successfully diagnosed by MYD88 mutation analysis. Intern Med 2017; 56:847-851.

2. 谷川道浩, 山口恭子, 大江和紀, 羽石靖浩, 石野はるみ, 石渡勇, 伊藤孝美, 大石毅, 鴨下昌晴, 木村朋文, 小池和俊, 米野琢哉, 佐藤純一, 佐藤宏喜, 佐藤藤夫, 佐藤祐二, 白川洋子, 品川篤司, 徳永真弓, 瀬口雅人, 清田育男, 高村浩克, 長谷川雄一, 諸岡信裕, 小島寛, 大越靖. 茨城県合同輸血療法委員会発足後5年間の活動. 日本輸血細胞治療学会誌 2017; 63:630-633.

3. Yoshida K, Fujisawa F, Kojima H, Takeyasu N. Hemodynamic collapse due to the stenosis of 4 pulmonary veins in a patient with mediastinal tumor. Clin Case Rep 2017; 5:1030-1031.

4. Fukushima M, Okoshi Y, Fukazawa K, Koshino M, Ishiguro S, Mitsuhashi S, Saitoh H, Iijima T, Kojima H, Hori M. A case of lymphoplasmacytic lymphoma presenting diarrhea and joint pain, successfully diagnosed by MYD88 mutation analysis. Intern Med 2017; 56:847-851.

5. Ohgami M, Bando H, Ishiguro H, Tsuda M, Toriguchi N, Aogi K, Toi M, Masuda N, Mitsuhashi S, Kurosawa A, Homma M. Effect of dose timing on the blood concentration of lapatinib in patients with breast cancer. Ann Oncol 2017; 28:2888-2889.

2016年

1. Sugaya A, Ishiguro S, Mitsuhashi S, Abe M, Hashimoto I, Kaburagi T, Kojima H. Interstitial lung disease associated with trastuzumab monotherapy: A report of 3 cases. Mol Clin Oncol 2016; 6:229-232.

2. 萩原佐恵子、永江美香子、狩野俊幸、小島寛. 皮膚転移をきたした多発性骨髄腫. 皮膚臨床 2016; 58:1515-1518.

3. Kanaya M, Shibuya K, Hirochika R, Kanemoto M, Ohashi K, Okada M, Wagatsuma, Cho Y, Kojima H, Teshima T, Imamura M, Sakamaki H, Shibuya A. Soluble DNAM-1, as a predictive biomarker for acute graft-versus-host disease. PLoS One 2016; 11(6):e0154173.

4. Iguchi-Manaka A, Okumura G, Kojima H, Cho Y, Hirochika R, Bando H, Sato T, Yoshikawa H, Hara H, Shibuya A, Shibuya K. Increased soluble CD155 in the serum of cancer patients. PLoS One 2016; 11(4):e0152982.

5. Yamamoto M, Ohashi K, Kakihana K, Nakamura Y, Komeno T, Kojima H, Morita S, Sakamaki H. A multicenter clinical study to determine the feasible initial dose of lenalidomide for maintenance therapy in patients with multiple myeloma following autologous peripheral blood stem cell transplantation. Mol Clin Oncology 2016; 4:965-970.

6. Ohgami M, Kaburagi T, Kurosawa A, Homma M. Drug interaction between erlotinib and phenytoin for brain metastases in a patient with nonsmall cell lung cancer. Lung Cancer. 2016; 101:9-10.

7. Ohgami M, Homma M, Suzuki Y, Naito K, Yamada M, Mitsuhashi S, Fujisawa F, Kojima H, Kaburagi T, Uchiumi K, Yamada Y, Bando H, Hara H, Takei K. A Simple High-Performance Liquid Chromatography for Determining Lapatinib and Erlotinib in Human Plasma. Ther Drug Monit. 2016; 38(6): 657-662.

2015年

1. Inada K, Okoshi Y, Cho Y, Saito H, Iijima T, Hori M, Kojima H. Availability of circulating microRNAs as a biomarker for early diagnosis of diffuse large B-cell lymphoma. Open J Blood Diseases 2015; 5:48-58.

2. Kudo D, Ohashi K, Komeno T, Nakamura Y, Shinagawa A, Yoshida C, Katsura Y, Ota I, Kakihana K, Kobayashi T, Kawai N, Kato A, Arai A, Yamamoto K, Toyota S, Kumagai T, Ohwada A, Miki T, Hori M, Okoshi Y, Kojima H, Sakamaki H. Efficacy and safety of bortezomib-containing induction chemotherapy for autologous stem cell transplantation-eligible Japanese multiple myeloma patients -A phase 2 multicenter trial-. Int J Myeloma 2015; 5:15-22.

3. Cho Y, Hori M, Okoshi Y, Fujisawa F, Shinagawa A, Kudo D, Komeno T, Yoshida C, Katsura Y, Ota I, Shimizu S, Kamoshita M, Sasaki K, Tanaka K, Mukai YH, Kojima H. Measurement of proteasome activity in peripheral blood mononuclear cells as an indicator of susceptibility to bortezomib-induced severe neurological adverse events in patients with multiple myeloma. Acta Haematologica 2015; 134:25-31.

2013年

1. Morishita A, Mitsuhashi S, Fujisawa F, Hirano M, Kojima H. Usefulness of bevacizumab with paclitaxel for advanced breast cancer -a case report. Gan To Kagaku Ryoho (in Japanese) 2013; 40:761-764.

2012年

1. Ohta S, Cho Y, Shibata M, Nagai K, Iijima T, Saito H, Asakura H, Kojima H. Possibility of molecular targeting therapy for the treatment of cancer of unknown primary origin by analysis of intracellular signaling molecules. Exp Ther Med 2012; 3:547-9.

2. Ohta S, Cho Y, Oshima S, Hosoya O, Juni K, Kojima H. Oxaliplatin-induced acute-onset thrombocytopenia and hemorrhage: Case report and review of the literature. Oncol Lett 2012; 3:1297-300.

2010年

1. 黒木淳子. アロマセラピーの活用と効用. 外来看護. 2010; 4・5月号, 67-76.

2009年

1. Saito M, Aogi K, Sekine I, Yoshizawa H, Yanagita Y, Sakai H, Inoue K, Kitagawa C, Ogura T, Mitsuhashi S. Palonosetron plus dexamethasone versus granisetron plus dexamethasone for prevention of nausea and vomiting during chemotherapy: a double-blind, double-dummy, randomised, comparative phase III trial. Lancet Oncol. 2009; 10(2):115-24.

II. 学会発表

2018年(メンテナンス中)

1. 小島友恵, 大神正宏, 深澤亜季子, 立原茂樹, 駒田邦彦, 立原茂樹, 山下真以, 鈴木一衛, 岩上智美, 石川洋輔, 後藤ひかる, 黒澤豊彦. 抗がん薬調製・投与に使用する閉鎖式接続器具の比較検討. 第27回茨城がん学会, 2018

2. 菊地千春, 高田清子, 堤まゆみ. 外来化学療法による有害事象を理由に救急外来を受診した患者の実態. 第27回茨城がん学会, 2018 .

3. 小林佐知子, 大槻奈美, 堤まゆみ. A病院外来化学療法センターにおける有症時の電話相談の現状. 第27回茨城がん学会, 2018 .

2017年

1. Hori M, Ikebe E, Fajardo L, Ikebe T, Kojima H, Iha H. Evidence of SLAM7 expression among multiple lineages of hematologic malignancy. 第79回日本血液学会学術集会, 2017.

2. 稲田勝重, 大越靖, 張愉紀子, 飯嶋達生, 堀光雄, 小島寛. リンパ節組織を用いるmicroRNA解析に適した内在性遺伝子の選出. 第76回日本癌学会学術集会, 2017.

3. 大越靖, 石渡勇, 小池和彦, 米野琢哉, 佐藤祐二, 長谷川雄一, 佐藤藤夫, 鴨下昌晴, 伊藤孝美, 品川篤司, 徳永真弓, 佐藤宏喜, 白川洋子, 瀬口雅人, 木村朋文, 清田育男, 佐藤純一, 稲葉頌一, 小島寛, 諸岡信裕. 産科施設で適切に管理された血液製剤の返却・転用の実現性についての調査研究―茨城県合同輸血委員会. 第65回日本輸血・細胞治療学会総会, 2017.

4. 上妻行則, 小島寛, 沼知奈保子, 二宮治彦. 巨核球造血における抗血小板抗体の影響. ―免疫性血小板減少症モデルマウスを用いた検討― 第39回日本血栓止血学会学術集会, 2017.

5. 石黒愼吾, 小島寛, 飯島一飛, 藤枝真司, 田村智宏, 藤尾高行, 堀光雄. 腋窩リンパ節のみに転移を有する女性の原発不明癌 (潜在性乳癌) は乳棒全摘出術を省略できるか. 第15回日本臨床学術集会, 2017.

6. 小島健一, 大神正宏, 深澤亜季子, 立原茂樹, 駒田邦彦, 山下真以, 鈴木一衛, 岩上智美, 石川洋輔, 黒澤豊彦. 抗がん剤調製に使用する閉鎖式接続器具の比較検討. 第26回茨城がん学会, 2017.

7. 山下真以, 大神正宏, 駒田邦彦, 深澤亜季子, 小島健一, 立原茂樹, 鈴木一衛, 岩上智美, 石川洋輔, 黒澤豊彦. 経口抗がん薬適正使用のための臨床検査値活用に係る調査. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2017.

8. 岩上智美, 大神正宏, 立原茂樹, 黒澤豊彦. イリノテカン投与中の腓腹筋痙攣に芍薬甘草湯が有効であった一例. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2017.

9. 大神正宏, 高力規雄, 鈴木美加, 荒木眞裕, 黒澤豊彦. 当院におけるB型肝炎再活性化対策の取り組み. 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2017.

10. Ohgami M, Kaburagi T, Shiozawa T, Hizawa N, Kurosawa A, Homma M. Effect of proton pump inhibitors co-administration on the plasma concentration of erlotinib in patients with non-small cell lung cancer (2nd report). The 15th Congress of IATDMCT, 2017.

11. 五耒佳央里, 高力規雄, 鷲津寿弥, 熊田麻衣, 磯田達也, 宮川尚美, 橋本幾太, 黒澤豊彦. 当院における静注抗菌薬使用量及び各種菌の薬剤耐性率の現状について. 第56回全国自治体病院学会, 2017.

12. 大神正宏, 小島寛, 黒澤豊彦. 外来がん化学療法における救急受診の実態調査. 第27回日本医療薬学会年会, 2017.

13. 後藤ひかる, 大神正宏, 駒田邦彦, 立原茂樹, 深澤亜季子, 山下真以, 鈴木一衛, 岩上智美, 石川洋輔, 小島友恵, 黒澤豊彦. レナリドミドの処方実態調査. 第28回茨城県薬剤師学術大会, 2017.

14. 大神正宏, 三橋彰一, 黒澤豊彦, 本間真人. フェニトイン併用時にラパチニブの血中濃度が低下した一症例. 第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017.

15. 木村直美, 高田清子. 化学療法センターにおける抗がん剤による静脈炎と血管外漏出の発生状況. 第26回茨城がん学会, 2017.

16. 大島美奈子, 中田公美, 菊地千春. 化学療法センターにおける褥瘡発生要因の検討. 第26回茨城がん学会, 2017.

17. 高田清子, 角田直枝. 外来所属がん化学療法看護認定看護師の在宅療養支援における役割. 第48回日本在宅看護学会学術集会, 2017

2016年

1. Cho Y, Inada K, Okoshi Y, Hori M, Kojima H. Comprehensive analysis of serum cytokines/chemokines in myeloma patients for pursuing the abnormality in microenvironment and predicting the prognosis. 58th annual meeting of the American Society of Hematology, 2016.

2. Hori M, Okoshi Y, Fujio T, Kojima H, Iha H, Ikebe E. Modulated mRNA expression profiles of a MM cell after a long-term exposure to lenalidomide. 第78回日本血液学会学術集会, 2016.

3. Kudo D, Komeno T, Ohashi K, Nakamura Y, Shinagawa A, Suyama T, Yoshida C, Kobayashi T, Wakimoto N, Hori M, Okoshi Y, Kumagai T, Kato A, Toyota S, Yamamoto K, Yamamoto M, Kawai N, Ohwada A, Miki T, Sakamaki H, Kojima H. Efficacy and safety of CBD induction for ASCT-eligible NDMM -A phase 2 multicenter trial- 第78回日本血液学会学術集会, 2016.

4. 石黒愼吾, 藤澤文絵, 堀光雄, 小島寛. 骨髄所見の変化でpaclitaxelによる治療継続を決定し著効した乳癌術後再発骨髄癌腫症の一例. 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2016.

5. 菅谷明徳, 石黒愼吾, 三橋彰一, 小島寛. トラスツズマブ関連間質性肺炎の3例. 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2016.

6. 張愉紀子, 稲田勝重, 越野繭子, 大越靖, 堀光雄, 小島寛. 多発性骨髄腫患者の血清中サイトカイン・ケモカインの網羅的測定に基づく病態・予後解析. 第41回日本骨髄腫学会学術集会, 2016.

7. 大神正宏, 坂東裕子, 石黒洋, 鳥口尚子, 津田萌, 戸井雅和, 増田慎三, 武井敬司, 本間真人. ラパチニブの血中濃度に及ぼす服用タイミングとタモキシフェン併用の影響. 第33回日本TDM学会・学術大会, 2016.

8. 大神正宏, 内藤加奈子, 井坂邦彦, 山下真以, 山田幹子, 小泉和美, 鈴木一衛, 小島寛, 黒澤豊彦. イリノテカン投与患者におけるMAT を用いた悪心・嘔吐調査. 第26回日本医療薬学会年会, 2016.

9. 鈴木一衛, 大神正宏, 山内敦, 辻本一平, 島居徹, 大谷幹伸, 黒澤豊彦. 前立腺癌患者におけるG-CSFの使用状況調査. 第26回日本医療薬学会年会, 2016.

10. 大神正宏, 黒澤豊彦. 当院における薬剤科外来の取り組み. 第55回全国自治体病院学会, 2016.

11. 大神正宏, 坂東裕子, 石黒洋, 鳥口尚子, 津田萌, 戸井雅和, 増田慎三, 三橋彰一, 黒澤豊彦, 本間真人. ラパチニブの血中濃度に及ぼす服用タイミングとタモキシフェン併用の影響(第2報). 第37回日本臨床薬理学会学術総会, 2016.

12. 大神正宏, 鷲津寿弥, 藤枝真司, 黒澤豊彦. 化学療法センターにおける薬剤師の取り組み. 第6回膵がん教室ワークショップ, 2016.

13. 大神正宏, 鏑木孝之, 武井敬司, 本間真人. フェニトイン併用時にエルロチニブの血中濃度が低下した一症例. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2016.

14. 岩上智美, 大神正宏, 谷中敦美, 井坂邦彦, 山下真以, 永田裕太郎, 鈴木一衛, 石川洋輔, 武井敬司. 胆道癌患者におけるシスプラチン投与が腎機能に及ぼす影響. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2016.

15. 大槻奈美, 小林佐知子, 小柴幸子. 外来化学療法センターの治療環境の現状と課題 -看護師の患者体験前後の認識の変化-. 第25回茨城がん学会, 2016.

16. 川野辺恵実, 菊地千春. 外来化学療法患者へのプライマリー看護を通して -継続看護の必要性-. 第25回茨城がん学会, 2016.

2015年

1. Hori M, Iha H, Ikebe E, Okoshi Y, Nicole F, Koshino M, Kojima H. Cereblon/IKZF1-3 could be prognostic markers for LND treatment to the lymphocytic malignancy. 第77回日本血液学会学術集会, 2015.

2. Inada K, Okoshi Y, Cho Y, Koshino M, Saito H, Iijima T, Hori M, Kojima H. Overexpression of serum miR-21 at the diagnosis is a risk factor for DLBCL recurrence. 第77回日本血液学会学術集会, 2015.

3. 越野繭子, 大越靖, 藤澤文絵, 石黒愼吾, 三橋彰一, 小島寛, 堀光雄. ダサチニブで著名な低形成髄を呈した慢性期慢性骨髄性白血病の一例. 第77回日本血液学会学術集会, 2015.

4. Cho Y, Inada K, Koshino M, Okoshi Y, Hori M, Iijima T, Saito H, Kojima H. Contribution of hepatocyte growth factor (HGF) to angiogenesis in multiple myeloma. 第77回日本血液学会学術集会, 2015.

5. 井口研子, 小島寛, 張愉紀子, 渋谷彰, 渋谷和子. 癌患者血清における可溶型CD155発現の上昇. 第74回日本癌学会総会, 2015.

6. 石黒愼吾, 堀光雄, 加倉井真紀, 小島寛, 三橋彰一, 藤澤文絵, 角田直枝, 萩原敏之, 笹木日出美, 大越靖. 化学療法開始前に本来すべき歯科介入ができない造血器腫瘍患者の口腔マネジメントで合併症を軽減するシステム. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015.

7. 加倉井真紀, 石黒愼吾, 堀光雄, 小島寛, 角田直枝, 萩原敏之, 笹木日出美. 常勤歯科医がいない病院での歯科介入による質の高いがん治療実現の方法. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015.

8. 天貝賢二, 児山健, 岩井健太郎, 永田博之, 山岡正治, 大関瑞治, 藤枝真司, 五頭三秀, 荒木眞裕, 小島寛. 全身化学療法無効後の大腸癌肝転移に対する肝動注化学療法. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015.

9. 菅谷明徳, 三橋彰一, 藤澤文絵, 石黒愼吾, 小島寛. トラスツズマブ投与中に間質性肺炎を認めた術後乳癌の一例. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015.

10. Boku N, Katakami N, Fujita S, Oda K, Tauchi K, Nakata K, Shinozaki K, Okuno M, Kawai Y, Kikukawa H, Suzuki R, Nakazawa H, Kojima H, Mizutani M, Hara T, Yokota T, Suzuki Y, Narabayashi M. A phase II randomized, double-blind, placebo-controlled study to evaluate naldemedine for the treatment of opioid-induced constipation (OIC) in patients with cancer pain. ASCO Annual Meeting, 2015.

11. 大神正宏, 鈴木嘉治, 三橋彰一, 武井敬司, 本間真人. ラパチニブによる間質性肺炎の症例における血中濃度モニタリング. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2015.

12. 小泉和美, 大神正宏, 内藤加奈子, 山田幹子, 鈴木一衛, 菊地千春, 横山陽子, 小島寛, 石黒愼吾, 武井敬司. 当院における抗がん剤汚染の実態調査. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2015.

13. 井坂邦彦, 大神正宏, 谷中敦美, 山下真以, 鈴木一衛, 岩上智美, 鏑木孝之, 武井敬司. 新規分子標的薬アレクチニブにおける当院薬剤科の取り組みについて. 日本病院薬剤師会関東ブロック第45回学術大会, 2015.

14. 山下真以, 大神正宏, 谷中敦美, 内藤加奈子, 井坂邦彦, 山田幹子, 小泉和美, 鈴木一衛, 岩上智美, 武井敬司. 経口抗がん剤適正使用のための患者情報活用に係る調査. 日本病院薬剤師会関東ブロック第45回学術大会, 2015.

15. Ogami M, Suzuki Y, Naito K, Yamada M, Kaburagi T, Uchiumi K, Yamada Y, Takei K, Homma M. Co-administration of proton pump inhibitor decreases plasma concentration of erlotinib in patients with non-small cell lung cancer. 14th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, 2015.

16. 坂本梓, 高田清子. 化学療法に伴なう口腔粘膜炎に対する看護師の意識調査. 第24回茨城がん学会, 2015.

17. 横山陽子, 小林由香. 大腸癌患者のEGFR阻害薬によるQOLと皮膚障害の関連性の検討. 第16回日本マネジメント学会茨城県支部学術大会, 2015.

2014年

1. Inada K, Okoshi Y, Cho Y, Saito H, Iijima T, Hori M, Kojima H. Availability of circulating microRNAs as a biomarker for early diagnosis of diffuse large B-cell lymphoma. 56th annual meeting of the American Society of Hematology, 2014.

2. Okoshi Y, Koshino M, Hayashi Y, Tamaki Y, Kojima H, Hori M. R-CHOP/CHOP-like regimen plus radiotherapy for DLBCL with bulky disease. -a single center experience- 第76回日本血液学会学術集会, 2014.

3. Hori M, Okoshi Y, Koshino M, Kojima H, Fife N, Iha H. Specification of the LGI is valued as a key maker for MM response to lenalidomide treatment. 第76回日本血液学会学術集会, 2014.

4. Inada K, Okoshi Y, Cho Y, Iijima T, Kojima H. Comparison of microRNA expression levels obtained from serum, exosome-enriched serum, and tumor tissue in DLBCL patients. 第73回日本癌学会学術集会, 2014.

5. 高田清子, 菊地千春, 横山陽子, 鈴木比呂美. 外来化学療法を受ける患者のセルフケア行動を促す関連要因. 第23回茨城がん学会, 2014年2月.

6. 工藤大輔, 大橋一輝, 米野琢哉, 中村裕一, 品川篤司, 垣花和彦, 小林武, 吉田近思, 桂行孝, 太田育代, 新井文子, 加藤淳, 山本晃, 豊田茂雄, 熊谷隆志, 川井信孝, 三木徹, 大和田啓, 小島寛, 坂巻壽. 未治療多発性骨髄腫に対するVAD療法先行BD療法+自家末梢血幹細胞移植の多施設共同第2相臨床試験. 第36回日本造血細胞移植学会総会, 2014年3月.

7. 阿部櫻子, 大神正宏, 薗部桃代, 佐藤幸裕, 菊地千春, 小島寛, 武井敬司. 中等度催吐性リスク抗がん剤投与患者におけるCTCAEとMATを用いた悪心・嘔吐の評価に対する比較検討. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2014年3月.

8. 佐藤幸裕, 大神正宏, 阿部櫻子, 長田敦美, 薗部桃代, 小泉和美, 鈴木一衛, 菊地千春, 小島寛, 武井敬司. 大腸癌におけるFOLFIRI療法の悪心嘔吐調査. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2014年3月.

9. 薗部桃代, 大神正宏, 長田敦美, 高田清子, 坂本梓, 菊地千春, 小島寛, 武井敬司. レゴラフェニブ導入時の取り組みと副作用発現状況. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2014年3月.

10. 菅谷明徳, 天貝賢二, 今西真美子, 大関瑞治, 藤枝真司, 荒木眞裕, 五頭三秀, 藤澤文絵, 三橋彰一, 小島寛. 当院における75歳以上高齢者胃癌術後補助化学療法の現状. 第100回日本消化器病学会総会, 2014年4月.

11. 大神正宏, 小島寛, 武井敬司. Analysis of risk factoe for hypersensitivity reaction in oxaliplatin reintroduced patients. 第12回日本臨床腫瘍学会, 2014年7月.

12. 菅谷明徳, 今西真美子, 大関瑞治, 藤枝真司, 荒木眞裕, 天貝賢二, 五頭三秀, 藤澤文絵, 三橋彰一, 小島寛. A present status of chemotherapy with elderly advanced gastric cancer in Ibaraki Prefectural Central Hospital. 第12回日本臨床腫瘍学会, 2014年7月.

13. 菅谷明徳, 藤枝真司, 今西真美子, 大関瑞治, 藤澤文絵, 荒木眞裕, 天貝賢二, 五頭三秀, 三橋彰一, 斉藤仁昭, 飯島達夫, 小島寛. EUS-FNAで診断しえた食道癌異時性孤立性膵転移の一例. 第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.

14. Ohgami M, Homma M, Suzuki Y, Mitsuhashi S, Fujisawa F, Kaburagi T, Uchiumi K, Yamada Y, Bando H, Hara H, Takei K. A simple high-performance liquid chromatography for determining lapatinib and erlotinib in human plasma. 第29回日本薬物動態学会合同年会, 2014年10月.

15. 山下真以, 大神正宏, 谷中敦美, 内藤加奈子, 井坂邦彦, 山田幹子, 小泉和美, 鈴木一衛, 岩上智美, 武井敬司. 経口抗がん剤適正使用のための患者情報活用に係るアンケート調査. 第25回茨城県薬剤師学術大会, 2014年11月.

2013年

1. 菊地千春, 糸賀智子. 当院化学療法センターにおける電話相談の現状と今後の課題. 第22回茨城がん学会, 2013年2月, 茨城.

2. 藤澤文絵, 森下亜希子, 平野稔. 当院における局所進行T4乳癌症例の検討. 第21回日本乳癌学会学術総会, 2013年6月, 静岡

3. 藤澤文絵, 飯塚聡介, 三橋彰一, 堀光雄, 鏑木孝之, 天貝賢二, 大越靖, 森下亜希子, 小島寛. 当院における原発不明癌についての後方視的検討. 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2013年8月, 仙台

4. 大神正宏,小島寛,阿部櫻子,薗部桃代,菊地千春,糸賀智子,島田匡彦. EGFR阻害薬による皮膚障害に対する外用剤の予防的投与の有効性. 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会,2013年8月,仙台

5. 山岡正治, 天貝賢二, 大関瑞治, 石橋肇, 藤枝真司, 五頭三秀, 荒木眞裕, 飯塚聡介, 藤澤文絵, 小島寛. 切除不能進行・再発大腸癌の二次治療における分子標的療法の検討. 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2013年8月, 仙台

6. Cho Y, Kojima H. Prediction of therapeutic efficacy by measuring circulating Bmab-unconjugated VEGF-A in recurrent or metastatic CRC. 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 横浜

7. 大神正宏,菊地千春,糸賀智子,小島寛,武井敬司. 化学療法センター利用患者における満足度調査. 第52回全国自治体病院学会,2013年10月,京都

8. 藤澤文絵, 飯塚聡介, 菅谷明徳, 大関瑞治, 藤枝真司, 荒木眞裕, 天貝賢二, 小島寛, 大神正宏. mFOLFOX6/FOLFIRIにおけるG-CSF使用の検討. 第51回日本癌治療学会学術集会, 2013年10月, 京都

2012年

1. Cho Y, Hori M, Okoshi Y, Yuasa H, Komeno T, Yoshida C, Katsura Y, Ota I, Shimizu S, Kamoshita M, Sasaki K, Tanaka K, Mukai H, Kojima H. Prediction of bortezomib-induced severe neurologic events by monitoring proteasome activity in PBMC. 第74回日本血液学会学術集会, 2012.

2. Yuasa H, Hori M, Meshituka S, Okoshi Y, Mitsuhashi S, Kojima H. The response to azacytidine in high-risk myelodysplastic syndrome. 第74回日本血液学会学術集会, 2012.

3. Shinagawa A, Kudo D, Komeno T, Yoshida C, Katsura Y, Ota I, Shimizu S, Kamoshita M, Meshituka S, Hori M, Okoshi Y, Yuasa H, Kojima H. A phase I study of weekly bortezomib for Japanese patients with recurrent and refractory myeloma. 第74回日本血液学会学術集会, 2012.

4. 湯浅博美, 小島寛, 飯塚聡介, 森下亜希子, 三橋彰一. 大腸癌化学療法中に発症した治療関連骨髄異形成症候群の1例. 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2012.

5. 太田昌一郎, 林美代子, 貴島章徳, 和田将栄, 宗像周二, 渡邊絵美, 安野伸浩, 小島寛. mFOLFOX6施行中に発症した比較的稀な有害事象の検討. 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2012.

6. 大神正宏, 糸賀智子, 菊地千春, 小島寛, 島田匡彦. オキサリプラチンによる過敏反応に関する後方視的調査. 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2012.

7. Cho Y, Hori M, Okoshi Y, Komeno T, Yoshida C, Katsura Y, Ota I, Shinagawa A, Kudo D, Shimizu S, Sasaki K, Tanaka K, Mukai H, Kojima H, Ibaraki Hematology Oncology Palliation Expert Meeting. Predicting bortezomib-related severe neurologic adverse events by measuring proteasome activity in PBMCs. ASCO Annual Meeting, 2012.

8. 糸賀智子, 菊地千春. 化学療法による皮膚障害に対するセルフケア支援の検討. 第21回茨城がん学会 2012年2月, 茨城.

9. 木村直美, 野本奈美, 坂本梓, 糸賀智子. 外来化学療法における患者, 家族を含めた医療連携のあり方. 第13回日本医療マネジメント学会, 茨城県支部学術集会. 2012年8月, 茨城.

10.大神正宏, 薗部桃代, 島田匡彦. シクロホスファミド投与患者におけるアルコール摂取量及びアルコール代謝能力が食欲不振に与える影響. 日本病院薬剤師会関東ブロック第42回学術大会, 2012年8月, 横浜.

11.大神正宏, 植木ひとみ, 薗部桃代, 阿部櫻子, 島田匡彦. Pemetrexedの皮疹発現に関する検討. 第33回日本臨床薬理学会学術総会, 2012.11月, 沖縄.

2011年

1. Cho Y, Ota S, Hori M, Yuasa H, Komeno T, Yoshida C, Katsura Y, Shimizu S, Kamoshita M, Sasaki K, Tanaka K, Mukai H, Kojima H. Measurement of proteasome activity for predicting severe adverse events caused by bortezomib. 第73回日本血液学会学術集会, 2011.

2. Ohta S, Cho Y, Nagai K, Uchida Y, Shibata M, Nogami T, Doi M, Iijima T, Saitoh H, Mitsuhashi S, Hori M, Kojima H. Feasibility for introducing molecular targeting therapy for the treatment of cancer of unknown primary by analyzing intracellular signaling molecules. 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2011.

3. 大神正宏, 青山一紀, 薗部桃代, 菊地千春, 横山陽子, 高田清子, 小林由香, 糸賀智子, 野本奈美, 坂本梓, 三橋彰一, 湯浅博美, 森下亜希子, 飯塚聡介, 小島寛, 島田匡彦. 外来化学療法における重篤な有害事象の発現状況. 第12回日本医療マネジメント学会 茨城県支部学術集会, 2011年11月 茨城

2010年

1. 大神正宏, 三橋彰一, 黒澤克樹, 谷中敦美, 菊地千春, 横山陽子, 高田清子, 小林由香, 永島奈津子, 糸賀智子, 海藤佳代子, 島田匡彦, 永井公洋, 小島寛. 乳がん術前術後補助化学療法(EC)における有害事象の解析. 第8回日本臨床腫瘍学会総会. 2010年3月, 東京.

2. 大神正宏, 青山一紀, 島田 匡彦.EC療法におけるアプレピタントの有効性.第20回日本医療薬学会年会 2010年11月, 千葉

3. 青山一紀, 大神正宏, 柴田美也子, 谷中敦美, 黒澤克樹, 島田 匡彦. 催吐リスク中等度の化学療法におけるアプレピタント使用時に発生した有害事象について. 第20回日本医療薬学会年会 2010年11月, 千葉

4. 横山陽子, 高田清子, 糸賀智子, 鈴木比呂美, 菊地千春. 外来化学療法における看護の安全対策. 第11回日本医療マネジメント学会, 茨城県支部学術集会. 2010年11月, 茨城.

2009年

1. 大神正宏, 黒澤克己, 小島寛, 島田匡彦. 化学療法センターにおける薬剤師の取り組みについて. 日本医療薬学会年会. 2009年9月.

III. その他

2018年(メンテナンス中)

1. 大神正宏. 茨城県立中央病院におけるカルボプラチンレジメン制吐療法の現状・課題と今後の展開. 県央CINVセミナー, 2018.

2. 高田清子. 電話相談による支援.がん支持療法講演会, 2018.

2017年

1. 大神正宏. がん薬物療法への薬剤師の関わり. Advanced Communication to Improve Oncology Network, 2017.

2. 高田清子. 患者宅訪問を通して地域サービスにつなげたがん化学療法看護認定看護師の動き.月刊ナースマネージャー 2017; pp71-75.

2010年

1. 菊地千春, 大神正宏, 三橋彰一, 石黒愼吾, 浜本康夫, 小島寛. 化学療法センターのデザインとマネージメント. 多地点合同メディカル・カンファレンス. 2010年4月.

 当院には、がん化学療法看護認定看護師3名、がん薬物療法認定薬剤師2名が在籍し、うち看護師1名、薬剤師1名が化学療法センターに勤務しています。がん薬物療法認定薬剤師のうち1名は、平成28年度、がん専門薬剤師の資格を取得しました。

 がん患者の増加、抗がん剤の進歩、分子標的薬の出現により今後も化学療法センターにおける症例数が増加していくことが予想され、さらなる安全性の確保に心がけていく所存です。茨城県のがん診療拠点病院として安全かつ確実な化学療法を提供するために、今後とも専属の医師、看護師、薬剤師を中心としたチーム医療により、質の高い化学療法の提供を継続して行く所存であり、また専門的知識、技能、経験を有する医師、看護師、薬剤師等スタッフの養成が必要であると考えています。

 

▲戻る