トップページ >  麻酔科 >  患者さまへ

患者さまへ

麻酔とは

手術という痛みを伴うストレスから体を守り、全身状態を日常通りに維持することを目的とした医療です。 手術中は刻一刻と患者様の全身状態は変化します。つまり、麻酔とはそのような状況に対して、リアルタイムで状況を把握し、生命と安全を保つために治療を行うことを指します。

麻酔科術前外来

全身麻酔をはじめとした麻酔科医による麻酔管理が必要な手術をうけることが決まったら、手術前日までに麻酔科術前外来を受診して頂きます。外来は、1階外科外来と同じ場所で行なっています。外来では、事前にその日の外来担当医が患者様の手術、術前検査の結果などから適切な麻酔方法を検討し、それに合わせた麻酔の説明パンフレットを事前に患者様に読んでいただいています。その後に書いていただいた問診票を元に実際に患者様を診察させていただき、パンフレットには書かれていない個々のリスクや現在飲まれている薬の当日の内服に関する注意などを説明させて頂きます。

麻酔科術前外来パンフレット(一部の内容・図の出典:日本麻酔科学会ホームページ)

術前中止薬について

術前禁煙のお願い

手術を受けられる患者さんとそのご家族の方へ

研修医教育への協力のお願い

新医師臨床研修制度とは

平成16年より、診療に従事しようとする医師は、2年以上の臨床研修を受けなければならないと定められ、当院は臨床研修病院としての責務も担っています。そのため麻酔科を専門としていない初期研修医が麻酔の研修を受けている場合があります。

内科、外科及び救急部門(麻酔科を含む。)、小児科、産婦人科、精神科及び地域保健・医療については、必ず研修を行うこととし、研修期間はそれぞれの科目について少なくとも1月以上とすること、と定められており、麻酔科でも全身管理、気道管理などについて学びます。

初期研修医は、必ず麻酔科を専門にしている医師とペアになって診療に当たります。皆様の研修への御理解と御協力をお願い致します。

 

ご不明な点は、病院で直接もしくはanetyuou@gmail.comまでおたずね下さい。

▲戻る