トップページ >  看護局組織図

看護局組織図

組織図

看護局スタッフ

皆様の「思い」を大切に考えた組織作りを目指します 

kanazawa

 

 総看護師長 金澤 悦子

 人事と総務を担当しています。看護師一人ひとりの「看護」に対する思いを引き出し、何がしたいか、何ができるかを一緒に考えながら、多様な働き方を利用して、楽しく長く働き続けられるようサポートしていきたいと思います。また、地域との連携を強化し、患者さんやご家族が安心して生活できるよう、多職種とチームで支援していきたいと思います。

看護の専門性を発揮できる人材育成

tuboi

 

 副総看護師長 坪井 喜代

 教育関連の担当をしています。患者さんに優しい、質の高い看護の提供を目指し、人材確保と育成に努めます。看護教育支援室は、院内の継続教育やキャリア開発支援、臨地実習教育支援のほか、看護研究支援、看護の広報活動などの役割を担っています。スタッフの皆様が困ったときに気軽に相談できる場として、ともに学べる環境づくりに努めます。

医療の心と看護の心

 

 副総看護師長 木村 和美

 看護師は、患者さんにとっての最善をめざす医療の心と、患者さんに寄り添う看護の心が大事だと思います。人を大切にするのと同じように、看護師自身も大切にして、満たされているからこそ、本当の意味で患者さんを満たすことが出来ると思います。現場で働く看護師一人ひとりが、生き生きとやりがいを感じ、笑顔で働き続けられる職場をめざして行きたいと考えています。

患者さんやご家族、みんなに優しくをモットーに 

 

 副総看護師長 堤 まゆみ

 糖尿病看護認定看護師の役割も兼務しています。患者さんが安心して在宅で過ごせるように、病棟と外来との継続看護の強化や他職種・地域との連携を強化できるように努めてまいります。また、看護の楽しさや、やりがいを感じられるよう、みんなで語り合えるような職場を目指します。

安全で質の高い医療・看護の提供

 

 副総看護師長 高橋 夕子

 看護局として医療安全を担当しています。より良い医療と看護の提供を目指し、医療安全管理者を中心に多職種の委員と共に活動しています。患者さん、ご家族、職員の安全を守るため、声なき声にも耳を傾け、予防的な関わりを心がけていきます。また、看護師ひとりひとりの個性を尊重し、活気ある調和のとれた職場環境つくりを目指します。

看護師数

正看護師 535名(内准看護師1名) 臨時職員 33名(内准看護師2名) 総数568名(平成30年4月1日現在)

入院基本料

7対1を採用(平成30年度4月1日現在)

▲戻る