トップページ >  診療科 >  放射線性ヨウ素(I-131)内用療法

放射線性ヨウ素(I-131)内用療法

 放射線性ヨウ素内用療法は、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)や甲状腺がんに対して行われるラジオアイソトープ治療のひとつです。甲状腺機能亢進症では、放射性ヨウ素から放出されるベーター線で正常な甲状腺細胞を破壊し、甲状腺機能亢進症を改善します。甲状腺がんでは、術後の残存甲状腺破壊を目的として、放射性ヨウ素を内服します。これを、I-131による外来アブレーション治療と言います。

 当院では、放射性ヨウ素内用療法によるバセドウ病の治療、および甲状腺がん術後の外来アブレーション治療を受け入れています。他医療機関で診療中の方は、紹介状を持参してください。

 治療方法は外来でヨウ化ナトリウムカプセルを1回内服するだけですが、内服前後にはヨウ素制限食や内服薬の調整があります。また、治療後には数日から1週間程度の間、日常生活に一部制限があります。

 遠隔転移を有する甲状腺がんに対する放射性ヨウ素内用療法は、当院ではお受けできませんので、ご注意願います。

 

紹介先

 甲状腺機能亢進症の方

  茨城県立中央病院 内分泌代謝内科

  火、金(要予約)

 

 I-131外来アブレーション

  茨城県立中央病院放射線治療科

  月~金の午前中(要予約)

 

▲戻る