トップページ >  診療科 >  褥瘡対策チーム (Decubitus Response Team)

診療科

専門センター等

部門・活動

褥瘡対策チーム (Decubitus Response Team)

目的

茨城県中央病院における褥瘡管理及び褥瘡対策の効果的運用として設置されています。

2015年度活動実績

1)2015年度褥瘡有病率と推定発生率調査(%)及び、褥瘡発生率(%)

2)年度別褥瘡ハイリスクケア対策件数(手術関連の対象者が8割を占めます)

2015年度褥瘡ハイリスク患者ケア加算の件数。

3)院内外医療スタッフに対する褥瘡関連知識の啓蒙及び教育プログラムでは、(教育委員会やNST委員会と共同)多職種連携により、褥瘡予防対策の実施をしました。

日付 参加者数 内容(テーマなど):褥瘡ケア 講師
5/28 53 エアーマット編 エアーマットメーカー
6/25 59 リハビリ編(ポジショニング) 理学療法士:小島
7/16 41

治療編:病態と治療

陰圧閉鎖療法

医師:狩野 医師:佐々木
8/20 67 薬剤編(DESIGN-Rに沿った選択) 薬剤師:青山

9/24

45 ケア編(被覆材の特徴) WOC中田
10/21 30 栄養編(褥瘡と栄養)NST合同 栄養士:窪田

▲戻る