トップページ >  診療科 >  睡眠時無呼吸症候群外来

睡眠時無呼吸症候群外来

睡眠時無呼吸症候群外来について

  • 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)は、睡眠中の気道閉塞によるイビキや無呼吸のため熟睡出来ず、日中、眠気におそわれミスや事故の原因となるのが特徴です。また、高血圧症や糖尿病、心筋梗塞、心不全、脳梗塞などといった病気の誘因となることがあります。

 

  • 眠気は自覚しにくいことも多く、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、適切な検査を受けることが必要です。

 

以下の症状や病気はありませんか?

 

  • 大きなイビキ
  • 日中の眠気
  • 熟睡感がない・・・
  • 様々な生活習慣病(糖尿病、心筋梗塞、高血圧症)

 

問診⇒検査⇒診断⇒治療までの流れ

  • 問診
  1. 医師の診察を受けていただきます。
  2. 睡眠に関するアンケート、身長・体重・血圧などの基本検査を実施します。
  3. ご自宅にて検査します。(装着法の説明後、簡易検査の機器をお貸しします)

 

 

  • 簡易検査
  1. 身体や手首、指、鼻にセンサーを付けて一晩就寝します。

   ※睡眠中に無呼吸の状態が発生すると、血液中の酸素飽和度が低下します。

     この状態を一晩、測定記録し簡易的な診断を実施します。(ご自宅での検査となります)

   ※簡易検査後、さらに詳しい検査が必要な場合、睡眠ポリグラフ(PSG)検査を行うことがあります。

 

  • 睡眠ポリグラフ(PSG)
  1. 簡易検査で確定診断が必要とされた場合、全身に無刺激な電極を付け、睡眠中の状態を詳しく検査します。

 

  • 治療法の決定
  1. 睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、一般的な治療法として、眠っている間にCPAP(シーパップ)という装置を、自宅で日常の睡眠中に使用します。鼻にマスクをあてて、そこから空気を送り込み気道 が閉塞することを防ぎます。

 

  • 外来通院
  1. CPAP療法は、毎月、自宅で使用しているCPAP機器に記録されているレポートから装着の効果、状態などを確認します。同時に基礎疾患、合併症の状態なども診察いたします。

 

睡眠時無呼吸症候群に関するお問合せ

  茨城県立中央病院 人間ドック科  ☎0296-77-1121  内線2158

▲戻る