トップページ >  病院について >  災害医療への取り組み

災害医療への取り組み

当院は、地域災害拠点病院・原子力災害拠点病院として認定され、災害対策に積極的に取り組んでいます。災害時医療人材派遣実績もあり、今後、訓練の様子も含め、このページで紹介していきます。

災害拠点病院・原子力災害拠点病院とは

災害拠点病院とは国内において地震・津波・台風・噴火など災害発生時に災害医療を行う医療機関を支援する病院です。厚生労働省が示す指定要件に基づき都道府県が指定することになっており、当院は平成9年に災害拠点病院に指定されました。

原子力災害拠点病院とは原子力災害時に、汚染の有無にかかわらず傷病者等を受け入れ、被ばくがある場合 には適切な診療等を行います。また、原子力災害が発生した立地道府県等内において救急医療等を行う「原子力災害医療派遣チーム」を所有する病院です。当院は平成29年に原子力災害拠点病院に指定されました。

 

DMAT(災害派遣医療チーム)

茨城県立中央病院は平成20年3月25日に茨城県DMAT指定医療機関として指定されました。

当院では2チームのDMAT隊があり、平成30年3月1日現在、医師5名・看護師6名・業務調整員5名(内補助要員2名)が活動しております。大規模災害が起こった際は、茨城県内だけでなく、国内全域の被災地に迅速にDMATを派遣できるよう、訓練や研修に積極的に取り組んでおります。

DMATとは

災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。【日本DMATホームページより】

医療人材災害派遣実績

  • 平成28年4月 熊本地震(全国知事会要請)
  • 平成27年9月 関東・東北豪雨
  • 平成24年5月 茨城県・栃木県竜巻災害
  • 平成23年3月 東日本大震災

公式訓練参加実績

  • 平成30年2月 茨城地域DMAT隊員養成研修(県庁)
  • 平成30年2月 関東ブロックDMAT訓練(主に栃木県内)
  • 平成29年11月 茨城県・稲敷市総合防災訓練(江戸崎総合運動公園ほか)
  • 平成29年10月 日本DMAT技能維持訓練(内閣府災対本部予備施設)
  • 平成29年7月 政府広域災害医療活動訓練(大阪府内、和歌山県内ほか) 
  • 平成29年5月 日本DMAT隊員養成研修(兵庫県災害医療センター)

活動報告

平成29年度 関東ブロックDMAT訓練に参加してきました

ミッションを予め決められた指定プレイヤーとして、関東ブロック訓練に参加しました。倒壊家屋に近接する現場救護所を想定して活動し、救護所の立ち上げと運営を行いました。発災時にともに活動する消防との連携の大切さと難しさを痛感しました。今後の活動に活かしていければと考えます。JAXAの協力を得て超高速インターネット衛星きずなを介した通信手段の確立や、ドローンを用いた倒壊状況の確認など、多くの学びもありました。

 川﨑 普司(医師)

 

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20180211/2962073

(参考:下野新聞SOON 2018年2月11日朝刊)

 

 

▲戻る