トップページ >  診療科 >  泌尿器科 (Urology)

診療科

専門センター等

部門・活動

泌尿器科 (Urology)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

名誉がんセンター長

常陸大宮保健所技監兼保健所長
大谷 幹伸 (おおたに みきのぶ)

○泌尿器科 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
米国泌尿器科学会
日本小児泌尿器科学会
日本化学療法学会
日本癌治療学会
日本不妊学会

副病院長、医療教育局長

筑波大学地域臨床教育センター教授
島居 徹 (しまずい とおる)

○泌尿器科

○腹腔鏡手術
○ロボット支援手術

日本泌尿器科学会 専門医・指導医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定

日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器ロボット手術支援プロクター認定
日本内視鏡外科学会 技術認定
日本癌治療学会
日本癌学会
日本分子生物学会

米国泌尿器科学会
European Association of Urology
Society of International Urology
American Association for Cancer Research

部長

常樂 晃(じょうらく あきら)

○泌尿器科

○腹腔鏡手術
○ロボット支援手術

○がん・生殖医療

日本泌尿器科学会 専門医・指導医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定

日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器ロボット手術支援プロクター認定
日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会

日本排尿生理機能学会

日本生殖医学会

医長

江村 正博 (えむら まさひろ)

○泌尿器科

 

日本泌尿器科学会 専門医・指導医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定

医長

市岡 大士 (いちおか だいし)

○泌尿器科

日本泌尿器科学会 専門医

日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定

日本内視鏡外科学会

日本癌治療学会

日本性感染症学会

医員(専攻医)

濱田 和希 (はまだ かずき)

○泌尿器科  

(非常勤医師)

ひたちなか総合病院

山内 敦 (やまうち あつし)

○泌尿器科

日本泌尿器科学会 専門医・指導医

日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定

日本内視鏡外科学会

日本ロボット外科学会

日本腎臓学会
日本癌学会
日本老年泌尿器科学会

(非常勤医師)

佐々木クリニック院長

佐々木 明 (ささき あきら)

○泌尿器科

日本泌尿器科学会 専門医・指導医

日本泌尿器内視鏡学会

日本老年泌尿器科学会

日本排尿機能学会

日本癌治療学会

日本癌学会

日本超音波医学会

日本感染症学会

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例,治療成績など

 泌尿器科では後腹膜臓器である副腎、腎、尿管、膀胱、尿道、そして生殖器である陰茎、前立腺、精巣の疾患治療を担っています。各々の臓器の癌、結石、感染症、発生(形成)異常、外傷、機能障害などに対する診療を担当しています。

 平成29年度は外来患者数18,657人/年、総入院患者数6,593人/年であり、前年度よりも増加しました。

 

  H25 H26 H27 H28 H29
外来延べ患者数 17,682 17,783 18,275 17,961 18,657
入院延べ患者数 6,117 6,105 5,769 4,857 6,593
平均在院日数 8.2 8.2 8.0 7.4 7.8

 

 茨城県のがん拠点病院であり、がん診療に重点を置いております。とくに、尿路上皮癌(膀胱癌、腎盂尿管癌)、前立腺癌、腎臓癌の割合が多いです。その一方で、排尿障害(前立腺肥大症状、過活動膀胱、尿失禁)や尿路結石へは主に外来診療を中心に行っています。泌尿器科カンファレンスを毎週実施して、手術予定症例の確認や、治療方針の検討を行っています。悪性腫瘍では、手術、薬物療法(化学療法、分子標的薬、ホルモン治療)を当科で実際に担当しています。放射線治療科との連携治療や外来化学療法にも対応し、多様な治療方法を提供しています。なお、がんの病態によっては、尿管周囲への腫瘍播種や膀胱浸潤による尿管閉塞による腎後性腎不全がしばしば生じます。これは悪性腫瘍治療をおこなう全診療科の共通の病態であり、尿管ステントや腎瘻または尿路変向術を当科で実施し院内横断的に支援を担わせていただいております。

 

手術支援ロボット「ダヴィンチ」

平成25 年6 月に手術支援ロボット「ダヴィンチ Si」( 米国インテュイティブ・サージカル社製) を導入し、同年 9 月より前立腺がんに対する前立腺全摘除術にロボット支援手術を開始いたしました。ロボット支援前立腺全摘除術は 2012 年 4 月より公的医療保険が適用となっており、前立腺がんの多い米国では 95%以上がロボット支援手術となっています。日本国内では 188 台( 平成26 年9 月現在) が稼働しており、これまで集計されただけでも 15000 例以上のロボット支援前立腺全摘除術が実施されています。
 当院は、医師4 名、看護師2 名、臨床工学士2 名が専門的トレーニングを受け、現在専門チームとして手術を担当しています。平成27 年度は45 症例施行しました。

手術支援ロボット「ダヴィンチ」とは(図5 図6)
ダヴィンチはロボットアームと操作ブース(2 台)、コンピューターおよび助手用モニター部などで構成されています。ロボットアームには先端に鉗子やメスなどを取り付ける3 本のアームと 1 本のカメラが装着されています。術者はケーブルで接続された操作ブースに座り、中に映し出される3次元立体画像を見ながらアームを操り、患部の切除や縫合を行います。 ダヴィンチSi は最新機種で操作ブースが 2 台あることが最大の特徴で、2 名の術者での操作が可能となったこと、医師の技術向上はもちろん、若手医師への教育を通して手術の質、医療の質の向上に貢献します。

図5 Da Vinciサージカルシステムについて

図6 実際の手術の様子

 

【ダヴィンチを用いたロボット支援手術のメリット】

  • 患者さまへの負担を軽くし、より早期の社会復帰が可能です。合併症、後遺症も従来の開腹手術よりも少なくすることが可能です。
  • 手術の傷口が小さく、術後の痛みが軽いため早期の退院・復帰が可能です。
  • 3次元立体画像、正確かつ緻密なロボットアームの操作性から、より確実な切除と縫合が可能となり、出血や機能障害が少なくなります。

 

~前立腺がんに対する前立腺全摘徐術について、従来の方法とダヴィンチによる手術を比較しました~

従来の開腹による前立腺全摘徐術

ダヴィンチによるロボット支援前立腺全摘徐術
  • 傷口が大きく、出血量も多くなりやすい。
  • 見える範囲が限られており、血管や尿道括約筋や神経に対してのアプローチが難しい。
  • 出血が多く、尿失禁が起きやすい。男性機能の温存が(神経温存)が難しい。
  • 傷口を最小限の大きさにとどめることができる。
  • カメラで人間の目よりも狭い場所を拡大して見ることができること、ロボットアームの精度から、より正確な切除・縫合が可能。
  • 炭酸ガスによる気腹下に手術を行うため、出血の量が少ない。
  • 出血が少なく、尿失禁が少ない。また神経の温存の確実性が高い。

 

【お問合せ】

電話 0296-77-1121(代表)

地域医療連携室 (内線2703)

医事課 (内線2031)

午前9時から午後5時まで (土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

【ダヴィンチに関するセカンドオピニオン外来のお問合せ】

※予約制となっております。

医療相談支援室

電話 0296-78-5420 (直通)

午前9時から午後5時まで (土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

代表的な疾患治療の実施状況

1、腎臓癌

 根治的腎摘除術は現在そのほとんどが鏡視下手術でおこなっています。従来の開腹術は局所浸潤進行のある場合など限られています。偶然発見される比較的小さい腎がんでは腎温存ができる腎部分切除術を実施しています。当院では平成26年度から臨床試験としてロボット支援腎部分切除術を開始していましたが、平成28年4月から公的医療保険が適用となり、実施数が増加してきています。なお、放射線科と連携して平成25年度から小径腎癌に対する冷凍療法を導入しました。とくに合併症等で手術を実施できない場合に提示しています。

転移例に対する薬物治療では、従来から分子標的薬剤に加え、平成29年度からは新しい概念である免疫治療(Nivolumab)も導入して治療に臨んでいます。手術、薬物治療ともに革新が続く最新の腎癌治療に対応しています。

 

2、尿路上皮癌(膀胱癌、腎盂尿管癌)

 膀胱癌では原則、経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)による病理診断をもとに治療方針を相談しています。筋層非浸潤性膀胱癌の場合は、再発リスクに応じて膀胱内注入療法(抗がん剤やBCG)による再発抑制を実施しています。一方、筋層浸潤性膀胱癌では、転移がない場合は膀胱全摘術とそれに伴う尿路変更術を行っています。当院では平成26年度から臨床試験としてロボット支援膀胱全摘術を平成27年度から5例実施ました。これを踏まえ平成29年度に自由診療として1例実施しました。腎盂尿管癌の手術治療の際には、腎尿管全摘術を行っています。尿路上皮癌に対する全身化学療法は、周術期の補助化学療法や転移性膀胱癌の治療目的に実施しています。当科で実施する入院化学療法の多くを占めています。

 

3、前立腺癌

 高齢者におおく、治療経過が比較的長い特徴があり、年齢や併存疾患を考慮して、さらに治療の合併症も加味して生活の質を十分に考慮した治療方法を相談しています。限局性がんの代表的な治療法は、前立腺全摘術、放射線療法そしてホルモン療法を実施しています。放射線治療は前立腺癌のリスクに応じてホルモン併用当科で行いますので、放射線科と連携してIMRT(強度変調放射線治療)を実施しています。手術は、平成25年 9 月より導入したロボット支援前立腺全摘術により低侵襲で精度の高い手術を実施しており、本年度も手術件数を伸ばしています。転移性前立腺癌では、ここ数年で複数の新しい治療薬を導入し、ホルモン療法、抗がん剤療法、また骨転移治療薬、限局した転移巣への放射線治療を集学的におこなっています。

 

4、排尿障害

 排尿症状への薬物治療患者数は外来診療の多くの割合を占めます。男性では前立腺肥大症、女性では特有の腹圧性尿失禁があります。また性別を問わず、膀胱刺激症状である頻尿、過活動膀胱があります。夜間頻尿は膀胱機能障害だけではなく、その多くは不眠や内科的疾患が原因になっています。とくに女性の排尿症状への診療はコンチネンス外来枠を設けて、WOC看護師ととも専門的に診療しています。前立腺肥大症への手術として平成27年度に導入した光選択式前立腺レーザー蒸散術(PVP)は近隣施設では当院のみで実施できる特徴的な手術です。PVPは従来の電気メスを用いた内視鏡手術に比べると、出血や合併症が起こる可能性が少なく、入院期間を短縮できます。また、抗凝固剤、抗血小板剤を服用中の方でも内服薬の中止をせずに手術が受けられる利点もあります。ただし、蒸散できる組織重量の限界があることから、比較的軽度の肥大症を対象に実施しています。

 

5、尿路結石

 結石の存在部位によっておおむね腎(腎盂腎杯)、尿管、膀胱に分けられます。当院では体外衝撃波結石破砕術は腎および上部尿管結石に実施しています。尿管鏡により直接結石にアプローチして破砕する経尿道的尿管結石砕石術(TUL)実施件数が近年増加してきました。

手術実施状況(手術室で実施した麻酔下手術)

当科の主な手術様式は、経尿道的手術、鏡視下手術、ロボット支援手術、開腹手術です。

経尿道的手術

  H25 H26 H27 H28 H29
光選択式前立腺レーザー蒸散術(PVP) 0 1 0 11 16
経尿道的前立腺切除術(TURP) 8 3 2 3 5
経尿道的尿管結石砕石術(TUL) 1 0 0 10 19
経尿道的膀胱結石砕石術(TUVL) 15 12 8 6 12
経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT) 92 95 89 94 112

鏡視下手術

  H25 H26 H27 H28 H29
副腎摘除術 1 6 9 4 5
腎摘除術 13 5 9 8 16
腎尿管全摘術 7 10 2 13 13
その他 0 2 0 1 0

ロボット支援

  H25 H26 H27 H28 H29
前立腺全摘術 12 32 46 38 49
腎部分切除術 1 2 5 21 18
膀胱全摘術 0 0 2 3 1

開腹手術

  H25 H26 H27 H28 H29
腎摘除術 3 2 2 3 1
腎部分切除術   2 1    
腎尿管全摘術 0 0 2 0 0
前立腺全摘 9 1 2 0 0
膀胱全摘術 2 3 1 0 4

その他

  H25 H26 H27 H28 H29
前立腺生検 3 0 1 17 20
その他 25 20 18 20 24

合計

  H25 H26 H27 H28 H29
合計 192 196 199 252 315

 

主な設備

Da Vinciサージカルシステム、軟性膀胱鏡(電子内視鏡システム),超音波画像診断装置,リソクラストII(経尿道的結石破砕装置),VariSeed前立腺癌密封小線源治療計画装置一式

学会認定施設の指定

日本泌尿器科学会認定施設

県内初の冷凍手術器(CryoHit)導入

県立中央病院は体に優しいがん治療、冷凍治療を開始します。

▲戻る