トップページ >  診療科 >  精神科 (Psychiatry)

診療科

専門センター等

部門・活動

精神科 (Psychiatry)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長

筑波大学地域臨床教育センター精神科 教授

佐藤 晋爾 (さとう しんじ)

○臨床精神医学

○コンサルテーション・リエゾン精神医学

○精神病理学

○病跡学

精神保健指定医

日本精神神経学会 専門医・指導医

日本総合病院精神医学会認定 一般病院連携精神医学専門医・指導医

日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士

日本精神科診断学会 評議員

日本神経精神医学会 評議員

日本精神病理学会

日本病跡学会

 

(非常勤医師)

こころの医療センター 医長

藤田 俊之 (ふじた としゆき)

○臨床精神医学

○児童思春期精神医学

精神保健指定医

(非常勤医師)

こころの医療センター 医長

間中 一至 (まなか かずのり)

○臨床精神医学

精神保健指定医

日本精神神経学会

(非常勤医師)

こころの医療センター 医長

石井 竜介 (いしい りゅうすけ)

○臨床精神医学

精神保健指定医

日本精神神経学会

(非常勤医師)

こころの医療センター 医長

田村 昌士 (たむら まさし)

○臨床精神医学 精神保健指定医

(非常勤医師)

こころの医療センター 

南場 陽一 (なんば よういち)

○臨床精神医学 精神保健指定医

(非常勤医師)

こころの医療センター

小松崎 智恵 (こまつざき ちえ)

○臨床精神医学 精神保健指定医

(非常勤医師)

こころの医療センター

神 崇慶 (じん たかよし)

○臨床神経医学 精神保健指定医

(非常勤医師)

こころの医療センター

上月 ゆり子 (こうづき ゆりこ)

○臨床神経医学 精神保健指定医

(非常勤医師)

こころの医療センター

田口 高也 (たぐち たかや)

○臨床神経医学 精神保健指定医

(非常勤医師)

こころの医療センター

瀬山 風花 (せやま ふうか)

○臨床精神医学  

(非常勤医師)

こころの医療センター

日向 勝之 (ひなた かつゆき)

○臨床精神医学  

(非常勤医師)

こころの医療センター

水谷 洋介 (みずたに ようすけ)

○臨床精神医学  

(非常勤医師)

こころの医療センター

織内 直毅 (おりうち なおき)

○臨床精神医学  

(非常勤医師)

こころの医療センター

高橋 晶 (たかはし しょう)

○臨床精神医学 精神保健指定医

(非常勤医師)

こころの医療センター

袖山 紀子 (そでやま のりこ)

○臨床精神医学 精神保健指定医

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

当院では,入院した患者さまが抑うつ・せん妄症状等を呈した場合に、適切な精神医療を提供するリエゾン回診を行っています。(こころの医療センターの精神科医が担当)

※ 現在、入院患者に対するリエゾン回診のみで、外来での精神科診療は行っていません。

実績

平成29年度から常勤医師が着任し、主にリエゾン・コンサルテーション精神医療に対応することになりました。それまでは近隣の茨城県立こころの医療センターの協力を得て、週3回のリエゾン回診を行っていましたが、非常勤のため医師が交代して治療の継続性が損なわれたり、さらに緊急対応に限界がありました。

 常勤医着任後は、いわゆるリエゾン回診形式ではなくon demandで対応するようにし、午前中はリエゾン看護師と協力して、前日のうちに救急搬送されている精神科合併症患者が来院していないかチェックし、来院していれば情報収集して対応の要請があればすぐに応じられるようにしました。また、リエゾン看護師もしくは医師に直接連絡のあった場合は可能なかぎり速やかに対応し、その後は「依頼に対してrecommendしたまま」にならないように、優先的に回診が必要なものは基本的に毎日、それ以外でも週一回は回診して、内服の調整や相談に応じるような体制としました。リエゾンチームとしてリエゾン看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーとの連携が重要なために、週に1回のカンファレンスも実施しています。

 さらに県立こころの医療センターとの「顔のみえる関係」維持のため、週1回に非常勤として来院していただき、協力してコンサルテーション患者を回診しています。結果、新規コンサルテーション人数は、平成27年度に312人、平成28年337人から一気に388人まで増加しました。

 平成29年度の秋には、産科カンファレンスにも参加するようにし、周産期メンタルヘルスに力を入れるようにしていく予定です。

 

 

  

 

 

▲戻る