トップページ >  診療科 >  栄養サポート室 (Nutrition Support Team)

診療科

専門センター等

部門・活動

栄養サポート室 (Nutrition Support Team)

【医師】 

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

室長、医長

中林 幹雄

(なかばやし みきお)

栄養管理

日本静脈経腸栄養学会 認定医

日本内科学会 認定医・総合内科専門医

【管理栄養士】

氏名 専門領域 資格

立原 文代

(たちはら ふみよ)

栄養管理 日本静脈経腸栄養学会 NST専門療法士

室の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

当院では、適切かつ質の高い栄養管理を患者さまへ提供するために、多職種が集まり栄養サポート・チーム(Nutrition Support Team ; NST)として活動しています。チームメンバーは、コアとなる医師、管理栄養士の他、看護師、薬剤師、検査技師、歯科衛生士、リハビリテーション・スタッフなど多岐に渡ります。NSTでは、患者さまへの回診や医療スタッフからのコンサルテーションを通して、個々の症例に相応しい栄養療法を検討・提案し、栄養状態が改善するよう支援します。また栄養療法のアウトカムを検証し、リスク低減や医療安全管理への貢献を目指しています。

2016年度の実績

当院では2005年にNSTが発足し、各症例へ適切かつ質の高い栄養管理の提供、医療安全・医療費節減・栄養教育への貢献を目的として活動しています。チームメンバーは、管理栄養士、看護師、薬剤師、検査技師、リハビリテーション・スタッフ、歯科衛生士、歯科医師、医師等から成るコアスタッフ、ならびに病棟看護師、薬剤師等の協力スタッフで構成されています。入院症例の栄養障害の早期発見と適切な栄養療法の提案、栄養療法による合併症対策と予防・リスク減少、院内外スタッフへの栄養教育・情報提供、栄養療法に係るコストの適正化を目指して、各メンバーが協力して回診、パトロール、コンサルテーション、検討会、教育活動に当っています。

施設認定等

2006年 日本静脈経腸栄養学会(JSPEN) NST稼働施設

2007年 日本栄養療法推進協議会(JCNT) NST稼働施設

2009年 日本静脈経腸栄養学会(JSPEN) NST専門療法士実地修練教育施設

2017年度活動内容

回診活動

・ NST回診 1,161件

・ ミールラウンド 335件

・ 経腸栄養パトロール 537件

・ 栄養輸液パトロール 349件

症例検討会 46回 (48症例)

コンサルテーション対応 223件

栄養提供・運用状況

・ 経口食数 324,533食 (2.19食/人・日)

・ 経腸栄養 10,683,000kcal (72.0kcal/人・日)

・ 経静脈栄養 4,096,105kcal (27.6kcal/人・日)

教育活動

・ NST専門療法士実地修練(日本静脈経腸栄養学会認定に基く) 6病院11名を対象に実施

▲戻る