トップページ >  診療科 >  内分泌代謝・糖尿病内科 (Endocrinology Diabetes and Metabolism)

診療科

専門センター等

部門・活動

内分泌代謝・糖尿病内科 (Endocrinology Diabetes and Metabolism)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

医長

志鎌 明人 (しかま あきと)

○内分泌代謝

○糖尿病

日本内科学会 総合内科専門医・指導医

日本内分泌学会 専門医

日本糖尿病学会 専門医・特例研修指導医

日本肥満学会

医員(専攻医)

松本 なこ (まつもと なこ)

○糖尿病

日本内科学会

日本糖尿病学会

日本内分泌学会

(非常勤医師)

病院事業管理者

五十嵐 徹也 (いがらし てつや)

○内分泌代謝

○糖尿病

 

(非常勤医師)

筑波大学附属病院医学医療系内科

(内分泌代謝・糖尿病内科)講師

矢藤 繁 (やとう しげる)

○内分泌代謝

○糖尿病

日本内科学会 総合内科専門医・指導医

日本内分泌学会 専門医・指導医

日本糖尿病学会 専門医

(非常勤医師)

筑波大学附属病院医学医療系内科

(内分泌代謝・糖尿病内科)講師

岩﨑 仁 (いわさき ひとし)

○内分泌代謝

○糖尿病

日本内科学会 総合内科専門医・指導医

日本糖尿病学会 専門医

【診療科の特色,対象疾患,治療法,症例,治療成績など】

診療科の特色

 いまや国民病ともいえるメタボリック・シンドロームや動脈硬化に関連した疾患のうち,肥満や血糖・脂質に関連した生活習慣病を幅広く診療しています。

外来での糖尿病診療は,二次医療機関として,市中開業医院ではなかなか提供しにくい糖尿病教室の開催,栄養指導の実施,インスリンの導入などを行い,継続フォローは地域の先生方に行って頂くことを基本スタンスとしています。

 内分泌疾患はなかなか症状が現れず,気がつかれぬまま進行してしまうことが多く,専門医療機関も限られるため,特に甲状腺疾患(バセドウ病・橋本病など)や副腎疾患(原発性アルドステロン症など)を看過しないよう心がけています。放射副腎疾患(原発性アルドステロン症など)を看過さないよう心がけています。放射線診断科の協力も得て、茨城県中部以北では唯一の原発性アルドステロン症に対する副腎静脈サンプリングによる局在診断までの医療提供を行っており,積極的に同症のスクリーニングを頂いています。地域開業医院と連携することで、年間30症例以上の新規患者様を発見・診断して治療に結びつけています。さらに、H26年からは放射線治療科と連携してバセドウ病(甲状腺機能亢進症の代表疾患)に対する、放射性ヨード治療も開始しました。諸事情により内服治療が困難な症例を中心に安定した疾患管理が可能となってきました。

 一方、がん拠点病院にある診療科として、糖尿病が妨げになっているがん患者様の治療サポートも行っております。外科系診療科の術前・術後の血糖管理を併診し,周術期の合併症のリスク低減に当たっているため,ホームグラウンドである病棟以外でも何かにつけ顔を出しては,血糖などの調整をしていくことが多いのが当科の特色といえます。

 そのため,チーム医療を重視し,糖尿病療養指導士の育成や,Training within Jobs(TWI)に基づく患者療養指導のスキルトレーニング,糖尿病医療に携わる多職種の参加による糖尿病診療会議を定期開催することで,診療科医師のみならず病院の機能として糖尿病医療の質を継続的に改善するための活動を行っています。

対象疾患

 糖尿病(1型,2型,その他),脂質異常症(高コレステロール血症,高TG血症,家族性高コレステロール血症など),甲状腺疾患(バセドウ病,橋本病,亜急性甲状腺炎など),副腎疾患(偶発腫のスクリーニング,クッシング症候群,原発性アルドステロン症,褐色細胞腫,副腎不全),下垂体疾患(偶発腫のスクリーニング,プロラクチノーマ,クッシング病,先端巨大症,尿崩症などの診断,治療),電解質異常,ミネラル代謝異常など。

症例数

  現在、外来予約枠は1ヶ月程度は満杯という状況であり、対象疾患が慢性疾患のため継続的にフォローしている症例数が大変多くなっております。新規の病状が安定していない患者様をスムーズに診療していくためにも、比較的病状が安定している糖尿病の患者様は、近隣医療機関へご紹介申し上げておりますのでご協力をお願い申し上げます。

診療実績

 糖尿病内科領域は、世界的にも糖尿病患者が激増している一方で、糖尿病専門医は絶対的に不足している状態です。県西・県央・県北地域での入院を含む糖尿病や内分泌疾患の診療に対する需要に対して、平成23年10月より前任の高橋昭光医師が常勤医として着任し、入院を含めた診療を開始致しました。

 内分泌領域では、甲状腺疾患の外来診療に加え、全高血圧患者の3-10%程度とされる原発性アルドステロン症の診療について、当科と放射線科、泌尿器科と連携し、県内筑波大学附属病院以北では、内分泌学的診断から副腎静脈サンプリングによる局在診断、適応症例に対しての外科的切除までを一貫して行える唯一の施設となり、地域の先生方から多数の症例のご紹介を頂けるようになって参りました。

糖尿病の入院

 当科が主担当科となった「糖尿病」の入院件数は、年度別で平成24年度71件、平成25年度68件、平成26年度は71件、平成27年度63件、平成28年度 86件となっております。一方で、糖尿病の併診件数、即ち糖尿病に罹患されている患者様が別の疾患を主訴に入院され、血糖コントロールの改善が必要なため、当科へ診療依頼があり、継続的に血糖管理を行った件数は、平成24年度104件、平成25年度は173件、平成26年度は183件でしたが,平成27年度は263件、平成28年度は118件であり、集中治療・周術期・化学療法やその他症例での血糖コントロール困難例に対して専門的な診療を行っております。

内分泌疾患の診療 

 これまで、県中部・県北部に拠点病院がなかった内分泌疾患については、甲状腺疾患の他、放射線科・泌尿器科・外科等と連携し、原発性アルドステロン症診断のための負荷試験・副腎静脈サンプリングを開始し、平成24年度より適応症例は当院で手術治療を行う体制を整えました。原発性アルドステロン症という疾患の認知度の向上もあり、これまで以上に地域の医療機関から多くの症例をご紹介頂けるようになっております。

外来診療

 本来、糖尿病を主体とする生活習慣病は長期間に亘り主治医となり、健康的な生活習慣のメンターとして、患者様の健康生活をコーチングし生涯に亘ってサポートするのが理想的と考えられます。しかしながら、日本全国の推計糖尿病患者数はすでに1,000万人を超える一方で、糖尿病専門医は全国で5,776名(H30.7)と大幅に不足しております。当院では、糖尿病教育入院や血糖コントロール改善入院を通じて診療に携わり、血糖コントロールの改善した患者様は、かかりつけ医での継続加療をして頂くように目指しています。また平成27年から、産科が開設され通常分娩が再開されました。対応が遅れてはおりましたが、平成29年度より妊娠糖尿病・2型糖尿病合併妊娠についても当院での診療を開始いたしました。

 

糖尿病教室のお知らせ

【開催日】  毎月, 第1~第4 火・木曜日に開催(変更のこともあります)  

【開催時間】 15時~16時 

【開催場所】 本館病棟4階 エレベーター前 食堂 

       内科(7-①)外来で受付し、売店側のエレベーターで4階まで上がってください。

       4階で降りたら、すぐ前に食堂があります。

【対象者】    当院通院中の糖尿病の患者さま・ご家族さま
【予約方法】 担当の先生にご相談ください。 当日、13時までにお申し出いただければ参加可能な場合が

       ありますので、 各科受付にご相談ください。

【参加費】  糖尿病教室受講初回時のみ集団栄養食事指導料(80点)のお会計をお願いいたします。

       (3割負担の方は約250円)

【その他】  都合により内容が変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。 

 

糖尿病教室 開催スケジュール(2019年3月~)

3月開催 【糖尿病内科スケジュールおよび案内ちらしはこちらから】

4月開催 【糖尿病内科スケジュールおよび案内ちらしはこちらから】

5月開催 【糖尿病内科スケジュールおよび案内ちらしはこちらから】

▲戻る