トップページ >  医療相談支援室・がん相談支援センター

医療相談支援室・がん相談支援センター

スタッフ

室長

佐久間 直美

患者サポート支援部門/
   がん相談支援センター

看護師長

薗部 喜美子

看護師(がん性疼痛看護)

鈴木 淳子

看護師(認定がん専門相談員)

向山 千晶

医療ソーシャルワーカー(認定社会福祉士・認定精神保健福祉士)認定医療社会福祉士・救急認定ソーシャルワーカー・認定がん専門相談員

馬込 ひろみ

事務

西宮 美知世

退院支援部門

看護師長

岡野 朋子

副看護師長

松木 薫

看護師

大塚 祐子、大島 美奈子、井宮 美千代
松尾 美咲、遠藤 久美子

看護師(訪問看護認定看護師)

池田 美智子

看護師(難病連携相談員)

堤 まゆみ

医療ソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保健福祉士)

島田 真行、野村 千恵、江目 ありさ

業務内容

  1. 在宅への退院調整
  2. 転院・施設入所の調整
  3. 医療相談
  4. 精神合併症患者受け入れ調整
  5. セカンドオピニオンについて

令和元年度 実績

今後の抱負・展望

がん相談支援センター

 がんに関する様々な相談内容に適切に対応できる知識と相談スキルを習得した相談員を育成するために、今後は相談内容の質の向上を目指した研修会を開催していきたいと考えます。

 又、がんに関する悩みや不安を抱えた、患者とその家族のために、気軽に相談できるがん相談支援センターを目指していきたいです。そして、がん診療連携拠点病院として、県内のがん相談に関する最新の情報を提供できるように努力していきます。

医療相談支援室

 次年度は、各部門でそれぞれが役割を発揮できるように努力します。入院前支援部門では、患者さんに安心して入院して頂くために患者個々に必要な情報やご希望、不安などを把握し更なる支援の強化、介入件数の増加につながるように努めます。

 退院調整部門では、入院時からの介入と他職種カンファレンスを行い、患者・家族の希望を考慮し、安心して退院できる環境を整えていきます。そして、地域包括ケアシステムの構築を強化するために、積極的に地域との連携を図っていきます。

 患者サポート支援部門では、医療相談、がん相談など様々な相談に対応できるように、知識の向上及び「相談窓口マニュアルの整備」を行っていきます。

▲戻る