トップページ >  茨城県立中央病院における新型コロナウイルス感染症対策について

茨城県立中央病院における新型コロナウイルス感染症対策について

2020年7月22日 更新

現在、再び新型コロナウイルス感染症の発生が増加してきており、当院では本年2月以降実施してきた感染症対策をさらに強化あるいは更新してまいります。来院される患者さん家族におかれましては、ご不便をおかけする場合もあるかもしれませんが、あらためてご理解ご協力をお願いいたします。

 

外来診療

  • 密をさけソーシャルディスタンスを保つため以下のご理解ご協力をお願いいたします。
    • 紹介状と予約のない初診はお断りしています。
    • 検診、ドック等での異常による受診は外来電話予約センターで予約してください。
    • 再診で症状の安定している患者さんにつきましては、引き続き電話再診をご案内しております。
  • 来院前に患者さん付き添い者全員の体温測定をお願いします。37.5度以上ある場合は、受診をお控えください。
  • 来院時は、マスクを着用下さい。マスクを着用していない場合は、院内の立ち入りをお断りする場合があります。
  • 来院時に病院玄関でサーモグラフィーによる体温測定をさせていただいております。発熱や新型コロナウィルス感染症が疑われる患者さんについては、発熱者外来で診療となったり、一時ご帰宅や近隣クリニック等をご案内する場合があります。

入院診療

  • 入院中に発熱など新型コロナウィルス感染症を疑う症状等が発生した場合は、診療内容の変更や部屋の移動、PCR検査、転院等をお願いする場合があります。
  • 新型コロナウイルス感染症対策として、当院では出産前や手術内容に応じPCR検査を行っております。

面会の制限

  • 病棟の面会は原則禁止しております。医療者側からお願いする場合はその限りではありません。
  • 荷物の受け渡しは、各病棟の窓口で職員が対応します。

職員の体調管理・感染予防

  • 職員は全員、マスクを着用しています。必要に応じフェイスシールド、手袋等をする場合があります。また、手洗い・手指消毒を頻回に行い、ソーシャルディスタンスの確保に努めています。
  • 職員は毎日、体温測定を行い、記録・報告をしています。発熱等症状がある場合は出勤しないこととし、原則、PCR検査を実施しております。
  • 病院内の多くの人が触れやすい場所は頻回に消毒しています。

 

▲戻る