トップページ >  診療科 >  放射線治療センター (Radiation Oncology Center)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

放射線治療センター (Radiation Oncology Center)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

センター長、副院長、

放射線治療科部長

入院前支援センター長

筑波大学地域臨床教育センター教授
玉木 義雄 (たまき よしお)

○各種癌の放射線治療
(頭頸部癌、食道癌、婦人科癌、悪性リンパ腫など)

医員

加沼 玲子 (かぬま れいこ)

○放射線治療

医員

石田 俊樹 (いしだ としき)

○放射線治療

医員(専攻医)

澤田 拓哉 (さわだ たくや)

○放射線治療

(非常勤医師)

筑波大学医学医療系放射線腫瘍学
教授

櫻井 英幸

 
  • 日本医学放射線学会 専門医
  • 日本放射線腫瘍学会 認定医
  • 日本がん治療認定医機構 認定医

(非常勤医師)

筑波大学付属病院放射線腫瘍科病院
教授

奥村 敏之

 
  • 日本医学放射線学会 専門医
  • 日本放射線腫瘍学会 認定医
  • 日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医

スタッフ

診療放射線技師

西部 雅和、河島 通久、生駒 英明

清水 誠、相澤 健太郎、加藤 美穂

笹沼 直人、北島 香奈

医学物理士 新田 和範、篠田 和哉
看護師

海老根 聖子(がん放射線療法看護認定看護師)

宍倉 優子、永堀 美幸、石川 恵美子

クラーク 上野 真樹

 放射線治療センターの特徴

 放射線治療センターは、県央・県北地域の放射線治療の中核病院として、「すべての患者に安全・安心な高精度放射線治療を提供する」をミッションとしています。外部放射線治療装置2台を備え、通常の3次元放射線治療をはじめ、強度変調放射線治療(IMRT)、脳および体幹部定位放射線治療、呼吸同期照射、画像誘導放射線治療等の高精度放射線治療を提供しています。県内では初となる動体追跡システム(SyncTraX FX4、島津)による体幹部定位放射線治療、Multiple Brain Mets System(BRAINLAB)による多発性脳転移に対する定位放射線治療を行っています。小線源治療としては、遠隔式高線量率アフターローダー(RALS)を備え、子宮頚がんでは腔内照射と組織内照射を併用するハイブリッド照射も採用しています。ラジオアイソトープ治療としては、甲状腺がんやバセドウ病に対する放射性ヨウ素内用療法、前立腺癌骨転移に対するラジウム223治療を実施しています。筑波大学の非常勤医師による陽子線外来を開設し、陽子線治療を希望する患者さんの診察を行っています。教育活動としては、筑波大学や茨城県立医療大学との連携で、初期研修医や専攻生、放射線技術科学科の学生を受け入れ、卒前・卒後教育に取り組んでいます。2019年10月からは茨城県立医療後期保健医療科学専攻の大学院大学生を対象として、2年間の医学物理実習(医学物理士レジデント制度)を開始しました。

 2019年度の診療実績

 2019年度の新規放射線治療患者数は459名(ラジオアイソトープ治療を除く)で、再治療を含めると延べ580名でした。新規治療患者の原発臓器は、泌尿器科、肺、乳腺、婦人科の順に多く、成人の悪性腫瘍の大部分を網羅しています(表1)。最近5年間の新規治療患者数と原発部位の推移を図1に示しました。表2には特殊治療の内訳を示しました。強度変調放射線治療(IMRT/VMAT)を166名、定位照射治療を59名(脳37名、体幹部22名)に行いました。IMRT/VMATを行った症例の内訳は、前立腺がん67名、頭頚部がん38名、子宮がん 17名、肺・縦隔9名、食道5名、その他30名でした。高線量率腔内照射(RALS)を行ったのは36名で、大部分は子宮頚がんでした。子宮がんの腔内照射は、CT画像を元に治療計画を立てる画像誘導小線源治療(IGBT)を行っています。非密封線源治療(ラジオアイソトープ治療) は、放射線ヨウ素内用療法を5名、ラジウム223による前立腺がん骨転移の治療を5名(21回)に行いました。特殊治療患者数の年次推移を図2に示します。

表1 新規放射線治療患者 原発部位

原発部位 症例数(名) 割合(%)
肺・縦隔 85 18.5
泌尿器 91 19.8
乳腺 58 12.6
婦人科 57 12.4
胃・腸 49 10.7
頭頸部 39 8.5
肝・胆・膵 24 5.2
リンパ造血器 22 4.8
食道 15 3.3
皮膚、骨、軟部 9 2
脳・脊髄 4 0.9
その他(悪性) 5 1.1
良性 1 0.2
全体 459 100

 

図1 新規放射線治療患者数の推移

 

表2 特殊治療の内訳

  患者数(名)
定位放射線治療   59
  37
体幹部 22
強度変調放射線治療(IMRT) 166
  前立腺がん 67
頭頚部がん 38
子宮がん(術後) 17
進行肺がん
食道がん
その他 30
密封小線源治療 36
非密封小線源治療(RI治療) 10
  ヨウ素131 5
ラジウム223 5(のべ21)

図2 特殊治療患者数推移

 

表3 年度別照射人数。各照射人数は、1日照射人数の総数(人×回)

  2014 2015 2016 2017 2018
外照射 リニアック室1 Trilogy(2009-) 5,954 6,039 6,180 6,499 5,695
リニアック室2 TrueBeam(2017-) 4,157 6,151
リニアック室3 MHCL(-2017) 5,719 5,975 6,015 1,890
小計 11,673 12,014 12,195 12,546 11,846
内照射 マイクロセレクトロンHDR 94 134 145 137 168
部門 計 11,767 12,148 12,340 12,683 12,014

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績

▲戻る