トップページ >  診療科 >  医療安全管理対策室(Medical Safety Management Center)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

医療安全管理対策室(Medical Safety Management Center)

医療安全管理対策室について

 医療安全管理対策室は、医療管理対策委員会で決定された方針に基づき、組織横断的に院内の安全管理を担うために設置されています。

医療安全対策室の業務

  1. 各部門における医療安全対策の実施状況の評価に基づき、実施状況および評価を行う。
  2. 医療安全管理対策委員会と連携し、院内研修・患者等の相談を行う。
  3. 医療安全対策室カンファレンスを週1回実施し、取り組みの評価を行う。
  4. 医療安全対策委員会で用いる資料を作成し、あらかじめ討議を実施する。
  5. 医療安全に係る日常活動
    ●医療安全に関する現場の情報収集および実態調査
    ●マニュアルの作成、改訂
    ●事例報告の収集、分析
    ●医療安全に関する最新情報の把握と職員への周知、啓発、広報
    ●医療安全に関する研修企画・運営
  6. 事例発生時の指示・指導を行う

令和元年度の主な実績

  1. 医療安全ラウンドを月1回実施し、各部門の医療安全対策実施状況を評価
  2. 全職員対象研修の企画・運営
    ●令和元年6月14日「認知症について」「転倒転落と抑制のお話」(参加率96.9%)
    ●令和元年12月17日「診療録・看護記録の重要性」(参加率95.7%)
  3. 会議を月1回開催し、重要事例等についての検討、対策の医療安全管理対策委員会への提案
  4. 医療安全管理指針・マニュアルを年2回改訂
  5. 医療安全対策地域連携連絡会を年2回開催するとともに5病院で相互ラウンドを実施
  6. インシデントレポート集計・分析

 

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績

医療安全管理指針

当院において発生した医療事故について

▲戻る