トップページ >  診療科 >  医療スキルトレーニング室(Medical Skills Training Center)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

医療スキルトレーニング室(Medical Skills Training Center)

医療スキルトレーニング室について

 当院の医師、看護師や医学部及び看護学部の学生、地域の医療専門職等の医療知識及び技術の習得と向上に資することを目的に医療スキルトレーニング室を設置しており、医療スキルトレーニング室の継続的運営、及びその備品等の管理を担っております。 また、医療スキルトレーニング室の備品等の整備、運用、維持及び管理に関する事項の検討や調整、また医療スキルトレーニング室の活用に関する事項についても検討や調整を行っております。

実績(平成30年度)

  1. 医療スキルトレーニング室器材一覧表の作成
    茨城県立中央病院研修棟 医療スキルトレーニング室内に備えつけの約70種、600品以上の資器材及び消耗品を管理し運用するにあたり、医療スキルトレーニング室器材一覧表を作成しました。
  2. 新規購入物品(※)の選定
    医師を対象とした新採用者オリエンテーション時のICLSコース及び診療基本手技講習会や、医療関係者を対象とした各種講習会の開催、また気管支鏡トレーニング、分娩期における「内診」「分娩介助」トレーニング等、専門性の高いトレーニングを行うことが常時できるようシミュレータを選定し配置しました。
  3. 各種講習会の開催
    医療スキルトレーニング室主催または共催でBLS、ICLS、新生児蘇生法等の講習会を開催し、医療スキルトレーニング室及び資器材の積極的活用を目指しています。平成30年度は、1年目看護師を対象としたICLS講習会も開催し、受講者17名全員が修了認定となりました。

新規購入物品(シミュレータ等)一覧(※)

胸・心嚢穿刺シミュレータ 動脈採血シミュレータ 経管栄養シミュレータ
末梢挿入中心静脈カテーテル 導尿・浣腸シミュレータ(男性) 導尿・浣腸シミュレータ(女性)
縫合手技トレーニングフルセット DAMシミュレータ 助産シミュレータフルセット
レサシアンシミュレータPLUS

レサシアン with QCPR(半身)

Sim Pad PLUS
腕総合注射モデル腕自慢 セーブマンアドバンス Air Sim ブロンコ

心肺蘇生トレーニングツール

救トレ

ハイローストレッチャー 気道管理器具セット

 

▲戻る