トップページ >  診療科 >  入院サポートセンター(Pre-admission Review Center)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

入院サポートセンター(Pre-admission Review Center)

入院サポートセンターについて

 当センターは2018年11月20日から業務を開始いたしました。「入院前に何を支援するの?」と疑問をもたれる方がいらっしゃると思います。入院が予定されている患者さんに対して、外来に通院しているときから、治療や療養に関するお手伝いをする部署です。以下の専門職がそれぞれの役割を担います。

 ドクターズクラーク(医師事務作業補助者)は、医師の指示のもと検査などの予約をします。看護師は、入院の説明や退院後の生活の援助など、心配事全般に対応します。管理栄養士は、栄養に関するアドバイスやアレルギーをチェックします。薬剤師は、服用している薬の確認や手術・検査に伴う中止薬の指導を行います。安心・安全な治療を受け、できるだけ早く元の生活に戻れるよう入院前から支援させていただきます。

 現在支援の対象とする診療科は、消化器外科(胃・大腸・肝胆膵)、呼吸器外科、泌尿器科、乳腺外科となっております。今後も全診療科を対象に拡充していく予定です。

活動実績

令和元年度活動実績

 医師事務作業補助者の介入患者数は年間486名、看護師が対応した患者数は433名、栄養管理士による外来栄養食事指導実施は431名、薬剤師外来受診は352名、口腔機能管理依頼は340名でした。
※最新の月別の実績の表は下記よりご覧ください。

入院サポートセンター実績(令和2年度)

▲戻る