トップページ >  診療科 >  循環器内科 (Cardiovascular Medicine)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

循環器内科 (Cardiovascular Medicine)

スタッフ

医師名 専門領域 所属学会・専門医等
部長、循環器センター長
武安 法之 (たけやす のりゆき)

○循環器内科
○虚血性心疾患
○心血管カテーテル

治療

  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本循環器学会 専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 専門医・評議員
  • 日本心臓病学会
  • 日本心臓核医学会

部長(不整脈担当)

筑波大学地域臨床教育センター 

准教授
吉田 健太郎 (よしだ けんたろう)

○循環器内科
○不整脈領域
○カテーテルアブレーション治療
○心房細動
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本循環器内科学会 専門医
  • 日本不整脈心電学会 不整脈専門医
部長(臨床心臓病学担当)
馬場 雅子 (ばば まさこ)
○循環器内科
○心大血管リハビリテーション治療
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本循環器内科学会 専門医
  • 日本心臓リハビリテーション学会
医長
菅野 昭憲 (すがの あきのり)

○循環器内科

○心エコー図

○冠動脈インターベンション

○心不全

  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本循環器学会 専門医
  • 日本超音波学会 専門医
  • 日本心エコー図学会
  • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医
医長
本田 洵也 (ほんだ じゅんや)

○循環器内科

○心不全、心筋症

○血栓症

  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本循環器学会 専門医
  • 日本心不全学会 「植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療」研修修了
  • 日本心エコー図学会
  • 日本腫瘍循環器学会
医員
津曲 保彰 (つまがり やすあき)

○循環器内科

○不整脈領域

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本循環器学会
  • 日本不整脈心電学会

医員(専攻医)

掛田 大輔 (かけた だいすけ)

○循環器内科

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会

(非常勤医師)

山本 昌良 (やまもと まさよし)

○循環器内科

 

(非常勤医師)

本田 誠一郎 (ほんだ せいいちろう)

○循環器内科

 

(非常勤医師)

小田 優香 (おだ ゆか)

○循環器内科

○不整脈

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本不整脈心電学会

⇒外来担当医一覧表はこちら

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

 当院循環器内科は,笠間・水戸及び県央地域の循環器系疾患の拠点病院として,病診連携・病病連携を活発に行っています。

「循環器専門医研修施設」「不整脈専門医研修施設」「日本心血管インターベンション治療学学会研修施設」認定急性心筋梗塞,不安定狭心症といった急性冠症候群に対する緊急心臓カテーテル検査及び冠動脈インターベンション治療,心房細動を含めた不整脈に対するアブレーション治療、永久的ペースメーカー・ICD・CRT植込み術を積極的に行っています。

令和元年度 入院患者数の概要(表1)

 入院総数は1,028例であり、入院時主病名は虚血性心疾患が440例、うっ血性心不全は209例でした(基礎疾患が虚血性心疾患と判明した症例を含みます)。心室頻拍、上室性頻拍・心房細動などの不整脈は215例、末梢動脈疾患17例、弁膜症は35例、先天性心疾患は0例でありました。総数に占める虚血性心疾患、うっ血性心不全の割合は増加、不整脈疾患の割合は横ばい、弁膜症疾患は減少(感染性心内膜炎を含む)しました。

表1 入院患者数および医療資源最投入病名

病名 疾患名内訳 症例数
虚血性心疾患 440
  慢性虚血性心疾患 356
急性心筋梗塞 84
うっ血性心不全 209
不整脈  
  頻脈性 157
徐脈性 58
心筋症、心筋炎など 9
肺血栓塞栓症 7
高血圧 3
弁膜症 39
先天性心疾患 0
大動脈疾患 12
末梢動脈疾患 17
来院時心肺停止 4
その他 73
合計 1,028

※医療資源最投入病名は入院中最も医療資源を必要とした臨床診断名であり、必ずしも背景の基礎疾患を表していません。また、一人の患者さんで複数の疾患を有する場合も多いのですが、上記内訳には重複がないように集計しました。

循環器検査・治療の概要(表2)

 心臓超音波検査は3,030件、血管超音波検査は973件、24時間(ホルター)心電図は462件、心臓カテーテル検査総数は693件(冠動脈インターベンション治療 256件)でした。心肺運動負荷心電図は2件、心臓核医学検査数は負荷検査236件、安静時検査 30件、冠動脈CT検査は181件でありました。恒久的ペースメーカー新規植込みが36件、ペースメーカーのジェネレーター交換は12件でありました。虚血性心疾患に関連する負荷検査、画像診断は減少。不整脈関連の検査数はやや増加でした。不整脈治療に関連する項目では、ペースメーカーの新規植込みは横ばい、交換がやや減少、アブレーション治療数はやや増加しました。

表2 検査・治療件数(2019年度)

検査・治療 内訳 件数
心臓超音波検 経胸壁 3,030
経食道 98
血管超音波検査   973
24時間(ホルター)心電図検査   462
遅延電位心電図検査   13
大動脈脈波速度検査   1,296
トレッドミル運動負荷心電図検査   438
心肺運動負荷検査 (CPX)   2
核医学検査 負荷心筋血流イメージング 236
安静心筋血流イメージング 30
冠動脈CT   181
心臓MRI   42
心臓カテーテル検査総数(PCI含む)   693
冠動脈カテーテル治療(PCI)   256
末梢動脈カテーテル治療(PPI)   6
ペースメーカー治療 ペースメーカー新規植込み 36
ペースメーカー交換 12
植込み型除細動器(ICD)治療   8
心臓再同期療法+除細動器(CRT-D)治療   8
不整脈アブレーション治療   117

循環器疾患構造と診療内容について

(1)疾病頻度

 令和元年度入院総数は前年度より増加し、その中で虚血性心疾患、うっ血性心不全の割合が増加、不整脈疾患の割合はほぼ横ばいでした。いよいよ心不全パンデミックの時代にはいってきたのかもしれませんが、現時点で入院疾病構造に大きな変化はみられていません。県央、県北の不整脈に対するカテーテル治療適応症例を引き続き積極的に受け入れていることで、これまで同様に不整脈疾患に関連する治療件数は高い数値を維持しています。末梢動脈疾患に関しては多科に渡る院内バスキュラーカンファランスを週1回開催しており、循環器内科、放射線専門医、血管外科、心臓血管外科と幅広い診療科で情報共有を行い、治療方針を検討しております。

(2)心臓カテーテル検査および冠動脈インターベンション治療(PCI)の件数(図表3)

 急性冠症候群患者の受け入れ数、緊急カテーテル実施件数は横ばいでしたが、心臓カテーテル検査総数はPCI 件数はやや増加、冠動脈CT 検査は大幅に減少しました。

図表3 心カテ、PCI、アブレーション件数の年度別推移(2008~2019年度)

年度 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
冠動脈CT 112 120 118 144 142 212 201 185 242 286 181
心カテ総数 668 553 636 660 843 819 797 802 748 646 693
緊急心カテ 121 105 102 102 178 122 131 124 124 103 98
PCI総数 268 248 248 223 294 218 255 244 232 241 256
緊急PCI 98 77 82 88 126 73 85 79 89 89 85
PPI数 32 22 16 12 12 14 3 10 6 5 6
アブレーション数 37 17 34 91 121 129 125 124 137 111 117

心臓カテーテル検査とインターベンション治療(PCI)、不整脈アブレーション治療

 

心カテ、CTA、PCI件数、不整脈アブレーション件数など 

 

 心臓カテーテル検査件数の推移は、2013年度から毎年800件ほどで推移しており、その後減少傾向が続いておりましたが、本年は増加に転じました。また冠動脈インターベンション治療(PCI)の件数は2004年度から年間100件を超えるようになり、2008年度以降はほぼ240件前後で推移しています。PCI治療の中では、80歳以上の高齢者症例、病変形態typeB2、C病変といった複雑病変が多いものの、緊急症例も含めて全体の98%以上の症例で橈骨動脈から治療を行う経橈骨動脈冠動脈インターベンション(TRI)治療を行っており、症例数・質ともに成熟期にあると考えられます。治療対象の高齢化に対応して治療手技による侵襲はできるかぎり少なく、一方でより高度な重症複雑な冠動脈病変を治療する機会が多くなっています。また、2009年度から経皮的心肺循環補助装置も稼働し、重症心疾患への迅速・高度な対応を行い、良好な治療成績を残せるようになってきました。2011年度からは循環器センター・CCU病棟を整備し、外科治療をも含めた集学的治療を施行できる体制が整っております。冠動脈インターベンションの領域では2012年度からロータブレータ治療の施設認定を取得し、施行可能となったことから、上記のような高齢者症例、高度石灰化症例に使用することで治療効果が高まっています。今後新棟建設の計画が進むようでしたら、SHD(structural heart disease ; 心構造疾患)に対するインターベンション治療の準備も進めてまいります。

(3)不整脈疾患

 2012 年度から不整脈専門医が着任し、2名以上の体制で専門的治療を継続しています。県央・県北の医療施設から多数の不整脈症例を紹介いただき、患者数は現在も年々増加しています。不整脈や心不全に対するデバイス治療も持続して行っており、今後も県央以北における様々な不整脈に体する治療の中核施設として地域医療に貢献していく所存です。

(4)大動脈・末梢動脈疾患

 末梢動脈疾患数は横ばいでしたが、大動脈疾患に関しては、循環器センター開設に伴い、手術治療・保存的治療を症例に応じて選択できる体制となったことから積極的に受け入れることが可能となりました。大動脈解離に対する緊急手術治療も開始したことから、一昨年度から徐々に周辺施設からの依頼数も増加し、保存的治療を内科的に行う症例・緊急手術になる症例ともに増加してまいりました。2018年度には循環器外科、放射線治療科、血管外科で協力し、胸部大動脈ステント治療も開始することができました。今後も引き続き積極的に大動脈・末梢動脈疾患を受け入れてまいります。

(5)弁膜症

 弁膜症例が今年度はやや減少しました。弁形成術を大きな柱とした外科治療を積極的に行っていることや、近隣地域から依頼の多い感染性心内膜炎症例が増加していることによると考えられます。これまで同様、循環器内科・外科の緊密な連携を保ちながら、保存的治療と手術治療のバランス・そのタイミングを逸することなく治療に当たっており、たくさんの難治例を救命し得ています。

(6)心大血管リハビリテーション、早期離床リハビリテーション

 バイパス術あるいは弁膜症手術や大血管心臓手術後症例にしても、急性心筋梗塞など内科救急疾患にしても、その予後や日常生活動作自立にもっとも寄与するのはリハビリテーションであると判明しております。当院では2015年度後半から、毎日切れ目なくリハビリテーションを行えるように、入院患者さんに対する心大血管リハビリテーション、早期離床リハビリテーションを医師・理学療法士・看護師によるチームで施行しております。これにより、早期の離床、立位、歩行、運動を行うことで、退院後の生活自立にも貢献できているものと考えております。本年度からはスタッフの関係で、残念ながら外来患者さんの心血管リハビリテーションは休止している状況です。

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績

▲戻る