トップページ >  診療科 >  血管外科 (Vascular and Endovascular Surgery)

診療科

専門センター等

部門・活動

血管外科 (Vascular and Endovascular Surgery)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

医長

根本 卓 (ねもと まさる)

○血管外科
○消化器外科

日本外科学会 専門医

心臓血管外科専門医認定機構 専門医

日本脈管学会 専門医

腹部ステントグラフト実施医・指導医

胸部ステントグラフト実施医

浅大腿動脈ステントグラフト実施医

日本血管外科学会認定血管内治療医

下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医・指導医

日本医師会認定産業医

(非常勤医師)

前部長

髙山 豊 (たかやま ゆたか)

○血管外科

日本外科学会 専門医・指導医
心臓血管外科専門医認定機構 専門医・修練指導者
日本脈管学会 専門医・評議員
日本静脈学会 評議員
日本心臓血管外科学会国際会員
日本血管外科学会

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症などの動脈疾患をはじめ、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症などの静脈疾患、リンパ浮腫などのリンパ管疾患を担当しております。

 大動脈瘤につきましては、2012年2月に腹部大動脈瘤、2016年12月には胸部大動脈瘤に対するステントグラフト実施施設の認定を受け、血管内治療も積極的に行っております。また、閉塞性動脈疾患につきましては、大動脈から足底動脈・足背動脈に至るまでのさまざまなレベルの血行再建術を行っており、また、血管内治療の適応症例に対しましては、当院放射線診断科および循環器内科と協力して経皮経管血管拡張術(PTA)、ステント留置術などのインターベンション(IVR)も行っております。毎週、Vascular Boardと称して、循環器内科・外科、放射線診断科などと血管疾患に関するカンファランスを行い、個々の症例について集学的で最適の治療法を検討しております。また、手術や血管内治療など観血的な治療の適応にならない症例に対しましても、薬物治療や運動療法等を地域の医療機関との連携のもとに行っております。さらに、糖尿病性足病変をはじめさまざまな血行障害にも対処しております。

 下肢静脈瘤につきましては、血管内焼灼術などの低侵襲な手術療法から弾性ストッキングによる圧迫療法まで、症状や患者様の要望に配慮して、さまざまなオプションの中から最良の方法を選択しております。

 外来診療は、月曜日、水曜日、木曜日ですが、急を要する場合はこれに限らず随時対処いたしますのでご連絡下さい。また、大動脈瘤破裂や急性動脈閉塞など、緊急の症例も可能な限り対応いたします。

2017年度の実績

 腹部大動脈瘤については2012年よりステントグラフト内挿術を行ってきましたが、2017年度は非破裂性腹部大動脈瘤(腸骨動脈瘤を含む)25例のうち11例をステントグラフト留置術(EVAR)で行いました。また、胸部大動脈瘤に対する胸部大動脈ステントグラフト留置術(TERVA)を1例行いました。緊急手術症例として、破裂性腹部大動脈瘤1例、急性動脈閉塞に対する血栓塞栓除去術2例の手術を施行し、いずれも救命、救肢いたしました。

 2015年5月からは、院内のリンパ療法士(看護師)が中心となってリンパ浮腫外来を開設しておりすが、2017年度は28回の外来を行い、延べ160回の診療を行いました。しかしながら、需要は非常に多く、予約は2〜3ヶ月待ちの状態でした。

 術前・術後および入院患者の検討は毎週水曜日に外科カンファランス内で行っており、また、毎週金曜日にVascular Boardと称して、循環器内科・外科、放射線診断科と合同でカンファランスを行っております。

血管外科手術実績(2017年度)

病名・手術名 手術数 手術死亡

腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤(非破裂)

うちステントグラフト内挿術

25

11

0

0

破裂性腹部大動脈瘤 1 0
胸部大動脈瘤   ステントグラフト内挿術 1 0
その他の動脈瘤 1 0

慢性動脈閉塞(血行再建術)

うち脛骨・腓骨動脈以下

6

2

0

0

急性動脈閉塞(血栓・閉塞除去術) 2 0
下肢静脈瘤   伏在静脈抜去術 4 0
慢性腎不全(内シャント造設術、血栓除去術) 2 0
その他 9 0
合計 51 0

手術死亡:術後30日以内の死亡

 

学会等の認定施設

  • 心臓血管外科専門医認定修練施設

  • 日本脈管学会認定研修指定施設

  • 胸部ステントグラフト実施施設

  • 腹部ステントグラフト実施施設

  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術実施施設

▲戻る