トップページ >  診療科 >  呼吸器内科 (Respiratory Medicine)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

呼吸器内科 (Respiratory Medicine)

スタッフ

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長、副病院長

呼吸器センター長

医療安全管理対策室長

地域連携・患者支援センター長

地域支援局長
鏑木 孝之

(かぶらぎ たかゆき)

○呼吸器内科
○肺腫瘍
  • 日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医・評議員
  • 日本呼吸器学会 専門医・指導医
  • 日本アレルギー学会
  • 日本感染症学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医・評議員
  • 日本結核・非結核性抗酸菌症学会 結核・抗酸菌症 認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本肺癌学会

部長、感染制御室長
橋本 幾太

(はしもと いくた)

○呼吸器内科
○感染症
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本呼吸器学会
  • 日本感染症学会
  • 日本化学療法学会 抗菌化学療法 認定医
  • 日本アレルギー学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本結核・非結核性抗酸菌症学会
  • 結核・抗酸菌症 認定医
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)

部長

(呼吸器内視鏡担当)
山口 昭三郎

(やまぐち しょうざぶろう)

○呼吸器内科
○呼吸器内視鏡
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会 専門医・指導医
  • 日本アレルギー学会
  • 日本感染症学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡 専門医・指導医
  • 日本結核・非結核性抗酸菌症学会 結核・抗酸菌症 認定医
  • 日本肺癌学会
  • 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

部長

(抗酸菌症担当)

吉川 弥須子

(きっかわ やすこ) 

○呼吸器内科

○抗酸菌・感染症

  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本結核・非結核性抗酸菌症学会 結核・抗酸菌症 認定医・指導医
  • 日本医師会 産業医
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)
  • 日本禁煙学会 認定医・指導医

部長

(腫瘍担当)

田村 智宏

(たむら ともひろ)

○呼吸器内科

○腫瘍

  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会 専門医
  • 日本アレルギー学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本肺癌学会

医長

山田 豊

(やまだ ゆたか)

○呼吸器内科

○腫瘍

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本呼吸器学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本結核・非結核性抗酸菌症学会 結核・抗酸菌症 認定医・指導医
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)
  • European Society for Medical Oncology

医長

大久保 初美

(おおくぼ はつみ)

○呼吸器内科

  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 日本肺癌学会

医員

松倉 しほり

(まつくら しほり)

○呼吸器内科

  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会

(非常勤医師)

島田 梨紗

(しまだ りさ)

○呼吸器内科

 

⇒外来担当医一覧表はこちら

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

対象疾患

肺癌,肺結核,非結核性抗酸菌症,呼吸不全,肺炎,胸膜炎,びまん性肺疾患,気胸,気管支喘息など

呼吸器内科の特徴

肺癌を中心とした胸部腫瘍:呼吸器外科,放射線科,病理との連携が緊密に行われており,診療科を越えた集学的治療が常に検討されています。抗癌剤を用いた化学療法に関してはTORG(胸部腫瘍臨床研究機構)TCOG(東京がん化学療法研究会)等の多施設共同研究に参加しており,最先端の臨床試験に参加することができます。また,症状緩和についても積極的に取り組んでおり,新薬の治験にも参加しております。また,都道府県がん診療連携拠点病院として院内外での研修教育活動に取り組んでいます。

  • 肺結核
    専用病棟を持ち,感染性のある患者さんの入院治療が可能です。総合病院として合併症のある患者さんの治療に適しています。
  • 呼吸器救急疾患
    他診療科と密接な連携をとりながら積極的に対応しております。非侵襲的人工呼吸器,緊急内視鏡(局所麻酔下胸腔鏡を含む),緊急放射線治療,気道・血管ステント療法,気道出血に対する血管塞栓療法などが可能です。地域医療連携を進めており急性期患者さんの受け入れ,回復後の病院連携を早期に検討した結果,平均在院日数は約12日となっています。
  • 症例数(令和元年/年間)
    新規肺抗酸菌症(肺結核,非定型抗酸菌症)患者約30人,新規肺癌患者約100人,その他入院患者総数約300人
  • 呼吸器内視鏡検査(令和元年/年間)
    気管支鏡 約300例 超音波内視鏡(中枢,末梢),極細径内視鏡,ナビゲーションシステム,特殊光検査(NBI AFI)など症例に応じた特殊検査が行えます。局所麻酔下胸腔鏡 約50例 総経験症例数は600例に達し,緊急にも対応できます。

学会認定施設の指定

日本呼吸器学会認定施設、日本臨床腫瘍学会認定施設、日本呼吸器内視鏡学会認定施設、日本内科学会教育施設

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績

▲戻る