トップページ >  診療科 >  膠原病・リウマチ科 (Rheumatology)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

膠原病・リウマチ科 (Rheumatology)

スタッフ

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長

筑波大学地域臨床教育センター

准教授
後藤 大輔 (ごとう だいすけ)

○膠原病・リウマチ

  • 日本内科学会 認定医・指導医
  • 日本リウマチ学会
    専門医・指導医・評議員
  • 日本アレルギー学会
    専門医
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本シェーグレン症候群学会

部長(難治性疾患担当)
髙野 洋平 (たかの ようへい)

○膠原病・リウマチ

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本リウマチ学会

(専攻医)

田渕 大貴 (たぶち だいき)

○膠原病・リウマチ

  • 日本内科学会
  • 日本リウマチ学会 

(非常勤医師)

杉田 稔貴 (すぎた としき)

○膠原病・リウマチ
  • 日本内科学会 
  • 日本リウマチ学会 

⇒外来担当医一覧表はこちら

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

診療科の特色

 膠原病とは,本来,外敵から体を守るための免疫という力が,何らかの原因(膠原病リウマチ疾患の原因は,いまだに不明です)により,自分自身の体を攻撃するようになってしまう病気の総称です。

 具体的には,関節リウマチ,全身性エリスマトーデス,抗リン脂質抗体症候群,シェーグレン症候群,強皮症,多発性筋炎/皮膚筋炎,混合性結合組織病,血管炎症候群(結節性多発動脈炎,顕微鏡的多発血管炎,多発血管炎性肉芽腫症(Wegener肉芽腫症)など),ベーチェット病(血管型,腸管型,神経型含む),成人発症スティル病,高安病,リウマチ性多発筋痛症,血清反応陰性関節脊椎関節炎などの病気が有ります。

 そして,これらの疾患は,中枢神経病変,末梢神経障害,皮膚潰瘍,眼病変,心膜炎,胸膜炎,間質性肺炎,肝炎,膵炎,潰瘍性消化管病変,腸管気腫,糸球体腎炎,間質性腎炎,肺高血圧症,腎クリーゼ,深部静脈血栓症,肺血栓塞栓症,習慣流産,血球貪食症候群,溶血性貧血,自己免疫性血小板減少症,白血球減少症,播種性血管内凝固症候群,など全身のありとあらゆる臓器障害を合併します。

 それらの治療には,多くの場合,免疫異常を制御するために免疫抑制薬を使用することになりますが,治療中の合併症として日和見感染なども注意しなければなりません。従って,膠原病リウマチ疾患の診断,治療は上記のような病態と合併症を良く理解している専門医による診療が望まれます。

 現在,膠原病リウマチ領域の診断,治療は格段に進歩しております。とくに関節リウマチは,分子生物学的研究の成果により登場した生物学的製剤により,以前には考えられなかった「寛解」や「治癒」を目標にするところまできています。当院でもレミケード,エンブレル,ヒュミラ,アクテムラ,オレンシア,シンポニー,シムジア,ゼルヤンツといった生物学的製剤を適切に使用し,治療を行っております。

 他の膠原病においても,最新のエビデンスと科学的根拠に基づいた治療を行っております。また,筑波大学附属病院とも連携を行い,常に最先端の治療ができるように診療を行っております。

診療実績

令和元年度の実績

 治療実績に関しては、最新の治療薬である生物学的製剤での治療も積極的に行っております。令和元年度の具体的な治療薬別の患者数は別表の通りでありますが、合計で147例(経口の分子標的型合成抗リウマチ薬を含む)となっています(アクテムラ®、オレンシア®は点滴投与と在宅自己注射患者の両方を含む)。これらの治療は、効果はもちろん高いですが、副作用にも注意しながら使用する必要があります。病態を改善させることも重要ではありますが、安全性が第一であり、副作用には十分に注意しながら治療することを心掛けております。具体的には、点滴製剤の投与に関しては、当日の体温を含めた体調を確認した上で、化学療法室にて安全かつ適切に投与を行っております。また、在宅で自己注射が出来る製剤も増えてきていて、エンブレル®、ヒュミラ®、シムジア®、アクテムラ®、オレンシア®、シンポニー®、ケブザラ®などの主として関節リウマチ治療に使用する製剤のほか、全身性エリテマトーデス治療に使用されるベンリスタ®も含めて、在宅自己注射治療に向けて、担当の看護師が丁寧に指導し、患者自身で注射管理ができるのを確認した上で、在宅での自己注射治療へ移行していただいております。

 入院に関しては、膠原病リウマチ疾患の特徴である様々な臓器障害の評価や治療、また、免疫抑制療法による易感染性が原因と考えられる感染症に対する治療などによるものが主となっています。膠原病リウマチ疾患は全身疾患であり、多岐にわたる臓器の専門家が所属する当院のような総合病院で診断、治療導入が適切であると考えられます。

 また、安全性に関する情報を確認した上で、治療効果が期待される治験に関しても積極的に参加しており、令和元年度は前年から引き続いてメトトレキサート抵抗性の関節リウマチを対象とした治験に参加しています。一人でも多くの患者に良い治療を、早く導入できるように、こうした努力も継続していきたいと考えています。

 診療業績と診療体制に関しては、令和元年度の患者総数は外来が延べ人数で5,542名(前年度5,524名;18名(0.3%)増)、入院は延べ人数で1,904名(前年度1,542名;362名(23.5%)増)でした。その内訳は、罹患率の高い関節リウマチの患者が最も多く、全身性エリテマトーデス、リウマチ性多発筋痛症、シェーグレン症候群、成人スチル病、全身性強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、IgG4関連疾患、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症の患者等々となっています。

 外来においては、令和元年9月までは常勤3名体制と、さらに筑波大学からの非常勤医師2名の外来のサポート(それぞれ木曜日・金曜日午前外来担当)の継続により、徐々に近隣からの紹介に素早く対応できるような体制を整えつつありましたが、令和元年10月以降は1名減となったことにより診療がパワーダウンしてしまいました。上記の通り今年度の業績は合計では前年度よりも伸びていますが、上半期の3名体制の時の診療業績の貯金により、下半期のダウンした業績がカバーされたと考えられます。もし、常勤3名が維持されていたならば、さらなる業績の伸びが望めたと思われ、マンパワーの充実が重要な問題となっています。ただし、常勤医師3名に戻れば十分かとい言われると、それでも十分に対応できない部分も多く、常勤3名への復帰はもちろん、さらなる増員による当科の診療対応能力の向上により、近隣の先生方のニーズに十分に答えられる体制を構築したいと考えています。

入院に関しても下半期のマンパワー不足による影響が出ていますが、上記データに示す通り、前年度と比較してかなり入院患者数(延数)が増えております。これも、上半期に専門診療に慣れてきていた4年目の内科専攻医を合わせた3名体制がうまく機能するようになってきて、下半期の診療のパワーダウンを補って余りある程、効率よく診療することができていたものと考えられます。

 今後も、膠原病リウマチ科での診察が必要な患者を、適切なタイミングで、一人でも多く診させていただくため、さらなる当科医師の増員により、外来/入院ともに充実した診療体制の整備が必要と感じております。長期的展望としては、少しずつでも診療体制を充実させ、いずれは茨城県内の膠原病リウマチ診療の拠点としての茨城県立リウマチセンターの設立を目標に、さらなるスタッフの充足と診療技術の向上を目指していきたいと考えています。しかし、残念ながら次年度も人員が補充されないままの2名での診療となり、体制としてはかなり厳しい状況が続きますが、それでも受診された全ての患者に最良の医療を提供できるように、筑波大学の膠原病リウマチアレルギー科とも連携しながら、最先端の治療法を駆使した医療を継続するつもりでおります。

令和元年度 生物学的製剤の投与患者数

生物学的製剤 投与患者数
レミケード® 5

エンブレル®

5
アクテムラ® 34
ヒュミラ® 10
オレンシア® 60
シンポニー® 17
シムジア® 4

Jak阻害薬

(ゼルヤンツ®/オルミエント®)

4

ケブザラ®

0

コセンティクス®

1

ベンリスタ®

7
合計 147

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績

▲戻る