トップページ >  診療科 >  精神科 (Psychiatry)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

精神科 (Psychiatry)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長

筑波大学地域臨床教育センター精神科 教授

佐藤 晋爾 (さとう しんじ)

○臨床精神医学

○コンサルテーション・
リエゾン精神医学

○精神病理学

○病跡学

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会 専門医・指導医
  • 日本総合病院精神医学会認定 一般病院連携精神医学専門医・指導医
  • 日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士
  • 日本精神科診断学会 評議員
  • 日本神経精神医学会 評議員
  • 日本精神病理学会
  • 日本病跡学会
  • 公認心理師

(非常勤医師)

筑波大学医学医療系臨床医学域
災害・地域精神医学 准教授
茨城県立こころの医療センター
地域・災害支援部長・室長

高橋 晶 (たかはし しょう)

○臨床精神医学

○コンサルテーションリエゾン

○漢方医学

○老年精神医学

  • 精神保健指定医

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

当院では,入院した患者さまが抑うつ・せん妄症状等を呈した場合に、適切な精神医療を提供するリエゾン回診を行っています。(こころの医療センターの精神科医が担当)

※ 現在、入院患者に対するリエゾン回診のみで、外来での精神科診療は行っていません。

実績

令和元年度の実績

 リエゾン看護師の交代等と、緩和ケアへの参画、産科合併症事業への参加などで、主力のリエゾン回診回数がやや低下しました。しかし、回診数低下については、各科主治医の先生方のご尽力で、各科で当科の過去の対応をまず行っていただき、それでも改善しない場合にコールされるようになったことも大きいと考えられます。

 今年度も、リエゾンはon demand対応で、毎週月曜日にはリエゾン看護師やワーカー、薬剤師等と1週間の患者の動向についてカンファを行い、また毎日、朝9時半前にリエゾン看護師と前日もしくは週末に救急搬送された精神科合併症患者が来院していないかチェックして対応しました。今年度も「依頼に対してrecommendしたまま」にならないよう、優先度を勘案しつつ、回診を必要に応じて週1回から毎日と患者の状態や依頼先科の意向に応じて調整しました。

 また県立こころの医療センターとの「顔のみえる関係」維持のため、週1回、非常勤として後期研修医、タイミングがあえば初期研修医にも回診にきていただき、コンサルテーション精神医学の教育研修になるように対応しました。さらに、毎週月曜日の産科カンファレンス、毎週水曜日の緩和ケアカンファレンスにも可能な限り出席して、情報共有、あるいは助言等を行いました。

 

 院内向けのコンサルテーション外来は漸増しており、とりわけ周産期合併症事業とリンクさせているので、精神科合併症妊婦の割合が、20%から約半数に増加している。常勤1名のために本格的な精神科外来開設は困難だが、ガン患者や高齢者など他病院紹介が困難と判断された場合は当科でも拝見するようしているので、当院の他科のお力になれること、引いては県民の皆様のメンタルヘルスに貢献できるように、少しずつ拡充していきたい。

 

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績  

 

 

▲戻る