トップページ >  診療科 >  消化器内科 (Gastroenterology)

診療科

専門センター等

部門・活動

消化器内科 (Gastroenterology)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長
天貝 賢二
(あまがい けんじ)

○消化器内科
○癌化学療法
○消化管内視鏡の診断治療

日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会
日本禁煙学会 評議員
日本禁煙推進医師歯科医師連盟運営委員

日本小児禁煙研究会 理事

部長(肝胆膵担当)

内視鏡部長
荒木 眞裕
(あらき まさひろ)

○消化器内科
○肝炎・肝癌の診断と治療
○胆膵内視鏡の診断治療

日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医

日本肝臓学会 専門医・指導医

日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本胆道学会 指導医

日本膵臓学会
日本癌学会

医薬品医療機器総合機構専門委員

茨城県肝炎認定協議会委員

部長(下部消化管担当)
五頭 三秀
(ごとう みつひで)
○消化器内科
○消化管内視鏡の診断治療
○慢性炎症性腸疾患の診断治療

日本内科学会 認定内科医

日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
日本医師会認定産業医

部長(化学療法担当)
藤枝 真司
(ふじえだ しんじ)

○消化器内科
○消化管内視鏡の診断治療

○癌化学療法

日本内科学会 総合内科専門医

日本消化器病学会 専門医

日本消化器内視鏡学会 専門医

日本臨床腫瘍学会

日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医

部長(上部消化管担当)
大関 瑞治
(おおぜき みつはる)
○消化器内科
○肝炎・肝癌の診断と治療
○消化管内視鏡の診断治療

日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医

日本臨床腫瘍学会

医長
山岡 正治
(やまおか まさはる)

○消化器内科

○癌化学療法

○消化器内視鏡の診断治療

日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医

日本肝臓病学会 専門医

日本臨床腫瘍学会

日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医

医長

石橋 肇
(いしばし はじめ)

○消化器内科

日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医

日本プライマリ・ケア連合学会 認定医

産業医

医員
本多 寛之
(ほんだ ひろゆき)
○消化器内科

日本内科学会 認定医
日本消化器病学会 
日本消化器内視鏡学会 

日本プライマリ・ケア連合学会 

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

診療科の特色

平成29年度、スタッフは10名でした。当院は地域救急の中核病院、都道府県がん診療連携拠点病院であり、良悪性を問わず診療しています。治療については、消化管癌の内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)や肝細胞癌のラジオ波焼灼療法(RFA)で県内でも有数の症例数を誇っています。精査が困難な小腸においても、カプセル内視鏡(筑波大学附属病院と提携)、ダブルバルーン内視鏡(DBE)を導入し、対応しています。中堅以下のスタッフは、消化器疾患全般に対する幅広い診療を行っています。研究に関しては、多施設共同研究や治験に参加しています。

また、日本消化器病学会の認定施設、日本消化器内視鏡学会の指導施設になっています。さらに、日本肝臓学会の関連施設、日本胆道学界の指導施設も取得しました。そのため、当科で勤務することにより、それらの学会の専門資格の取得が可能です。

対象疾患および治療法

悪性疾患

  • 食道,胃,大腸がんの内視鏡的治療
  • 肝癌に対するラジオ波焼灼療法、肝動脈塞栓療法
  • 膵胆系疾患(黄疸など)に対する内視鏡的治療
  • 各進行がんの化学療法、緩和ケア など

良性疾患

  • 消化管出血に対する緊急内視鏡的止血術
  • 慢性肝炎に対するインターフェロン療法
  • 膵胆系疾患(結石など)に対する内視鏡的治療 など

特定疾患

  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の診断治療(白血球除去療法など)

診療実績(平成29年度)

  • 延べ入院患者数は、1836件(うち新規は478件)
  • 連携室経由での正規の紹介受診件数は950件で、内科全体の28%、病院全体の15%
  • 内視鏡件数は下記をご覧ください
  • RFAは、29件、41病変
  • 抗がん剤注射新規導入数は179件(原発の内訳は大腸79、胃37、食道9、膵41、胆道13件)

当科は、がんセンターとして、治癒可能な早期がんから終末期に対応するとともに、県内有数の高次救急病院としての役割を持つなど、幅広い専門医療を提供しています。適切な医療を継続し発展させていくため、将来にわたり県内で活躍する若手医師の参加が望まれています。なお、当科で研鑽したスタッフが県内で活躍し始めており、今後も増えていくことを期待します。

消化器内視鏡の件数(平成29年度)

上部消化管

4,800

(人間ドック1,041件を含む)

下部消化管 2,287
ERCP 404
ESD

85

(食道5、胃49、大腸30、十二指腸1)

止血術

105

金属ステント留置

68

(食道22、十二指腸16、胆管15、大腸15)

静脈瘤治療

39

(EVL 31、食道EIS 5、胃EIS 3)

DBE 経口

7

経肛門

8

ERCP

4

「レポートコメント、DBが13」

異物除去

9

研究

平成16年度から日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)に参加しており、消化器がんに対する標準的治療法の確立を目的として研究活動を行っています。平成24年度は、消化器内視鏡グループ、食道がんグループの研究に参加しております。
また、その他の多施設共同研究や治験などにも積極的に参加して,学会発表や論文発表を行っております。

▲戻る