トップページ >  診療科 >  小児科 (Pediatrics)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

小児科 (Pediatrics)

茨城県立中央病院では、平成21年4月より、小児科一般外来を再開いたしました。

一般・専門外来診療のみの対応とさせていただいており、入院や夜間・休日の診療はできません。皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

スタッフ

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長
稲川 直浩

(いなかわ なおひろ)

 

○小児科
  • 日本小児科学会
  • 日本感染症学会
  • 日本小児救急医学会
  • 日本小児感染症学会
  • 日本小児呼吸器学会

部長

遺伝子診療部 部長

筑波大学地域臨床教育

センター准教授

県立医療大学客員教授

齋藤 誠

(さいとう まこと)

 

○小児科

○新生児

○シュミレーション医療教育

○周産期遺伝

  • 日本小児科学会 専門医・指導医・代議員
  • 日本周産期・新生児医学会 周産期(新生児) 専門医・指導医
  • 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医・指導責任医
  • 日本小児外科学会
  • 茨城小児科学会・理事
  • 日本周産期・新生児医学会認定・新生児蘇生法(NCPR)インストラクター
  • 国際認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)
  • 日本新生児成育医学会
  • 日本シミュレーション医療教育学会

医長、筑波大学地域臨床教育センター講師

セイエッド 佳実

(セイエッド よしみ)

○小児科

  • 日本小児科学会
  • 日本周産期・新生児医学会
  • 日本小児アレルギー学会
  • 茨城小児科学会

医員

油原 祐華

(ゆはら ゆか)

○小児科

  • 日本小児科学会
  • 日本新生児成育医学会
  • 日本周産期・新生児医学会

(非常勤医師)

筑波大学名誉教授

白百合女子大学人間総合学部教授

宮本 信也

(みやもと しんや)

○発達行動小児科学

  • 日本小児科学会 専門医
  • 日本小児神経学会 専門医
  • 日本心身医学会 認定医
  • 日本小児心身医学会 理事
  • 日本小児精神神経学会 理事
  • 日本小児保健学会
  • 日本児童青年精神医学会

(非常勤医師)

鴨田 知博

(かもだ ともひろ)

○小児科

○小児内分泌代謝

  • 日本小児科学会 専門医・指導医
  • 日本周産期・新生児医学会
  • 日本小児内分泌学会 評議員
  • 日本先天代謝異常学会
  • 日本マススクリーニング学会
  • 日本小児腎臓病学会

(非常勤医師)

福島 紘子

(ふくしま ひろこ)

○小児科
  • 日本小児科学会 専門医
  • 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
  • 日本小児血液・がん学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療 認定医
  • 日本家族性腫瘍学会

⇒外来担当医一覧表はこちら

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

 現在、小児科は常勤医3名で、平日午前の一般外来と、午後の各種予約外来を行っております。時間外診療、夜間休日診療や入院診療には対応しておりません。

 一般外来では、あらゆる疾患に対し可能な限り初期診療を行うように心がけています。主な受診者は各種急性感染症の症例ですが、乳幼児便秘や気管支喘息、食物アレルギー、てんかん、起立性調節障害、肥満などの生活習慣病、成長障害等の慢性疾患も一般外来で長期フォローアップさせて頂いています。また、専門的な対応が必要なお子さんには当科専門外来・院内各科、及び周辺医療機関を紹介させて頂いております。小児科にかかるこどもたちは、成長しやがては小児科を卒業していきます。小児科卒業後のことまでを見据え、継続した医療を提供できるよう、長期的な視点を持って診療にあたらせて頂きます。

 平成27年10月より、当院で長らく休止していたお産が再開され、出生後の新生児の診療を新生児専門医が担当しています。安心してお産に臨めるような体制を作っています。当院では、県立病院として地域の周産期医療を支援する一環として、県内周産期施設に新生児蘇生法(NCPR)インストラクターを派遣し、出張で新生児蘇生法講習会を定期的に開催しております。

診療実績

令和元年度実績

【新生児領域】

 平成27年度秋に産科での新生児出生が再開して以後、院内出生数は順調に増加してきており、令和元年度の院内出生数は233人(前年度比+81人)でした。 新生児の平均在胎週数は39週1日(34週4日-41週2日)、平均出生体重は2,971g(2,062g-4,050g)。入院数は148人(63.5%)と昨年度83人(54.6%)から人数・割合とも更に増加しています。入院症例の内訳は右表の通りです。また、新生児科医の分娩立ち会い率は58.8%(時間内87.5%、時間外35.5%、休祝日35.8%)でした。また令和元年度も平成30年度に続きNICUへ新生児搬送したケースはありませんでした。当院では低リスクのお産を対象としていますが、産科との連携の中で適切な周産期管理がなされている結果と思われ、特筆すべき点と考えます。1ヶ月健診は基本的に当院出生症例を対象に行っていますが、1ヶ月のタイムラグもあり、令和元年度に1ヶ月健診で受診した症例は225人でした。

【一般小児科領域】

 令和元年度の一般外来受診者総数は、延べ4,090人でした。平成21年に小児科一般外来が再開以来、最高の受診者数だった平成30年度からは238人の減少となりましたが、過去2番目に多い受診者数となりました。例年と比べると第4四半期の患者数が伸び悩んでおり、特に3月期は1日あたりの平均受診者数が12.95人とその他の月(15.5-19.2人/日)と比べ減少が目立ちました。1日あたりの平均受診者数が13人を下回ったのは平成24年9月以来で、実に7年半ぶりとなります。令和元年度の冬期は、例年と比べてインフルエンザがあまり流行しなかったこととともに、新型コロナウイルス感染症流行の影響が出始めていたものと推察されます。

 主に受付時間外に救急外来で小児科医が対応した症例数は、令和元年度は62人でした。乳児健診(3-12ヶ月健診)の受診者数は延べ236人で平成30年度より13人増加、予防接種外来受診者数は延べ1,082人で平成30年度よりも19人の増加でした。コメディカルを含めたマンパワー不足や時間的な制約から、健診・予防接種とも予約枠は増加させることが出来ておらず、ほぼ横ばいの状況となっております。

【専門小児科領域】

 宮本信也先生に心理発達外来を月2日、柴崎正修先生にアレルギー外来を第1-3火曜に行って頂きました。また、柴崎正修先生のアレルギー外来は、令和元年3月で終了することとなりました。長年に渡りありがとうございました。尚、アレルギー外来に通院されていた患者さんは、令和元年4月以後は一般外来で引き継がせて頂くことになっております。宮本信也先生の心理発達外来の受診希望は相変わらず多く、令和元年度も新規患者さんの予約はほぼ半年待ちで推移しました。

 

 

令和元年度新生児入院症例内訳

(148人、重複有り、単位;人)

低出生体重児 20
巨大児 1
早産児 10
Light for gestational age 児 8
Small for gestational age 児 13
Large for gestational age 児 3
Heavy for gestational age 児 22
新生児仮死 27
新生児黄疸 56
呼吸障害 6
奇形 7
母体糖尿病・GDM 30
母体GBS・感染症疑い 12
母体RhD陰性 3
母体甲状腺疾患 9
母体抗痙攣剤・向精神薬内服 7
母体インフルエンザ感染 1

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績

入院について

小児科は外来診療のみの対応とさせていただいておりますので当院には入院はできませんが、必要に応じて小児が入院可能な病院をご紹介いたします。

救急について

夜間・休日の小児救急も診療体制が確保できないため対応できませんので、ご照会・ご相談先をご案内いたします。

茨城県救急医療情報コントロールセンター

オペレーターが、お近くの医療機関を24時間体制でご案内します。

TEL:029-241-4199

茨城県子ども救急電話相談

お子さんが急な病気ですぐに受診させたほうがよいのか、様子を見ても大丈夫なのか

不安なとき、ご相談ください。

【受付時間 年中無休 毎日の夜間 18:30~翌朝8:00、 休日の昼間 8:00~翌朝8:00 】

全ての電話から TEL:029-254-9900

プッシュ回線の固定電話・携帯電話から短縮ダイヤル # 8000

こどもの救急ウェブサイト(日本小児科学会)

「ONLINE QQ こどもの救急」 http://kodomo-qq.jp/ もご覧ください。

ban_links_04

▲戻る