トップページ >  診療科 >  放射線治療科 (Radiation Oncology)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

放射線治療科 (Radiation Oncology)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長、副院長、

放射線治療センター長

入院前支援センター長

筑波大学地域臨床教育センター教授
玉木 義雄

(たまき よしお)

○各種癌の放射線治療

(頭頸部癌、食道癌、

婦人科癌、悪性リンパ腫など)

○ライジオアイソトープ治療

日本医学放射線学会 放射線科専門医・放射線治療専門医、研修指導者

日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医、代議員
がん治療認定医機構 認定医
日本頭頸部がん学会 評議員
日本リンパ網内系学会 評議員
日本ハイパーサーミア学会 指導医・評議員
日本肺癌学会

日本乳癌学会

日本核医学会

日本癌治療学会

日本小児がん学会
日本定位放射線治療学会

日本食道学会

医員

石田 俊樹

(いしだ としき)

○放射線治療

日本医学放射線学会 専門医

日本放射線腫瘍学会

医員

村上 基弘

(むらかみ もとひろ)

○放射線治療

日本医学放射線学会 

日本放射線腫瘍学会

(非常勤医師)

筑波大学医学医療系放射線腫瘍学教授

櫻井 英幸

(さくらい ひでゆき)

○放射線治療

日本医学放射線学会 専門医

日本放射線腫瘍学会 認定医

日本がん治療認定医機構 認定医

(非常勤医師)

筑波大学付属病院放射線腫瘍科病院教授

奥村 敏之

(おくむら としゆき)

○放射線治療

日本医学放射線学会 専門医

日本放射線腫瘍学会 認定医

日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医

(非常勤医師)

斎藤 高

(さいとう たかし)

○放射線治療

日本医学放射線学会 専門医

(非常勤医師)

馬場 敬一郎

(ばば けいいちろう)

○放射線治療

 

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

 放射線治療は, 主に各種がんの治療において, その様々な局面(病期によりません)で活躍できる治療です。 その特徴として,「生体の形と機能をできるだけ守って病気の根治を目指せること」や「年齢や持病等の問題があっても, 他のがん治療に比べて治療を受けられることが多いこと」, 「近年の技術発展が顕著であり, 従来以上に少ない副作用で, より高い治療効果を得られるようになったこと」などが挙げられます。 社会の高齢化が進み, がんを患う方が増えたという現在の日本の社会においてはまさに「ぴったりのがん治療」といえるかもしれません。
 当院の放射線治療センター は, 常勤医3名(2名の放射線治療専門医)の他, 放射線治療に専従する7名の診療放射線技師(1名の放射線治療専門放射線技師), 3名の看護師(1名のがん放射線療法看護認定看護師), 放射線治療に専従する医学物理士1名, 受付担当者1名を有しています。 高精度な放射線治療を患者様に提供するにあたって必要な資格を有するスタッフがバランスよくそろっているという点では県内随一の施設といえます。
治療装置は, 2機のリニアック(体外から放射線をかけて治療する治療装置)の他に子宮がん治療等で活躍する小線源治療装置を備えています。 これらの装置により, 最も精度の高い放射線治療といわれる「定位放射線治療(いわゆるピンポイント照射)」や「強度変調放射線治療(IMRT)」の実施が可能です。 前者は「脳内病変(脳への転移病変など)」を1-2mmとずれない精度で狙い撃つことができ, また肺や肝臓といった呼吸により大きく動く臓器の病変もその動きに合わせて正確に狙い撃つことができます。 IMRTにおいては特に前立腺癌や頭頸部癌(喉頭癌や咽頭癌など)において, 従来の治療に比し少ない後遺症リスクで根治を目指すことができます。
 がん治療の全ての病期において(即ち初期のがんであっても)治療をより良い状態で受けていただくために行われる緩和ケアは, 病院のがん診療機能において欠かすことはできません。 放射線治療はその緩和ケアにおいても重要な役割を担っております。 僅かでも患者様・御家族様の支えの一部になれるようスタッフ一同協力し診療にあたらせて頂いております。

診療実績

2018年度の実績

表1.新規放射線治療患者の原発臓器別内訳

原発部位 症例数(名) 割合(%)
肺・縦隔 108 21.0
泌尿器 87 16.9
乳腺 80 15.5
婦人科 66 12.8
胃・腸 44 8.5
頭頚部 38 7.4
肝・胆・膵 28 5.4
リンパ造血器 26 5.0
食道 18 3.5
皮膚・骨・軟部 12 2.3
脳・脊髄 1 0.2
その他(悪性) 7 1.4
良性 0 0.0
全体 515 100

 2018年度の新規放射線治療患者数は515名で、再治療を含めると延べ583名でした。新規治療患者の原発臓器は、肺、泌尿器科、乳腺、婦人科の順に多く、成人の悪性腫瘍の大部分を網羅しています(表1)。

 高精度放射線治療として、強度変調放射線治療(IMRT/VMAT)を168名、定位照射治療を62名に行いました。IMRT/VMATを行った症例の内訳は、前立腺がん68名、頭頚部がん29名、子宮がん16名、肺・縦隔16名、食道6名、その他33名でした。高線量率密封小線源治療は47名に実施し、大部分は子宮頚がんの腔内照射でした。非密封線源治療(ラジオアイソトープ治療)は、ストロンチウム89を5名、放射性ヨウ素内用療法を6名、ラジウム223による前立腺癌の治療を4名(14回)に行いました。緩和的治療としては、骨転移に対する治療を103名、脳転移に対する治療を55名に行いました。 

詳細は「放射線治療センター」に記載しておりますのでこちらもご覧ください。 

当院で行っている放射線治療

 当院で行っている放射線治療には、外部照射、密封小線源治療および非密封線源治療(ラジオアイソトープ治療)があります。外部照射には、通常の外部照射の他に、高精度外部放射線治療として、強度変調放射線治療(IMRT/VMAT)と定位放射線治療があります。

1.通常の外部照射

 当院では、技師が治療専用CT装置で撮影した画像を治療計画装置にオンラインで転送し、医師が体内の線量分布を見ながら最適な照射方向や照射野の形状を決定しています。使用している治療計画装置は、Pinnacle3とRayStationを使用しています。2018年度の放射線治療計画件数は912件(単純114件、中間291件、複雑306件、IMRT201件)でした。

2.強度変調放射線治療(IMRT/VMAT)

 IMRT/VMATは,通常の外部照射では達成できない複雑な病巣の形状に合わせた線量分布を作成することができる治療法です。病巣周囲の正常組織にあたる放射線の量を極力少なくして治療することができるため、放射線治療による副作用の軽減と、線量増加による治療成績の向上が期待できます。難点は、通常の外部照射と比べて治療開始までに時間を要することです(当院では7~10日)。最適な線量分布を作るために高性能コンピュータを駆使しても計算時間がかかります。また、作成された線量分布は、ファントムで検証し精度の保証を行います。IMRT/VAMTを実施するには、医学物理士の存在が必須です。当院では、IMRTの優位性から、その適応を年々拡大しています。2018年度にIMRT/VMATを行った症例は168名で、その内訳は、前立腺がん68名、頭頚部がん29名、子宮がん16名、肺・縦隔16名、食道6名、その他33名でした。

3.定位放射線治療

 小さな病巣に対して、短期間(1回~10回)に多くの線量を投与する治療法です。当院では、脳転移や小型肺がん(原発、転移性)、小型の肝腫瘍(原発、転移性)に対して行っています。2018年度には、複数の脳転移を一度に治療できるシステム(Multiple Brain Mets SRS)を導入しました。このシステムの導入で治療に要する時間が大幅に短縮できたため、脳定位放射線治療の件数が増加しました。肺や肝臓の病変には、治療開始前に金マーカーを体内に埋め込んで、治療中は金マーカーの動きに合わせて治療する「迎撃照射」を行っています。この治療法は、県内では当院のみで行っています。2018年度に定位放射線治療を行った症例は、脳が32名、肺・肝臓など体幹部が30名でした。昨年度からは、前立腺がんの定位放射線治療を実施するための基礎研究を行っています。

4.高線量率密封小線源治療

 腫瘍組織内や管腔内に挿入したニードルやアプリケーター内に、高放射能線源であるイリジウム192を遠隔操作で送り込み、腫瘍内部や近傍から放射線を当てる治療のことです。当院では、主として子宮頚がんの腔内照射に用いています。最近では、腔内照射と組織内照射を併用した「ハイブリッド照射」も行っています。2018年度は47名、延べ147回の治療を行いました。

5.ラジオアイソトープ治療(非密封線源治療)

 放射線治療科で行っているラジオアイソトープ治療は、骨転移に対するストロンチウム89(メタストロンⓇ)、ヨウ素131による甲状腺癌の術後外来アブレーションやバセドウ病の治療、骨転移を有する前立腺がんに対するラジウム223(ゾーフィゴⓇ)です。ストロンチウム89は2019年2月で製造中止となったため、現在は治療できません。外来で投与できるヨウ素131の量は法律で決められているため、大量投与が必要な場合は、放射線治療病室を有する施設へ紹介しています(県外の施設に紹介します)。2018年度には、ストロンチウム89を5名、放射線ヨウ素内用療法を6名、ラジウム223による前立腺癌の治療を4名(14回)に行いました。

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績

▲戻る