トップページ >  診療科 >  おくすり手帳について

おくすり手帳について

当院で受診をする際、「お薬手帳」が大変役に立ちます。安全に治療をうけていただくために、受診の際は忘れずにお持ちください。

 

  • 医師・歯科医師・薬剤師は患者さまがどのようなお薬をどのくらいの期間使っているのかお薬手帳の記録をもとに確認することができます。
  • 複数の病院、診療科に受診している場合、同じ種類のお薬が処方されていないか(重複)、飲み合わせの良くない薬が処方されていないか(相互作用)、副作用のあるお薬はないかなどを判断できます。
  • 手術や出血ををともなう検査を受ける場合、血液の流れを良くするお薬を処方されている方はそのお薬の服用をあらかじめ中止する必要があるか確認できます。
  • 造影剤を使用する検査の際、副作用のあるお薬の確認ができます。
  • 処方されたお薬の名前や飲む量、回数や飲み方、注意事項などの記録(薬歴)を残すことができます。また、アレルギー歴・副作用歴を記録しておくことにより、同じ薬による副作用の再発防止に役立ちます。

 

「お薬手帳」は皆さまの健康を守るためにお薬を管理する大切な手帳です。当院を受診する場合はもちろん、ほかの医療機関に行く場合にも毎回必ず持って行きましょう。

 

~お薬手帳や中止薬一覧に関してはこちらもご覧下さい~

薬剤局のページはこちら  

手術部のページはこちら

▲戻る