トップページ >  診療科 >  精神科リエゾンチーム(Psychiatric Liaison Team)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

精神科リエゾンチーム(Psychiatric Liaison Team)

 精神科リエゾンチームとは、入院中の患者に対し、身体医療と精神医療をつなぎ、患者への包括的な医療をめざして、担当各科の医師や看護師と「連携」しながら精神科専門医療を提供するチームです。

主な活動内容

  1. 院内コンサルテーション(精神疾患を有する患者、身体疾患に伴う様々な精神症状を有する患者(せん妄・抑うつ・不眠)へのサポート)は必要に応じて連絡していただき即対応
  2. 常勤医は原則毎週全員を回診
  3. 必要な専門家への橋渡し(転院・他医療機関へ繋ぐ、他医療機関からの紹介)
  4. 週一回、多職種(当院精神科医師・リエゾン看護師・薬剤師・ソーシャルワーカー)でカンファレンスを開き、対応について共有
  5. 病棟に出向いて、病棟スタッフを含めた多職種とカンファレンスを行い、精神疾患患者への対応について検討
  6. 精神看護の相談(退院調整、妊産婦など)
  7. 認知機能評価(看護)
  8. こころの医療センター連携(リエゾン回診、こころの医療センター中央病院連絡会)
  9. 行政(市町村、保健センター)連携

実績

平成30年度

 平成29年度から常勤精神科医がコンサルテーションを主要な仕事として着任しました。リエゾンコンサルテーション件数としては、平成29年度新規388件、平成30年度330件とやや減少しました。これは、せん妄に対して各科の先生方が主体的に対応していただけている結果の減少と推測します。再診件数は、平成29年度1393件、平成30年度1094件の活動件数でした(月別の推移、年度別はグラフを参照)。

 週1~2回はこころの医療センターとの「顔のみえる関係」維持のため非常勤として来院していただき、合同回診をしています。

 平成29年度秋からは、産科カンファレンスにも参加し周産期メンタルヘルスにも力を入れ、産前から出産まで産科患者の精神科介入をしています。さらに年4回開催の要支援妊産婦会議へ参加することで、地域(市町村、保健センター)と連携し情報共有できる関係を構築することができました。

 

 

 

精神科ホームページ

▲戻る