トップページ >  医療技術部 >  リハビリテーション技術科

リハビリテーション技術科

理念

「患者様の気持ちになって、患者様の立場に立ったリハビリテーション」

基本方針

私たちは患者様が再び社会の一員として、自分らしく生き生きと暮らせるようリハビリテーションの質の向上に努め、チーム一丸となり支援いたします。

目標

  • なるべく早期にリハビリテーションを開始し、患者様の廃用を予防します。
  • 患者様の安全を第一として、患者様の体調・環境に気を配り、疾病の悪化や転倒を防ぎます。
  • 主治医・看護士・医療ケースワーカー・地域のリハビリテーション病院・介護施設等と連携して、患者様及びご家族が望まれる「人間としての尊厳の回復」「家庭・社会への復帰」をめざします。
  • 質の高いリハビリテーション医療を実施するため研鑽に努めます。

グループ紹介

理学療法部門

理学療法(Physical Therapy)とは、検査、測定/評価に基づき、運動器、脳血管、呼吸器、循環器、がんなどの疾病、傷害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害に対して、運動療法による筋力、関節可動域、協調性などの身体機能の改善や、温熱、光線、電気などの物理療法による疼痛、循環などの改善を図る治療です。また、能力障害が残ったとき、基本動作や日常生活活動を改善するための指導、そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整のための指導、在宅訓練プログラムの作成など行います。

  • 急性期理学療法の目的
    発症・受傷後の安静による活動性の低下を予防し、その後の機能回復訓練・動作訓練などに繋げていきます。
  • 急性期理学療法の対象
    発症・受傷により活動性の低下を来たすと考えられるもの
  • 急性期理学療法の方法
    きめ細かなリスク管理が必要であるため、医師・看護師と連携を図り、患者様の全身状態を見ながら、点滴や各種モニター・人工呼吸器を装着した状態でも、関節可動域訓練、筋力強化訓練、寝返り・起き上がり・座位などの基本動作訓練、車椅子乗車訓練、呼吸訓練など開始します。

作業療法部門

作業療法(Occupational Therapy)とは、麻痺や高次脳機能障害、関節可動域制限(以下、ROM)制限等によりADLの低下した対象者に対し、その改善のためのリハビリテーションを施行しQOLの向上及び社会復帰を図っている。また、麻痺の改善が困難な対象者に対しては、自助具の指導、患者に対する介助法の指導・環境調整他(在宅での介助量軽減のため)を行う。

特に、急性期の作業療法では、病棟ベットサイドにて訓練を施行し、廃用症候群の予防・早期離床に向けたアプローチを積極的に行っている。

►対象疾患
脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)、整形外科疾患(手の外科、頚髄損傷など)、がんなど。

►訓練内容

  • ADL訓練:座位保持、立ち上がり、立位保持、移乗動作他
  • ROM訓練:関節拘縮の予防及び改善
  • 麻痺側上肢機能回復訓練
  • 家族への介助法・環境調整の指導他

言語聴覚療法部門

言語聴覚療法(Speech-language-hearing Therapy)とは、音声機能、言語機能、または聴覚の障害などによってことばでのコミュニケーションが困難になってしまっている方に対して、自分らしい生活が構築できるように専門的サービスを提供し、支援するものです。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。医師の指導の下、機能の維持向上のために、検査及び訓練、助言、指導を行います。

►対象疾患
成人の失語症、高次脳機能障害、構音障害、嚥下障害などになった方たちが主な対象となっています。原因疾患としては、脳血管障害、頭部外傷、脳挫傷、中枢性神経疾患、廃用症候群、または舌癌や喉頭癌があげられます。

►訓練内容
入院中の患者様の場合は、状態が安定しないうちはベッドサイドでの訓練を行います。状態が落ち着いてきたら、言語聴覚療法室での評価・訓練を行います。

  • 失語症訓練
  • 高次脳機能訓練
  • 呼吸訓練、発声訓練、軟口蓋挙上訓練、構音訓練、摂食・嚥下訓練

心臓リハビリテーション部門

リハ科

心臓リハビリテーションとは心筋梗塞や心不全、心臓手術後の患者さまが、質の高い社会復帰ができるように、理学療法士、看護師、医師のチームでより早期から離床を行い、体力回復に合わせて運動療法、退院後の生活のカウンセリングなどをおこなっていきます。

我々、理学療法士は主に、心臓手術後や心臓に病気を抱えた様々な疾患の患者さまの離床を担っています。

組織フロー

リハ科 組織図

副科長 間宮 純

副科長 アボットみのり

スタッフ構成

医師  3名

副科長 2名

□理学療法部門  :  理学療法士(PT)15名

□作業療法部門  :  作業療法士(OT)8名

□言語聴覚療法部門  :  言語聴覚士(ST)3名

資格・認定

資格

□理学療法士

 アボットみのり、須田貴美子、木村亜紗子、田中祥恵、海藤正陽、萩谷英俊、小島萌乃、石井伸尚

 伊藤潤一、篠原悠、嶋田寛、駒井慎、葛原まなみ、岡野倫明、広瀬愛

□作業療法士

 間宮純、中嶋美和、安部有香、日向寺妙子、田口真希、鈴木梨絵、黒澤尚樹、櫻井淳史

□言語聴覚士

 熊倉順子、土子枝里、松永季子

認定

□がんのリハビリテーション研修修了者

 アボットみのり、間宮純、須田貴美子、安部有香、木村亜紗子、田中祥恵、海藤正陽、熊倉順子、小島萌乃

 田口真希、石井伸尚、伊藤潤一、鈴木梨絵、篠原悠、嶋田寛、駒井慎、黒澤尚樹、土子枝里、松永季子

□3学会合同呼吸療法認定士

 萩谷英俊、篠原悠、田中祥恵

□心臓リハビリテーション指導士

 萩谷英俊、田中祥恵

□認定理学療法士

 (循環)田中祥恵 (スポーツ理学療法)伊藤潤一 (呼吸)篠原悠

 

実績

 診療科別過去6年の実施人数

診療科

整形外科

脳神経外科

内科

リハビリテーション科

外科

その他

診療科

H22年度

548

148

99

24

H23年度

512

161

139

16

H24年度

500

140

143

15

14

H25年度

547

187

142

20

16

H26年度

666

156

208

23

13

H27年度

804

168 238 33 22
H28年度 811 195 269 56 21
H29年度 798 225 377 87 27

抱負

急性期の不安定な病状、病態に即し、運動器、脳血管、呼吸器、循環器、がんなど多岐にわたる疾患に対して適切なリハビリテーションサービスが提供できるように専門の研修会、学会等に積極的に参加して知識技術の習得に努めていきます。

リハビリテーション臨床実績をいろいろな形で各種関連学会等で発表できるように治療効果の検証など日々心掛けていきます。

後進の育成のために県立医療大学などのリハビリテーション技術者養成機関の臨床実習に力を入れていきたい。また専門機関との学術的交流にも意欲的に望んでいきます。

▲このページトップへ

▲戻る