トップページ >  がん診療について  >  茨城県地域がんセンターについて

茨城県地域がんセンターについて

はじめに 

 当院のがんセンターは平成7年4月に全国で初めて分散式がんセンターとして、肝臓、胆嚢、膵臓、肺などの難治性癌に対する高度専門医療を行う事を目的に併設されました。(他に、日立総合病院、土浦協同病院、筑波メディカルセンター病院にも併設)

 当初、総合病院に併設されたがんセンターであったため、がん診療に集中できるのか懸念されていました。しかし、高齢化や医療の高度化に伴い、循環器疾患や代謝内分泌疾患、腎機能障害などの合併症を持つがん患者さんに対する総合的な治療が不可欠となっていて、当センターは都道府県がん診療連携拠点病院として、茨城県のがん診療の中心的役割を果たすことが可能な体制となっています。

 

○歴史○

 平成 2年 9月 「がん専門医療施設整備方針」に基づき、地域がんセンターの指定

 平成 4年11月 全国がん(成人病)センター協議会加盟

 平成 7年 4月 地域がんセンター開設(100床)

 平成15年 8月 地域がん診療連携拠点病院の指定

 平成19年 4月 都道府県がん診療連携拠点病院の指定

 

主な設備

①強度変調放射線治療(IMRT)装置

gancenter_imrt

②64列 dual CT

gancenter_dualct

 

③陽電子放射断層撮影(PET)装置

gancenter_pet

④RI診断装置

gancenter_ri

 

⑤核磁気共鳴画像(MRI)撮影装置

gancenter_mri

⑥ロボット手術支援装置 ダビンチ

gancenter_davinci

 

⑦ロボット手術支援装置 ダビンチ

gancenter_davinci2

   

①強度変調放射線治療(IMRT)装置

腫瘍の形に適した放射線治療を行う新しい照射方法で、正常組織への照射を減らし、がん病巣に適切な照射が可能で、治療効果の増強が見込まれます。

②64列 dual CT

がん病巣の詳細な検出に有用であり、がんの早期発見や正確な病期診断に多大な威力を発揮しています。

③陽電子放射断層撮影(PET)装置

苦痛がほとんどなく一度の検査で全身を調べることができ、脳と尿路以外の全身のがんやその転移巣の検出に貢献しています。

④RI診断装置

放射性同位元素で標識した薬剤を体内に投与して、その分布を撮影して、病気を見つける検査方法です。がんの診断では、特に骨の転移巣の検出に有用です。

⑤核磁気共鳴画像(MRI)撮影装置

磁場と電波を利用して体内の状態を撮影する検査で、体のいろいろな部分の断面像を得ることができます。放射線の被爆がないため、生殖器のある骨盤内の画像検査には特にメリットがあります。

⑥⑦ロボット手術支援装置 ダビンチ

現在のところ、当院では前立腺がんと腎がんの摘出術に使われていて、患者さんに手術の負担が少なく且つ繊細な手術が可能です。平成28年8月までに累計で前立腺全摘術122例、腎部分切除術14例 膀胱全摘術4例施行しています。今後様々な分野の手術に用いられることが期待されています。

 

関連するセンター

①化学療法センター

gancenter_1

 

②放射線治療センター

gancenter_2

③内視鏡センター

gancenter_3

④がん相談支援センター

gancenter_4

⑤緩和ケアセンターとPCU(緩和ケア)病棟

gancenter_5

 

 

①化学療法センター (詳しくはこちらをご覧ください)

 

32床を有し、外来患者の化学療法を1ヶ月あたり約400件行っております。

②放射線治療センター 

多様な臓器の放射線治療を平成27年は441名行いました。

③内視鏡センター

検査室は6部屋あり、1日平均30件の消化管の内視鏡検査(内視鏡手術を含む)を行っています。

④がん相談支援センター (詳しくはこちらをご覧ください)

スタッフ10名で、がんのみならず医療全般の相談や退院調整も行っています。平成27年度に行った、がん相談件数は入院患者さまで3,075件、外来患者さまで195件でした。

⑤緩和ケアセンターとPCU(緩和ケア)病棟

患者さまに安心、安寧の時を過ごしていただけるための病棟です。平成27年度は270名ほどの患者さまを受け入れています。

主な活動

1.茨城県がん診療連携協議会

 茨城県内のがん医療の均てん化及びがん診療に携わる病院の連携を円滑に推進するために、「がん診療連携拠点病院の整備に関する指針」により、茨城県がん診療連携協議会が設置されました。

 協議会には、以下の5部会と3分科会があり、各分野で活発な活動を行っています。当院は都道府県がん診療連携拠点病院としてこの協議会のまとめ役を行っています。

 

○茨城県がん診療連携協議会会員(平成29年4月1日現在)○

茨城県立中央病院 都道府県がん診療連携拠点病院
総合病院 土浦協同病院 地域がん診療連携拠点病院
筑波メディカルセンター 地域がん診療連携拠点病院
株式会社日立製作所日立総合病院 地域がん診療連携拠点病院
東京医科大学茨城医療センター 地域がん診療連携拠点病院
友愛記念病院 地域がん診療連携拠点病院
茨城西南医療センター病院 地域がん診療連携拠点病院
筑波大学附属病院 地域がん診療連携拠点病院
株式会社日立製作所ひたちなか総合病院 地域がん診療連携拠点病院
医療法人社団善人会 小山記念病院 地域がん診療病院
茨城県立こども病院 小児がん拠点病院
独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター 茨城県がん診療指定病院
水戸赤十字病院 茨城県がん診療指定病院
独立行政法人国立病院機構 茨城東病院 茨城県がん診療指定病院
独立行政法人国立病院機構 霞ヶ浦医療センター 茨城県がん診療指定病院
JAとりで総合医療センター 茨城県がん診療指定病院
水戸済生会総合病院 茨城県がん診療指定病院
茨城県医師会  
茨城県保健福祉部  

 

2.キャンサーボード

 キャンサーボードは複雑な背景や合併症、診断困難な患者さんに対して、院内全体で診療方針を検討する場として設けられました(平成25年9月から開始)。平成27年度の開催実績は以下の通りです。

番号

担当診療科 症例

キャンサーボード

実施日

参加者数
1 腫瘍内科 アルコール依存症とニコチン依存症を克服したが、予想外に進行の速い右新規肺腺癌に左肺癌術後縦隔再発と結腸癌が合併したtriple cancerの症例 平成27年4月7日 31
2

消化器内科

当院通院中のがん患者の在宅看取りをどのように対応すべきか 平成27年5月7日 34
3 皮膚科 皮膚症状のコントロールが困難になってきた菌状息肉症の今後の治療方針 平成27年6月11日 27
4 腫瘍内科 尿感ステントの抜去が困難になった大腸がん腹膜播種症例 平成27年7月9日 28
5 消化器外科 原発部位の同定困難なS状結腸狭窄、子宮浸潤を呈する腫瘍の治療方針 平成27年7月9日 28
6 薬剤科 経口抗がん薬の管理体制 平成27年8月20日 26
7 泌尿器科 悪性腫瘍患者に対する尿管ステント留置について 平成27年9月25日 24
8 看護局 どうしても喫煙したい下咽頭癌患者が自分らしく療養するために 平成27年10月29日 30
9 消化器内科 子宮内膜症を背景とした直腸癌と卵巣癌の1例
多発肺転移 肝転移の1例
平成27年11月9日 28
10 放射線治療科 深部脳刺激装置を留置された食道がんの1例 平成27年12月14日 20
11 消化器内科 直腸癌の術前化学放射線療法について 平成28年1月13日 24
12

看護局

消化器外科

スキルス胃癌、腹膜播種による出血に対し単純胃全摘術後
5日目に死亡となった事例
平成28年2月25日 34
13 薬剤科 化学療法における服薬指導(情報提供) 平成28年3月25日 38

 

 

3.院内がん登録

 日本全国の癌の発生や診療状況を調べるために、国立がん研究センターをまとめ役として、全国の拠点病院に院内登録が義務付けられています。当院の診療情報室では、都道府県がん診療拠点病院として自院のがん登録の質向上だけでなく、県内のがん診療拠点病院やがん診療指定病院の実務者へのがん登録に関する研修会の開催や相談などを行っています。平成25年12月には「がん登録に関する法律」が成立し、さらにがん登録の質の向上が期待されます。下記の表は当院の院内がん登録の実績を示しました。当院の登録件数は年々着実に増加しています。

 

  平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
胃癌 198 201 206 228 242 232 204
大腸癌 144 231 207 233 268 262 306
肝癌 76 93 81 78 93 60 86
肺癌 243 231 228 279 261 328 267
乳癌 85 85 121 115 127 154 118
その他 602 587 719 769 828 956 943
合計 1,348 1,428 1,562 1,702 1,819 1,992 1,924

※5大がん以外をその他に分類

 

4.当院の主ながんの5年相対生存率(2008年診療分)

 当院は県内唯一の県立総合病院であり、平成7年より地域がんセンターを併設し、がんの専門高度医療を提供しています。

当院では、地域から合併症の多い患者さまや、全身状態の悪い患者さまもすべて断らずに受け入れています。この報告書からは把握できないがん患者さまの背景を考慮した上で、他施設と比較することが必要と考えます。

重要な予後不良因子である

  1. Ⅲ期とⅣ期の割合が高いこと
  2. 高齢者が多いこと
  3. 合併症のある患者さまが多いこと
  4. 予後の良い乳がん、婦人科がんの比率が少ないこと

が当院の生存率を低くしています。

 このようなことから、定型的な標準治療すら行い難い進行した患者さまの割合が多い当院と、超高齢でもなく、合併症もあまりもたない比較的健康な患者さまを診療しているがん専門病院の生存率を比較すると、当院の生存率は低いと思われてしまいますが、今回公表されたデータが「がん治療の良否」をそのまま反映していないことをご理解の上、参考にしていただければ幸いです。

 

○2008年主ながんの5年相対生存率○

57.6%
大腸 64.7%
33.0%
35.4%
乳房(女性) 96.1%

 

▲戻る