トップページ >  がん診療について  >  茨城県地域がんセンター

茨城県地域がんセンター

はじめに

 当院のがんセンターは平成7年4月に全国で初めて分散式がんセンターとして、肝臓、胆嚢、膵臓、肺などの難治性癌に対する高度専門医療を行う事を目的に併設されました。(他に、日立総合病院、土浦協同病院、筑波メディカルセンター病院にも併設)

 当初、総合病院に併設されたがんセンターであったため、がん診療に集中できるのか懸念されていました。しかし、高齢化や医療の高度化に伴い、循環器疾患や代謝内分泌疾患、腎機能障害などの合併症を持つがん患者さんに対する総合的な治療が不可欠となっていて、当センターは都道府県がん診療連携拠点病院として、茨城県のがん診療の中心的役割を果たすことが可能な体制となっています。

歴史

1990年 9月 「茨城県がん専門医療施設整備要綱」に基づき、地域がんセンターの指定
1992年 11月 全国がん(成人病)センター協議会加盟
1995年 4月 地域がんセンター開設(100床)
2003年 8月 地域がん診療拠点病院の指定
2006年 2月 地域がん診療連携拠点病院の指定
2008年 2月 都道府県がん診療連携拠点病院の指定

主な設備

①強度変調放射線治療(IMRT)装置

gancenter_imrt

腫瘍の形に適した放射線治療を行う新しい照射方法で、正常組織への照射を減らし、がん病巣に適切な照射が可能で、治療効果の増強が見込まれます。

②64列 dual CT

gancenter_dualct

がん病巣の詳細な検出に有用であり、がんの早期発見や正確な病期診断に多大な威力を発揮しています。

③陽電子放射断層撮影(PET)装置

gancenter_pet

苦痛がほとんどなく一度の検査で全身を調べることができ、脳と尿路以外の全身のがんやその転移巣の検出に貢献しています。

④RI診断装置

gancenter_ri

放射性同位元素で標識した薬剤を体内に投与して、その分布を撮影して、病気を見つける検査方法です。がんの診断では、特に骨の転移巣の検出に有用です。

⑤核磁気共鳴画像(MRI)撮影装置

gancenter_mri

磁場と電波を利用して体内の状態を撮影する検査で、体のいろいろな部分の断面像を得ることができます。放射線の被爆がないため、生殖器のある骨盤内の画像検査には特にメリットがあります。

⑥ロボット手術支援装置 ダビンチ

gancenter_davinci

⑦ロボット手術支援装置 ダビンチ

gancenter_davinci2

⑥⑦ 現在のところ、当院では前立腺がん、腎がん、膀胱がん、肺がん、縦隔腫瘍、子宮筋腫、子宮体がんの摘出術に使われていて、患者さんに手術の負担が少なく且つ繊細な手術が可能です。令和2年3月までに累計で前立腺292例、腎94件、膀胱9例、縦隔腫瘍7例、肺16例、子宮14件の合計432件を施行しています。今後様々な分野の手術に用いられることが期待されています。

関連するセンター

①化学療法センター

gancenter_1

32床を有し、外来患者の化学療法を1ヶ月あたり約400件行っております。

(詳しくはこちらをご覧ください)

②放射線治療センター

gancenter_2

多様な臓器の放射線治療を令和元年度は12,660件行いました。

③内視鏡センター

gancenter_3

検査室は6部屋あり、1日平均30件の消化管の内視鏡検査(内視鏡手術を含む)を行っています。

④がん相談支援センター

gancenter_4

スタッフ10名で、がんのみならず医療全般の相談や退院調整も行っています。令和元年度に行った、がん相談件数は880件でした。

⑤緩和ケアセンターとPCU(緩和ケア)病棟

gancenter_5

患者さんに安心、安寧の時を過ごしていただけるための病棟です。令和元年度の病床利用率は73.2%となっています。

主な活動

1.茨城県がん診療連携協議会

 茨城県内のがん医療の均てん化及びがん診療に携わる病院の連携を円滑に推進するために、「がん診療連携拠点病院の整備に関する指針」により、茨城県がん診療連携協議会が設置されました。

 協議会には、以下の6部会と4分科会があり、各分野で活発な活動を行っています。当院は都道府県がん診療連携拠点病院としてこの協議会のまとめ役を行っています。

茨城県がん診療連携協議会会員(令和2年4月1日現在)

茨城県立中央病院 都道府県がん診療連携拠点病院
総合病院 土浦協同病院 地域がん診療連携拠点病院
筑波メディカルセンター病院 地域がん診療連携拠点病院
株式会社日立製作所日立総合病院 地域がん診療連携拠点病院
東京医科大学茨城医療センター 地域がん診療連携拠点病院
友愛記念病院 地域がん診療連携拠点病院
筑波大学附属病院 地域がん診療連携拠点病院
独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター 地域がん診療連携拠点病院
株式会社日立製作所ひたちなか総合病院 地域がん診療連携拠点病院
医療法人社団善人会 小山記念病院 地域がん診療病院
茨城県立こども病院 茨城県小児がん拠点病院
水戸赤十字病院 茨城県がん診療指定病院
独立行政法人国立病院機構 茨城東病院 茨城県がん診療指定病院
独立行政法人国立病院機構 霞ヶ浦医療センター 茨城県がん診療指定病院
JAとりで総合医療センター 茨城県がん診療指定病院
水戸済生会総合病院 茨城県がん診療指定病院
茨城県厚生連総合病院水戸協同病院 茨城県がん診療指定病院
茨城西南医療センター病院 茨城県がん診療指定病院
茨城県医師会  
茨城県保健福祉部  

2.キャンサーボード

 キャンサーボードは複雑な背景や合併症、診断困難な患者さんに対して、院内全体で診療方針を検討する場として設けられました(平成25年9月から開始)。令和元年度の開催実績は以下の通りです。

番号 担当診療科 症例 実施日

参加

者数

1 臨床検査科 MMR-IHCについて H31年4月18日 26
2 泌尿器科 後腹膜腫瘍の診断について(悪性リンパ腫) R元年5月30日 24
3 腫瘍内科 いつまでやるの?化学療法 R元年6月21日 56
4 呼吸器内科 維持透析中の進行悪性腫瘍の緩和ケア R元年7月31日 26
5 外科 診断に苦慮している後腹膜腫瘍 R元年8月9日 18
6 血液内科 乳がん治療中に再発した多重がんの症例 R元年9月27日 24
7 放射線治療科 骨転移チームの活動状況-医師、看護師、リハビリの立場から- R元年10月31日 35
8 産婦人科 腹腔内膿瘍を伴う虫垂腫瘍の一例 R元年11月22日 30
9 耳鼻咽喉科 下咽頭がん治療後の転移性腹腔内腫瘍の症例 R元年12月16日  16
10 泌尿器科 免疫チェックポイント阻害薬有害事象について R2年1月16日 18
11 薬剤科 分子標的治療薬によるQT延長について R2年2月25日 27
12 看護局 疼痛緩和に難渋している患者看護 R2年3月18日 49

3.院内がん登録

 日本全国のがんの発生や診療状況を調べるために、国立がん研究センターをまとめ役として、全国の拠点病院に院内がん登録が義務付けられています。当院の診療情報室では、都道府県がん診療連携拠点病院として自院のがん登録の質向上だけでなく、県内のがん診療連携拠点病院やがん診療指定病院の実務者へのがん登録に関する研修会の開催や相談などを行っています。平成25年12月には「がん登録等に関する法律」が成立し、さらにがん登録の質の向上が期待されます。下記の表は当院の院内がん登録の実績を示しました。

  2017年 2018年 2019年
口腔・咽頭 43(2.2%) 41(1.9%) 54(2.6%)
食道 57(2.9%) 60(2.8%) 48(2.4%)
213(10.7%) 234(11.0%) 191(9.4%)
大腸 289(14.5%) 284(13.4%) 275(13.5%)
肝臓 58(2.9%) 89(4.2%) 72(3.5%)
胆嚢・胆管 41(2.1%) 46(2.2%) 36(1.8%)
膵臓 75(3.8%) 87(4.1%) 82(4.0%)
喉頭 17(0.9%) 11(0.5%) 13(0.6%)
282(14.1%) 320(15.1%) 321(15.8%)
骨・軟部 3(0.2%) 3(0.1%) 7(0.3%)
皮膚(黒色腫を含む) 45(2.3%) 34(1.6%) 39(1.9%)
乳房 145(7.3%) 148(7.0%) 140(6.9%)
子宮頸部 120(6.0%) 126(5.9%) 125(6.1%)
子宮体部 75(3.8%) 90(4.2%) 73(3.6%)
卵巣 60(3.0%) 55(2.6%) 42(2.1%)
前立腺 148(7.4%) 155(7.3%) 167(8.2%)
膀胱 47(2.4%) 56(2.6%) 55(2.7%)
腎・他の尿路 76(3.8%) 69(3.2%) 68(3.3%)
脳・中枢神経系 15(0.8%) 12(0.6%) 36(1.8%)
甲状腺 19(1.0%) 23(1.1%) 15(0.7%)
悪性リンパ腫 60(3.0%) 66(3.1%) 60(2.9%)
多発性骨髄腫 13(0.7%) 14(0.7%) 8(0.4%)
白血病 12(0.6%) 18(0.8%) 10(0.5%)
他の造血器腫瘍 16(0.8%) 23(1.1%) 25(1.2%)
その他 66(3.3%) 60(2.8%) 76(3.7%)
合計 1,995(100.0%) 2,124(100.0%) 2,038(100.0%)

※国立がん研究センターに提出した院内がん登録の確定数の内、症例区分「その他」の登録を除外して掲載しています。

4.当院のがんの5年実測生存率(2012-2013年)

 当院は県内唯一の県立総合病院であるとともに、地域がんセンター(県指定)、全国がんセンター協議会加盟施設並びに、都道府県がん診療連携拠点病院として、がんの高度・専門医療を提供しています。このため、当院では地域から合併症の多い患者さんや全身状態の悪い患者さんもすべて断らずに受け入れています。

 今回公表された集計結果が、必ずしも「がん治療の質の良否」を反映していないことをご理解のうえ、参考にしていただければ幸いです。

計算の条件について

当院のがんの5年実測生存率は、下記の条件で計算しています。

○院内がん登録

  • 2012年~2013年にがんと診断された症例(2カ年分)

○実測生存率

○集計対象

  • 癌腫
  • 造血器(急性骨髄性白血病、濾胞性リンパ腫、びまん性大細胞性B細胞リンパ腫)
  • 当院で初回治療が開始された症例
  • ステージ1期~ステージ4期のがん(一部参考値として0期を集計しています)
  • 0歳~99歳

用語の説明

○実測生存率

亡くなった原因に関係なく計算された生存率です。がん以外の原因による死亡も含まれます。がんによる死亡のみを集計した「相対生存率」より、生存率が低く算出される傾向があります。

(例)

  1. 胃がんの患者さんが、がんに関係なく、老衰や他の病気で亡くなった場合も、胃がんの生存率に「死亡」として反映されます。
  2. 早期の胃がんの他に、末期の膵がんがある患者さんが、膵がんが原因で亡くなった場合、膵がんの生存率の他に、胃がんの生存率にも「死亡」として反映されます。

○総合ステージ

手術を行った場合は術後に判明した全ての情報をもとに判断したステージが用いられ、手術を行っていない、あるいは手術の前に化学療法や放射線治療などの治療が行われた場合は、治療前のステージを用いています。

(例)

  1. 治療前ステージ2期のがんに対し手術を行い、病理(切除した標本を専門の医師が判定した)結果ステージ4期→ステージ4期を採用
  2. 治療前ステージ2期のがんに対し、手術前に化学療法を行い、手術の病理の結果ステージ1期→ステージ2期を採用

2012-2013年症例 5年実測生存率

▲戻る