トップページ >  診療科 >  感染制御室(Center for Infection Prevention and Control)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

感染制御室(Center for Infection Prevention and Control)

感染制御室について

 医療関連感染対策の目的は、患者さんとその家族、病院スタッフへ感染症の危険性を減少させることと、院内感染を早期に発見し、拡大を予防することです。また、院内にとどまらず、地域の施設と連携した感染対策の質の向上も目標としています。

 このため当院では、院長直轄の感染制御室を設置して、感染防止対策を病院感染対策指針のもとに、感染対策委員会、インフェクションコントロールチーム(ICT)アンチミクロバイアルスチュワートシップチーム(AST)、リンクスタッフ会を実働支援チームとして、全職種が網羅的に参加して活動しています。

主な活動内容

医療関連感染症発生の予防のために

  • 感染防止における問題の発見と、改善策の検討
  • 感染対策に対する医療上、看護上のアドバイスを行う
  • 衛生的な院内療養環境を提供する
  • 器具導入、病院施設などの問題を検討する
  • サーベイランスを行い、結果を現場にフィードバックして改善する
  • 病院感染関連検出菌の監視と介入を行う
  • 適切な抗菌薬処方を推進する
  • 職員の研修などを通じ、正しい知識、技術の指導を行う
  • 院内感染対策マニュアルの作成、見直し、改訂を適宜行い職員に徹底する

アウトブレイク 特殊な感染症発生時の早期発見と終息のために

  • 院内で起きている感染症についてのデータの集積し、早期発見につなげる。
  • アウトブレイク・種々の感染症発生に対し、可及的速やかな対応策を講る。
  • 医療関連感染症の原因を分析し職員への教育を行う

地域連携

  • 感染管理地域連携を行う
  • 地域連携病院とカンファレンスを定期的に開催し、感染対策を改善する
  • 地域の中小の病院や医療福祉施設へ感染防止対策の支援を行う
  • 感染症法に基づく感染症発生届け出の確認、支援を行う

平成30年度実績

1.サーベイランス

  • 感染症発生動向調査  定点(基幹、インフルエンザ、インフルエンザ入院)
  • 手術部位感染(SSI)JANIS(厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業)へ報告
  • 尿道留置カテーテル関連尿路感染(CAUTI)
  • 擦式アルコール製剤使用量・回数調査(部署別)
  • その他、下痢・嘔吐やインフルエンザの発生状況把握

2.情報提供・啓発

  • 病院感染対策マニュアル全面改訂(12月)

3.職員教育

  • 4/3  新採用者集合研修「感染対策」
  • 4/4 初期研修医対象研修会「感染対策」「N95マスク着脱演習・フィットテスト」
  • 4/6 新人看護師対象研修「病院感染対策」
  • 6/26・6/28看護補助者・クラーク対象研修「病院感染対策」
  • 6/28臨床検査技術科主催勉強会「職業性曝露対策と個人防護具の必要性」
  • 9/14・9/21 清掃・洗濯・設備委託業者対象感染対策研修会
  • 11/6・11/8・11/9・11/29 放射線科対象感染対策講習会
  • 11/16・11/19 売店委託業者対象感染対策講習会
  • 11/22 ひまわり保育園職員対象感染対策勉強会「冬季感染症に備えて」
  • 11/26・11/27 アメニティ対象感染対策勉強会
  • 11/27 内科医対象感染対策講習会
  • 12/6  リハビリテーション技術科対象感染対策講習会

4.地域連携・院外対応

  • 感染防止対策に係る共同カンファレンス 6/13、9/12、12/12、3/13連携施設:こころの医療センター、石岡第一病院、笠間市立病院
  • 感染防止対策に係る地域連携:施設間ラウンド 6/27当院 10/17水戸協同病院10/24協和中央病院 1/23水戸医療センター

5.職業感染防止

  • 健康支援室と協同し職員の各種ワクチン接種、抗体価検査対応している。
  • 針刺し、切創、粘膜曝露事例に関して医療安全対策室と連携して対応している。

6.主な院内感染への対応

季節性インフルエンザ対応

2018/19シーズンは、4東、5東においてアウトブレイクし、水戸保健所報告、全館面会禁止や当該病棟新規入院制限等の対策をとった。発症者のシーズン合計は、入院患者102名(うち52名が院内発症)、職員151名。インフルエンザによる入院、職員の発生数が昨シーズンの1.5倍。日頃から手指衛生や咳エチケット等、基本的な感染対策の徹底、有症状時の就業制限の徹底が必要。

7.職員教育

第1回院内講演会

ICTテーマ「感染対策の視点から行う業務改善」

講師:宮川感染管理認定看護師

ASTテーマ「抗菌薬適正使用支援チームの紹介と当院の耐性菌の傾向について」

講師:鷲津薬剤師

第2回院内講演会

ICTテーマ「多剤耐性アシネトバクター集団発生事例で学んだこと」

講師:松永直久先生

ASTテーマ「抗菌薬の使い方・選び方」

講師:人見重美先生

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績

リンク

病院感染対策の指針

感染制御チーム(ICT)

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)

▲戻る